pocket-pocketの日記

2006-12-02 教育とは何か

教育とは何か?


いじめ問題報道され、教師の教育力の低下が指摘され、

教師は聖職者であるべきかが論じられ、教室空間がタコツボ化

していることが指摘され、教育現場の厳しさが吐露され、

問題が全国規模で共有されるなかで、当の子供たちのなかに

違和感が育っていく。本当にそんなことが問題なのか?

何か本質的なことを忘却しようとしているのではないのか?

この大きな波の中で、誰もが傍観者であろうとしてる。


教育とはなんだろう。これは案外簡単なことではないのか?

私は個別指導塾の風景を想い出す。そこには小学生から大学

受験生までが同じ空間を共有し、やがては上下関係のない友人

たちでこの空間は溢れかえることになる。そこには学校の「階層」

を超えた不思議な出会いがある。やがて彼らは自らが講師から

学ぶ一方で、今度は彼らが若年者に対して勉強を教えはじめる。

このような風景。それはあくまでコミュニケーションの延長上

として。それはあくまでごく日常的に。


つまり、教育とは「そういうこと」なのではないのか?

知っている者が知らない者に対して教える。それはあくまで

好意として。そして相手の「喜び」を想定として。

そして「教える者」も「教えられる者」もともに成長していく。


あらためて、「教育」とはなにか?

教師の教育力の低下はそれほど深刻といえるのか?


子供の視線。それは「教師」に向けられるものではなく、

「社会」に向けられている。その視線はきわめて厳しい。

しかし、この視線に誰が耐えられる?教師だけが耐えなければ

ならないのか?


教師は「聖域の最後の砦」であって、それ以上ではない。

「我々」こそが教える立場にあるのだ。それは直接的な

行為によってだけではなく、「生き方」というメディア

よって。「視線」と「メディア」。低下しているのは

メディア」自身だ。教師への攻撃は、それはそのまま

自らのメディア力の腐敗を露呈しているようなものだ。

あきらかに、見知らぬ顔で。


かつて「メディア」は共同体のなかにあった。品質はともかく、

たしかに「メディア」は機能していたのだ。しかし現代では、

少なくとも「我々」は単体で子供の「視線」に耐えなければなら

ないのだ。おそらく、それに耐えられない者は沈黙するしかないだろう。


教育とはすなわち、すべての者たちによって担われる

はずの「何か」だろう。人間が決して放棄してはならないはずの。

ケースバイケースwwwwケースバイケースwwww 2009/07/28 15:34
「今日はディープスロートの練習させて!!ケースバイケースだから!!!」
昨日こんな事を言われたんだが・・・なんだよケースバイケースってwwww
使い方間違ってるよwwww てかこんなヴァカなのに何で金持ちなの??
すごいテンションでいつも10万くれるのはやっぱヴァカだから?wwwwww

http://netoge.bolar.net/p49U4aW/

おっぷぁい!ぷぁい!おっぷぁい!ぷぁい! 2009/08/08 01:29
しばらくお互いに愛撫し合ってたら、女が急にカバンから蜂蜜取り出してボクのティンポに塗りたくってきてパイズリ始めたからビックリしたよ(^^;
パイズリされつつ蜂蜜塗られてティンポしゃぶってもらっての繰り返しで、気持ちよすぎて気がついたら3回イったしwww 俺淡白なのにすげwwwwww
やっぱ巨乳で工口工口な女が一番だよねーヽ(゜∀゜)ノヒャッヒャッ!!

http://ene.creampie2.net/l7IrVqV/

じゃぶぁー!!!!じゃぶぁー!!!! 2009/08/11 20:39
やっぱコスしてもらってハ メ るのが一番萌えに燃えるって!!!!!!
昨日はエ○ァの新キャラコスしてもらったもんねー(*´Д`)ハァハァ
興 奮しすぎて無意識に服着せたままパ ン ツ ビリビリに破いてバック突きしまくっちゃったwwww(テヘw)
既に次はハ○ヒで決定してるしwktkが止まらんねぇぇぇwwwwwwwwww

http://kachi.strowcrue.net/j91elbd/

だしゃーし!!!!!!だしゃーし!!!!!! 2009/08/18 20:58
ぜっぷる!ぜっぷーる!!ぴゃひぃぃ!!!!!
ちょっと!落ち着け!!!いや、俺が落ち着く!!!!!!!!

なんかよくわからんが濡れ濡れオ マ ン 湖にカチカチの俺様を挿入しただけで
5 万貰えた!!! ナニこれww ちょっと今からもっかい行ってくるwwwwww

http://yuzo.plusnote.net/MfzCZ5s/

くっちゃいの!くっちゃいの! 2009/08/24 09:31
3日お風呂入らずに来て!!って言われたから
我慢してその通りにしたんだが、行為を始めた途端に
チ ン カ スだらけの俺のテ ィ ン コを咥えてキレイにしてくれたわwwww

とりあえずされるがままでフィニッシュしたんだが、
ボーナス付けるとかイミフな事言われて8 万ゲットしたよ(^^;ラッキー♪

http://okane.d-viking.com/IkwdG7p/

2006-10-28 思いとは何か、そして、歴史とは何か

店をでて

青い空のはるか遠くを見つめながら

「いつか私を見つけてくれるのだろうか?」

と、深く呪った。


これが歴史家としての私の出発点であった。


「人間とは総じて中継ぎである。」

とは私の先生の言葉である。

確かに、私のまわりをみても、先生の「思い」

をいたるところで発見することができる。

もちろん、わたしのなかにもそれはある。


強い思いは時間のなかで空間のなかで

いつまでも生き続ける。図書館にでも行けば、

誰でもそれに気付くことができる。

強い思いだけが・・・。


キリストも、親鸞も、仏陀も、ニーチェも、

誰もかれも、強い思いだけがこの世界に遍在する。

強い思いだけが・・・。


「永遠に生きる」とはそういうことなのだろう。

自然淘汰の思想のように、人間の感性は弱い思いを

淘汰していく。弱い思いは、短い生すらも与えてはくれない。

あまりの孤独・・・。


歴史とは「思い」を再び拾い上げる作業ではないだろうか。

それは「強い思い」のみならず「弱い思い」も、公平に。


弱い思いしかもたない名もなき人びとも、

やはりふと空を眺めながら、私と同様の孤独と、そして

かすかな希望を感じたのかもしれない。

「わたしの思いも行き続けるのだろうか?」


孤独を解放しよう、思いを解放しよう。

それこそが「歴史」の本質ではないだろうか?

そして私は歴史家となった。

2006-10-25 結婚とは何か

結婚とはなにか。


それは、生物学的に考えれば種の保存への欲求の結果であり、

歴史的に考えれば家産の要請の結果がであり、社会学的に

考えればその制度化の結果である。しかし、それだけのだろうか?


恋愛について考えてみたい。恋愛の本質とは、すなわち体内

への回帰願望ではないだろうか?恋人を抱きしめるとき、

そこにある欲求は「内部へと入り込もうとする欲求」である。

我々は、母の胎内を出たときからずっと孤独なのだ。


それでは結婚とはそうした恋愛のその制度化にすぎないの

だろうか?いや、結婚もその欲求の直接の結果なのかも

しれない。母の胎内から生まれでたときの恐怖、全体性の

喪失を埋め合わせるために、恋愛によってそれを解消しよう

とした。しかし、それが不可能であると気付くと、今度は

「擬似的な全体性」をこの世界に築こうとする。

それこそが結婚なのではないだろうか?


妻に、子に囲まれて、制度に保障されて、私は孤独ではないと

絶えず安心して確認する機会。結婚は、目に見えて、肌で感じ

られる「擬似的な全体性」を演出してくれる。


しかし、それが果たして最善のそして唯一の方法だったのだろうか?

擬似的な共同体は、それが小さければ小さいほど、外部に対して

攻撃性を発揮してきたのではないだろうか?この全体性を失わせ

ないために。家族から、そして国家まで。その鬼子がナチズムである。


それでは発想を変えてみればどうだろうか?すなわち、我々は母の

胎内から生まれ出た。しかし、それは孤独なのではなく、さらに

広大な「地球」という新しい母親の胎内に住まう機会を与えられた

のだと。地球規模での全体性。


誇大妄想的な考え方。しかし、少しは孤独が癒される。

しかし、それは目に見えて、感じられるものでないぶん、それだけ

充足感は薄められる。擬似のまた擬似なのである。我々は「眼に見えて、

感じられる」充足感が欲しいのだ。それはエゴイスティックに。

そしてそのエゴこそが人間の限界なのだ。


結婚とは、人間の孤独な生い立ちの表象であろう。

2006-10-22 物語とは何か

物語とは何か?


複数の人形に囲まれていると、

ふと、私が人形が観ているのか、

それとも私が人形に観られているのか、

主−客が逆転した奇妙な感覚に襲われる

ことがある。


物語もそれと同様である。

あまりに物語に囲まれすぎると、

私が物語を演じているのか、

それとも私が物語を演じさせられているのか

よくわからない混乱に陥ることがある。


私が生きているのであり、物語はその媒体に過ぎないのか?

それとも物語が生きているのであり、私はその媒体に過ぎないのか?


物語とは、「想い」のデータベース化である。

故人の「プログラム」であるとも言える。

いったん誕生すると、それはすぐさま我々に内面化される。

我々が望むか望まざるかに関わらず、それは・・・。


神話文学哲学、体験記、童話、法文。

「想い」が「想い」を生み、それはますます我々を拘束する。


人間は過去を忘却しない。

人間は物語の誕生とともに忘却の孤独から解放された。

物語を通して「想い」は後世に生きつづける。

その「想い」こそが後世に様々な「呪い」を残した。

この文章もそう。


「自己=想い」を記憶媒体に保存しようとするところに

物語の本質はある。そして、その「自己=想い」が後世の

人間を操作しているところに物語のもうひとつの本質がある。

2006-10-20 政治とは何か

政治とは何か?


政治の選択性とリアリティに、私は興味がある。

我々ははたして「政治」について語ることができる

のだろうか?日々、街角で、居酒屋で、教室のなかで

あらゆる政治についての談義が繰り広げられている。

北朝鮮が・・・」「靖国が・・・」「教科書問題が・・・」。

しかし、それは「政治」なのだろうか?


とんでもない違和感。とんでもない失笑。

ニュースで繰り広げられる議論は果たして「政治」

なのだろうか?街頭でインタビューを受けている

彼らは政治について語れているのだろうか?

「あなたは靖国参拝について・・・」

「あなたは新内閣について・・・」

「あなたは今回のスキャンダルについて・・・」


政治についての選択性。

我々が政治について語っているのは、「右」か「左」、

それだけである。メディアが提出したマスタープランに

「乗っかる」か「乗っからない」か。その選択性にこと

「政治」の袋小路がある。我々は「賛成」か「不賛成」か

「快」か「不快」かを述べることが「政治への関わり」で

あるといつの間にか錯覚させられている。些末への収斂。

決して「全体」へはいきつくことがない。ゆえに、我々の

政治についての「語り」にはいつもリアリティがない。

それは「メディア」について語ってるのであり「政治」に

ついては語っていない。「ワイドショー」を語るのと同じ

レベルで「政治」を語っている。ゆえに、万人の生死に

関わる問題も「にやけて」語ることができる。

些末。些末。些末。


我々は政治に関わっているのか?もし「関わってる」と考える

ならそれは幻想である。我々は「バラバラ」「些末」「表層」

の情報のみを餌のように与えられ、それをむさぼり喰うだけ。

それは消化されひとつの「幻想」を生みだす。あまりにも虚しい、

「政治」という幻想を。


政治とは「選択性」を乗り越えた「創造性」のなかにこそある。

「我々はどうしたいのか」「我々はどうするべきなのか」。

人民の幸福と安寧」を追求するところに政治の本質があるのなら、

「選択」などは、それとは全く関係のない言語ゲームに過ぎないではないか。

感情を満足させるだけの虚しい言語ゲーム

それは政治ではない。

Connection: close