ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

てのなるほうへ RSSフィード

2016-02-03

自分の好みが分かってきた

昔から好きなアーティストというのは特におらず、曲単位でとても気に入ったものをいろいろ集めて聞くという聞き方をしていたのだけど、この聞き方だと観測範囲が内向きに収束していくというか、自分の知識の外にあるであろう色々な良い曲に巡りあうのがなかなか難しかった。

街を歩いていると、店から流れてくる曲でとても琴線に触れるものがあったりして、昔だとそれがなんていう曲かなんて知りようがなかったのだけど、最近だとShazamとか使えばかなり良い精度で曲を知り当てることができるようになったので、極度に内向きの聴取性向でも多少新しい曲に巡りあうことが増えた。

そうやってちらちらと、自分にとって新しい曲を摂取していくうちに、おぼろげながら自分の好む曲の傾向が分かってきた気がする。

D

(ところで、なんでこのビデオはオフィシャルなのにこんなに音がバリバリに割れているんだろう…?)

D

恐らくフレンチ・ポップとかシティ・ポップとかの雰囲気と、ファンクの流れをくむダンスミュージックとかが良いんだろうな…と思いつつ、自分の好きな音を表すカテゴリが何なのかしっくり来ずに、ずっともやもやしている。

しっくり来るカテゴリがわかれば、そこから芋づる式にもっと多くの楽しい曲に触れられるのだろうけど。

2010-10-10

第一週終了

米国出張の第一週目(といっても週の途中からの参戦ですが)が終わりました。

火曜の夜に到着して水曜の朝から研修に参加という、割と体力的にキツい週でしたが、なんとか乗り切りました。

研修初日は会社に行くまでの道を派手に間違え(google mapのルート検索がフリーウェイの出口を一つ間違えてルートを出してきたのが全ての原因なのですが…)1時間ほどナビ無し、簡潔な地図だけでさまよい、結局郵便局の配達係の人に道を聞いてやっとこ出社できたのでした。

二日目、三日目は眠気と戦いつつ研修を淡々とこなし、今日やっとまとまった時間が取れたので生活に必要な品々をいろいろ買いそろえました。ほぼ二月ということで、調味料やらプリペイドの携帯やら、わりとがっつり買い込みました…。ドル安なのがせめてもの救いですね。

しかし特筆すべきはメシのサイズのでかさです。何たのんでも日本の大盛りくらいのサイズがあるので、この出張を終えて日本に帰国する頃には確実にウエストサイズが大きくなってるんだろうなぁ…と今から戦々恐々としています。こわやこわや。

来週から本格的に忙しくなってきそうなので、今週末は多少羽をのばそうかなぁといった具合です。明日はアウトレットに買い物に行くつもりですー。

2010-10-02

突然の長旅

Twitterでは既にちょぼちょぼ呟いていますが、会社での異動に伴なう研修で、一月半ほど米国テキサス州に出張することになりました。

先週内示が出て、正式な辞令はまだ出てないけど出張は今週の火曜から、という割と無茶なスケジュールですが、とりあえず何とか手続きやら航空券の手配やらは済ませることができたので、無事に行ってこれそうです。

英語圏に行くのは凄い久々(今の会社に入社した年にちょこっとベイエリアに戻ったときが最後かな?)なので、ガチ英語の人たちに話が通じるか若干不安ではありますが、まぁ向こうに行ったら思い出すだろうと気楽に構えています。

家族も連れていける事になったので、うちのチビたちはあちらの大味なケーキで誕生日を祝うことになりそうです。もどってくる頃には日本語忘れてたりして…。

ということで、ちょっとのあいだですが日本とはバイバイです。戻ってきたら仕事がえらく大変になりそうなので、その準備運動ってことでしっかり勉強してきたいと思います。

急いで荷造りしなければ…。

2010-08-25

世界は広く、エンタメの世界は果てしない

最近CDが売れないととみに話題で、渋谷のHMVも閉店するご時世ですが、そんな最近の世相を吹き飛ばすアレな曲を遊助センセがリリースしてくださいましたね。ミツバチって曲なんですけど、公式のPVとかはいろんな動画サイトからバシバシ消されてるっぽいので、気が向いたら中台のサイトあたりを探してみてください。いろいろな意味で衝撃です。30過ぎてこれかよ、とか、こんなんがオリコン初登場3位(だったかな?あんまり興味ないんで…)取っちゃうなんて音楽業界も末期的よね、とか、いろいろ複雑な気分になります。

で、まぁそれはハッキリ言ってどうでもよくて、この曲のあまりのアレぶりのせいか、ニコニコ動画でいろいろいじられているわけです。

そのうちの一つがすごいツボだったのでご紹介します。

D

いやーあまりのピッタリぶりとか、俳優さんの渋い笑顔とか、暑い夏で疲れた脳みそを心地良く癒してくれますね。私は椅子から転げ落ちそうになりました。絶対こっちが公式だ。そうに違いない。

もともとインド映画の、唐突に歌と踊りが入る感じは好きなんですけど、上の動画の関連動画に出てきたコレは、素直にグッと来ました。ネタじゃなく踊りも曲もかなりの高レベルです。

D

ダンスミュージックの要素と、伝統楽器の音色が良い感じで入り交じって凄く独特です。踊りについても、インドだけ重力が小さいんじゃないかと疑ってしまうくらいのキレっぷりです。素晴らしい。

PVやCDを入手できるなら入手したいですけど、日本だとすごく入手性悪そうですね。テルグ語らしいですし。

テルグ語とか全然分からないですけど、歌とか踊りとかは言葉が分からなくても楽しいですよね。インドに限らず、もっとこういう外国のエンターテイメントが日本でもメジャーになるといろいろ楽しい気がします。

しかしそれにしても、インドで女優さんやるのは大変なんだろうな……美人でスタイル良くて、さらに踊りはキレキレじゃないと駄目なんだもんな…。

ともあれ、世界にはまだまだ私の知らないエンターテイメントが沢山あるでしょうから、退屈してる暇なんてありませんね。

2010-07-28

エビバデ飲みニケーション

最近グッときたテレビCMがこれなんですよ。

D

まぁとりあえず見ていただいてですね、グッときた方は今度一緒に飲みに行きましょう。私盆休みは里帰りしますんで。飲みニケーション。

さておき、なんで私はこのCMにグッときたのか、仕事帰りの電車の中でちょっと考えていました。

客観的に見て何か訳わかんないオッサンが飲みニケーション飲みニケーション言ってるだけじゃないですか。何がええねんと。

で、要素としては2つあると思うんですね。

1つめは音です。まぁ歌詞はアレとしてですね、このlaid-backな感じって言うんですか?スローな縦ノリな感じがとても良いですね。こういう音を他によく知らないので、国内外を問わず似たような音の曲があれば聴きたいです。

2つめは、この映像が持っている雰囲気ですね。薄暗くてそこはかとなくゴージャスな中で、みんな酒飲んでええ感じという雰囲気が、私の大好きなベガスによく似てるので、ついググッと引き込まれてしまいます。

きれいなオネーチャンが周りにいっぱい的なシチュエーションなわけですが、こういうの見る分にはたぶんすごい好きなんですけど、実際にそういうシチュエーションに置かれてしまうと、たぶん気のきいたことも言えず黙って淡々と酒を飲むんだろうなぁー、とかそういう感じがたまりませんね。

たぶん、この人的なポジションにいるのが一番心地良いと感じるんですけど、そうするとやっぱり自分はつまらない奴だなー、とか反省してしまいました。

f:id:pju:20100728202933p:image

なんで飲みニケーションのCM見て反省するはめになってるんでしょうね?なんか悔しいので今夜はビールを飲もうと思います。お疲れ様でした。