Hatena::ブログ(Diary)

Touch the Heartstrings RSSフィード

2018-12-26

ご報告

f:id:pleasegoodtimes:20181226100957j:image


突然ではありますが、「Touch the Heartstrings」はしばらくの期間、お休みさせていただきます。最近、体調の悪化により、継続していく気力も萎えてきました。再開の目途はたっていませんが、復活できることを願って長期療養に入りたいと思います。ま、命がどうのこうのという問題ではないので、ご安心ください。

2018-12-23

羽田と原宿

「THE HANEDA HOUSE/ザ ハネダ ハウス」が、羽田空港国内線の第1旅客ターミナル5階にオープン。「THE HANEDA HOUSE」は、「通過する場所から滞在する場所へ」をコンセプトに、全14店舗が入店する「コト体験」施設。

f:id:pleasegoodtimes:20181223084855j:image

フロアには、飛行機の離着陸を見ながら飲食ができるカフェやビジネスワーカーに嬉しいレンタルオフィスのほか、ヘッドスパ鍼灸マッサージなどのリラクゼーションスポット、ボクシングフィットネス、ゴルフラウンジといったスポーツ施設など、空港であることを忘れてしまうような一時が過ごせる店舗が軒を連ねる。

注目は、「EXILE」や三代目「J Soul Brothers」などが所属する「LDH」のアーティストによるエンターテインメントが楽しめるライブレストラン「LDH kitchen THE TOKYO HANEDA/LDH キッチン ザ トウキョウ ハネダ」がオープン。同店は、目の前に広がる滑走路の景色を背景に、食事をしながらライブや生バンドによる演奏が楽しめるオールデイダイニング。気軽なランチから、本格的ディナー、お酒を楽しむバーまであらゆるシーンに対応する。

※続きはこちら

2018-12-22

素材へのこだわり

「低糖質だけど美味しくて、なおかつ、体にいいものを作りたい」。トータルダイエットカウンセラーの大西ひとみの熱い思いから生まれた焼き菓子が「VEGGI de PAN/ベジ デ パン」。罪悪感を抱くことなく食べられる「ギルトフリースイーツ」が昨今のトレンドだが、経験に基づく科学的な知識と徹底した素材へのこだわりを融合させた彼女の「ベジ デ パン」は、他のそれとは一線を画す。

f:id:pleasegoodtimes:20181222082838j:image

日本とアメリカで、パーソナルトレーナーとして20年近いキャリアを持ち、数々の栄養資格を取得してきたトータルダイエットカウンセラーの大西ひとみ。彼女が「ベジ デ パン」を考案したのは、今から約2年前のこと。自身の体調不良がきっかけだった。昔からストレス太りに悩まされていたが、38歳のときにホルモンバランスを崩し、それまで以上に太りやすい体質に…。同時に食物に対するアレルギー反応も出るようになった。

※続きはこちら

2018-12-21

ガレット・デ・ロワ

「PIERRE HERME PARIS/ピエール・エルメ・パリ」は、シルバーウェアのトップブランド「Christofle/クリストフル」とコラボし、2019年の幕開けに相応しい2つの「ガレット・デ・ロワ」の新作「Galette Medelice/ガレット メデリス」と定番の「Galette aux Amandes/ガレット オ ザマンド」の予約を開始。店頭では、12月30日から2019年1月20日まで販売する。

f:id:pleasegoodtimes:20181221073031j:image

14世紀から続くフランスの伝統菓子であり、「エピファニー」を祝う日に食される「ガレット・デ・ロワ」。1月6日の「エピファニー」は、和気あいあいとスイーツを堪能する一家団欒の伝統行事として楽しまれている。「ガレット・デ・ロワ」の中に潜む「フェーヴ」と呼ばれるフィギアを当てた人は、その日1日、王様または王女になり、パートナーに王冠を被せ、幸せを分かち合うことができ、そして、その幸運は1年続くともいわれている。

今回の「ガレット・デ・ロワ 2019」では、「PIERRE HERME PARIS」は「Christofle」とコラボ。ガレット1点につき1点付く、2019年限定の特別「フェーヴ」のデザインは、「Christofle」で愛されているフランス人デザイナーアンドレプットマンが考案した初のジュエリーコレクション「Idole」のスターリングシルバーリングを模倣

※続きはこちら

2018-12-20

セイコードリームスクエア

12月20日、「SEIKO/セイコー」が創業地である銀座に、ミュージアムエンターテインメントを備えた地上4階の小売施設「セイコードリームスクエア」を銀座の晴海通りにオープンする。

f:id:pleasegoodtimes:20181220094342j:image

これにより「SEIKO」は、銀座4丁目の「SEIKO」の前身である旧服部時計店銀座和光本館、銀座7丁目の「セイコープレミアムブティック 銀座」、グローバルブランドを幅広く揃える「GINZA SIX/ギンザ シックス」内のセイコーブティックと、銀座に4つの拠点を持つことになる。

和光の時計塔の内部空間をコンセプトとした体験型発信拠点ミュージアムセイコードリームスクエア」は、「見て、触れて、体験」できるミュージアム、ショールーム、エンターテインメント機能に加え、「おもてなしの場」として、創業の地である銀座の中心から世界へセイコーブランドの「夢」をダイレクトに発信する新たな拠点として、時代とハートを動かし、銀座という街が持つ魅力を活用して、ブランド認知を幅広く世界中に浸透させ、新たな顧客層開拓に取り組んでいく。

※続きはこちら