Hatena::ブログ(Diary)

おもきち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 03 | 07 | 08 | 09 | 12 |
2014 | 02 | 03 | 11 |
2015 | 08 |

23-03-2009

おくりびと

| 17:41

近所の映画館で凱旋上映をやっているので、むに山さんをぽさんに見てもらってこっそり行ってきました。満員かと思ったら、あいかわらずのがらがら…大丈夫か?

ストーリーはもうすっかり有名になってしまったのでいまさらですが、思っていたよりあっさりという感じ。途中生と死について納棺エージェント社長の山崎努と社員のモックンが語り合う場面があるのですが、そのへんをもう少しうまく使えたらよかったのにと思いました。まあ納棺という一連の儀式そのものを強調したかったのでしょうから、これでいいのでしょうが。ひとくせもふたくせもありそうな社長役の山崎努、いいですよ〜。「クライマーズ・ハイ」とかdocomoのCMとかと同様、ものすごい存在感です。モックンも納棺という仕事についたことを妻に言うに言えずに悩む様子、とまどいながらもその仕事にはまっていく様子が好感が持てました。それに引き換え、広末だよ…どうして何やっても同じ演技しかできないんでしょうね!!

モックンは前職がオケのチェリストという設定で、映画の中でも何度もチェロを弾く場面が出てきます。けっこうがんばっていたよなあ…知ってる目から見ると思うことはいろいろあるけれど。最初に出てきた場面が第九の4楽章のチェロバスのソロのところ。ああ、そんなところを素人さんに弾くふりさせるのはかわいそうです!もうちょっとチェロが目立たない曲を選んであげればいいのに。エンディングで流れていたチェロアンサンブル、よかったな。聴いていてチェロを弾きたくなりました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/piyolapin/20090323/1237797688