polycultureのお知らせ

2009-05-30 Polyculture Juin

[]

ポリカルチャーの皆様

桜の季節は終わってしまいましたが、

これからは紫陽花を皮切りに

花菖蒲、キキョウ、くちなしなど様々な花が開花し、

いよいよ夏に向けてパワー満開の季節到来です。

さて、6月のポリカルチャーは、

最近では雑誌「ゲーテ」の辛口ミシュラン批評で

話題を呼んでいる作家の宇田川悟氏を迎え、

麻布十番「レシュー」の伝統的フレンチを味わいつつ、

日本でのフランス料理の長い「興亡史」を、

歴史の生き字引のような宇田川先生と一緒に

ちょいと探索してみよう、という企画です。

日本人がいかにフランスにあこがれつつ、貪欲に

フランス料理を吸収し自らのものにしてきたか。

ここ数年、ミシュラン上陸で揺れた日本のフレンチ興亡史の

裏に隠された数々のエピソードが聞ける、またとない機会です。

宇田川先生は、自ら公言されているように

全身100%のフレンチ派ですが、

料理・文化評論でいま一番脂が乗っている氏と

直接話しができる絶好の機会ですので、

フレンチだけでなく和党もイタ飯派も、ぜひぜひ奮ってご参加ください!

日時: 6月19日(金) 19:30集合

場所: レストラン「レ・シュー」

 港区麻布十番2−8−12−1F

 03−3452−5511

 http://hwm8.gyao.ne.jp/leschoux/

地図: http://hwm8.gyao.ne.jp/leschoux/map.htm

交通: 東京メトロ南北線・都営大江戸線「麻布十番駅」4番出口徒歩5分 大丸ピー

コック斜め前

ゲスト: 作家 宇田川悟(うだがわ さとる)

テーマ: 

「東京フレンチ興亡史〜明治の西洋料理からミシュラン上陸まで」

宇田川氏 曰く

 『2007年、約100年の歴史をもつミシュランが東京に初上陸した。戦後60数

年、フランス的価値観に基づくブランドとしての文学や美術、映画やファッションなど

様々なジャンルの文化が日本に浸透したが、それらブランドより遥か以前、明治期にす

でにフランス料理というブランドは東京に進出した。その総決算であり最終兵器がミシ

ュランである。1872年(明治5年)、天皇が肉食宣言して以降、日本は「欧米に追

いつき追いこせ」を目標に掲げた。その最前線で日本人が憧憬したのが世界に冠たるフ

ランス料理だ。日仏交流150年の折柄、東京におけるフランス料理の勃興・台頭・発

展について考えたい。』

プロフィール

 1947年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。作家。フランスの社会・文

化・食文化に詳しい。ブルゴーニュワインの騎士団、シャンパーニュ騎士団、コマンド

リー・ド・ボルドー、フランスチーズ鑑評騎士の会などに叙任。

著書に、『書斎の達人』(河出書房新社)、『フレンチの達人たち』(幻冬舎文庫)、

『超シャンパン入門』、幕末からミシュラン上陸まで150年のフランス料理の歴史を

描いた『東京フレンチ興亡史』(共に角川oneテーマ21)など多数。雑誌「東京

人」(都市出版)で、コラム「Monsieur宇田川の東京・食散歩」を連載中。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%89F%93c%90%EC%8C%E5/list.html

参加費:7000円 (学生5000円)

参加申し込み:下記ホームページからお願いします。

 http://www.polyculture.net/login.htm

パスワード: gastro

(1)申し込みは上記ホームページからお願いします。

(2)6月13日以降のキャンセル、通知なしの欠席の方は、7000円徴収

となりますので、ご注意くださいませ。

www.polyculture.net

6月幹事: 天野 芳彦、周 剛

[]

Chers amis Polyculture,

Helas! Le temps de "Sakura" (cerisiers) est deja parti mais certainement

viendra le temps des fleurs divers plains d'energies comme l'hortensia,

l'acore et le gardenia vers l'ete ... C'est la beaute du Japon...

A l'occasion de Polyculture de juin, nous aurons le plasir de pouvoir

accueillir Monsieur Satoru UDAGAWA, l'ecrivain connu et recemment reconnu

comme le critique mordant contre la version japonaise du "Gide Michelin".

(il n'en critique pas tout mais le critique raisonablement severement...)

Comme d'habitude nous nous reunisserons chez "les Choux", bien entendu, un

resto un peu "classique" mais qui nous rendera certainement "nostalgique"

cettte fois-ci. En y degustant la cuisine francaise, Udagawa-sensei nous

amenera sans aucun doute au voyage gastronomique garni de beaucoup d'anecdotes

et episodes des pionniers culinaires japonais (les Samurais culinaires).

Vous serez tous les bienvenus et nous attendons cordialement votre vive

participation !

Date: le Vendredi 19 juin 2009

Invitee: Monsieur Satoru UDAGAWA, ecrivain

Sujet de l'intervention:

"Le panorama gastronomique de l'evolution de la cuisine francaise au Japon:

depuis la genese de la cuisine occidantale jusqu'a l'arrivee du gide Michelin

a Tokio"

Heure : 19h30 porte ouverte, 20h00 commencement

Lieu : Restaurant "Les Choux"

2-8-12 Azabujuban, Minatoku

03-3452-5511

http://hwm8.gyao.ne.jp/leschoux/

Plan: http://hwm8.gyao.ne.jp/leschoux/map.htm

5 minutes a pied de la sortie #4, "Azabujuban"(Nanboku Lineor Toei Oedo Line)

- juste en face de Daimaru "Peacok"

Frais de participation: 7,000 Yen (les etudiants 5,000 Yen)

Reservation: par la page d'enregistrement dans notre site d'internet suivant:

http://www.polyculture.net/login.htm

mot de pass (password): gastro

(1) Veuillez ne pas envoyer e-mails aux kanjis SVP.

(2) L'absence sans preavis et l'annulation apres le 12 juin: 7,000 Yen a payer

Kanjis de juin:

Yoshihiko Amano/Lucy Zhou

Profile de Monsieur Udagawa

  • Ne en 1947 a Tokio.
  • Sorti de l'Universite Waseda, faculte de l'economie politique
  • Ecrivain, expert de la culture et la societe francaise, connaisseur de la

 culture culinaire et gastronomique en France.

  • Chevalier du Tastevin(Bourgogne), Chevalier de l'Ordre des Coteauxde

 Champagne, Commanderie de vins de Bordeaux, Chevalier du taste-fromage

de France.

  • Auteur des libres suivants: "Tokyo French Koboshi" (panorama historique des

 aspects gastronomiques jusqu'a l'arrivee du gide Michelin depuis 150 ans

 au Japon),

 Kadokawa one-theme 21; "French no Tatsujin-tachi" (Grands Maitres de la

 cuisine francaise), Gentosha Bunko; "Shosai no Tatsujin" (grands Maitres

du cabinet de travail), Kawadeshobo Shinsha; et milliers de libres sur la

culture gastronomique du monde.

  • ecrit regulierement en tant qu'un "chroniqueur" et collabore a l'heure

 actuelle un courrier entitule "Promenade Gastronomique a Tokio par Monsieur

Udagawa"au magazine "Tokyojin"(Toshi Shuppan).

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%89F%93c%90%EC%8C%E5/list.html

Connection: close