Software development of explosion! −夢の破片(カケラ)たちの日々 別館− このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2012年06月10日

平原綾香 Concer Tour 2012 〜ドキッ〜

はい!今月もライブに行って来ましたo(^▽^)o

7年ぶりの平原綾香のライブです。

そう、1st Tour以来の参戦!

まぁ、あの頃はFCに入ってたんですけどねぇ…

場所は、写真参照!!なんだけども…4年前にCHEMISTRYFace to Faceってアルバム引っさげてライブやったときの会場です。

懐かしい思い出の会場なんですよ。

カルビーかっぱえびせんの唄とか、徹子の部屋とか、チェルシーとか、角瓶とか…要っちの車のETCカード切れてて、料金所で止められたとか、嘉さん(堂珍さん)が公演前にランニングしてたら、ファンに追いかけられて、汗だくになったので、会場前にあるダイエーで下着買ったとかなどなど…

っと、ついついCHEMISTRYネタで熱くなってしまいましたf^_^;)

話を戻して、内容は…古い曲も数曲あったのですが、最近の曲が多くて、一応は予習して行ったのだけども、わからなかった(笑)

まぁ、どっかで聴いた曲だなぁとか、予習した曲だなぁって感じではあったので、楽しめはしたけど…(単に、予習した曲の曲名と歌詞を覚えてなかっただけというのは秘密)

まぁ、雰囲気としてはしっとり系メインにノリのいい曲が数曲混ざった感じで、基本的には座って聴く感じでした。

1曲、「みんなにも丸々歌ってもらうからね〜」といって一緒に歌う(でも、みんな歌詞知らなくて、最後のほうで歌詞教えながら歌ってた)とか、「手首、今のうちに回しておいてね。次の曲は簡単そうに見えて意外と難しいから」とか言って観客にも振り付け教えて一緒にやらせたりとか、1stの頃から比べると随分変わりました。

歌自体は流石に上手かったです。



終わってから思うと、MCもグダグダしてなく、一生懸命、ファンと向き合おうとしている感じでした。

特に、最後にはけるときなんかは、みんなに手を振って、お辞儀して、一番最後に「ありがとうございましたーっ!」って言ってはけて行ったのが印象的でした。

ケミだと、手を振りながら、颯爽とはけて行く感じなので(まぁ、要っちが「ありがとう!」って軽い感じでお礼を言うだろうけど」)とても印象に残りました。

あとは、衣装着替える(ドレス1枚脱いだり、シューズ履き替えたり)っていうのを、ステージ上でやる演出もびっくりでした。(完全に衣装替えるときは流石に下がってましたが)

そんなこんなで、最初思っていたよりは、何倍も楽しめてよかったですo(^▽^)o


CHEMISTRYのライブ行きたいなぁ…(ここは変わらず)

iPhoneから送信


f:id:poad1010:20120610213041j:image