Hatena::ブログ(Diary)

プログラムとかののblog このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-07-26

herokuのリモートの見つけ方

なかなかないと思うけど、herokuのリモートの名前を取得する方法がわからなくて困った。Githubからpullしてたからremoteが消えたんやろうか?

とりあえずメモっとく。

やり方

結論としては、こういう風にやればいい。

$ heroku login
$ heroku apps
=== My Apps
apps-citadel-2222
apps-twisted-weald-3333

これでアプリを名を確認して、リモートを追加する。

git remote add heroku git@github.com:apps-twisted-weald-3333.git
git push heroku master

結論を先に書いて、このあとはインストールや実行結果を絡めて書いておく。

詳細


heroku toolbeltをインストールしておく。

まずはherokuにログインする。

$ heroku login
Enter your Heroku credentials.
Email: example@example.com
Password (typing will be hidden): 
Authentication successful.

適当なやつは無いか探すためにheroku --helpを見る。

$ heroku --help
Usage: heroku COMMAND [--app APP] [command-specific-options]

Primary help topics, type "heroku help TOPIC" for more details:

  addons    #  manage addon resources
  apps      #  manage apps (create, destroy)
  auth      #  authentication (login, logout)
  config    #  manage app config vars
  domains   #  manage custom domains
  logs      #  display logs for an app
  ps        #  manage dynos (dynos, workers)
  releases  #  manage app releases
  run       #  run one-off commands (console, rake)
  sharing   #  manage collaborators on an app

Additional topics:

  certs        #  manage ssl endpoints for an app
  drains       #  display syslog drains for an app
  fork         #  clone an existing app
  git          #  manage git for apps
  help         #  list commands and display help
  keys         #  manage authentication keys
  labs         #  manage optional features
  maintenance  #  manage maintenance mode for an app
  members      #  manage membership in organization accounts
  orgs         #  manage organization accounts
  pg           #  manage heroku-postgresql databases
  pgbackups    #  manage backups of heroku postgresql databases
  plugins      #  manage plugins to the heroku gem
  regions      #  list available regions
  stack        #  manage the stack for an app
  status       #  check status of heroku platform
  twofactor    # 
  update       #  update the heroku client
  version      #  display version

heroku appsが自分の管理しているアプリを表示してくれそうなので、実行してみる

$ heroku apps
=== My Apps
apps-citadel-2222
apps-twisted-weald-3333

うまいこと表示された。
(herokuの命名ルールは知らないのでそれっぽい名前にしてる。名前はUltima Onlineから)

自分が設定したい名前がapps-twisted-weald-3333といことが分かったから、そこをremoteに追加する。

git remote add heroku git@github.com:apps-twisted-weald-3333.git

あとはpushするだけ。

$ git push heroku master
Fetching repository, done.
Counting objects: 20, done.
Delta compression using up to 4 threads.
Compressing objects: 100% (15/15), done.
Writing objects: 100% (15/15), 2.28 KiB | 0 bytes/s, done.
Total 15 (delta 6), reused 0 (delta 0)

-----> Ruby app detected
-----> Compiling Ruby/Rack
-----> Using Ruby version: ruby-2.0.0
-----> Installing dependencies using 1.6.3
       Running: bundle install --without development:test --path vendor/bundle --binstubs vendor/bundle/bin -j4 --deployment
       Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..........
       Fetching additional metadata from https://rubygems.org/..
       Using rack 1.5.2
       Using eventmachine 1.0.3
       Using tilt 1.4.1
       Using daemons 1.1.9
       Using bundler 1.6.3
       Installing rack-protection 1.5.3
       Installing sinatra 1.4.5
       Installing thin 1.6.2
       Your bundle is complete!
       Gems in the groups development and test were not installed.
       It was installed into ./vendor/bundle
       Bundle completed (4.77s)
       Cleaning up the bundler cache.
       Removing thin (1.5.1)
       Removing bundler (1.3.2)
       Removing sinatra (1.1.0)

###### WARNING:
       You have not declared a Ruby version in your Gemfile.
       To set your Ruby version add this line to your Gemfile:
       ruby '2.0.0'
       # See https://devcenter.heroku.com/articles/ruby-versions for more information.

-----> Discovering process types
       Procfile declares types -> web
       Default types for Ruby  -> console, rake

-----> Compressing... done, 13.2MB
-----> Launching... done, v13
       http://apps-twisted-weald-3333.herokuapp.com/ deployed to Heroku

To git@heroku.com:apps-twisted-weald-3333.git
   ef0822f..213339b  master -> master

これでherokuにpushができて、LingrBotを動かすことができた。

参考

Getting Started with Ruby on Heroku | Heroku Dev Center
Heroku上でSinatraアプリを動かすまでのまとめ - まちゅダイアリー(2011-10-02)

2014-07-22

gistのメモ

gistで書いたプログラムのメモ

第一回 オフラインリアルタイムどう書くの参考問題

Google Testのスケルトン作成スクリプト

自分用マインドマップのサーチプログラム

Emacs Lispのヘッダ・フッタ挿入スクリプト

gitのpost-receiveの例

パスカルの三角形

FizzBuzz

2014-07-12

Emacs Lispで文字列の要素のアクセス

このコードを実行したかった。

(map 'string #'(lambda (x y)
                  (char "01234567890ABCDEF" (mod (+ x y) 16)))
       '(1 2 3 4)
       '(10 9 8 7)) =>  "AAAA"

これだとchar関数がないですって怒られる。このcharは、Common Lispの文字列の要素アクセスになる。この対応するEmacs Lispで文字列の要素アクセスの方法を探してたけど、なかなかわからない。でもなんとか見つけた。

Emacs Lisp の文字列操作まとめ

さすがkiwanamiさんである。

これによるとcharはarefを使って代替すればいいことがわかる


RubyCommon LispEmacs Lisp
s[i]
s.slice(i)
(char s i)(aref s i)

なので実行コードはcharをarefにすればいいだけである。

(map 'string #'(lambda (x y)
                  (aref "01234567890ABCDEF" (mod (+ x y) 16)))
       '(1 2 3 4)
       '(10 9 8 7)) =>  "AAAA"

おかげで解決できました。

2014-06-12

po4a-gettextizeをインストールしたことのメモ

po4a-gettixtizeをインストールしようと思ってやってみたらエラーに見舞われた。

メモのために手順とかを書いておく。

詳細にログとか書きたかったけど誤ってコンソールを消してしまってあまりログが残ってない。

インストール

↓でpo4a-gettextizeをダウンロードする。
https://alioth.debian.org/frs/?group_id=30267

ダウンロードししてREADMEを見てみると、

perl Build.PL
./Build
./Build install

という風にするって書いてある。まず

  • perl Build.PL
  • ./Build

をやってみる。
たしか./Buildをやったときに、gettextやらSGMLSなどを先にインストールして下さいと言われる。言われた通りにそこら辺をインストールしていく。やっていくうちに問題が発生した。

まずgettext

brew install gettext
type xgettext
#-> xgettext not found

えっ…。多分gettext自体は先にあってうまくリンク出来なかったのかも。なので強制的にリンクする。

brew link --force gettext

次にSGMLSのインストール作業のとき。

./Build installdeps

で依存関係をインストールしてくれるってのを./Buildのときに言われたのでコマンドを実行する。

$ ./Build installdeps
Checking optional dependencies:
Install SGMLS? [y ]y
Reading '/Users/OginoRyo/.cpan/Metadata'
  Database was generated on Tue, 10 Jun 2014 20:41:02 GMT
Running install for module 'SGMLS'
Running make for D/DM/DMEGG/SGMLSpm-1.03ii.tar.gz
Checksum for /Users/OginoRyo/.cpan/sources/authors/id/D/DM/DMEGG/SGMLSpm-1.03ii.tar.gz ok

Package comes with a Makefile and without a Makefile.PL.
We'll try to build it with that Makefile then.

  CPAN.pm: Building D/DM/DMEGG/SGMLSpm-1.03ii.tar.gz

Could not read metadata file. Falling back to other methods to determine prerequisites
if [ ! -d /usr/local/lib/perl5/SGMLS ]; then\
	  mkdir /usr/local/lib/perl5/SGMLS; \
	  chmod a+x /usr/local/lib/perl5/SGMLS; \
	fi
mkdir: /usr/local/lib/perl5: No such file or directory
chmod: /usr/local/lib/perl5/SGMLS: No such file or directory
make: *** [/usr/local/lib/perl5/SGMLS] Error 1
  DMEGG/SGMLSpm-1.03ii.tar.gz
  /usr/bin/make -- NOT OK
'YAML' not installed, will not store persistent state
Running make test
  Can't test without successful make
Running make install
  Make had returned bad status, install seems impossible

/usr/local/lib/perl5 ディレクトリがなくてエラーになるらしい。自分はperlをインストールすることで解決したはず。

Perlのダウンロード

wget http://www.cpan.org/src/5.0/perl-5.20.0.tar.gz
tar zxvf perl-5.20.0.tar.gz

Perlのインストール

cd perl-5.18.0
./configure.gnu --prefix=/usr/local/perl5
make
make test
make install

解決のキモとしては、prefixを/usr/local/perl5にしたことだろうか?

あとは

./Build installdeps

をするか、

$ cpan
cpan> install SGMLS

をすればSGMLSをインストールできる。

でも、もしかしたらmkdir /usr/local/lib/perl5だけで解決したかもしれない。

あとは

./Build install

を実行すると、po4a-gettextizeをインストールすることができる。

終わりに

インストールは成功したけど、po4a-gettextizeの使い方を把握できていない。なのでここを見る。

Man page of PO4A-GETTEXTIZE

参考

Perl - CentOS 6.2 でcpan install が失敗したときの対応 - Qiita

ちっぷす:Mac OS X 10.5 で po4a と OmegaT で TeX 文書を翻訳

GetTextを用いたローカライズ方法 - Conyac

2014-05-27

C++で単一の繰り返し文字列を作る


RubyHaskellでは特定の文字を繰り返して、繰り返し文字列を作るやり方は知ってる。だけどC++で単一の文字の繰り返した文字列を取得する方法はわからなかったのでメモする。

#include <string>
#include <iostream>

int main(){
    std::string str(5, 'x');
    std::cout << str;
}
/*
xxxxx
*/

書き方は第一引数にくり返す回数を設定して、第二引数にくり返す文字を設定すればいい。

おまけ

Rubyの場合

str = "x" * 3
puts str #=> xxx

Haskellの場合

ghci> concat $ replicate 3 "x"
"xxx"

ghci> :t replicate
replicate :: Int -> a -> [a]
ghci> :t concat
concat :: [[a]] -> [a]

参考

いろいろなプログラミング言語で、 文字列(文字)を繰り返す方法.. - 人力検索はてな
12.2 string 演算