Podcaster’s Passion ポッドキャスター見聞録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-12-31

[]Good bye! はてなダイアリー

いままでこのブログをご覧いただいたかたがた、

たまたまこのブログにたどり着いたかたがた、

ご来場ありがとうございます。


2006年の12月に思うところあって、ブログの引っ越しを決意しました。

はてなのサービス自体には強い愛着もあります。

今後も斬新なサービスを生み出すと信じています。


それでも本日をもって、いったんこのブログの更新は終了し、

Seesaaブログで新しい活動を始めます。

年内に引っ越しも終わらず難儀していますが

よろしかったら足をお運びいただけるとありがたいです。


ブログは「40才からのやっぱりダイエット」です。

いままでのポッドキャスト情報はもちろん引継ぎ、もう一段パワーアップを目指します。


ではまたいつか。

2006-12-26

[]ブログを強化するソリューションたち

このはてなダイアリーには、いくつかの不満がありつつ、手放せない機能があります。

はてな記法」です。

なかでも「http記法」と「表組み記法」は特に便利です。

http記法は、URLを記述したあとに「:title」を追加するとURLからtitleを表示してくれたり、「:image」を追加するとトップ画面のサムネイル画像が表示されます。

表組み記法は、先日のエントリーにあるようなテーブル機能を「|」という記号で項目を区分するだけで作ってくれます。

どうにか大体手段がないものかと探っていたら、http記法のサムネイル画像は解決策が見つかりました。


角が丸く加工されている以外は、ほぼはてなのhttp記法のトップ画面のサムネイル表示と同じです。

はてなのhttp記法版

screenshot

simpleapi版








二つ目は、no titleです。

こちらはマウスカーソルをフォーカスすると、サムネイル画像が表示されるものです。


どちらも元ネタはtokuriki.com | AMN徳力のブログです。ありがとうございました。

2006-12-25

[]ブログサービス総括

ブログの見直しに向けてかなりの数のブログサービスに手をだしました。

ざっと9種類。それぞれ印象です。

  • SeeSaa・・・多機能。管理画面を親切にするとさらによい。
  • FC2・・・多機能。管理画面の左サイドバーのメニューが充実、使いやすい。
  • livedoor・・・ポータルらしく他のサービスとの連携もよブログ企画がCGMを生みやすい。管理画面内のPRエリアが残念。プレゼント企画に、有料版の10年分や30年分が提供され衝撃的。
  • JUGEM・・・ヘルプが充実していて、かなり使いやすい。スパム対策も充実。
  • goo・・・Web2.0系の機能との連携次第。管理画面がすこし寂しい。
  • excite・・・ブログの10文字まででショック。動作は軽い。
  • NINJA・・・Google検索で上位だったので。
  • ヤプログ・・・しょこたんこと中川翔子さんが使ってる。かわいすぎます。
  • Ameba・・・伸び盛り。他のサービスとの連動をどうデザインしていくのか。

比較したおかげで自分にとってのブログサービスのポイントが見えてきました。

3つのポイントと優先順位は

  1. 管理画面(使いやすさ、ヘルプの充実)
  2. ユーザー活性化対策(トラックバック企画、定期的なテーマ設定)
  3. 機能性(アクセス解析、カスタマイズ性)

となりました。

確かに、いくら機能が増えても、使いやすいことが前提ですね。


もう少し検討を進めて、このブログの最終的な移転先を決定したいと思います。

2006-12-23

[]FPNさんのアルファブロガーを探せ 2006に挑戦!

昨年に続き、FPNさんがアルファブロガー企画を実施されています。

応募概要

あなたがビジネスや事業の未来を想像したり、将来の自分を考えるために、「今年一年間」最もお世話になったブログを3つだけあげてください。

ということで3つご紹介します。

DESIGN IT! w/LOVE

screenshot

Webマーケティング、特にコンセプトレベルで考えるうえのヒントに満ちています。


シナトラ千代子

screenshot

かわいらしいイラストと鋭い分析で、Web界やブロガーを考察しています。


アナログなWEBアカウントプランナー

screenshot

Webマーケティング、特にプロモーションを考えるときに欠かせない視点が見つかります。


以上、3人のブロガーさんを紹介させていただきます。

[]livedoorBlogの心意気(ブログサービスインプレッションその1)

先日からブログの見直しをすると同時に、ブログサービスを調査しています。

まずは比較表を作ってからサービスを選ぶつもりが、いつの間にか複数のブログサービスを申し込んでしまいました。

どのサービスも「無料」かつ「即時にブログ利用可能」で、とてもはじめやすくなっています。


せっかくなので申込みのときの印象を紹介します。

まず、「livedoor Blog」。

ブログならライブドアブログ(livedoor Blog) - 無料・デザイン豊富

screenshot

実は、以前日記用にブログの無料版を使っていたのですが目的を見失い放置していました。

一方で、ブログ閲覧用に同社のRSS Reader「livedoor Reader」を使いはじめました。ショートカットキーを中心とした操作性の高さに、もはやなくてはならないWebサービスのひとつになっています。


で、改めてlivedoor Blogを調べて、ある強い意志を感じました。

もともとはクリスマスプレゼントが欲しいという軽い気持ちがはじまりです。

livedoor クリスマス特集2006

screenshot

家庭用ゲーム機PLAYSTATION3」、液晶テレビ「AQUOS」、携帯ゲーム機ニンテンドーDS lite」といった人気商品から、「やわらか戦車」グッズなどライブドア社らしい商品、総計200名にあたるという豪華な企画です。

液晶テレビかPS3かと迷っていたのですが、あるプレゼントに、はっとしました。

livedoor Blog PRO 10年分」

アクセス解析ドメイン設定など高機能サービスを10年間無料に![注7]

* 対象人数:5名様

* 提供:ブログ|[このコンテンツの特集を見る

金額は月額が税込み262円ですから、10年分なら月額262円×12ヶ月×10年で31,440円です。

もっと高額な商品があります。


高機能サービスといっても有料版の特長は、

アクセス解析

FTPアップロード(100MBまで)

URL設定 お持ちのドメインまたは「http://○○.livedoor.biz」

ブログの非表示設定

ブログデータのインポート/エクスポート

・自分のAmazonアソシエイトID設定

・高機能コメント/トラックバック管理

・禁止URL、ワードが100件に

302 Found

というものです。わたし個人の利用方法からするとあまり優位性を感じません。


金額でもなく、機能でもなく、魅力を感じたもの。


それは「10年分」の文字です。

わたしは勝手に「livedoor Blogはこれから10年先まで続けます!」という宣言として受け取りました。

サービスの変化が激しいWebの世界ですが、ブログの進化が10年続くことを願っています。


進化に対するひとつの答えが「livedoor Wiki」にあります。

Seesaa Wiki(ウィキ)- ゲーム攻略に便利な無料Wiki

screenshot

実際に使っていないので直感的な感想ですが、“個人”の情報発信手段であるブログを、“集団”の情報発信手段に変化させそうです。

こういったブログを入り口としながら他のサービスと組合せる発想が、10年後のブログサービスにつながるかもしれません。

livedoor Blog」をもう少し使い込んでみたいと思います。

2006-12-22

[]6つに分けられたブロガー

野村総研によるブロガーは6つのタイプに分けられるそうです。分類項目は「更新」「閲覧」「コメント・トラックバック」となっています。

タイプユーザー数
アルファブロガー71万人
情報発信ブロガー97万人
自己完結ブロガー53万人
情報探求ブロガー40万人
熱烈読者ブロガー258万人
駆け出しブロガー481万人

(出典: 「情報発信」「熱烈読者」……ブロガーの6タイプ - ITmedia NEWS


アルファブロガーが多いように感じますが、定義の問題でしょう。

このブログは「熱烈読者ブロガー」ぐらいなので、見直し後どうするか、よーく考えてみます。

2006-12-19

[]ブログを作り直そうと思います

この数日でトレンダーズの経沢さんの著書『日記ブログで夢をかなえる』を読み終えました(ブックレビューは別にエントリーする予定です)。

結論は「ブログを見直そう」でした。


まず、ざっくりと新ブログの概要です。

  • テーマを「○○○○○○○○」にします・・・現状のテーマ「Podcast」を包括する定義です。
  • カテゴリは現状を継続し、新規に「雑感」もしくは「etc」を追加します

続いて、優先順位は考慮しないで機能機能を列挙します。基本的には、はてなダイアリーでも一部対応できるのですが、総合力で厳しいと思っています。

というわけで、自分用の比較表をただいま作成中です。

【概要編】

サービス名運用会社総容量画像容量画像1枚パーツ*1ポッドキャストアクセス解析調査日
はてな株式会社はてな3MB画像1枚×ポッドキャスト2006年12月21日
ココログBasic*2@nifty2GB40MB40MB調査日
JUGEMGMOペパボ株式会社無制限200MB100KBポッドキャスト2006年12月21日
livedoor株式会社ライブドア2.1GB画像容量画像1枚ポッドキャスト2006年12月21日
Seesaシーサー株式会社無制限2GB25MB2006年12月20日
アメーバ株式会社サイバーエージェント無制限1GB×ポッドキャスト2006年12月21日
gooNTTレゾナント3GB1M××2006年12月20日
exciteエキサイト株式会社30MB500KB?×ポッドキャスト2006年12月21日
FC2FC2,inc.無制限1GB250KBポッドキャスト2006年12月21日

【エントリー編】

サービス名モバイルアフィリエイト*3テーブルimage
はてな
ココログBasic*4--
JUGEM--
livedoor--
Seesa--
アメーバ--
goo---
excite--
FC2--

どうにかして年内にまとめて、新ブログで2007年を迎えたいと思います。

2006-12-14

[]KONAMIのWebCMがすごすぎます

ゲームソフトウイニングイレブンのキャンペーン「人生はサッカーだ。日常生活サッカー化宣言」を展開してます。

生活シーンをサッカーのプレイに関連付けて説明するWeb限定CMが多数公開されています。

しみ美白美容液口コミ体験談

現時点で公開済みのCMが6種類。

今月の18日に追加予定のCMが3種類。

いずれもかなり秀逸ですが、おすすめはこちら、「ワンタッチパス編」です。

404 error - File Not Found

2006-12-13

[]非メディア企業のポッドキャスト配信状況

12月12日、二つの会社がポッドキャストダウンロード数が発表しました。

偶然でしょうが、なにか不思議な動きを感じます。


ポッドキャスト関連商品を販売しているサン電子と、

404 Error - Not Found

インターネット銀行のソニー銀行です。

「from MONEYKit ポッドキャスティング」一周年と新番組配信のお知らせ 061212|ソニー銀行からのお知らせ履歴|MONEYKit - ソニー銀行

配信会社番組ジャンル対象期間(from)対象期間(to)番組配信数ダウンロード
サン電子英語2005年10月19日2006年12月12日3004,000,000超
ソニー銀行金融2005年12月12日2006年11月30日117163,813

(出典:各社発表資料)

2006-12-06

[]セミナーの音声配信は広がるか?

SBIビジネスソリューションズが提供するセミナー情報ポータルサイトビジネスクラスセミナー」に、付加サービスとしてセミナー音声をMP3で配信する「ポケビズ」がはじまっています。

(元ネタは、SBIビジネスソリューションズがiPodで受講できるセミナーを配信開始 | Web担当者Forum

no title

いきなり豪華な無料コンテンツがあって、個人的にインパクトが大きいです。

ただ、セミナーの音声には、単純に音声化して聞きやすいか?という課題があります。

はたしてどう解決しているか、音声を聞いてから追加でコメントします。

(執筆中)

2006-12-04

[]気になるブログ

ブログをどう書くか、死なせないためにどうするか、という議論が飛び交っているようです。

個人メディアとしてのブログが直面している課題は、そのままではないにせよ、少なからずポッドキャストも直面すると思います。

いくつかのエントリーや参考になるサイトを紹介させていただきます。


[徳力] ブログを会話だと思えばブログを続けるのは簡単かも

screenshot

そのポッドキャストでは、有名ブロガー(誰か忘れました・・・)に今からブログを書く人にどんなアドバイスをしますかという質問をしていたのですが、その時にその人が言っていたのがこれ。

ブログを書くときにはCCで友達にメールを書いているように書けばいいんだよ。」

実は結構これがポイントのような気がします。


404 Not Found

screenshot

覚えておくべきは「ブログは自分のために書く」ということである。


no title

screenshot

習慣 2. ビジョンかミッションを定めよう


Weblog Ethics 日本語訳

screenshot

Podcast倫理、という観点で読み替えてみてください。