POCH-7003 BEATout!

2012-03-01

brewでエラー発生 パッケージのインストールが進まない

| 11:14

brewでlftpをインストールしようとしたらいつの間にかbrewが動かなくなってた。何をしてもエラーが出るのでgitアップデートしようとしたらまたしてもエラー。curlでエラー。

そもそもこのファイルがここにはない。どうしたもんか。

http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.7.6.tar.bz2

しょうが無いのでキャッシュに関連ファイルを落としてインストールする。

$ cd ~/Library/Caches/Homebrew
$ curl http://distfiles.macports.org/git-core/git-1.7.6.tar.bz2
$ curl http://distfiles.macports.org/git-core/git-manpages-1.7.6.tar.bz2
$ curl http://distfiles.macports.org/git-core/git-htmldocs-1.7.6.tar.bz2

$ brew install git

ついでにlib関連も一旦削除。で入れてやる。例えばlibなんちゃらを削除。入れようとしてるパッケージが依存している奴だけで良いと思うけどのちのち同じ事するの嫌なのでlibなんちゃらは全部消してやったぜぇ〜。

$ brew remove libgpg-error
$ brew remove --foce libtasn1
$ brew install libgpg-error
$ brew install libtasn1

これでまたbrewが使える。

2011-04-27

RedHat系 のbind9で「warning: max open files (1024) is smaller than max sockets (4096)」

| 14:01

bindのゾーンファイルがまあまあ多くなってくると「warning: max open files (1024) is smaller than max sockets (4096)」こんなwarningがログに書かれてくる。

解消するには、max open filesを4096まで上げてやる必要がある。

/etc/security/limits.confに書いてやろうかと考えたが、shell経由でbindを実行しているわけではないのでここに書いても意味が無いかな。と思った次第。新しいやつだと、/etc/security/limits.dにそれらしきファイルがあったりするんだけど・・・

なので、ここは原始的に設定してやる。#RedHat系と書いたのは↓に記述する為

# vi /etc/sysconfig/named
ulimit -n 4096 #←一番下に追加

# /etc/init.d/named restart
# cat /proc/`pgrep named`/limits

Max open files 4096 4096 files

これでrebootしても問題無し。

#ただ、パッケージのアップデート等で/etc/sysconfig/namedが書き換わる事があるかもしれないので、注意。

2010-12-27

Enumrable#count に気づかず・・・

| 19:08

1.8.7からこんなメソッドが増えたのね・・・気づかなかったorz

1.8.6から1.8.7にアップデートしたらおかしな事になったので調べて見たらそういうことだった。

単純にmethod_missingなんって使ってはいけないね。バグの元ですわ

あーあほらし。