polycultureのお知らせ

2007-08-27 La reunion de Septembre

[]

<<Polyculture 9月例会のお知らせ>>

本当に暑かった夏もようやく終盤になりつつあり、

9月は涼しくなると思われますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

さて、9月のポリカルは、これからの秋という季節を見据え

アンティーク・エデュケーション代表の石澤 季里さんをゲストに

お送りいたします。

 ●アンティークって何?

 ●ヴィンテージORブロカント、オカッシションの違いとは?

 ●いまどんなアイテムが人気なの?

 ●フランスでアンティークが見れる美術館や購入できる場所は?

 ●フランス人とアンティークの関わり方など

「投資と暮らしのフレンチ・アンティーク」というテーマで、

われわれ素人にも、わかりやすく、しかも少しだけですが

実物つきで解説していただく予定です。

季里さんの新著、『フランスの骨董市を行く!』

http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200510000032

は必見ですので、ぜひ、みなさん事前にお目をお通しください。

(当日も、数冊お持ちいただく予定です)

では、9月はアンティークを肴に、また議論とワインを楽しみましょう。

奮ってご参加お願いいたします。なお、場所が麻布十番の新会場に

なっていますので、お間違えなく!多数の応募が予想されますゆえ、

(35名で締切)予約はお早めに。

*日時:   9月21日(金) 19時30分集合

*場所:   レストラン「レ・シュー」

        港区麻布十番2−8−12−1F

        03−3452−5511

  http://hwm8.gyao.ne.jp/leschoux/

       [地図] http://hwm8.gyao.ne.jp/leschoux/map.htm

        都営大江戸線 麻布十番駅4番出口 徒歩5分

        大丸ピーコック斜め前

*ゲスト: 石澤 季里(きり) さん

*テーマ: 「投資と暮らしのフレンチ・アンティーク」

*参加費: 7000円 (学生5000円)

*参加申し込み:下記ホームページからお願いします。

       http://www.polyculture.net/login.htm

*パスワード: antique

*注意:

(1)申し込みは上記ホームページからお願いします。

(2)9月14日以降のキャンセル、通知なしの欠席の方は、

7000円徴収となりますので、ご注意を。

*9月幹事:

天野芳彦

平野 雅仁

www.polyculture.net

<石澤 季里(いしざわ きり)氏 略歴>

【略歴】

●アンティーク・エデュケーション代表、 ジャーナリスト。 

●専門はアー ト、アンティーク、食を中心にしたヨーロッパ文化と旅。

●大学在学中より女性ファッション誌「CLASSY」記者として活動。

●フランスの地方文化とフランス料理の知識を深めるため、1989年、

ブルターニュ地方に渡仏。女性誌等にブルターニュ紀行や料理について寄稿。

●1990年からパリに暮ら し、

伊藤忠ファッションシステム」を経て、フリーランスのジャーナリストとして

「FIGAROJAPON」 「SPUR」等で特集ページを持つ。

●アンティーク鑑定士養成学校IESA修了後帰国し、ルーヴル、ヴェルサイユ等の

国立美術館を管理するRMN (フランス国立美術館連合)と

フジTVの合併会社RMN JAPON設立に携わる。

●2000年1月、東京にカルチャースクール「アンティーク・エデュケーション」を開校。

http://www.antiqueeducation.com/index.htm

【著書】

* 『フランスの骨董市を行く!』

   http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200510000032

* 『ヨーロッパのアンティーク市旅ガイド』、

* 『パリっ子16人のおばんさい』等

-------------------------------------------

[]

Chers amis Polyculture,

L'ete inhumainement chaud et humide va bientot s'en aller

et viendra l'automne (j'espere, sincerement)

A la reunion de Polyculture en septembre, nous aurons l'honneur

d'accueillir Madomoiselle Kiri ISHIZAWA, journaliste et specialiste

des Antiquites et l'Antiquaire notamment en France.

Kiri-san est d'ailleurs Directrice de "l'Antique Education",

l'ecole specialisee pour l'education sur des objets antiques qu'elle a fondee elle-meme.

Kiri-san nous ammenera au monde des "Anitiques" du point de vue "polyculturel"

a travers de ses experiences diverses et riches non seulement en France

mais aussi tant d'autres pays en Europe entiere.

Donc la soiree du 21 septembre sera uen grande occasion a ne jamais manquer

<<Reunion Polyculture: septembre>>

・Date et Heure: 19h30, le vendredi 21 septembre 2007

・Invitee: Mlle Kiri ISHIZAWA

・Sujet de l'intervention: Antiquites francaises pour la vie et l'investissement

・Heure : 19h30 porte ouverte, 20h00 commencement

・Lieu : Restaurant "Les Choux" (pas "Le CEP"!)

     2-8-12 Azabujuban, Minatoku

     03-3452-5511

   http://hwm8.gyao.ne.jp/leschoux/

・Plan:  http://hwm8.gyao.ne.jp/leschoux/map.htm

5 minutes a pied de la sortie # 4, "Azabujuban"(Toei Oedo Line)

      just en face de Daimaru "Peacok"

・Frais de participation: 7000 Yen (les etudiants 5000 Yen)

・Reservation: par la page d’enregistrement dans notre site d’internet suivant:

  http://www.polyculture.net/login.htm

  mot de pass (password): antique

・NB

 (1) Veuillez ne pas envoyer e-mails aux kanjis SVP.

 (2) L’absence sans preavis et l’annulation

 apres le 14 septembre: 7000 Yen a payer

Kanjis de septembre :

Yoshihiko Amano

Masahito Hirano

<Profile de Mlle Kiri ISHIZAWA>

・Directrice de "l'Antique Education, une ecole specialisee pour l'education sur les antiquites

・Ecrivain et journaliste, specialisee pour l'art, des antiquites et la culture, la nourriture

et le voyage en Europe

・travaillait en tant que journaliste de "CLASSY", magazine mensuel pour les femmes pendant qu'elle etait etudiante universitaire.

・en 1989 a quitte le Japon pour la Bretagne, France pour approfondir ses connaissances

sur des cultures locales et la cuisine francaise et ecrit plusieurs articles sur son voyage

en Bretagne et ses cuisines.

・en 1990 a commence a vivre a Paris et regulierement ecrit les articles

pour le "Figaro Japon" et le "SPUR" en tant que "freelance".

・accompli le programme de IESA (l’Institut d’Etudes Superieures des Arts)

en France et s'occuper de la fondation de la societe "RMN JAPON",

joint-venture de RMN, la Reunion des musees nationaux

(qui gere le Louvre et les musees a Versaille) et le FUJI Television

・en janvier 2000, fonde et ouvert "l'Antique Education", l'ecole pour l'education

sur des antiquites a Tokyo

http://www.antiqueeducation.com/index.htm

【oeuvres】

・ "Allons aux marches des antiquites en France!"

   http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200510000032

・ "Guide de voyage pour trouver des marches des antiquites en France"

・ "Hors-d'oeuvres par des 16 Parisiens"

Connection: close