ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

こばしり このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-12-31

今年のよごれは今年のうちに

| 14:26 | 今年のよごれは今年のうちにを含むブックマーク

今年も今日で最後。いろんなことがありました。あっという間の1年でした。さあてひさしぶりに観たものリストを作りますかね……と思ったら、いろんなことがありすぎて今年前半の手帳を勢いで捨ててしまったため上半期のスケジュールがまったく振り返れませんでした。特に2月はシーラブに行きまくったはずなのに、引っ越ししたからか半券がことごとく行方不明なんだ!呼んだら出てこないかな半券……。というわけで手元にある半券と手帳をもとに書き出してみました。8月から様子がおかしくなっています。

続きを読む

2010-12-30

はてなつめっこだし

| 22:50 | はてなつめっこだしを含むブックマーク

つめをクリスマス3日前に変えました。クリスマス全開のデザインにすると正月が厳しいので、両方のイベントを兼ね備えた配色はねえがーと髪の毛と包丁を振り回しながら考えました。アイアムノットなまはげ。

f:id:piyomaruko:20101227113856j:image

赤の部分、ほんとはサンプルでは濃い紫だったんです。だけどその色が廃盤だというショック!I MISSED THE SHOCK!(明菜

しょうがないからそれまで気になってたダークレッドというやつをチョイスしたのだけど、なんか……すごく……めでたいです……。

ネイリストさんもなんかわりと淡泊な人で、別に感じが悪いわけではないんだけど、「赤にしたら派手になりすぎますかね?」「あ、いいと思いますよ。ストーンの石は何色になさいますか?」って感じの人だったのよね……。わたしみたいに優柔不断な人には、お世辞でもいいからもうちょっと背中を押してくれる言葉がほしかったんだな。わがままですまないんだな。おにぎりはおいしいんだな。

ジェル歴2年以上になりますが、実はギャルっぽいという理由で1回もやったことのなかった白を新年一発目にはやってみたいと思います。ってなんで突然予告ホームランしたんでしょうか。ぴよまるこが狼少年になるかどうか、あなたは歴史の目撃者になる!!

2010-12-21

メリーアフロマス

| 02:21 | メリーアフロマスを含むブックマーク

鶴「Merry A'mas〜聖なる夜の大宴会〜」@リキッドルーム

デビュー前にQUEで1度、デビューしてからはフェスでしか観たことなかったけど、もうとにかくハッピーになりまくれちゃうから、これはもうワンマンにいかなくちゃ!きみに会いに行かなくちゃ!(傘がない)って、ついこないだからライブに行き始めました。で、今日は毎年恒例(らしい)クリスマススペシャルライブ!ゲストも来るって!わーい!

続きを読む

2010-12-16

かわうそかわいいかきくけこ

| 03:02 | かわうそかわいいかきくけこを含むブックマーク

Q.オードリー若林とカワウソの違いを教えて下さい。

ベストアンサーに選ばれた回答:

A.ほぼ同一ですが、毛質ですね。

という名大喜利がヤフー知恵袋に存在するのを知っていますか。質問者はべつに頭がおかしいわけじゃありません。わかーるわかるよキミの気持ち。誰かに救いを求めたくなるよね。だってもう、わたしなんてどっちがどっちかわからないもの。若林が好きなのはカワウソに似てるからなのか、カワウソが好きなのは若林に似てるからなのか、そもそもカワウソが好きなのか若林が好きなのか、もうわからなすぎて頭が爆発しそうだ。ならば実際にさわってみればいいんだ!若林にさわると通報されてしまうので、合法的にカワウソにさわれる場所を探す!ポクポクポクチーン!あった!行ってきます!

続きを読む

2010-12-09

春日劇場

| 22:39 | 春日劇場を含むブックマーク

今日も今日とてオードリーさんの話でたいへん失礼いたします。

テレビではあんなにキャッチーでポップでメロディアス(あえて音楽的表現)なふたりなのに、知れば知るほど底なし沼のような奥深さを見せていくドリさんというコンビ。それが顕著なのはやっぱり雑誌で、それぞれのインタビューとか読むと身震いしそうになるわけですよ。泰然自若という四字熟語が歩いてるみたいな春日と、破壊衝動を秘めてるわりにはうじうじとめんどくさく思い詰めるタイプの若林。そんな対極にいるふたりが中学校から友達づきあいを続け、今や仕事のパートナーにまでなっていると思うと、人間関係って神秘だなあと思う。

春日はどうしてこんなにも堂々としているんだろうと、長い付き合いの若林ですら首をひねる疑問について、クイックジャパンのインタビューで春日は語っていた。

春日が芸人をやっている理由はおそらく、「春日が芸人をやったらどういうことになるんだろう?」という自分への興味からかもしれないですね。

超客観主義者。でも裏を返すとこれは度の過ぎたナルシストとも言えるわけで。ほんとこわい人ですよこの人。でもその感覚ってなんとなくわかる。わたしがどん底みたいな時期を鬱にもならず乗り越えられたのは、「こんな経験したらわたしはどう思うんだろう、どうなるんだろう」っていう変な好奇心があったからだった。まあ、自分をトゥルーマン・ショーのジム・キャリーに例える春日さんの足下には遠く及ばないですけども。

で、そのザ・客観性が炸裂した瞬間がこないだのANNであったので書き起こしてみました。ほぼ若林が「おまえおもしろすぎるだろ」ってデレデレしてんですけど、よく目を凝らして春日の客観性をご覧くださいませ。

続きを読む

2010-12-06

感傷中毒患者、走る

| 17:50 | 感傷中毒患者、走るを含むブックマーク

守りに入ったつもりはない。どんどん吸収したいし、新しいものも知ってゆきたい。その気持ちは絶えず持っているはずなのに、若い感性はわからないと首を振ってしまうことがある。これ以上好きなものを増やしたくないという気持ちとあいまって、すでに好きなものの中で息をしていたい。特に音楽に関して、最近のわたしはそんな感じだった。

でも、突然出会ってしまった。もうじゅうぶん音楽好きには有名なバンドだし、後追いはなはだしいんだけれど。

andymori

andymori

夕暮れの井の頭公園でコーラの空き缶蹴飛ばして

もうだめかもしれないとこぼした君の横顔すごくきれいで

それはハッピーエンドなんだ

ハッピーエンドなのさ

どうせどこにも行けないのならずっとここにいてもいいんだよ

“ハッピーエンド”

ファンファーレと熱狂

ファンファーレと熱狂

どこにもいけない彼女たち 駅の改札を出たり入ったり

変われない明日を許しながら なんとなく嘘をつくのさ

16のリズムで空をいく 可愛くなれない性格で

全然違うことを考えながら 優しいんだねって嘘をつくのさ

“16”

ふと、ドラマのQ10と歌の世界がオーバーラップして見えた。

「僕たちは心に空洞を抱えながら生きていく」それを是でも否でもなく、ただあるがままの現実として受け止める潔さを、あのどこか淋しさが漂い続けるドラマのトーンからわたしは毎回感じ取っている。生きていくんだ、それでいいんだって、思わず話題の玉置浩二の田園になっちゃうけど、それは決して後ろ向きな諦めとは違う。そうやって僕らは明日を目指す、不器用に世界とつながりながら。いつまでも倒れているわけにはいかないから。ドラマの意図は、もしかしたら違うかもしれない。でもわたしはそういうやさしい物語としてQ10をとらえている。アンディモリの音楽は、その風景にすごく近いところで鳴っている気がしたんだ。祝祭的でもあるけれど、でもありのままの現実という風に吹かれている感じ。

そのセンチメンタルはいつかお前の身を滅ぼすのかもしれないよ

感傷中毒の患者禁断症状映画館へ走る

でもなんかやれそうな気がするなんかやらなきゃって思う

だってなんかやらなきゃできるさどうしようもないこのからだ何処へ行くのか

“すごい速さ”

わたしが新しい世界に手を伸ばしている理由を言い当てられた気がした。日常に溺れそうになっても、わたしはどんどん前のめりになって走るよ。だってこんな素敵な出会いが待ってるんだもん!やめらんねえ!