女性声優さんが好きです でもドラマCDはもーっと好きです☆

2008-02-05 キミキス 〜スウィートリップス〜 ドラマCD

キミキス 〜スウィートリップス〜 ドラマCD

(品番不明)

2008年3月15日発行

キャスト

田中理恵二見瑛理子

能登麻美子祇条深月

水島大宙=相原光一

前田ゆきえ=タマエ先生

ひとこと

コミック『キミキス 〜スウィートリップス〜』のドラマCDっス。雑誌「チャンピオンRED いちご」VOL.6(2008年2月5日発売)に付録として付属していたものっス。

内容は、二見瑛理子メインなお話「不器用な恋」と祇条深月メインなお話「貞淑な恋」の2本立てなんスけど。クールな田中理恵さんと「ご主人さま」を連発する能登麻美子さんを存分に堪能できるっスよ〜(笑)

ってか、最後にキャストコメントが収録されてんスけど、田中理恵さんの壊れっぷりが素晴らしいっス☆っても、発言の主旨には大いに賛同できるんスけどね♪ファンの方は、ある意味、必聴モノっス。

2007-12-25 キスとDO-JIN! 〜王子様はカリスマ大手!?〜

キスとDO-JIN! 〜王子様はカリスマ大手!?〜

INCD-2801

2007年12月25日発売

キャスト

能登麻美子=鈴木七海

櫻井孝宏氷川透

杉田智和=西南北一輝

浪川大輔=高橋宏巳

代永翼=姫宮孔一郎

甲斐田裕子江戸川蝶子

明石香織=女A

山本彰子=女B

桑門そら=女C

井上直美=女D

山下百合恵=女E

越田直樹=長谷川晋壱

野村勝人=スタッフ

ひとこと

小説『キスとDO-JIN! 〜王子様はカリスマ大手!?〜』のドラマCDっス。

ってか、原作はBLらしいんスけど。このCDのレーベルも立派にBL中心の作品ばかり。とはいえ、このCD自体はBL要素は全くなくて。あ、一か所だけそれっぽいシーンがあるかな?ま、頑張ってるのは浪川さんだけなんスけど。って、結局はただただ能登麻美子さんの「はわわわっ」な演技を楽しむつくりになってるっス〜(笑)かなり癒されるっスよ〜。振り回されたりぷんすかしたり、いろんな七海を演じる能登さん、とっても素敵っス。

あと、執事の氷川透もかなりおかしなキャラで。明らかに人間じゃないっていうか常人離れした能力の持ち主なんスけど。櫻井さんがクールに決めててかっこいいっスね。

2007-12-14 マリア様がみてる チェリーブロッサム

マリア様がみてる チェリーブロッサム

SCD-901160(ISBM978-4-08-901160-7)

2007年12月発行

キャスト

清水香里二条乃梨子

能登麻美子藤堂志摩子

植田佳奈福沢祐巳

伊藤美紀小笠原祥子

伊藤静支倉令

池澤春菜島津由乃

釘宮理恵松平瞳子

豊口めぐみ佐藤聖

佐藤利奈武嶋蔦子

斎藤千和山口真美

沢木郁也志摩子の父

真堂圭=敦子

高垣彩陽=美幸

織田芙美=シスター

小林和矢=運転手

小野涼子=女生徒

滝沢久美子=二条菫子

ひとこと

小説『マリア様がみてる』のドラマCD第12弾っス。原作小説第9巻「チェリーブロッサム」から「銀杏の中の桜」「BGN(バックグランドノイズ)」の内容が収録されてるっス。

白薔薇姉妹の最初で最後の見せ場なんスかね(笑)スールになったあとは、とりたてて波風が立つわけでもなく、ごく平穏に日々を過ごしていってるこの姉妹。能登さんや清水さんがいろんなところで「熟年夫婦」って表現されてる二人がスールになるきっかけのお話っス。

ってか、釘宮さん演じる瞳子が清水さん演じる乃梨子と並んでドラマCD初登場っス。にしても、原作小説で先を知ってるからなのか、瞳子のキャラがかなり強烈っていうか違和感っていうか。もの凄く天真爛漫な感じなんスよね〜。原作小説最新刊までのお話ではかなり掘り下げられてて、心の影とか背負ってるものとかいろいろ描かれてるんスけど。このドラマCDではそれらをいっさい感じさせない、ってか、ある意味で心の平穏を保ってる瞳子を釘宮さんが好演されてるっス。ってより、今後お話が進んでいって瞳子のキャラが掘り下げられてからが釘宮さんの本領発揮っスよ。今から楽しみっス〜。

ってより、やっぱ能登さん演じる志摩子は癒されるっス。ってか、むしろ能登さんのお声に癒されてるってほうが正解っスね(笑)

Connection: close