Hatena::ブログ(Diary)

SPレコード・蓄音機で聞く78回転SP盤の昭和歌謡・流行歌の話題 〜レコード狂の詩〜


〜 ポリドール狂時代へ戻る 〜

SNS・ミクシィ(mixi)はこちら

Twitter(ツイッター)はこちら

イザ!専門家ブログ 『古音盤の影から』はこちら

現在 アクセス

2016-05-16

[] 出版記念パーティー交流会のお知らせ



えにし書房ぐらもくらぶシリーズ小針侑起著『あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑の「インチキ歌劇』発売記念パーティーぐらもくらぶ交流


5月8日江戸博のイベントに都合でご参加できなかった方、ご参加いただいてもゆっくり著者らと歓談が出来なかった方、これを機会にいろいろ交流したい方、あらためてゆっくりお話が出来る機会を設定いたしました。


★当日は著者の挨拶&著作のテーマである浅草オペラ・トーク&無声映画上映を合計で30分〜45分程度行います。(司会:活動写真弁士片岡一郎


★参加費は食事飲み放題で5.000円、著作ご購入希望の方は1冊定価2.700円(税込)を⇒2.000円にて販売いたします

もちろん、著者のサインも致します

また既に他所でお求めいただいた方も、ご参加の際にご持参いただければ著者がサインを致します

ぐらもくらぶ関連CD特別価格にて販売いたします


場所歴史的建造物である万世橋駅遺構(旧交通博物館跡地)の「マーチエキュート 神田万世橋」にある「フクモリ マーチエキュート 神田万世橋店」です。


★ご参加のお申し込みは、ぐらもくらぶ保利透)&えにし書房塚田)のfacebookアカウントよりイベント参加表明いただくか、ツイッターアカウントよりリプライDMなどでご連絡、または電話メール等でお受けしております


★お料理の都合もありますので、参加締め切りは「24日正午」といたします。どうしてもギリギリまで参加が不透明な方は28日正午までお受けしますが、24日までの人数を微調整する形になりますので、28日に参加希望殺到した場合にはご期待に沿えない場合もあります


日時:5月31日火曜日)19時〜(2時間〜2時間30分程度)

場所:フクモリ マーチエキュート 神田万世橋

東京都千代田区神田須田町 1-25-4)

万世橋のたもとの入り口から入ると1階一番奥の店です。

参加費:5.000円

連絡先:gramoclub78@gmail.com


是非ふるってご参加ください。ご参加お待ちしております


主催ぐらもくらぶ&えにし書房 発起人:保利透


トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/polyfar/20160516

2016-05-02

[] 5月8日江戸東京博物館で「浅草オペラ」と「二村定一」に触れよう!

サア!いよいよ開催まで1週間を切りました!開催はゴールデン・ウィーク最後の日、そうです5月8日日曜日ですよ!(そろそろしつこいかな?w)

さて、タイムスケジュールについてのお問い合わせが多いとの事で触れておきます。

まず、沢山ご予約いただきましてありがとうございます。この予約状況からしますと当日は例年にない集客になると予想されますので、「当日券」は準備出来次第可能な限り早く販売いたします。目安としては10時か11時ぐらいかと。予約数が例年にない数で満員札止め、とはいかないと思います。何しろ収容人数440人ですからね。今からNHKのおはよう日本とかでご紹介いただかない限り入場できなくなる事はないと思います。メタカンパニーの社長さんにも「もうすこし狭いところでやったら?」と毎年言われるのですが、でも色々とここは僕にとって使い勝手と良い点があるのですよ。

上演時間ですが、開場が14時、開演が14時30分で、第一部が約1時間30分を予定しています。その後に30分程度の休憩をはさみ第二部も1時間30分から2時間以内を予定しています。順調にいけば「14:30(第一部)16:00(休憩)16:30(第二部)18:00」となります。

チケットぴあでの登録が「ジャズ」のジャンルになってますが、企画自体もジャズっているのでギリギリまでタイムスケジュールを公開できずに申し訳ありませんでした。これを見れない人、ゴメンナサイ。

それからロビーではCDと本の物販があります。監修者にサインをねだってください。休憩と終了後にはロビーにいますので。あと、「浅草オペラ」に関する秘蔵写真によるパネル展示をロビーで開催します。

ともあれ江戸東京博物館の展示を見るつもりで気軽にお越しくださいませ!



前売り券絶賛発売中です!是非「チケットぴあ」よりお求めください!



f:id:polyfar:20160412220747j:image:w360

f:id:polyfar:20160304012543j:image:w360 f:id:polyfar:20160304013739j:image:w360


春のぐらもくらぶ祭り2016

浅草オペラ100年と二村定一リスペクト・ショー』

大正・昭和初期の浅草オペラからジャズソング、そしてエロ・グロ・ナンセンスの時代を駆け抜けた伝説の名歌手「二村定一」を、まもなく100年を迎える彼を輩出した浅草オペラと共に再検証しつつ、トークとライブでたどるバラエティ・ショー!


★第一部:< 「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」発売記念・浅草オペラとは?その真相と二村定一の誕生 >

「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」(小針侑起著:えにし書房:5月12日)、「浅草オペラからお伽歌劇まで 〜和製オペレッタの黎明〜」(ぐらもくらぶCD:2枚組:5月15日)の発売を記念し、まもなく100年を迎える「浅草オペラとは?」と「二村定一の誕生」の実像に迫る、監修者たちによる画像・音源を交えた座談会。(トークほか)


★第二部:<「帰ってきた街のSOS!」エロ・グロ・ナンセンススター歌手・二村定一リスペクトバラエティ・ショー >

「帰ってきた街のSOS! 二村定一コレクション1926-1934」(ぐらもくらぶCD・2枚組:5月15日)発売を記念し、「君恋し」の歌唱で知られる昭和を代表する名歌手・二村定一の世界に浸ろう!

「青空」「アラビアの唄」を歌った日本初のジャズ歌手であり、「キッスOK」「ほんに悩ましエロ模様」などエロ・グロ・ナンセンスの帝王である二村定一を歌と映像とトークでたどる。

演奏に青木研+渡邊恭一”Swingers”、そして歌唱に山田参助&「泊」を迎えて送る、ぐらもくらぶバラエティ・ショー!(トークとライブほか)


トーク:大谷能生音楽家)/毛利眞人音楽評論家)/保利透アーカイブプロデューサー)/小針侑起(浅草オペラ研究家)/佐藤利明(娯楽映画研究家)/片岡一郎活動写真弁士) ほか

ライブ出演:青木研(バンジョー)+渡邊恭一”Swingers”/泊 ほか



f:id:polyfar:20150628184401j:image:w360f:id:polyfar:20150305193549j:image:w360f:id:polyfar:20150424123141j:image:w360


イベント関連CD「浅草オペラからお伽歌劇まで 〜和製オペレッタの黎明〜」「帰ってきた街のSOS!」&「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」の先行即売とサイン会あり


場所:両国・江戸東京博物館ホール(JR・大江戸線両国駅下車・東京都墨田区横網1-4-1)

開催日:5月8日日曜日

開場:14時00分

開演:14時30分

入場料:前売り2.000円、当日2.500円


★前売り券はチケット・ぴあにて好評発売中!!!

Pコード:292760・興行コード:1611812

http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1611812

f:id:polyfar:20160304021711g:image

f:id:polyfar:20160304011345j:image



 

主催:ぐらもくらぶ/協賛:活動写真実演会・メタカンパニー・えにし書房

<お問い合わせ>

メール:gramoclub78@gmail.com

電話:03-5273-2821(メタカンパニー内)

オフィシャルサイトhttp://d.hatena.ne.jp/polyfar/





出演者プロフィール

大谷能生 1972年青森県八戸市生まれ。評論家音楽家

ジャズサックス)、エレクトロニクスラップ、朗読など、多数のバンドに参加して幅広い演奏活動を行っている。近年は舞台作品の音楽制作・出演も多数。共著に「日本ジャズの誕生」(青土社)「ジャニ研!ジャニーズ文化論」(原書房)、単著に「ジャズと自由は手をとって(地獄に)行く」(本の雑誌社)などがある。

毛利眞人 1972年岐阜県郡上市生まれ。音楽評論家2001年から2011年まで関西発NHKラジオ深夜便「懐かしのSP盤コーナー」に音源と解説を提供。単著に「貴志康一 永遠の青年音楽家」(国書刊行会)、「ニッポンスウィングタイム」「沙漠に日が落ちて 二村定一伝」(講談社)があるほか、共著の「モダン心斎橋コレクション」(国書刊行会)などでも音楽記事を担当した。また「日本SP名盤復刻選集」(ローム)をはじめとして、SP盤復刻CDにも音源提供・解説で加わっている。SP盤を用いたミュージアムコンサートイベントも行なっている。

保利 透 1972年千葉県生まれ。アーカイブ・プロデユーサー 戦前レコード文化研究家 ぐらもくらぶ主宰

時代にスポットを充て、過去と現代の対比を検証するというテーマのもと、戦前の音楽の素晴らしさと、録音による時代の変化をイベントメディアを通じて伝えている。

SP復刻CDのマスタリング・制作監修に「ニッポンモダンタイムスシリーズコロムビアビクターテイチクキングユニバーサル)「花子からおはなしのおくりもの」(ユニバーサル)「日本の軍歌アーカイブス」(ビクター)などがある。

小針侑起 1987年栃木県宇都宮市生まれ。浅草オペラ史・浅草芸能研究。エノケソこと大内良明に師事。資料提供として「ダンスバイブル」(乗越たかお著・河出書房新社)「白薔薇プリンス春日野八千代グラフテイ」「宝塚歌劇100年史」(阪急コミュニケーションズ編)など多数。著書に「あゝ浅草オペラ・写真でたどるインチキ歌劇」(えにし書房)


佐藤利明 1963年生まれ。娯楽映画研究家・オトナの歌謡曲プロデューサー。娯楽映画テーマにDVDの企画、歌謡曲サントラCD制作などを手がける。「唄うエノケン大全集」「ハナ肇クレイジーキャッツHONDARA盤」「同HARAHORO盤」「男はつらいよ 寅次郎音楽旅」(ユニバーサル)、「ブギウギ伝説 笠置シヅ子の世界」(コロムビア)ほか多数。Pink Martini&Saori Yuki「1969」(Heinz)のスペシャル・アドヴァイザー。東京新聞寅さんのことば」、夕刊フジ「みんなの寅さん」連載。文化放送「みんなの寅さん」では“寅さん博士”として構成作家パーソナリティを務める。

片岡一郎 1977年生まれ。2002年澤登翠に入門。日本国内の他に米、独、豪、克、加などでも公演。これまで手掛けた無声映画は洋・邦・中・アニメ記録映画ジャンルを問わずに約300作品。活動弁士の他に紙芝居声優、書生節、文筆でも活動。行定勲監督作品『春の雪』や奥田民生パンフレットDVDにも弁士として参加している。近年は海外と日本を行ったり来たりしている。

泊 泊は2002年大阪で結成された武村篤彦と笹山鳩による異色歌謡のユニット。枯れた味わいの武村のギター演奏とオールドスクールな笹山の唱法は、昭和前半にかつて存在したようで存在しなかった、「架空の歌謡」と言えるかもしれません。

ボーカルの笹山鳩は山田参助名義で「コミックビーム」にて『あれよ星屑』を連載中

青木 研 1978年生まれ。7歳頃、二村定一等の唄う「ジャズ小唄」(君恋し私の青空、アラビヤの唄)を始めとする、蓄音機やそこから流れる戦前音楽に親しみ、それらの曲に使われていたバンジョーのサウンドに特に強い魅力を感じる。13歳で初めて憧れていたバンジョーを手にしてから、ディキシーランドジャズで使われる4本弦のバンジョー(テナーバンジョープレクトラムバンジョー)をほぼ独学でマスターする。バンジョー主体の演奏の他、数多くのディキシーランドスイングジャズ演奏家を始め、ブルーグラス、ジャグバンド奏者、管弦楽団吹奏楽団との共演、ソリスト、歌手等のサポート等多種のステージを通し、若手No.1プレイヤーとして楽しげなステージングと華麗なテクニックで観客を魅了している。2010年秋にはサンノゼバンジョー大会に招聘されヘッドライナーを担当、2011年夏にオクラホマシティ、FIGA主催の全米バンジョーコンヴェンションに招聘され、好評を博す。日本では数少ない、ソリストとして演奏することの出来るバンジョー奏者。

渡邊恭一”Swingers” 2004年結成。第25回浅草ジャズコンテストグランプリ受賞。

1930s-40sのスイングベースに据えながらも、

レトロという言葉に収まらず”Swing Music of Our Time”を掲げて様々なアプローチを試みる。

2010年発売のCD”Swingers, Anyone?”はNHK-FM、JAZZLIFEなど日本国内メディアに留まらず、海外のラジオ雑誌ファン等からも高い評価を受けた。

ジャズフェスでは横濱ジャズプロムナードライブ出演はHUB浅草などに出演中。

渡邊恭一(支配人) 1984年東京都北区十条生まれのスイングテナー/クラリネット奏者。

1930s-40sジャズの質感をベースに、様々なスタイルフィットしていく靭やかな音楽性と現代性を持つ。2006年の浅草ジャズコンテスト優勝を契機に早稲田大学を中退。

自身のバンドSwingersを率いた演奏活動をはじめ、

ジャンルを問わず国内外の著名ミュージシャンと共演。インディペンデント音楽シーンから、Jazztronik、デキシーキングス、宮城まり子伊東ゆかりまで録音・ツアー・サポート参加多数。

 演奏以外でも、FM番組"What's Jazz?"ホストパーソナリティや、podcast”第五トラディショナル”その他のトークイベント主宰、音楽雑誌への寄稿、アメリカヨーロッパへの取材・研鑽旅行などHot Jazzをテーマに様々な企画を展開している。




2016-04-12

[] 5月8日イベントにて浅草オペラの本と二村定一とお伽歌劇のCD先行販売なのデス!

表題の通り、5月8日ですが、改めて本が1冊とCDが2タイトル発売することとなり、正式発売日よりも先行販売&サイン会と言う事になりました!

是非イベントにお運びいただき、楽しみながらお求めください!



前売り券絶賛発売中です!是非「チケットぴあ」よりお求めください!



f:id:polyfar:20160412220747j:image:w360

f:id:polyfar:20160304012543j:image:w360 f:id:polyfar:20160304013739j:image:w360


春のぐらもくらぶ祭り2016

浅草オペラ100年と二村定一リスペクト・ショー』

大正・昭和初期の浅草オペラからジャズソング、そしてエロ・グロ・ナンセンスの時代を駆け抜けた伝説の名歌手二村定一」を、まもなく100年を迎える彼を輩出した浅草オペラと共に再検証しつつ、トークとライブでたどるバラエティ・ショー!


★第一部:< 「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」発売記念・浅草オペラとは?その真相と二村定一の誕生 >

「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」(小針侑起著:えにし書房:5月12日)、「浅草オペラからお伽歌劇まで 〜和製オペレッタの黎明〜」(ぐらもくらぶCD:2枚組:5月15日)の発売を記念し、まもなく100年を迎える「浅草オペラとは?」と「二村定一の誕生」の実像に迫る、監修者たちによる画像・音源を交えた座談会。(トークほか)


★第二部:<「帰ってきた街のSOS!」エロ・グロ・ナンセンススター歌手二村定一リスペクトバラエティ・ショー >

「帰ってきた街のSOS! 二村定一コレクション1926-1934」(ぐらもくらぶCD・2枚組:5月15日)発売を記念し、「君恋し」の歌唱で知られる昭和を代表する名歌手二村定一の世界に浸ろう!

「青空」「アラビアの唄」を歌った日本初のジャズ歌手であり、「キッスOK」「ほんに悩ましエロ模様」などエロ・グロ・ナンセンスの帝王である二村定一を歌と映像とトークでたどる。

演奏に青木研+渡邊恭一”Swingers”、そして歌唱に山田参助&「泊」を迎えて送る、ぐらもくらぶバラエティ・ショー!(トークとライブほか)


トーク:大谷能生音楽家)/毛利眞人音楽評論家)/保利透アーカイブプロデューサー)/小針侑起(浅草オペラ研究家)/佐藤利明(娯楽映画研究家)/片岡一郎活動写真弁士) ほか

ライブ出演:青木研(バンジョー)+渡邊恭一”Swingers”/泊 ほか



f:id:polyfar:20150628184401j:image:w360f:id:polyfar:20150305193549j:image:w360f:id:polyfar:20150424123141j:image:w360


イベント関連CD「浅草オペラからお伽歌劇まで 〜和製オペレッタの黎明〜」「帰ってきた街のSOS!」&「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」の先行即売とサイン会あり


場所:両国江戸東京博物館ホール(JR・大江戸線両国駅下車・東京都墨田区横網1-4-1)

開催日:5月8日日曜日

開場:14時00分

開演:14時30分

入場料:前売り2.000円、当日2.500円


★前売り券はチケット・ぴあにて好評発売中!!!

Pコード:292760・興行コード:1611812

http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1611812

f:id:polyfar:20160304021711g:image

f:id:polyfar:20160304011345j:image



 

主催:ぐらもくらぶ/協賛:活動写真実演会・メタカンパニー・えにし書房

<お問い合わせ>

メール:gramoclub78@gmail.com

電話:03-5273-2821(メタカンパニー内)

オフィシャルサイトhttp://d.hatena.ne.jp/polyfar/





出演者プロフィール

大谷能生 1972年青森県八戸市生まれ。評論家音楽家

ジャズサックス)、エレクトロニクスラップ、朗読など、多数のバンドに参加して幅広い演奏活動を行っている。近年は舞台作品の音楽制作・出演も多数。共著に「日本ジャズの誕生」(青土社)「ジャニ研!ジャニーズ文化論」(原書房)、単著に「ジャズ自由は手をとって(地獄に)行く」(本の雑誌社)などがある。

毛利眞人 1972年岐阜県郡上市生まれ。音楽評論家2001年から2011年まで関西発NHKラジオ深夜便「懐かしのSP盤コーナー」に音源と解説を提供。単著に「貴志康一 永遠の青年音楽家」(国書刊行会)、「ニッポンスウィングタイム」「沙漠に日が落ちて 二村定一伝」(講談社)があるほか、共著の「モダン心斎橋コレクション」(国書刊行会)などでも音楽記事を担当した。また「日本SP名盤復刻選集」(ローム)をはじめとして、SP盤復刻CDにも音源提供・解説で加わっている。SP盤を用いたミュージアムコンサートイベントも行なっている。

保利 透 1972年千葉県生まれ。アーカイブ・プロデユーサー 戦前レコード文化研究家 ぐらもくらぶ主宰

時代にスポットを充て、過去と現代の対比を検証するというテーマのもと、戦前の音楽の素晴らしさと、録音による時代の変化をイベントメディアを通じて伝えている。

SP復刻CDのマスタリング・制作監修に「ニッポンモダンタイムスシリーズコロムビアビクターテイチクキングユニバーサル)「花子からおはなしのおくりもの」(ユニバーサル)「日本の軍歌アーカイブス」(ビクター)などがある。

小針侑起 1987年栃木県宇都宮市生まれ。浅草オペラ史・浅草芸能研究。エノケソこと大内良明に師事。資料提供として「ダンスバイブル」(乗越たかお著・河出書房新社)「白薔薇プリンス春日野八千代グラフテイ」「宝塚歌劇100年史」(阪急コミュニケーションズ編)など多数。著書に「あゝ浅草オペラ・写真でたどるインチキ歌劇」(えにし書房)


佐藤利明 1963年生まれ。娯楽映画研究家・オトナの歌謡曲プロデューサー。娯楽映画テーマにDVDの企画、歌謡曲サントラCD制作などを手がける。「唄うエノケン大全集」「ハナ肇クレイジーキャッツHONDARA盤」「同HARAHORO盤」「男はつらいよ 寅次郎音楽旅」(ユニバーサル)、「ブギウギ伝説 笠置シヅ子の世界」(コロムビア)ほか多数。Pink Martini&Saori Yuki「1969」(Heinz)のスペシャル・アドヴァイザー。東京新聞寅さんのことば」、夕刊フジ「みんなの寅さん」連載。文化放送「みんなの寅さん」では“寅さん博士”として構成作家パーソナリティを務める。

片岡一郎 1977年生まれ。2002年澤登翠に入門。日本国内の他に米、独、豪、克、加などでも公演。これまで手掛けた無声映画は洋・邦・中・アニメ記録映画ジャンルを問わずに約300作品。活動弁士の他に紙芝居声優、書生節、文筆でも活動。行定勲監督作品『春の雪』や奥田民生パンフレットDVDにも弁士として参加している。近年は海外と日本を行ったり来たりしている。

泊 泊は2002年大阪で結成された武村篤彦と笹山鳩による異色歌謡のユニット。枯れた味わいの武村のギター演奏とオールドスクールな笹山の唱法は、昭和前半にかつて存在したようで存在しなかった、「架空の歌謡」と言えるかもしれません。

ボーカルの笹山鳩は山田参助名義で「コミックビーム」にて『あれよ星屑』を連載中

青木 研 1978年生まれ。7歳頃、二村定一等の唄う「ジャズ小唄」(君恋し私の青空、アラビヤの唄)を始めとする、蓄音機やそこから流れる戦前音楽に親しみ、それらの曲に使われていたバンジョーのサウンドに特に強い魅力を感じる。13歳で初めて憧れていたバンジョーを手にしてから、ディキシーランドジャズで使われる4本弦のバンジョー(テナーバンジョープレクトラムバンジョー)をほぼ独学でマスターする。バンジョー主体の演奏の他、数多くのディキシーランドスイングジャズ演奏家を始め、ブルーグラス、ジャグバンド奏者、管弦楽団吹奏楽団との共演、ソリスト歌手等のサポート等多種のステージを通し、若手No.1プレイヤーとして楽しげなステージングと華麗なテクニックで観客を魅了している。2010年秋にはサンノゼバンジョー大会に招聘されヘッドライナーを担当、2011年夏にオクラホマシティ、FIGA主催の全米バンジョーコンヴェンションに招聘され、好評を博す。日本では数少ない、ソリストとして演奏することの出来るバンジョー奏者。

渡邊恭一”Swingers” 2004年結成。第25回浅草ジャズコンテストグランプリ受賞。

1930s-40sのスイングベースに据えながらも、

レトロという言葉に収まらず”Swing Music of Our Time”を掲げて様々なアプローチを試みる。

2010年発売のCD”Swingers, Anyone?”はNHK-FM、JAZZLIFEなど日本国内メディアに留まらず、海外のラジオ雑誌ファン等からも高い評価を受けた。

ジャズフェスでは横濱ジャズプロムナードライブ出演はHUB浅草などに出演中。

渡邊恭一(支配人) 1984年東京都北区十条生まれのスイングテナー/クラリネット奏者。

1930s-40sジャズの質感をベースに、様々なスタイルフィットしていく靭やかな音楽性と現代性を持つ。2006年浅草ジャズコンテスト優勝を契機に早稲田大学を中退。

自身のバンドSwingersを率いた演奏活動をはじめ、

ジャンルを問わず国内外の著名ミュージシャンと共演。インディペンデント音楽シーンから、Jazztronik、デキシーキングス、宮城まり子伊東ゆかりまで録音・ツアー・サポート参加多数。

 演奏以外でも、FM番組"What's Jazz?"ホストパーソナリティや、podcast”第五トラディショナル”その他のトークイベント主宰、音楽雑誌への寄稿、アメリカヨーロッパへの取材・研鑽旅行などHot Jazzテーマに様々な企画を展開している。




2016-03-04

[] 今年の5月8日イベント浅草オペラ二村定一


今年のぐらもくらぶ祭り2016の情報解禁ですよおおお!!!

しかも、今日から前売り券発売開始です!是非「チケットぴあ」よりお求めください!



f:id:polyfar:20160412220747j:image:w360

f:id:polyfar:20160304012543j:image:w360 f:id:polyfar:20160304013739j:image:w360


春のぐらもくらぶ祭り2016

浅草オペラ100年と二村定一リスペクト・ショー』

大正・昭和初期の浅草オペラからジャズソング、そしてエロ・グロ・ナンセンスの時代を駆け抜けた伝説の名歌手二村定一」を、まもなく100年を迎える彼を輩出した浅草オペラと共に再検証しつつ、トークとライブでたどるバラエティ・ショー!


★第一部:< 「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」発売記念・浅草オペラとは?その真相と二村定一の誕生 >

「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」(小針侑起著:えにし書房:5月12日)、「浅草オペラからお伽歌劇まで 〜和製オペレッタの黎明〜」(ぐらもくらぶCD:2枚組:5月15日)の発売を記念し、まもなく100年を迎える「浅草オペラとは?」と「二村定一の誕生」の実像に迫る、監修者たちによる画像・音源を交えた座談会。(トークほか)


★第二部:<「帰ってきた街のSOS!」エロ・グロ・ナンセンススター歌手二村定一リスペクトバラエティ・ショー >

「帰ってきた街のSOS! 二村定一コレクション1926-1934」(ぐらもくらぶCD・2枚組:5月15日)発売を記念し、「君恋し」の歌唱で知られる昭和を代表する名歌手二村定一の世界に浸ろう!

「青空」「アラビアの唄」を歌った日本初のジャズ歌手であり、「キッスOK」「ほんに悩ましエロ模様」などエロ・グロ・ナンセンスの帝王である二村定一を歌と映像とトークでたどる。

演奏に青木研+渡邊恭一”Swingers”、そして歌唱に山田参助&「泊」を迎えて送る、ぐらもくらぶバラエティ・ショー!(トークとライブほか)


トーク:大谷能生音楽家)/毛利眞人音楽評論家)/保利透アーカイブプロデューサー)/小針侑起(浅草オペラ研究家)/佐藤利明(娯楽映画研究家)/片岡一郎活動写真弁士) ほか

ライブ出演:青木研(バンジョー)+渡邊恭一”Swingers”/泊 ほか



f:id:polyfar:20150628184401j:image:w360f:id:polyfar:20150305193549j:image:w360f:id:polyfar:20150424123141j:image:w360


イベント関連CD「浅草オペラからお伽歌劇まで 〜和製オペレッタの黎明〜」「帰ってきた街のSOS!」&「あゝ浅草オペラ 写真でたどる魅惑のインチキ歌劇」の先行即売とサイン会あり


場所:両国江戸東京博物館ホール(JR・大江戸線両国駅下車・東京都墨田区横網1-4-1)

開催日:5月8日日曜日

開場:14時00分

開演:14時30分

入場料:前売り2.000円、当日2.500円


★前売り券はチケット・ぴあにて好評発売中!!!

Pコード:292760・興行コード:1611812

http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1611812

f:id:polyfar:20160304021711g:image

f:id:polyfar:20160304011345j:image



 

主催:ぐらもくらぶ/協賛:活動写真実演会・メタカンパニー・えにし書房

<お問い合わせ>

メール:gramoclub78@gmail.com

電話:03-5273-2821(メタカンパニー内)

オフィシャルサイトhttp://d.hatena.ne.jp/polyfar/





出演者プロフィール

大谷能生 1972年青森県八戸市生まれ。評論家音楽家

ジャズサックス)、エレクトロニクスラップ、朗読など、多数のバンドに参加して幅広い演奏活動を行っている。近年は舞台作品の音楽制作・出演も多数。共著に「日本ジャズの誕生」(青土社)「ジャニ研!ジャニーズ文化論」(原書房)、単著に「ジャズ自由は手をとって(地獄に)行く」(本の雑誌社)などがある。

毛利眞人 1972年岐阜県郡上市生まれ。音楽評論家2001年から2011年まで関西発NHKラジオ深夜便「懐かしのSP盤コーナー」に音源と解説を提供。単著に「貴志康一 永遠の青年音楽家」(国書刊行会)、「ニッポンスウィングタイム」「沙漠に日が落ちて 二村定一伝」(講談社)があるほか、共著の「モダン心斎橋コレクション」(国書刊行会)などでも音楽記事を担当した。また「日本SP名盤復刻選集」(ローム)をはじめとして、SP盤復刻CDにも音源提供・解説で加わっている。SP盤を用いたミュージアムコンサートイベントも行なっている。

保利 透 1972年千葉県生まれ。アーカイブ・プロデユーサー 戦前レコード文化研究家 ぐらもくらぶ主宰

時代にスポットを充て、過去と現代の対比を検証するというテーマのもと、戦前の音楽の素晴らしさと、録音による時代の変化をイベントメディアを通じて伝えている。

SP復刻CDのマスタリング・制作監修に「ニッポンモダンタイムスシリーズコロムビアビクターテイチクキングユニバーサル)「花子からおはなしのおくりもの」(ユニバーサル)「日本の軍歌アーカイブス」(ビクター)などがある。

小針侑起 1987年栃木県宇都宮市生まれ。浅草オペラ史・浅草芸能研究。エノケソこと大内良明に師事。資料提供として「ダンスバイブル」(乗越たかお著・河出書房新社)「白薔薇プリンス春日野八千代グラフテイ」「宝塚歌劇100年史」(阪急コミュニケーションズ編)など多数。著書に「あゝ浅草オペラ・写真でたどるインチキ歌劇」(えにし書房)


佐藤利明 1963年生まれ。娯楽映画研究家・オトナの歌謡曲プロデューサー。娯楽映画テーマにDVDの企画、歌謡曲サントラCD制作などを手がける。「唄うエノケン大全集」「ハナ肇クレイジーキャッツHONDARA盤」「同HARAHORO盤」「男はつらいよ 寅次郎音楽旅」(ユニバーサル)、「ブギウギ伝説 笠置シヅ子の世界」(コロムビア)ほか多数。Pink Martini&Saori Yuki「1969」(Heinz)のスペシャル・アドヴァイザー。東京新聞寅さんのことば」、夕刊フジ「みんなの寅さん」連載。文化放送「みんなの寅さん」では“寅さん博士”として構成作家パーソナリティを務める。

片岡一郎 1977年生まれ。2002年澤登翠に入門。日本国内の他に米、独、豪、克、加などでも公演。これまで手掛けた無声映画は洋・邦・中・アニメ記録映画ジャンルを問わずに約300作品。活動弁士の他に紙芝居声優、書生節、文筆でも活動。行定勲監督作品『春の雪』や奥田民生パンフレットDVDにも弁士として参加している。近年は海外と日本を行ったり来たりしている。

泊 泊は2002年大阪で結成された武村篤彦と笹山鳩による異色歌謡のユニット。枯れた味わいの武村のギター演奏とオールドスクールな笹山の唱法は、昭和前半にかつて存在したようで存在しなかった、「架空の歌謡」と言えるかもしれません。

ボーカルの笹山鳩は山田参助名義で「コミックビーム」にて『あれよ星屑』を連載中

青木 研 1978年生まれ。7歳頃、二村定一等の唄う「ジャズ小唄」(君恋し私の青空、アラビヤの唄)を始めとする、蓄音機やそこから流れる戦前音楽に親しみ、それらの曲に使われていたバンジョーのサウンドに特に強い魅力を感じる。13歳で初めて憧れていたバンジョーを手にしてから、ディキシーランドジャズで使われる4本弦のバンジョー(テナーバンジョープレクトラムバンジョー)をほぼ独学でマスターする。バンジョー主体の演奏の他、数多くのディキシーランドスイングジャズ演奏家を始め、ブルーグラス、ジャグバンド奏者、管弦楽団吹奏楽団との共演、ソリスト歌手等のサポート等多種のステージを通し、若手No.1プレイヤーとして楽しげなステージングと華麗なテクニックで観客を魅了している。2010年秋にはサンノゼバンジョー大会に招聘されヘッドライナーを担当、2011年夏にオクラホマシティ、FIGA主催の全米バンジョーコンヴェンションに招聘され、好評を博す。日本では数少ない、ソリストとして演奏することの出来るバンジョー奏者。

渡邊恭一”Swingers” 2004年結成。第25回浅草ジャズコンテストグランプリ受賞。

1930s-40sのスイングベースに据えながらも、

レトロという言葉に収まらず”Swing Music of Our Time”を掲げて様々なアプローチを試みる。

2010年発売のCD”Swingers, Anyone?”はNHK-FM、JAZZLIFEなど日本国内メディアに留まらず、海外のラジオ雑誌ファン等からも高い評価を受けた。

ジャズフェスでは横濱ジャズプロムナードライブ出演はHUB浅草などに出演中。

渡邊恭一(支配人) 1984年東京都北区十条生まれのスイングテナー/クラリネット奏者。

1930s-40sジャズの質感をベースに、様々なスタイルフィットしていく靭やかな音楽性と現代性を持つ。2006年浅草ジャズコンテスト優勝を契機に早稲田大学を中退。

自身のバンドSwingersを率いた演奏活動をはじめ、

ジャンルを問わず国内外の著名ミュージシャンと共演。インディペンデント音楽シーンから、Jazztronik、デキシーキングス、宮城まり子伊東ゆかりまで録音・ツアー・サポート参加多数。

 演奏以外でも、FM番組"What's Jazz?"ホストパーソナリティや、podcast”第五トラディショナル”その他のトークイベント主宰、音楽雑誌への寄稿、アメリカヨーロッパへの取材・研鑽旅行などHot Jazzテーマに様々な企画を展開している。




2016-03-03

[] ぐらもくらぶCD新譜情報出し遅れの巻

いやー!!!すっかり更新を滞らせてしまいました。申し訳ない。なんと半年以上放置だからね、なんともはや。

まぁ、実は身内に不幸、とその前段階の色々などなどが重なったり、また却って仕事の鬼と化してストイックにしていた関係で放置してしまった訳です。

とりあえず、年明けた途端に不幸は舞い込んできまして、それもようやく落ち着いてきたので、せめて商品告知ぐらいはしないとなと言う運びです。


ともかく、このブログのみをチェックされてた方にはツンボ桟敷かもしれませんが、前回のブログ記事(6月26日)以降、ムック1冊、講演3件、ぐらもくらぶCD3枚と、結構仕事してんな俺。いや僕。

で、あるからして、アフィリエイトの反応がサッパリになってしまって、「これはいかん!」と思うのも無理ないですが、読んでいただいている方には申し訳なかったなと。


さて、では最新作から遡ってご紹介しましょう!


f:id:polyfar:20160304020112j:image:w360




不気味!?陰鬱!?物悲しい!?

あきらめましょうと口では言えど(夕月)/学校出たなら結婚すると約束した人誰なのよ?(思ひ直して頂戴な)/生きていたとて枯れすすき(咲かぬ花なら)

あゝ聴けども聴けどもやるせなく、物悲しくもあり救いも無し、不気味に輝く歌ばかり。

エロ・グロ・ナンセンスに象徴される昭和初期の世相を映しだしたレコード歌謡。

それはモガモボの悲恋を代弁し、あてどなく流離う不安をつぶやき、心中事件を甘美に詠嘆し、映画挿入曲としても古くは『エノケンの法界坊』近くは『ラスト・エンペラー』にうらぶれの翳を与えた。漠然とした不安と空虚な栄華が生み出した、げに玄妙な響きを君よ聴き給え!

昭和初期の歌謡曲黎明期に存在したマイナー調歌謡のうち、特にインパクトのある曲を厳選。前作「ねえ興奮しちゃいやよ 昭和エロ歌謡全集」のスピンオフ企画として、エロ・グロ・ナンセンス時代にのみ存在しえた、21世紀の現在聞いても不必要に不気味さと陰鬱を醸し出す哀歌を、当時のそのままに切り取ってお送りする問題作!

1987年の映画『ラスト・エンペラー』劇中に挿入されている二村定一「咲かぬ花なら」も収録!

監修・解説:毛利眞人

企画・復刻:保利透

■収録曲:

1. 夕月 / 中村慶子

2. 悲しき踊子 / 佐藤千夜子

3. 黒ゆりの花 / 佐藤千夜子

4. 小唄レヴュー 君恋し / 竹内良一・白瀬喬子・岡田嘉子・高井ルビー (唄)

5. 黒い眸 / 小林千代子

6. 春怨 / 阿賀杜里

7. 濱邊の唄 / 石田一松

8. 雪の夜 / 中村慶子

9. チャキチャキ雀 / 羽衣歌子

10. 彼女の唄 / 谷田信子

11. 赤い白鳥の唄 / 野上菊子 (井上起久子)

12. 思ひ直して頂戴な / 川田定子

13. 銀の耳輪 / 若木薫 (楠木繁夫)

14. 妾は恋のジプシーよ / 佐藤緋奈子

15. 朗らかに泣け / 天野喜久代

16. 恋の大阪城 / 二村定一

17. 闇の花 / 丸山和歌子

18. 想い出のクリスマス / 織田のぶ子 (渡辺光子)

19. 比翼小唄 (大磯心中) / 丸山和歌子

20. 恋慕哀歌 / 二村定一・丸山和歌子

21. 咲かぬ花なら / 二村定一

22. 流浪の旅 / 〆香








伝説の関西レーベル・タイヘイに残されたモダン歌謡の粋が甦る!

庶民の嗜好に密着した路線を歩んだがために、タイヘイには上方芸能や琉球音楽など多種多様な演芸の記録が残された。そんなタイヘイだからこそできた仕事がある。ダンス全盛の昭和ひと桁からスウィング時代、タイヘイはホールのダンスバンドを使いたおしてジャズ、ルンバ、タンゴ、ロマ系音楽、ハワイアンと和製モダン歌謡のレコードを陸続と世に送った。ダンスホールで踊られたジャズ、ルンバ、タンゴを丸ごとレコードにし、リアルに伝えるテイクが満載! 歌うは二村定一、黒田進、マイ・ラッキー・ボーイ、丸山和歌子、リチャード広川、フランク須田、トニー相良、竹内龍夫、内本實、シキ皓一、有島通男ほか。膨大なタイヘイ音源から選び抜いたジャズソングとモダン歌謡のマストアイテムがここにある!

監修・解説:毛利眞人

ライナー:大谷能生

復刻:保利透

■収録曲 / 歌手:

1. エアーガール / 二村定一

2. 夏祭音頭 / 遠山秀夫

3. 夏の行進曲 (海へ山へ) / 大山利夫

4. 南京豆売り "The Peanuts Vendor" / リチャード広川

5. 土人のお祭 "Savage Serenade" / 長谷川顕

6. モスコーの一夜 "On n'aime qu'une fois" / マイラッキーボーイ

7. グリンチング "In Grinzing" / 丸山和歌子 スヰングボーイス

8. 夢淡く "Play Fiddle Play" / フランク須田

9. 憧れの我家 "Home on the Range" / 橋田ゆたか

10. 艦隊を追って "Let Yourself Go" / 内本實

11. せめて一度 "Mandulinata a Napule" / 内本實

12. 君のほゝゑみ / 内本實

13. ハロー青春ウエルカム / 竹内龍夫 ウエスターンコーラス

14. メークビリーブ "Make believe" / 内本實 井崎嘉代子

15. 別れの宵 / シキ・皓一

16. 夢の喫茶店 / シキ・皓一

17. ため息 / 水島早苗

18. 夢見るワイキキ "Liliu E" / トニー相良

19. プレガリア "Plegaria" / 内本實

20. 月はよいもの -串本ルムバ- / 渡邊光子 タイヘイ・ジャズコーラス

21. 青い月影 / 井上小夜子

22. 雨の夜港 / 有島通男








日本の軍歌と軍国歌謡を俯瞰するアンソロジー!

オリジナルSP音源による戦前音楽としての軍歌・軍国歌謡をアーカイブする新シリーズ

70年の時を経て時代の空気が今よみがえる! 歴史的音源である東海林太郎・上原敏・陸海軍軍楽隊など音楽資料としての貴重音源満載!

ぐらもくらぶプロパガンダシリーズでお馴染み、かつ「愛国とレコード: 幻の大名古屋軍歌とアサヒ蓄音器商会」(えにし書房/ぐらもくらぶシリーズ)、「日本の軍歌 国民的音楽の歴史」「ふしぎな君が代」(幻冬舎新書)、「たのしいプロパガンダ」 (イースト新書Q)で著名な軍歌研究家の辻田真佐憲氏による監修・解説付。

監修・解説:辻田真佐憲

企画・復刻:保利透

■収録曲:

1. 敵は幾萬 / ヴォーカル・フォア合唱団

2. 満洲派遣軍慰問の歌 / 石田一松

3. 兵隊婆さん節 / 兵隊婆さん 橋本栄子

4. 殉忠乃木 / 東海林太郎

5. 日本陸軍 / 東海林太郎(合唱付)

6. 山嶺の君が代 / 東海林太郎・日本ポリドール合唱団

7. 上海だより / 上原敏

8. 日独伊防共トリオ / 東海林太郎

9. 愛国行進曲 / 東海林太郎・上原敏・関種子・結城道子・愛国合唱団・日本ポリドール女声合唱

10. 銃後だより / 青葉笙子

11. 氷河を征く / 東海林太郎

12. 聖戦の華 / 東海林太郎

13. 北洋警備の歌 / 東海林太郎

14. 愛馬進軍歌 / 東海林太郎

15. 建設戦記 / 東海林太郎

16. 聖戦必勝の歌 / 東海林太郎

17. 亜細亜の若人 / 上原敏・青葉笙子

18. 誉れの家から / 東海林太郎

19. 紀元二千六百一年「陸軍記念日の歌」 / 波平恵弘 ヴォーカル・フォア合唱団

20. 雨の小休止 / 三丁目文夫(合唱付)

21. ボルネオ第一信 / 小谷潔

22. 南の港町 / 上原敏








戦後70年特別企画

永久保存版 不朽の明治・大正・昭和軍歌集】

特撰軍歌38曲をCD音源付き完全解説!

◎軍歌の歌詞・誕生秘話・戦時エピソード・貴重資料満載!

◆解説曲、付録CD楽曲リスト(解説:辻田真佐憲、音源復刻:保利透)

【特別付録CD DISC 1】

[#01] 進め矢玉〜来れや来れ〜桜花

[#02] 陸奥の吹雪〜ブレドウ旅団の襲撃〜四條畷〜ワシントン

[#03] 我が海軍〜広瀬中佐〜日本海大海戦〜軍人勅諭

[#04] 歩兵の本領〜戦友〜橘中佐〜凱旋軍歌

[#05] 欣舞節(日清談判)〜雪の進軍〜婦人従軍歌〜勇敢なる水兵

[#06] 凱旋(あなうれし)

[#07] 成歓役

[#08] 黄海の大捷

[#09] 桜井の訣別(青葉しげれる)

[#10] 水師営の会見

[#11] 広瀬中佐(文部省唱歌

[#12] 橘中佐(文部省唱歌

[#13] 日本海海戦文部省唱歌

【特別付録CD DISC 2】

[#01] 独立守備隊の歌

[#02] 雪の戦線

[#03] 第二師団の満洲行を送る歌

[#04] 肉弾三勇士

[#05] 第六師団行進曲

[#06] 旅順要港部港務部の歌

[#07] 輝く鉄兜

[#08] 通州紅涙賦

[#09] 皇軍大捷の歌

[#10] 日の丸行進曲

[#11] 日章旗の下に

[#12] 紀元二千六百年

[#13] 肇国聖地の歌

[#14] 国民協和の歌

[#15] 「戦陣訓」の歌

◆取材・インタビュー

「戦前を生きた評論家が見た日本と軍歌の70年」(音楽評論家瀬川昌久

「愛好者サークル4団体が集った『7.4 合同軍歌会 in 横浜』レポート」(編集部)

「玄人はだしの人気声優、大いに語る」(声優/上坂すみれ

◆企画 CD・DVD・ブックレビュー、カラー版貴重資料、歴史読み物など、充実の112ページ!!








世界を廻るジャズ!遂に軍歌までジャズる!

軍国迎合のスヰングは果たして高度動員音楽か?軍歌まで貪欲に取り込むジャズならではのグルーヴか?

戦時体制へのレジスタンスとも、行け行けドンドンの悪ノリとも解釈できる、軍歌とジャズが仲よく同居していた戦前戦中をリアルに体感しよう!


<終戦70周年記念企画>

進駐軍によって持ち込まれたとされたジャズは戦前から存在し軍国ジャズ化していた!

ジャズ音楽が如何に日本の音楽シーンに溶け込んでいたかを踏まえ、これは戦争とジャズのかかわりを逐次的にまとめ、軍国主義下にジャズと軍歌の融合を表した、ぐらもくらぶアンソロジーである。

軍歌とジャズの出会いから、スイングする軍歌が爆誕するまでの道のりを、 ?軍縮時代のジャズ軍歌 ?舶来ジャズソングも軍国仕様に ?銃後はジャズる ?スウィングする軍歌 ?軍国ビッグバンド というグループ分けで解剖する。

二村定一ポリドール・リズム・ボーイズ、コロムビア・リズム・シスターズ、服部富子、市丸、シキ皓一、塩まさる、徳山蓀、日本ビクター・サロン・オーケストラ、宝塚少女歌劇や少女タップ歌手・リラ・ハマダetc.というバラエティ豊かな顔ぶれで楽しく聴きながら辿る、軍国時代のジャズだ。

■収録曲:

1. 満州前衛の唄 / 二村定一

2. 朗らかな水兵さん / 二村定一

3. 軍事探偵の唄 / 藤井龍雄 (藤山一郎

4. 戦勝萬々歳 / テレフンケン・リズムボーイズ

5. 支那の兵隊 "When Yuba Plays The Rhumba On The Tuba" / 木下伊佐男 村田清 二輪東六 橋本武夫

6. 俺は軍人 "Hinky Dinky Parlay Voo" / 櫻井健二 ポリドール・リズム・ボーイズ

7. いとしの黒馬よ "Empty Saddles" / 灰田勝彦

8. 僕等ノ兵隊サン "I Love a Military Man"(1936) / リラ・ハマダ

9. 春来矣 "Heigh-Ho"(1937) / 松島喜美子 草路潤子 花村由利子 南朝緒 宝塚少女歌劇團雪組生徒

10. エノケンの兵隊じゃんけんぽん "Red Wing"(1907) / 榎本健一

11. 東京の夢 / 服部富子

12. 興亜ざくら / 市丸

13. トクさんの号外屋 / 徳山蓀

14. お洒落禁物 / 三根耕一

15. 輝く皇軍 / シキ皓一

16. 進軍スヰング / 岸井明

17. 日の丸数へ歌 / コロムビア・リズム・シスター

18. 一億の合唱 / 日本ビクター・サロン・オーケストラ

19. 海の勇者 / 日本ビクター・サロン・オーケストラ

20. 戦線人気男 / 塩まさる

21. 荒鷲さんだよ / コロムビア・リズム・ボーイズ

22. 進め大東亜 (敵は幾万〜太平洋行進曲〜国民進軍歌) / 日本ビクター交響吹奏楽団








『不平不満はお国を潰す!みんないくさに勝つためだ!』

国民を体感で動員する音楽、同調圧力を醸成する音楽、それが「音頭・盆踊り」だ!農村社会・職場や学校などにおいて体に叩き込まれるリズムと歌詞。戦前におけるプロパガンダと動員音楽の神髄が日本独自のダンスミュージックこと『音頭』である!



<終戦70周年記念企画>

音楽と社会との繋がりを検証する、ぐらもくらぶの「戦時プロパガンダシリーズ」!

戦前に吹込まれた『音頭』の中から軍事やプロパガンダに関連する音源を集めた、「ぐらもくらぶ」ならではの前衛的なコンピレーションアルバム

音頭が時代やメディアと如何に寄り添っていたか、音頭アレンジの変遷と確立、同調圧力と動員の歴史、音頭から見る昭和戦前史を垣間見る歴史資料。

小唄勝太郎や市丸、喜代三など「うぐいす芸者」の吹込みだけでなく、東海林太郎・上原敏・藤山一郎・伊藤久男など昭和を代表する流行歌歌手総出演!ジャパニーズ・ダンス・ミュージックの原点がここにある!

解説・監修は『日本の軍歌』(幻冬舎新書)、『愛国とレコード』(えにし書房)、『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)などで軍歌研究の第一人者の辻田真佐憲

復刻:保利透

ライナージャケットイラスト:矢野利裕



収録曲:

1. 満洲音頭/新橋喜代三・東海林太郎

2. 戦勝音頭/東海林太郎・喜代三・日本ポリドール混声合唱

3. 倅でかした/上原敏・浅草染千代

4. 戦勝ざくら/桜井健二・服部富子

5. 戦線はやり唄/鈴木正夫(合唱付)

6. 戦場盆踊り/上原敏・青葉笙子(男女合唱付)

7. 軍国盆踊り/〆香・染千代(合唱付)

8. 舞鶴音頭/小唄勝太郎・鈴木正夫(合唱付)

9. 建国音頭/小唄勝太郎・市丸・楠木繁夫・日本ビクター合唱団

10. 三国音頭/市丸・一色皓一郎

11. 防諜音頭/小唄勝太郎(合唱附)

12. 吼えろ黒潮/内田栄一

13. 銃後めをと囃子/上原敏・染千代

14. みんな輪になれ/上原敏・近江志郎・奥村和子

15. どんと一発/藤山一郎・菊池章子・コロムビア合唱団

16. 村は土から/藤山一郎・松原操・佐々木章・コロムビア合唱団

17. 八の字音頭/伊藤久男・菊池章子・コロムビア合唱団

18. 桃太郎音頭/小唄勝太郎・小畑実(合唱付)

19. 増産音頭/波岡惣一郎・鈴木正夫・小唄勝太郎・市丸・山本麗子・日本ビクター合唱団

20. 決戦盆踊り/三丁目文夫・染千代・東声会

21. 常会をどり/東海林太郎・小笠原美都子・菅原都々子

22. 炭鉱音頭/波平暁男・菊池章子・近江俊郎・日蓄合唱団






それから僕が企画しました『日本の軍歌アーカイブスシリーズ5作がビクターエンタテインメントより発売されました!評判も上々でありがたいです!


ぐらもくらぶCDも絶賛発売中です!

メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 酔へば大将 ?酒とエッセイ? 戦前篇 [G10019] : メタ カンパニー




酔えば大将よう大将!酒場に宴会にそしてご家庭に!

愉快なお酒ソングと共に綴られる「ぐらもくらぶ」を支える酔人5人のエッセイ

どうせこの世はままならぬ、飲んでこの世の憂さを忘れようぢゃないか!

戦前における愉快な「酒ソング」コンピレーション

二村定一バートン・クレーン、楠木繁夫、藤山一郎東海林太郎古川ロッパなど、戦前を代表する歌手による豪華盤。世界大戦前夜に生まれたジャパニーズ・ポピュラーミュージックを全編オリジナルSP音源でまとめ、ホロ苦い歌からコミックソングノベルティソングまでをライトエッセイとともに楽しめるアルバム

エッセイ大谷能生・毛利眞人・長谷川健太郎・岡田則夫・西森路代

■解説:毛利眞人・保利透

■制作・復刻:保利透

■収録曲:

1. スタインソング / 二村定一

2. 酒だ酒酒 / 南五郎

3. 君と乾杯 / 久野和夫(日置静)

4. 酒は涙よ溜息よ / 黒田進(楠木繁夫)

5. オー・チェリオ / 花房俊夫(藤山一郎

6. 酒に忘れて(君徳の唄) / 富橋文雄(東海林太郎

7. 夢ではないか? / 小林千代子・鉄仮面

8. 酒場天国 / 新城一郎(一色皓一郎)

9. サラリー・マンよ / 徳山蓀

10. 酒宴の唄/ 伊藤敦子・奥田良三・日本ポリドール合唱団

11. 呑んで愉快に / 松平操(楠木繁夫)

12. 船長さん / 徳山蓀・日本ビクターシスター

13. 酒の唄 / 松山芳野里

14. ビールで乾杯 / 結城浩・タイヘイ少女合唱団

15. 注いだ酒なら / 東海林太郎

16. ころがせころがせビール樽 / 徳山蓀・オリオンコール

17. 酒がのみたい  / バートン・クレーン

18. バッカスの唄 / 二村定一

19. 酒呑みの唄 / ポリドール・ラッキー・ボーイズ

20. 酔へば大将 / 古川緑波

21. 酒くめど / 松平晃

22. ビア樽ポルカ / 藤山一郎






霽月小曲集

霽月小曲集



引き続き評判のエノケンCDはこちら!!!


メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 芸能宝船・歌は戦線へ ?戦争と喜劇人? [G10017・18] : メタ カンパニー




"ぐらもくらぶ"最新作は戦争と喜劇人、そしてエノケンをテーマにした豪華二枚組!

エノケン・ロッパ・金語楼! ! ! 戦時下における喜劇人のパフォーマンスが今よみがえる!

国家と戦争に翻弄され歴史に埋もれた喜劇人たちの貴重な音源が、21世紀にもたらすものとは?

■終戦70周年記念企画

<第一部・戦争と喜劇人>

二村定一から古川緑波まで、戦前における喜劇人たちの戦争をテーマに綴ったバラエティ

<第二部・もうひとつのエノケン全集>

エノケンの発掘された音源を中心に、時局に協力せざるをなかった喜劇人の歴史をたどる

監修・解説:佐藤利明(オトナの歌謡曲)

企画・復刻:保利透

■収録曲:

DISC1 <第一部・戦争と喜劇人>

1. 護れよ祖国 (二村定一)

2. 君は兵隊?(上)(下) (横山エンタツ花菱アチャコ)

3. 金語楼の水兵 (柳家金語楼)

4. 可愛い水兵 (古川緑波日本ビクター女声合唱団)

5. 江戸ッ子部隊 (古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

6. 兵隊床屋 (徳山蓀・古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

7. 鬚に未練はないけれど (徳山蓀・古川緑波日本ビクター男声合唱団)

8. わらわし隊 ~中支皇軍慰問記念~(上)(下) (ミス・ワカナ 玉松一郎)

9. 代用品時代 (岸井明)

10. 僕の武勇伝 (杉狂児)

11. 全く満洲はいゝですネ (杉狂児)

12. オッサンの挨拶(上)(下) (高勢実乗)

13. あのネ軍使 (美ち奴)

14. 夢と兵隊 (杉狂児)

15. みなさん、みなさん (石田一松)

16. 勝利への近道 (徳川夢声)

17. 前線便り (古川ロッパ)

18. 海底物語(上)(下) (あきれたぼういず改め・新興快速舞隊)

19. 前線へ送る夕 (司会と唄の尻とり ロッパ)

20. 前線へ送る夕 (漫芸 声帯模写 ロッパ)


DISC 2<第二部・もうひとつのエノケン全集>

1. 支那のルムバ (榎本健一・宏川光子)

2. 支那の兵隊さん (榎本健一)

3. エノケンの南京ぶし (榎本健一)

4 もしも忍術使へたら(完全版) (榎本健一)

5. 流行歌数へ唄(市販テイク) (榎本健一・武智豊子)

6. エノケンの鴛鴦道中 (榎本健一・若原春江)

7. エノケンの兵隊じゃんけんぽん (榎本健一)

8. 歌は戦線へ (榎本健一・小林千代子・波平惠弘・奥田良三・高杉妙子・高田浩吉・〆香・三丁目文夫・矢島英子・矢田稔・青葉笙子・田端義夫・関種子・上原敏・高山美枝子・近江志郎・きみ栄)

9. エノケンの上海の街角(リマスター) (榎本健一)

10. エノケンの組長さん (榎本健一・矢島英子)

ボーナストラック

11. ちゃっきり金太の唄 (榎本健一)

12. のんき旅 (榎本健一)

13. 結婚はしたけれど (榎本健一)

14. 僕の恋愛設計図 (榎本健一)

15. メイコちゃんと・?坊の閻魔大王訪問記 (中村メイコ・榎本?一・榎本健一)

16. 彌次喜多ブギ (榎本健一古川緑波)




ぐらもくらぶ』本がいよいよ発売になります!!!

もちろんメタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

辻田真佐憲 愛国とレコード [978-4-908073-05-2 C0036] : メタ カンパニー




軍歌こそ“愛国ビジネス”の原型である!

アサヒ蓄音機商会を中心とした、

戦前軍歌のレーベル写真と詳細な解説。

辻田真佐憲最新刊、異色の軍歌・レコード研究本!


「戦争は商機だ、ドンドン軍歌を売りだせ!」。アサヒ蓄音器商会は、大正時代から昭 和戦前期にかけて名古屋に存在したローカルレコード会社である。代表的なレーベ ルとして「ツルレコード」と「アサヒレコード」を擁し、首都圏・関西圏の大手企業 に伍さんとして、次々に尖鋭的な企画を打ち出していったことで知られる。……  ツル・アサヒの軍歌は、ローカルでありながら、実はユニバーサルでもある……例 えば、我々の身近に低劣な「愛国コンテンツ」が存在しないだろうか。低劣とバカに するのは結構。だが、その実力は決して無視できない。大名古屋の軍歌はまさにその 論拠となるのではないだろうか。(本書より)


★この本は戦時プロパガンダ研究の第一級資料であるとともに、本文に触れている楽曲のレーベルや月報などの画像をすべて掲載しており、レコード&歌謡史研究、そしてコレクターズアイテムとしても要注意な1冊に仕上がっています!


辻田 真佐憲(つじた まさのり)

1984 年、大阪府生まれ。文筆家・プロパガンダ研究者。慶應義塾大学文学部卒業。著書に『世 界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代』(社会評論社)、『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』(幻冬舎新書)。監修に『大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)、『日本の軍歌』(晋 遊舎ムック)などがある。軍歌の復刻にも取り組み、『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)の監修もつとめる。


※ 書籍:ぐらもくらぶシリーズは、ぐらもくらぶと提携、レーベルが発売するCDなど音源の内容に 即して企画・製作する書籍です。



V.A. あなたは狙われている ~防諜とは~ スパイ歌謡全集 1931-1943 [G10015] : メタ カンパニー


『スパイ歌謡は軍国主義の生々しい叫びである 辻田真佐憲

f:id:polyfar:20141006154706j:image

クリックすると別ウインドウが開くので拡大できます)




アマゾンからもお求めいただけます




特定秘密保護法案施行さる!戦前の軍機保護法改正における防諜ソングはエンタメか?

はたまたレジスタンスなのか?その謎に迫る!

終戦70周年記念企画第一弾!

好評発売中の『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』に続く待望の「戦時プロパガンダシリーズ」!

いよいよ施行される特定秘密保護法を前に、戦前における秘密保持、いわゆる「防諜」をメインテーマに据え当時の国民や社会レベルでの意識を検証し、プロパガンダ研究の一環として歴史的資料を提示するアルバム

加えて、満州事変前後に「スター扱いされたスパイ」についても着目、また戦前歌謡史としても貴重な資料である。

監修は幻冬舎新書日本の軍歌 国民的音楽の歴史」、晋遊舎ムック日本の軍歌」、社会評論社「世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」他で軍歌&プロパガンダ研究家として著名である文筆家・辻田真佐憲氏。

はたして防諜ソングとはいかなるものか?

物々しいタイトルの羅列とは裏腹に、聞いてビックリの『脱力感』や『コミカルさ』と、高いエンタメ性の毒に目からウロコが落ちること間違いなし!

企画・復刻:保利透

監修・解説:辻田真佐憲

イラスト:山田参助



1. さうだその意気(霧島 昇・松原 操・李 香蘭)

2. 噫中村大尉(藤波笑声)

3. 十五夜の娘(川島芳子)

4. 「X(エックス)」二十七号(結城道子)

5. 防諜の歌(東海林太郎)

6. 防諜音頭(〆香・染千代)

7. ドンドン節(大日本国防婦人会名妓分会)

8. サノサ節(大日本国防婦人会名妓分会)

9. 仮面を剥げば(東海林太郎)

10. 間諜ハリハリ<上・下>(ミスターポリドール)

11. 第五部隊(井田照夫・山中みゆき)

12. 御用心数へ唄(服部富子・鬼 俊英・杉 狂児・コーラス)

13. 用心づくし(徳山・日本ビクター合唱団)

14. スパイの眼(華澤栄子・花村由利子・合唱:宝塚少女歌劇団雪組生徒)

15. スパイ御用だ(あきれたぼういず)

16. スパイは躍る(コロムビア・リズム・シスターズ)

17. スパイ戦線(日活スター杉 狂児・服部富子)

18. スパイを防げ(東京市情報課)

19. 防諜とは(防諜協会主事・三谷節次)

20. スパイさあ来い(林 伊佐緒・横山郁子)

21. スパイヨウジン(竹内郁子・日蓄児童合唱団)

22. マライの虎<ハリマオ> (東海林太郎・日本合唱団)

23. 隣組(徳山・日本ビクター合唱団・日本ビクター児童合唱団)




V.A. 續・大名古屋軍歌 [G10014] : メタ カンパニー


『時局便乗・粗製乱造こそ軍歌の本質である 辻田真佐憲

f:id:polyfar:20141006160351j:image

クリックすると別ウインドウが開くので拡大できます)



アマゾンからもお求めいただけます

續・大名古屋軍歌

續・大名古屋軍歌

幻の大名古屋軍歌CDセット

幻の大名古屋軍歌CDセット




まだまだ埋もれていた軍歌音源は存在していた!『幻の大名古屋軍歌』秘蔵音源!

初のタイアップ書籍となる<ぐらもくらぶシリーズ>『幻の大名古屋軍歌』辻田真佐憲著 (えにし書房)の発売に先駆け「大名古屋軍歌」に収録がかなわなかった幻の軍歌・戦 時歌謡音源をまとめた拾遺集として帰ってきた!

戦前において東京・大阪の中間地点の名古屋で奮闘したツル・アサヒレコードは、 東西の大手レーベルに伍して国威発揚の情報発信をしており、その意気込みを今 再発見する。

「大名古屋軍歌」発売から2年、愛国ビジネスの勃興が世を賑わせているがその原 点がここにある!レコード会社の逞しくもワルノリは歴史的資料としても微笑ましい 面もあるが、人間の行う営みが時空を超えても変わらないという現実も、本とC D2枚を併せて触れてみることによりリアリティを持って感じることができるであろ う。

監修は幻冬舎新書日本の軍歌 国民的音楽の歴史」、晋遊舎ムック日本の軍歌」、社 会評論社「世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」他で軍歌& プロパガンダ研究家として著名である文筆家・辻田真佐憲

企画・復刻:保利透

監修・解説:辻田真佐憲

寄稿:毛利眞人

※お得な2枚組セット販売の「幻の大名古屋軍歌CDセット(「大名古屋軍歌」&「續 ・大名古屋軍歌」)」もございます。「大名古屋軍歌」をまだお求めで無い方はそちらの 方がお買い得です。


1. 噫従軍記者の歌・血染の鉄筆(黒田進)

2. 航空大行進曲(黒田進)

3. 雪の戦線(江頭林二郎)

4. 陸戦隊行進曲(黒田進)

5. 防空の歌(黒田進・毛利幸尚)

6. 昭和青年の歌(岡本喜美子・黒田高守・三島康子・津笠茂子・水沢周国・松浦祥明)

7. 昭和青年愛国歌(昭和青年会合唱団)

8. 昭和青年神軍歌(昭和青年会合唱団)

9. 躍進節(東京幾松/黒田進)

10. 日満おどり(東京幾松)

11. 輝く大満洲(黒田進)

12. 祖国の前衛(高沢清)

13. 若しも召集令が下ったら(母里欽也)

14. 上海陸戦隊の歌(名響合唱団)

15. 南京陥落祝勝歌(アサヒ男声合唱団)

16. 凱旋・あな嬉し喜ばし(アサヒ男声合唱団)

17. 漢口陥落だより(大久良俊<近江俊郎>)

18. 軍艦行進曲(名響合唱団)

19. 爆撃千里(大久良俊<近江俊郎>)

20. 五・一五事件 血涙の法廷・海軍公判(栗島狭衣・其の一党)




『霽月小曲集・泊』はぐらもくらぶ初の新録新譜になります!

これは改めて記事として更新します!

泊 霽月小曲集 [G20001] : メタ カンパニー

霽月小曲集

霽月小曲集




大東京モダンミュージック遊覧にはこのCDを抜きには語れません!!!




アマゾンからもお求めいただけます


「大名古屋ジャズ」「大大阪ジャズ」のぐらもくらぶが贈る戦前日本の都市ジャズ・シリーズ第三弾。

サテどんじりに控えしは帝都『大東京』の文化と喧騒をそのままに溝に刻んだジャズ尽しだ。東京市下に跋扈する人気ジャズバンド、めくるめくシティーソング、ジャズオペラ。銀座裏のバーのマダムが語る男の味と、カフェー女給のうら寂しい斉唱サービス

人気ダンス教師はブルースをBGMにステップを教え、「フロリダダンスホール」に集ったバンドと名物歌手がスウィングと文化の粋を踊る。事変をよそにグランドショウで踏まれたタップや「セントルイス・ブルーズ」は戦前のステージのパノラマだ。

ミッヂ・ウィリアムスの日本録音や、藤田嗣治夫人マデレイヌ藤田の唄う和製シャンソン丹下キヨ子デビュー録音、戦後ハワイアンの寵児となったバッキー白片の初期録音……とレア音源満載。リアルを追求した大東京案内で、さあ戦前においでませ。

企画・制作:保利透

監修・解説:毛利眞人


●DISC-1

1 丸の内メロディー 鈴野雪夫

2 Hong Kong Dream Girl (1925) 天勝一座 Carlos C. Shaw and his Orchestra

3 ティティナ "Titina"(1925) 少女合唱 三輪慎一

4 蒲田行進曲 "Song of the Vagabonds"(1925) 川崎豊 曽我直子

5 木曽節 二村定一

6 愛の調 "Where Is the Song of Songs for Me?"(1928) 佐藤千夜子

7 行進曲紐育 "I'm gonna bring a watermelon to my girl tonight"(1924) 内海一郎

8 夢の人魚 "A Siren Dream"(1927) 佐久間毅

9 大学生活 "Collegiate"(1925) 作間毅

10 リオリータ "Rio Rita"(1926) 二村定一 天野喜久代

11 マイヱンゼル "Angela mia"(1928) 天野喜久代

12 赤い唇 "Red Lips Kiss my Blue Aways"(1927) 天野喜久代 柳田貞一

13 東京夜曲 内海一郎

14 夜の東京 淡谷のり子

15 踊る東京 佐藤直子

16 新銀座行進曲 天野喜久代

17 銀座行進曲 内海一郎

18 渋谷行進曲 二村定一

19 新宿小夜曲 青木晴子

20 ほっときなさい(いゝじゃありませんか) (新宿) 藤村梧朗・丸山夢路

21 三文オペラ音楽 (序曲、第七:終曲、第三:代わりにの歌、第五:ポリーの歌) 近衛秀麿(指揮) 新交響楽団

22 「三文オペラ」の中 これが人生の唄 内田栄一



●DISC-2

1 村のしやれ男 "A Gay Caballero"(1928) 坂井透

2 カフェーから見た男の味 丹いね子 渡瀬淳子 門脇陽一郎 八重ちゃん

3 君恋し カフェータイガー・よう子 すみ子 

4 ブルースの踊り方(St.Louis Blues) 玉置眞吉(指導)

5 あの子  "Sweet Jennie Lee"(1930) 徳山蓀

6 二千万の恋人 "Twenty Million Sweethearts"(1934) ヘレン隅田

7 恋と虹 ヘレン隅田

8 夢うつゝ "Drifting and Dreaming"(1925) 山田道夫

9 左様なら! "Se va la vida" パクナデル(唄) 

10 パラダイス "Paradise"(1931) ミッヂ・ウィリアムス

11 みんなあなたに マデレイヌ藤田

12 手拍子そろへて "I'm Gonna Clap My Hands"(1936) テイチク・ジャズ・オーケストラ

13 ジプシーの喫茶店 "In a Gypsy Tea Room"(1935) ジルベスター牧

14 月光値千金 "Get out and get under the moon"(1927) ケイ・トヨダ

15 ラ・クカラチャ  "La Cucaracha" ケイ・トヨダ

16 ダイナ "Dinah"(1925) ジョー奥村  

17 Without a Word of Warning(1935) バッキー白片・アンド・ヒズ・アロハ・ハワイアンズ

18 サンフランシスコ "San Francisco"(1936) 能勢妙子 荻野久幸(タップ)

19 虹の唄 "Rainbow on the river"(1936) 小山きよ子(丹下キヨ子

20 国境の南 "South of the Border"(1939) 斎田愛子

21 セントルイスブルーズ "St.Louis Blues"(1914) 笠置シズ子

22 東京ブルース ディック・ミネ 







アマゾンからもお求めいただけます



明治・大正・昭和と東京の、いや日本の大衆芸能の発信基地であった「浅草六区」が、当時の音源を基に平成の世に甦る!

このCDは浅草で残されたの生の音と空気を缶詰にしたものであり、当時の風景を垣間見るだけでなく、浅草を知る上で必要な歴史的音源を収録。特に幻とされた浅草オペラの音源を多数復刻。

大歓楽街浅草を浅草オペラが歌う!活弁が吼える!エノケン・ロッパが走る!オモチャ箱のように詰め込まれた諸芸がカフェーの色香や尖端のモダン文化に彩られながら、取捨選択・壊しては作り変えられる浅草芸能主義のダイナミズムを是非とも触れてみるべし!

企画・制作:保利透

監修・解説:岡田則夫・小針侑起


●DISC-1

1 ジンタ 洋楽天然の美 帝国音楽団

2 スケッチ 浅草奥山見物 豊年斎梅坊主

3 スケッチ 昔の浅草奥山御馴み玉乗り一座 口上・橘家万笑

4 書生節 東京節 後藤紫雲

5 はやりうた 洋行帰り(越後獅子替歌) 松旭斎天華

6 浅草オペラ フラ・ディアボロ 大津賀八郎

7 浅草オペラ ピナフオーア 清水金太郎 清水静子 井上起久子 大谷光一

8 浅草オペラ 古城の鐘 田谷力三

9 浅草オペラ 恋はやさしき野辺の花 新星歌舞劇団・安藤文子 戸山英二郎

10 浅草オペラ コロッケ 日本橋・丸子

11 浅草オペラ 荒城の月 バイオリン・渡邊吉之助 ピアノ・竹内平吉

12 浅草オペラ 黄金の国(一)(二) 柳田貞一 富士野登久子

13 浅草オペラ 銀座雀 明石須磨子

14 浅草オペラ セビラの理髪師 原信子

15 浅草オペラ ブン大将 井上起久子 清水静子 清水金太郎 大谷光一

16 浅草オペラ 女軍出征 東京歌劇座員

17 浅草オペラ カルメン(一)(二)(三)(四) 丸山夢路 藤村梧朗 里見義郎

18 ジャズ漫謡 ほっときなさい(浅草篇) 藤村梧朗 丸山夢路



●DISC-2

1 活動写真 想い出の浅草(雪のアルプスチャップリンの拳闘) 西村小楽天 杉浦一郎

2 活動写真 想い出の浅草(猿飛佐助漫遊記) 中村声波 生駒雷遊 宮川敦臣 森田天倫 鈴木梅龍

3 活動写真 想い出の浅草(名金) 染井三郎 西村楽天

4 活動写真 想い出の浅草(己が罪) 中村声波 石井春波 濱照代 小藤田正一

5 笑いの王国 花嫁学校(上)(下) 中根龍太郎 藤田艶子 中根龍太郎

6 笑いの王国 三人フウさん 古川緑波 天野喜久代

7 カジノ・フォリー 相当なもんだネ 二村定一 榎本健一

8 曾我廼家劇 アメリカは禁酒国(上)(下) 曾我廼家五九郎一座

9 松竹少女歌劇 カマラードの唄(友達はよいもの) 水の江瀧子

10 ぼういず漫談 地球の上に朝が来る 川田義夫とミルクブラザース

11 漫談 新婚箱根の気分(一)(二) 柳家三亀松

12 落語 浅草見物(上)(下) 柳家金語楼

13 軽演劇 歌う二等兵 伴淳三郎

14 軽演劇 三等亭主 堺駿二

15 スケッチ 夜の吉原・新内辻流し 吉原芸妓連中

16 浅草のうた 浅草行進曲 二村定一 天野喜久代

17 浅草のうた 浅草の唄 藤山一郎





大好評で巷の話題を席巻中のCDはこちら!!!

※発売はメタカンパニーからになります

V.A. ねえ興奮しちゃいやよ ?昭和エロ歌謡全集? 1928?32 [G-10009] : メタ カンパニー


アマゾンからもお求めいただけます



エロ・グロ・ナンセンスとはなんぞや?その答えがここにある』

エロで生まれてエロ育ち 妾しゃ断然エロ娘

昭和初期は軽佻浮薄なモダン風俗とスピードと物質文明に踊りくるっていた。

現代の桑田佳祐ばりにフェティッシュな言葉の冒険から発禁レコードまで、エロとイットを歌で綴った70分。歌謡史からすっぽり抜け落ちた昭和のワンシーンに、ねぇ興奮しちゃいやよ!


監修・解説:毛利眞人

ライナー:山田参助

企画・制作・音源復刻:保利透


曲目:

1. とこイットだね (イット節)(二村定一)

2. エロ行進曲(淡谷のり子)

3. エロ小唄(黒田進 松山みどり)

4. キッスOK(二村定一 井上起久子)

5. エロ・オン・パレード(山田貞子)

6. ナンセンス小唄(清水静子)

7. スピード時代(伊達里子)

8. 尖端小唄(川田定子)

9. 銀座のバッドガール(金色仮面)

10. アラ!失礼(澤文子)

11. 恋慕夜曲(山田貞子)

12. S.O.S(水町昌子)

13. ねえ興奮しちゃいやよ(青木晴子)

14. あなたのものよ(淡谷のり子)

15. イットだね(黒田進)

16. 悪く思ふなよ(黒田進)

17. 知らぬ顔してにくらしい(浅草 小ゆき)

18. ほんに悩ましエロ模様(二村定一)

19. お江戸浅草(藤田艶子)

20. エロエロ行進曲(藤田艶子)

21. オリエンタルチャーレストン(常盤静子)

22. 浅草エロ小唄(浅草 小ゆき)

23. 娘アラモード(二村定一)






話題の新作CDはこちら!!!

花子からおはなしのおくりもの

花子からおはなしのおくりもの

日本の軍歌 (晋遊舎ムック)

日本の軍歌 (晋遊舎ムック)



大阪地区でジワジワと話題に火が付いてきた寵児たるCDはこちら!

 ※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 大大阪ジャズ [G-10006-7] : メタ カンパニー



アマゾンからもお求めいただけます

大大阪ジャズ

大大阪ジャズ


「大名古屋ジャズ」(ぐらもくらぶ)に続く戦前日本の都市ジャズ•シリーズ第二弾。

満を持した次なるターゲットは昭和初期、帝都東京を抜いて日本一の人口と経済発展を誇った大大阪だ!  

情緒と刹那主義、伝統とモダンがめくるめく水都のBGMはフォックストロットチャールストンブルースにエロ満載のジャズソング。フィリピン・ジャズバンドが、前野港造が、服部良一が、紙恭輔がジャズる大大阪。井上起久子が、黒田進が、松竹少女歌劇のスターたちが歌うグレート•オーサカ。タップの乱舞に沸き立つミナミ。 現存大手レーベルを含むコッカ、ナイガイ、タイヘイ、ニットー、ショーチクなどマイナーレーベルの初復刻多数! 大大阪学の泰斗、橋爪節也氏の踊る巻頭言つきで21世紀の日本に「大大阪ジャズ」がいま甦る!


監修・解説:毛利眞人

序文:橋爪節也

企画・制作・音源復刻:保利透



DISC 1

1 ブロードウェーメロデー "Broadway Melody"(1929) 大木あき子, 中村滋(タップ) 中村滋タップジャズバンド

2 サリタ "Ma Goulou Goulou" 井上起久子 日蓄ジャズバンド

3 思ひ出 "Among My Souvenir"(1927) 井上起久子 プリンシパルジャズバンド

4 断然好きだ "Yes,Sir that's My Baby"(1925) 井上起久子 千賀海寿一 ジャズバンド

5 嘆きの天使 "Falling Love Again"(1930) 井上起久子 アルハ・ベルウィン・ダンスオーケストラ

6 チンチャン "Ching Chong"(1917)   ローヤル・ジャズバンド

7 ゲーヂオフアーモアーアベヌ "Guage of Armour Avenue"(1924)   日東管絃団

8 カラバン "Karavan"(1919)   カールトンジャズバンド

9 バカボンド "Song of the Vagabonds"(1925) ヒリッピン・ジャズバンド

10 ホリウッド "Hollywood"(1922)   前野港造(ts)

11 スエズ "Suez"(1922)   前野港造(ts)

12 "Who"(1925)   ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ

13 カチンカ "Katinka"   ハラダジャズバンド

14 岡の月光 "Get Out and Get Under the Moon"(1928) 山口静子 ジャズバンド

15 巴里の屋根の下"Sous les toits de Paris"(1930) 浜口淳 中村滋(タップ)  タイヘイジャズバンド

16 巴里の屋根の下"C'est pas comme ca"(1930) 井上起久子 中村滋(タップ)  タイヘイジャズバンド

17 カリオカ "Carioca"(1933) ヘレン広瀬 コッカダンスオーケストラ

18 セントルイズブルーズ "St.Louis Blues"(1914) リチャード瀧 コッカダンスオーケストラ

19 ダイナー "Dinah"(1925) リチャード・ユアサ サムカトーミユヂツクボーイ

20 ラクカラチャ  "La Cucaracha" 紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

21 夢に見る君が面影 "All I do is Dream of You"(1934)   紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

22 夜も昼も "Night and Day"(1932)   紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

23 美はしの瞳 "Smiling Irish Eyes"(1929) トミー福井   コッカダンスミュジックアンサンブル

DISC 2

タイトル 歌手 演奏

1 大阪行進曲 植森たかを オーケストラ

2 浪花小唄(道頓堀夜景) 二村定一 日本ビクター・ジャズバンド

3 花街行進曲 - 南地 花園綾子 赤玉ジャズバンド

4 飛田夢想曲 花園綾子  赤玉ジャズバンド

5 大阪セレナーデ 二村定一・天野喜久代 コロムビア オーケストラ

6 大阪夏祭風景(天神祭の唄) 川田定子 ジャズバンド

7 道頓堀おけさ 笹川銀子 日東管弦団

8 串本節   服部良一cond. 国歌ジャズバンド

9 テルミー "Tell Me"(1919)   国歌ジャズバンド

10 木曽節   キングダンスオーケストラバンド

11 カフェーの唄 秋田登 ジャズバンド

12 エロ・オンパレード 黒田進

13 尖端ガール 黒田進 ジャズバンド

14 思ひ直して頂戴な 川田定子 ジャズバンド

15 エロウーピー 二村定一 井上起久子 タイヘイジャズバンド

16 バットガール 二村定一 タイヘイジャズバンド

17 フウ "Who?"(1925)   大阪松竹座管絃団

18 スエズ "Suez"(1922)   松竹座ジャズバンド

19 紐育行進曲 "I'm gonna bring a watermelon to my girl tonight"(1924) 井上起久子 松竹座声楽部生徒 篠原正雄指揮 松竹座オーケストラ

20 天神祭どんどこの唄 田谷力三  松竹楽劇部女生 松竹座管弦楽団

21 恋のステップ 三笠静子 大阪松竹少女歌劇声楽部 大阪松竹管弦楽団

22 第十二回 春のおどり(桜咲く国) 芦原千津子(タップ) 笠原シズ子 月ヶ瀬咲子 松月さえ子 合唱団 松本四良(指揮) 松竹管弦楽団

23 大阪名物年中行事 春のおどり宣伝盤 勝浦千浪(タップ) 京マチ子(台詞) 水上ましろ・草鹿多美子(唄) 松竹爆音部隊





それから6月30日発売の北廉太郎もよろしくです!!!


※発売はメタカンパニーからになります。

北廉太郎 伝説の歌声シリーズ 『ヴォルガ旅愁』 [G-10008] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


ようこそ!ぐらもくらぶCDワールドへ!

レーベルとしてのぐらもくらぶCDがいよいよ誕生しました!

まず、ぐらもくらぶCDとはなんぞや?と言うことですが、これはザックリと言ってしまうとSP盤(蓄音機で聴くレコード)時代をメインに様々な音源を、開放してもよいと言う有志と共に世に送り出そうというものです。

ともあれ、明治・大正・昭和期の音源で、埋もれたものでも選りすぐってみると、現代でも楽しめる、また意義のあるものは沢山あります。

これらを時代の垣根を飛び越えて皆さんで楽しめたらどんなによいだろうか、と言うのがこのCDのコンセプトです。


古今東西の素晴らしき音源を皆様と共有できる、これは制作側にとって一番の喜びです。また、共有した先に見えてくるもの、それは個々にとって様々とは思いますが、きっと何か文化的資料としても役立ってくれる日もあると信じています。


今後も発売されるシリーズに是非ご注目ください!




ぐらもくらぶ』がお送りする「伝説の歌声シリーズ」の第一弾!

戦火と70年の歳月を超え、大戦前夜に21歳で夭折した幻のティーン歌手・北廉太郎がいま甦る!

17歳から21歳までしか歌手活動が出来なかった若きヴォーカリストの歌声は、その最大の

持ち味であるペーソスと共に今でも心に響くものがある。

このCDは戦前における歌謡界の「アイドル像」や「ティーン歌手」たちの存在、時代が求めた

曲のトレンドなどを如実に感じ取ることができる1枚である!


■企画・制作・解説:保利透

ライナー:毛利眞人



1 ピエロ流し    紀多寛

2 恋の海峡    紀多寛

3 伊豆の故郷    北廉太郎

4 旅の子守唄    北廉太郎

5 夢のゆりかご      北廉太郎

6 黒龍千里    北廉太郎

7 追憶の馬車    北廉太郎

8 男の行く道    北廉太郎

9 若き日の歌    北廉太郎

10 心の子守唄    北廉太郎

11 青春の丘    北廉太郎

12 青春のふるさと  北廉太郎

13 夕空ブルース   北廉太郎

14 山の凱歌    北廉太郎

15 白樺月夜    北廉太郎・増田なほみ

16 出船の唄    北廉太郎

17 潮来夜船    北廉太郎

18 希望の星    北廉太郎

19 望郷の唄    北廉太郎

20 ヴォルガ旅愁   北廉太郎

21 支那の町    北廉太郎・青葉笙子

22 天城越ゆれば   北廉太郎

23 赤城恋しや    紀多寛




★ネット上で話題騒然大ヒットの「大名古屋軍歌」!!!!


※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 「大名古屋軍歌」 Militarythm in The Central City [G-10005] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


好評発売中の『大名古屋ジャズ』に続いて待望の「大名古屋シリーズ」第二弾!

戦前における東西大手レコードメーカーの中間地点、名古屋のツル・アサヒレコードにて製作された軍歌・時局歌・戦時歌謡の数々。

それは単に時局迎合・流行便乗主義だけではなく、名古屋独自のテイストにより日本各地へ国威発揚が情報発信されていたのです。

昭和6年に勃発した満州事変以降~アサヒレコードが活動を停止する昭和14年までに制作された、それら溢れる軍歌は当時の音楽トレンドや現場の息吹が感じられ、かつ大手に伍する勢いの意気込みに圧倒されることでしょう。

東西を往来する若き楠木繁夫(黒田進)や近江俊郎(大久良俊)などの吹き込みも収録。

流行歌の若き胎動を探る資料としても貴重!


ライナー・曲目解説は「世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」(社会評論社)の著者で軍歌研究者の辻田真佐憲氏、そして「ぐらもくらぶ」ではお馴染みの音楽ライターである毛利眞人氏。

企画:保利透



1. 十三対一(名誉の孤立) / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

2. 便衣隊討伐の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

3. 凱旋行進曲 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

4. 満蒙新国家建設の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

5. 満蒙行進曲 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

6. (北満守備の歌 / 江頭林二郎 伴奏: アサヒオーケストラ

7. 戦線を憶ふ妻の唄 / 永井智子 伴奏: アサヒオーケストラ

8. 独立守備隊の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

9. 肉弾三勇士の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

10. 日米若し戦はゞ - 太平洋航進曲 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

11. 日米若し戦はゞ - 守れ太平洋 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

12. リットン節(認識不足も程がある) / 黒田進 伴奏: 管弦楽

13. あらまあ認識不足よ(リットン程ではないけれど) / 谷田信子 伴奏: 管弦楽

14. 乗切れ乗切れ非常時 / 黒田進

15. 日本ファッショの歌 / 黒田進

16. 五・一五事件 昭和維新行進曲(海軍の歌) / 黒田進 伴奏:アサヒオーケストラ

17. 五・一五事件 昭和維新行進曲(陸軍の歌) / 黒田進 伴奏:アサヒオーケストラ

18. 北支の夢 / 市三 伴奏: アサヒ管弦楽団

19. 上海陥落祝勝歌 / 名響合唱隊 伴奏: アサヒオーケストラ

20. 愛国行進曲 / 名響合唱団 伴奏: 名響管弦楽団

21. 噫南郷少佐 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

22. 奪つたぞ!漢口 / 大久良俊 伴奏: アサヒ管弦楽団

23. 軍艦旗の歌 / 名響合唱団 伴奏: アサヒ管弦楽団

24. 愛馬進軍歌 / 名響合唱団 伴奏: アサヒ管弦楽団






※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 戦前ジャズ・コレクション テイチクインスト篇 1934?1944 [G-10003-4] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


いま甦る!戦前ジャズの真髄。テイチク・ジャズオーケストラ、タイゾウ・スヰング・オーケストラ、ジェリー・ウッドとアンバサダース、バッキー白片のアロハ・ハワイアンズ・・・・昭和10年代、「ジャズ王国」と謳われたテイチクが旺盛にレコーディングしたインストはまさに戦前ジャズの眠れる宝庫であった。いま満を持して、テイチクエンターテインメントの全面協力のもと録音*発売データも完備してお送りする。

ニッポンスウィングタイムを体現する怒濤のサウンドを刮目して聴け!


企画・制作 : 保利透

監修・ライナー : 瀬川昌久・毛利眞人・柳樂光隆




※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 大名古屋ジャズ [G-10002] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます



~ 復活!まぼろしの戦前・名古屋のジャズシーン ~

戦前の名古屋に燦然と輝くインディーズレーベル、ツル/アサヒレコード

かつて東京へ上方へと忙しく飛び交い、芸どころ名古屋に集う芸能人たちはラジオに出演したあと、必ずといってよいほどアサヒ蓄音機商会の本社スタジオを訪れました。 これほど地域と一体となったレコード会社はなかったでしょう。ツル/アサヒ=芸術家のオアシスであり大名古屋時代の文化遺産なのです!

このCDはツルレコードのジャズ・舶来ポップスにスポットを当ててみました。

類まれな美声とセンスで下積み時代を送っていた楠木繁夫、通好みのジャズシンガーミッキー松山、そして今回新たに発掘された「第一次あきれたぼういず」の幻の録音など、フレキシブルな企画力と芸どころ名古屋ならではのたくましさがここに炸裂しています。昭和のジャズ・演芸のミッシングリンクを埋める1枚をお聴きください!

企画・制作 : 保利透

監修・ライナー : 毛利眞人






※発売はメタカンパニーからになります。

二村定一 街のSOS! [G-10001] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます

二村定一 ~街のSOS!~

二村定一 ~街のSOS!~


~80年の時を経て日本初のジャズシンガー二村定一が蘇る!~

昭和初期に一世を風靡した日本で最初のジャズシンガーである二村定一。その魅力はジャズソングだけではなく、時代の寵児としてエロ・グロ・ナンセンスをテーマとしたモダンソングだ!

本CDは二村定一ビクターコロムビアなど、大手レーベルで吹き込んだジャズソングや流行歌とは全く趣の違う異色作を中心に収録。

日本におけるジャズと洋楽、そして流行歌の胎動と黎明期の熱意がこのCDを聴けば全てわかる。

収録曲は戦前マイナーレーベルを中心に、「浅草行進曲」などの都市文化を象徴したものや、「禿オンパレード」のようなコミックソング、そして「キッスOK」「女・女・女」のような時代を髣髴させるエロ・グロ・ナンセンスの傑作を収録。

監修・ライナーは、講談社刊「沙漠に日は落ちて 二村定一伝」の著者・毛利眞人。

この本と先行発売のビクターCD「私の青空 二村定一ジャズソングス」、そして本CD「二村定一 街のSOS!」を聴けば二村定一の全てが判る!


私の好きな歌(コロムビア篇)

私の好きな歌(コロムビア篇)

越路吹雪 EMI イヤーズ

越路吹雪 EMI イヤーズ

コロムビア イヤーズ

コロムビア イヤーズ

ROMANCE

ROMANCE

ラ・メール

ラ・メール

LE GONDOLIER

LE GONDOLIER

私の好きな歌 EMI篇

私の好きな歌 EMI篇

FROU FROU

FROU FROU

NON,JE NE REGRETTE RIEN

NON,JE NE REGRETTE RIEN

ベル・エポック~日本のシャンソン黄金時代

ベル・エポック~日本のシャンソン黄金時代

沙漠に日が落ちて─二村定一伝

沙漠に日が落ちて─二村定一伝

私の青空~二村定一ジャズ・ソングス

私の青空~二村定一ジャズ・ソングス

ニッポン・モダンタイムス「La Tanguista」

ニッポン・モダンタイムス「La Tanguista」

ニッポン・スウィングタイム

ニッポン・スウィングタイム

asin:B004OGYKGQ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/polyfar/20160303

2015-06-26

polyfar2015-06-26

[] ぐらもくらぶの終戦70周年記念企画


どうも皆さん、いつも後手後手のぐらもくらぶの中の人です。


今年は振り返ってみると「ぐらもくらぶ」が発足して5年も経つんですね。いわば5周年のアニバーサリーというわけ。

想い起せば5年前、或るレーベルの盛り上げ役としてイベントを立ち上げたのが「ぐらもくらぶ」の発端です。懐かしいですねー。

僕なんかまだまだのヒヨッコで(今も全然だが)、フライヤーを撒きに行った先のジャズ喫茶で客の若造にフライヤーを投げ返されたり(エノケンは蕎麦が嫌いで、それを知らずに持ってきた弟子の頭からぶっかけて怒鳴ったそうだが、その逆バージョンか)、イベントに来たお客さんに「戦前日本のジャズ」と銘打っているのに「酷かった。全部歌謡曲だった」とブログに書かれてしまったり、何とも非力だなと落胆したものですが、毛利眞人さんの「ニッポンスウィングタイム」(講談社)の完成や、それに続く「ニッポンモダンタイムス」と、戦前ジャズをメインテーマとして「ぐらもくらぶ」は成長を続けてきました。


この間、独り善がりのコレクターと言う視点を捨て、資料を世間に広めようと言うスタンスも固まりました。そしてレーベルとしての「ぐらもくらぶ」へ。

短いようで長いこの5年間があるのは皆様のお陰ですし、今後いのちの続く限り活動してまいりますので、ご声援をお願い申し上げます!



と言うわけで、ぐらもくらぶ5周年と言うわけではありませんが、今年は終戦70年と言う事で、戦時中を振り返る企画として昨年から幾つかお送りしてまいりました。

ビクターの「日本の軍歌アーカイブス」はその最高潮ではありますが、アウトテイク的位置づけとして「戦時プロパガンダシリーズ」をぐらもくらぶから発売しました。


そして、この度新たに2種の「戦時プロパガンダシリーズ」を送り出しました。終戦70年記念とするものはこれでラストです。(戦時関連のCDはまだまだ出しますが)

「ラストです!」と言い切るだけに、それだけこのCDには期待と力を入れているわけであります。


戦時中の日本人は音楽とどう向き合って来たか。音楽と言う「娯楽」をどう捉えて来たか、どう消化したのか、押し付け音楽としてではなく自発的ではなかったのか、と様々な思いや考察が交錯する事と思いますが、ともかく「実際に存在したレコード」から復刻したわけですから、紛う事なき事実として歴史資料を提示したに過ぎません。

是非、これを聴いていただきいろいろ考えていただき、また楽しんでいただければと思っております。


是非よろしくお願いいたします!!!






世界を廻るジャズ!遂に軍歌までジャズる!

軍国迎合のスヰングは果たして高度動員音楽か?軍歌まで貪欲に取り込むジャズならではのグルーヴか?

戦時体制へのレジスタンスとも、行け行けドンドンの悪ノリとも解釈できる、軍歌とジャズが仲よく同居していた戦前戦中をリアルに体感しよう!


<終戦70周年記念企画>

進駐軍によって持ち込まれたとされたジャズは戦前から存在し軍国ジャズ化していた!

ジャズ音楽が如何に日本の音楽シーンに溶け込んでいたかを踏まえ、これは戦争とジャズのかかわりを逐次的にまとめ、軍国主義下にジャズと軍歌の融合を表した、ぐらもくらぶアンソロジーである。

軍歌とジャズの出会いから、スイングする軍歌が爆誕するまでの道のりを、 ?軍縮時代のジャズ軍歌 ?舶来ジャズソングも軍国仕様に ?銃後はジャズる ?スウィングする軍歌 ?軍国ビッグバンド というグループ分けで解剖する。

二村定一ポリドール・リズム・ボーイズ、コロムビア・リズム・シスターズ、服部富子、市丸、シキ皓一、塩まさる、徳山蓀、日本ビクター・サロン・オーケストラ、宝塚少女歌劇や少女タップ歌手・リラ・ハマダetc.というバラエティ豊かな顔ぶれで楽しく聴きながら辿る、軍国時代のジャズだ。

■収録曲:

1. 満州前衛の唄 / 二村定一

2. 朗らかな水兵さん / 二村定一

3. 軍事探偵の唄 / 藤井龍雄 (藤山一郎

4. 戦勝萬々歳 / テレフンケン・リズムボーイズ

5. 支那の兵隊 "When Yuba Plays The Rhumba On The Tuba" / 木下伊佐男 村田清 二輪東六 橋本武夫

6. 俺は軍人 "Hinky Dinky Parlay Voo" / 櫻井健二 ポリドール・リズム・ボーイズ

7. いとしの黒馬よ "Empty Saddles" / 灰田勝彦

8. 僕等ノ兵隊サン "I Love a Military Man"(1936) / リラ・ハマダ

9. 春来矣 "Heigh-Ho"(1937) / 松島喜美子 草路潤子 花村由利子 南朝緒 宝塚少女歌劇團雪組生徒

10. エノケンの兵隊じゃんけんぽん "Red Wing"(1907) / 榎本健一

11. 東京の夢 / 服部富子

12. 興亜ざくら / 市丸

13. トクさんの号外屋 / 徳山蓀

14. お洒落禁物 / 三根耕一

15. 輝く皇軍 / シキ皓一

16. 進軍スヰング / 岸井明

17. 日の丸数へ歌 / コロムビア・リズム・シスター

18. 一億の合唱 / 日本ビクター・サロン・オーケストラ

19. 海の勇者 / 日本ビクター・サロン・オーケストラ

20. 戦線人気男 / 塩まさる

21. 荒鷲さんだよ / コロムビア・リズム・ボーイズ

22. 進め大東亜 (敵は幾万〜太平洋行進曲〜国民進軍歌) / 日本ビクター交響吹奏楽団








『不平不満はお国を潰す!みんないくさに勝つためだ!』

国民を体感で動員する音楽、同調圧力を醸成する音楽、それが「音頭・盆踊り」だ!農村社会・職場や学校などにおいて体に叩き込まれるリズムと歌詞。戦前におけるプロパガンダと動員音楽の神髄が日本独自のダンスミュージックこと『音頭』である!



<終戦70周年記念企画>

音楽と社会との繋がりを検証する、ぐらもくらぶの「戦時プロパガンダシリーズ」!

戦前に吹込まれた『音頭』の中から軍事やプロパガンダに関連する音源を集めた、「ぐらもくらぶ」ならではの前衛的なコンピレーションアルバム

音頭が時代やメディアと如何に寄り添っていたか、音頭アレンジの変遷と確立、同調圧力と動員の歴史、音頭から見る昭和戦前史を垣間見る歴史資料。

小唄勝太郎や市丸、喜代三など「うぐいす芸者」の吹込みだけでなく、東海林太郎・上原敏・藤山一郎・伊藤久男など昭和を代表する流行歌歌手総出演!ジャパニーズ・ダンス・ミュージックの原点がここにある!

解説・監修は『日本の軍歌』(幻冬舎新書)、『愛国とレコード』(えにし書房)、『日本の軍歌アーカイブス』(ビクターエンタテインメント)などで軍歌研究の第一人者辻田真佐憲

復刻:保利透

ライナージャケットイラスト:矢野利裕



収録曲:

1. 満洲音頭/新橋喜代三・東海林太郎

2. 戦勝音頭/東海林太郎・喜代三・日本ポリドール混声合唱

3. 倅でかした/上原敏・浅草染千代

4. 戦勝ざくら/桜井健二・服部富子

5. 戦線はやり唄/鈴木正夫(合唱付)

6. 戦場盆踊り/上原敏・青葉笙子(男女合唱付)

7. 軍国盆踊り/〆香・染千代(合唱付)

8. 舞鶴音頭/小唄勝太郎・鈴木正夫(合唱付)

9. 建国音頭/小唄勝太郎・市丸・楠木繁夫・日本ビクター合唱団

10. 三国音頭/市丸・一色皓一郎

11. 防諜音頭/小唄勝太郎(合唱附)

12. 吼えろ黒潮/内田栄一

13. 銃後めをと囃子/上原敏・染千代

14. みんな輪になれ/上原敏・近江志郎・奥村和子

15. どんと一発/藤山一郎・菊池章子・コロムビア合唱団

16. 村は土から/藤山一郎・松原操・佐々木章・コロムビア合唱団

17. 八の字音頭/伊藤久男・菊池章子・コロムビア合唱団

18. 桃太郎音頭/小唄勝太郎・小畑実(合唱付)

19. 増産音頭/波岡惣一郎・鈴木正夫・小唄勝太郎・市丸・山本麗子・日本ビクター合唱団

20. 決戦盆踊り/三丁目文夫・染千代・東声会

21. 常会をどり/東海林太郎・小笠原美都子・菅原都々子

22. 炭鉱音頭/波平暁男・菊池章子・近江俊郎・日蓄合唱団






それから僕が企画しました『日本の軍歌アーカイブスシリーズ5作がビクターエンタテインメントより発売されました!評判も上々でありがたいです!


ぐらもくらぶCDも絶賛発売中です!

メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 酔へば大将 ?酒とエッセイ? 戦前篇 [G10019] : メタ カンパニー




酔えば大将よう大将!酒場に宴会にそしてご家庭に!

愉快なお酒ソングと共に綴られる「ぐらもくらぶ」を支える酔人5人のエッセイ

どうせこの世はままならぬ、飲んでこの世の憂さを忘れようぢゃないか!

戦前における愉快な「酒ソング」コンピレーション

二村定一バートン・クレーン、楠木繁夫、藤山一郎東海林太郎古川ロッパなど、戦前を代表する歌手による豪華盤。世界大戦前夜に生まれたジャパニーズ・ポピュラーミュージックを全編オリジナルSP音源でまとめ、ホロ苦い歌からコミックソングノベルティソングまでをライトエッセイとともに楽しめるアルバム

エッセイ大谷能生・毛利眞人・長谷川健太郎・岡田則夫・西森路代

■解説:毛利眞人・保利透

■制作・復刻:保利透

■収録曲:

1. スタインソング / 二村定一

2. 酒だ酒酒 / 南五郎

3. 君と乾杯 / 久野和夫(日置静)

4. 酒は涙よ溜息よ / 黒田進(楠木繁夫)

5. オー・チェリオ / 花房俊夫(藤山一郎

6. 酒に忘れて(君徳の唄) / 富橋文雄(東海林太郎

7. 夢ではないか? / 小林千代子・鉄仮面

8. 酒場天国 / 新城一郎(一色皓一郎)

9. サラリー・マンよ / 徳山蓀

10. 酒宴の唄/ 伊藤敦子・奥田良三・日本ポリドール合唱団

11. 呑んで愉快に / 松平操(楠木繁夫)

12. 船長さん / 徳山蓀・日本ビクターシスター

13. 酒の唄 / 松山芳野里

14. ビールで乾杯 / 結城浩・タイヘイ少女合唱団

15. 注いだ酒なら / 東海林太郎

16. ころがせころがせビール樽 / 徳山蓀・オリオンコール

17. 酒がのみたい  / バートン・クレーン

18. バッカスの唄 / 二村定一

19. 酒呑みの唄 / ポリドール・ラッキー・ボーイズ

20. 酔へば大将 / 古川緑波

21. 酒くめど / 松平晃

22. ビア樽ポルカ / 藤山一郎






霽月小曲集

霽月小曲集



引き続き評判のエノケンCDはこちら!!!


メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 芸能宝船・歌は戦線へ ?戦争と喜劇人? [G10017・18] : メタ カンパニー




"ぐらもくらぶ"最新作は戦争と喜劇人、そしてエノケンをテーマにした豪華二枚組!

エノケン・ロッパ・金語楼! ! ! 戦時下における喜劇人のパフォーマンスが今よみがえる!

国家と戦争に翻弄され歴史に埋もれた喜劇人たちの貴重な音源が、21世紀にもたらすものとは?

■終戦70周年記念企画

<第一部・戦争と喜劇人>

二村定一から古川緑波まで、戦前における喜劇人たちの戦争をテーマに綴ったバラエティ

<第二部・もうひとつのエノケン全集>

エノケンの発掘された音源を中心に、時局に協力せざるをなかった喜劇人の歴史をたどる

監修・解説:佐藤利明(オトナの歌謡曲)

企画・復刻:保利透

■収録曲:

DISC1 <第一部・戦争と喜劇人>

1. 護れよ祖国 (二村定一)

2. 君は兵隊?(上)(下) (横山エンタツ花菱アチャコ)

3. 金語楼の水兵 (柳家金語楼)

4. 可愛い水兵 (古川緑波日本ビクター女声合唱団)

5. 江戸ッ子部隊 (古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

6. 兵隊床屋 (徳山蓀・古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

7. 鬚に未練はないけれど (徳山蓀・古川緑波日本ビクター男声合唱団)

8. わらわし隊 ~中支皇軍慰問記念~(上)(下) (ミス・ワカナ 玉松一郎)

9. 代用品時代 (岸井明)

10. 僕の武勇伝 (杉狂児)

11. 全く満洲はいゝですネ (杉狂児)

12. オッサンの挨拶(上)(下) (高勢実乗)

13. あのネ軍使 (美ち奴)

14. 夢と兵隊 (杉狂児)

15. みなさん、みなさん (石田一松)

16. 勝利への近道 (徳川夢声)

17. 前線便り (古川ロッパ)

18. 海底物語(上)(下) (あきれたぼういず改め・新興快速舞隊)

19. 前線へ送る夕 (司会と唄の尻とり ロッパ)

20. 前線へ送る夕 (漫芸 声帯模写 ロッパ)


DISC 2<第二部・もうひとつのエノケン全集>

1. 支那のルムバ (榎本健一・宏川光子)

2. 支那の兵隊さん (榎本健一)

3. エノケンの南京ぶし (榎本健一)

4 もしも忍術使へたら(完全版) (榎本健一)

5. 流行歌数へ唄(市販テイク) (榎本健一・武智豊子)

6. エノケンの鴛鴦道中 (榎本健一・若原春江)

7. エノケンの兵隊じゃんけんぽん (榎本健一)

8. 歌は戦線へ (榎本健一・小林千代子・波平惠弘・奥田良三・高杉妙子・高田浩吉・〆香・三丁目文夫・矢島英子・矢田稔・青葉笙子・田端義夫・関種子・上原敏・高山美枝子・近江志郎・きみ栄)

9. エノケンの上海の街角(リマスター) (榎本健一)

10. エノケンの組長さん (榎本健一・矢島英子)

ボーナストラック

11. ちゃっきり金太の唄 (榎本健一)

12. のんき旅 (榎本健一)

13. 結婚はしたけれど (榎本健一)

14. 僕の恋愛設計図 (榎本健一)

15. メイコちゃんと・?坊の閻魔大王訪問記 (中村メイコ・榎本?一・榎本健一)

16. 彌次喜多ブギ (榎本健一古川緑波)




ぐらもくらぶ』本がいよいよ発売になります!!!

もちろんメタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

辻田真佐憲 愛国とレコード [978-4-908073-05-2 C0036] : メタ カンパニー




軍歌こそ“愛国ビジネス”の原型である!

アサヒ蓄音機商会を中心とした、

戦前軍歌のレーベル写真と詳細な解説。

辻田真佐憲最新刊、異色の軍歌・レコード研究本!


「戦争は商機だ、ドンドン軍歌を売りだせ!」。アサヒ蓄音器商会は、大正時代から昭 和戦前期にかけて名古屋に存在したローカルレコード会社である。代表的なレーベ ルとして「ツルレコード」と「アサヒレコード」を擁し、首都圏・関西圏の大手企業 に伍さんとして、次々に尖鋭的な企画を打ち出していったことで知られる。……  ツル・アサヒの軍歌は、ローカルでありながら、実はユニバーサルでもある……例 えば、我々の身近に低劣な「愛国コンテンツ」が存在しないだろうか。低劣とバカに するのは結構。だが、その実力は決して無視できない。大名古屋の軍歌はまさにその 論拠となるのではないだろうか。(本書より)


★この本は戦時プロパガンダ研究の第一級資料であるとともに、本文に触れている楽曲のレーベルや月報などの画像をすべて掲載しており、レコード&歌謡史研究、そしてコレクターズアイテムとしても要注意な1冊に仕上がっています!


辻田 真佐憲(つじた まさのり)

1984 年、大阪府生まれ。文筆家・プロパガンダ研究者。慶應義塾大学文学部卒業。著書に『世 界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代』(社会評論社)、『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』(幻冬舎新書)。監修に『大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)、『日本の軍歌』(晋 遊舎ムック)などがある。軍歌の復刻にも取り組み、『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)の監修もつとめる。


※ 書籍:ぐらもくらぶシリーズは、ぐらもくらぶと提携、レーベルが発売するCDなど音源の内容に 即して企画・製作する書籍です。



V.A. あなたは狙われている ~防諜とは~ スパイ歌謡全集 1931-1943 [G10015] : メタ カンパニー


『スパイ歌謡は軍国主義の生々しい叫びである 辻田真佐憲

f:id:polyfar:20141006154706j:image

クリックすると別ウインドウが開くので拡大できます)




アマゾンからもお求めいただけます




特定秘密保護法案施行さる!戦前の軍機保護法改正における防諜ソングはエンタメか?

はたまたレジスタンスなのか?その謎に迫る!

終戦70周年記念企画第一弾!

好評発売中の『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』に続く待望の「戦時プロパガンダシリーズ」!

いよいよ施行される特定秘密保護法を前に、戦前における秘密保持、いわゆる「防諜」をメインテーマに据え当時の国民や社会レベルでの意識を検証し、プロパガンダ研究の一環として歴史的資料を提示するアルバム

加えて、満州事変前後に「スター扱いされたスパイ」についても着目、また戦前歌謡史としても貴重な資料である。

監修は幻冬舎新書日本の軍歌 国民的音楽の歴史」、晋遊舎ムック日本の軍歌」、社会評論社「世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」他で軍歌&プロパガンダ研究家として著名である文筆家・辻田真佐憲氏。

はたして防諜ソングとはいかなるものか?

物々しいタイトルの羅列とは裏腹に、聞いてビックリの『脱力感』や『コミカルさ』と、高いエンタメ性の毒に目からウロコが落ちること間違いなし!

企画・復刻:保利透

監修・解説:辻田真佐憲

イラスト:山田参助



1. さうだその意気(霧島 昇・松原 操・李 香蘭)

2. 噫中村大尉(藤波笑声)

3. 十五夜の娘(川島芳子)

4. 「X(エックス)」二十七号(結城道子)

5. 防諜の歌(東海林太郎)

6. 防諜音頭(〆香・染千代)

7. ドンドン節(大日本国防婦人会名妓分会)

8. サノサ節(大日本国防婦人会名妓分会)

9. 仮面を剥げば(東海林太郎)

10. 間諜ハリハリ<上・下>(ミスターポリドール)

11. 第五部隊(井田照夫・山中みゆき)

12. 御用心数へ唄(服部富子・鬼 俊英・杉 狂児・コーラス)

13. 用心づくし(徳山・日本ビクター合唱団)

14. スパイの眼(華澤栄子・花村由利子・合唱:宝塚少女歌劇団雪組生徒)

15. スパイ御用だ(あきれたぼういず)

16. スパイは躍る(コロムビア・リズム・シスターズ)

17. スパイ戦線(日活スター杉 狂児・服部富子)

18. スパイを防げ(東京市情報課)

19. 防諜とは(防諜協会主事・三谷節次)

20. スパイさあ来い(林 伊佐緒・横山郁子)

21. スパイヨウジン(竹内郁子・日蓄児童合唱団)

22. マライの虎<ハリマオ> (東海林太郎・日本合唱団)

23. 隣組(徳山・日本ビクター合唱団・日本ビクター児童合唱団)




V.A. 續・大名古屋軍歌 [G10014] : メタ カンパニー


『時局便乗・粗製乱造こそ軍歌の本質である 辻田真佐憲

f:id:polyfar:20141006160351j:image

クリックすると別ウインドウが開くので拡大できます)



アマゾンからもお求めいただけます

續・大名古屋軍歌

續・大名古屋軍歌

幻の大名古屋軍歌CDセット

幻の大名古屋軍歌CDセット




まだまだ埋もれていた軍歌音源は存在していた!『幻の大名古屋軍歌』秘蔵音源!

初のタイアップ書籍となる<ぐらもくらぶシリーズ>『幻の大名古屋軍歌』辻田真佐憲著 (えにし書房)の発売に先駆け「大名古屋軍歌」に収録がかなわなかった幻の軍歌・戦 時歌謡音源をまとめた拾遺集として帰ってきた!

戦前において東京・大阪の中間地点の名古屋で奮闘したツル・アサヒレコードは、 東西の大手レーベルに伍して国威発揚の情報発信をしており、その意気込みを今 再発見する。

「大名古屋軍歌」発売から2年、愛国ビジネスの勃興が世を賑わせているがその原 点がここにある!レコード会社の逞しくもワルノリは歴史的資料としても微笑ましい 面もあるが、人間の行う営みが時空を超えても変わらないという現実も、本とC D2枚を併せて触れてみることによりリアリティを持って感じることができるであろ う。

監修は幻冬舎新書日本の軍歌 国民的音楽の歴史」、晋遊舎ムック日本の軍歌」、社 会評論社「世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」他で軍歌& プロパガンダ研究家として著名である文筆家・辻田真佐憲

企画・復刻:保利透

監修・解説:辻田真佐憲

寄稿:毛利眞人

※お得な2枚組セット販売の「幻の大名古屋軍歌CDセット(「大名古屋軍歌」&「續 ・大名古屋軍歌」)」もございます。「大名古屋軍歌」をまだお求めで無い方はそちらの 方がお買い得です。


1. 噫従軍記者の歌・血染の鉄筆(黒田進)

2. 航空大行進曲(黒田進)

3. 雪の戦線(江頭林二郎)

4. 陸戦隊行進曲(黒田進)

5. 防空の歌(黒田進・毛利幸尚)

6. 昭和青年の歌(岡本喜美子・黒田高守・三島康子・津笠茂子・水沢周国・松浦祥明)

7. 昭和青年愛国歌(昭和青年会合唱団)

8. 昭和青年神軍歌(昭和青年会合唱団)

9. 躍進節(東京幾松/黒田進)

10. 日満おどり(東京幾松)

11. 輝く大満洲(黒田進)

12. 祖国の前衛(高沢清)

13. 若しも召集令が下ったら(母里欽也)

14. 上海陸戦隊の歌(名響合唱団)

15. 南京陥落祝勝歌(アサヒ男声合唱団)

16. 凱旋・あな嬉し喜ばし(アサヒ男声合唱団)

17. 漢口陥落だより(大久良俊<近江俊郎>)

18. 軍艦行進曲(名響合唱団)

19. 爆撃千里(大久良俊<近江俊郎>)

20. 五・一五事件 血涙の法廷・海軍公判(栗島狭衣・其の一党)




『霽月小曲集・泊』はぐらもくらぶ初の新録新譜になります!

これは改めて記事として更新します!

泊 霽月小曲集 [G20001] : メタ カンパニー

霽月小曲集

霽月小曲集




大東京モダンミュージック遊覧にはこのCDを抜きには語れません!!!




アマゾンからもお求めいただけます


「大名古屋ジャズ」「大大阪ジャズ」のぐらもくらぶが贈る戦前日本の都市ジャズ・シリーズ第三弾。

サテどんじりに控えしは帝都『大東京』の文化と喧騒をそのままに溝に刻んだジャズ尽しだ。東京市下に跋扈する人気ジャズバンド、めくるめくシティーソング、ジャズオペラ。銀座裏のバーのマダムが語る男の味と、カフェー女給のうら寂しい斉唱サービス

人気ダンス教師はブルースをBGMにステップを教え、「フロリダダンスホール」に集ったバンドと名物歌手がスウィングと文化の粋を踊る。事変をよそにグランドショウで踏まれたタップや「セントルイス・ブルーズ」は戦前のステージパノラマだ。

ミッヂ・ウィリアムスの日本録音や、藤田嗣治夫人マデレイヌ藤田の唄う和製シャンソン丹下キヨ子デビュー録音、戦後ハワイアンの寵児となったバッキー白片の初期録音……とレア音源満載。リアルを追求した大東京案内で、さあ戦前においでませ。

企画・制作:保利透

監修・解説:毛利眞人


●DISC-1

1 丸の内メロディー 鈴野雪夫

2 Hong Kong Dream Girl (1925) 天勝一座 Carlos C. Shaw and his Orchestra

3 ティティナ "Titina"(1925) 少女合唱 三輪慎一

4 蒲田行進曲 "Song of the Vagabonds"(1925) 川崎豊 曽我直子

5 木曽節 二村定一

6 愛の調 "Where Is the Song of Songs for Me?"(1928) 佐藤千夜子

7 行進曲紐育 "I'm gonna bring a watermelon to my girl tonight"(1924) 内海一郎

8 夢の人魚 "A Siren Dream"(1927) 佐久間毅

9 大学生活 "Collegiate"(1925) 作間毅

10 リオリータ "Rio Rita"(1926) 二村定一 天野喜久代

11 マイヱンゼル "Angela mia"(1928) 天野喜久代

12 赤い唇 "Red Lips Kiss my Blue Aways"(1927) 天野喜久代 柳田貞一

13 東京夜曲 内海一郎

14 夜の東京 淡谷のり子

15 踊る東京 佐藤直子

16 新銀座行進曲 天野喜久代

17 銀座行進曲 内海一郎

18 渋谷行進曲 二村定一

19 新宿小夜曲 青木晴子

20 ほっときなさい(いゝじゃありませんか) (新宿) 藤村梧朗・丸山夢路

21 三文オペラ音楽 (序曲、第七:終曲、第三:代わりにの歌、第五:ポリーの歌) 近衛秀麿(指揮) 新交響楽団

22 「三文オペラ」の中 これが人生の唄 内田栄一



●DISC-2

1 村のしやれ男 "A Gay Caballero"(1928) 坂井透

2 カフェーから見た男の味 丹いね子 渡瀬淳子 門脇陽一郎 八重ちゃん

3 君恋し カフェータイガー・よう子 すみ子 

4 ブルースの踊り方(St.Louis Blues) 玉置眞吉(指導)

5 あの子  "Sweet Jennie Lee"(1930) 徳山蓀

6 二千万の恋人 "Twenty Million Sweethearts"(1934) ヘレン隅田

7 恋と虹 ヘレン隅田

8 夢うつゝ "Drifting and Dreaming"(1925) 山田道夫

9 左様なら! "Se va la vida" パクナデル(唄) 

10 パラダイス "Paradise"(1931) ミッヂ・ウィリアムス

11 みんなあなたに マデレイヌ藤田

12 手拍子そろへて "I'm Gonna Clap My Hands"(1936) テイチク・ジャズ・オーケストラ

13 ジプシーの喫茶店 "In a Gypsy Tea Room"(1935) ジルベスター牧

14 月光値千金 "Get out and get under the moon"(1927) ケイ・トヨダ

15 ラ・クカラチャ  "La Cucaracha" ケイ・トヨダ

16 ダイナ "Dinah"(1925) ジョー奥村  

17 Without a Word of Warning(1935) バッキー白片・アンド・ヒズ・アロハ・ハワイアンズ

18 サンフランシスコ "San Francisco"(1936) 能勢妙子 荻野久幸(タップ)

19 虹の唄 "Rainbow on the river"(1936) 小山きよ子(丹下キヨ子

20 国境の南 "South of the Border"(1939) 斎田愛子

21 セントルイスブルーズ "St.Louis Blues"(1914) 笠置シズ子

22 東京ブルース ディック・ミネ 







アマゾンからもお求めいただけます



明治・大正・昭和と東京の、いや日本の大衆芸能の発信基地であった「浅草六区」が、当時の音源を基に平成の世に甦る!

このCDは浅草で残されたの生の音と空気を缶詰にしたものであり、当時の風景を垣間見るだけでなく、浅草を知る上で必要な歴史的音源を収録。特に幻とされた浅草オペラの音源を多数復刻。

大歓楽街浅草を浅草オペラが歌う!活弁が吼える!エノケン・ロッパが走る!オモチャ箱のように詰め込まれた諸芸がカフェーの色香や尖端のモダン文化に彩られながら、取捨選択・壊しては作り変えられる浅草芸能主義のダイナミズムを是非とも触れてみるべし!

企画・制作:保利透

監修・解説:岡田則夫・小針侑起


●DISC-1

1 ジンタ 洋楽天然の美 帝国音楽団

2 スケッチ 浅草奥山見物 豊年斎梅坊主

3 スケッチ 昔の浅草奥山御馴み玉乗り一座 口上・橘家万笑

4 書生節 東京節 後藤紫雲

5 はやりうた 洋行帰り(越後獅子替歌) 松旭斎天華

6 浅草オペラ フラ・ディアボロ 大津賀八郎

7 浅草オペラ ピナフオーア 清水金太郎 清水静子 井上起久子 大谷光一

8 浅草オペラ 古城の鐘 田谷力三

9 浅草オペラ 恋はやさしき野辺の花 新星歌舞劇団・安藤文子 戸山英二郎

10 浅草オペラ コロッケ 日本橋・丸子

11 浅草オペラ 荒城の月 バイオリン・渡邊吉之助 ピアノ・竹内平吉

12 浅草オペラ 黄金の国(一)(二) 柳田貞一 富士野登久子

13 浅草オペラ 銀座雀 明石須磨子

14 浅草オペラ セビラの理髪師 原信子

15 浅草オペラ ブン大将 井上起久子 清水静子 清水金太郎 大谷光一

16 浅草オペラ 女軍出征 東京歌劇座員

17 浅草オペラ カルメン(一)(二)(三)(四) 丸山夢路 藤村梧朗 里見義郎

18 ジャズ漫謡 ほっときなさい(浅草篇) 藤村梧朗 丸山夢路



●DISC-2

1 活動写真 想い出の浅草(雪のアルプスチャップリンの拳闘) 西村小楽天 杉浦一郎

2 活動写真 想い出の浅草(猿飛佐助漫遊記) 中村声波 生駒雷遊 宮川敦臣 森田天倫 鈴木梅龍

3 活動写真 想い出の浅草(名金) 染井三郎 西村楽天

4 活動写真 想い出の浅草(己が罪) 中村声波 石井春波 濱照代 小藤田正一

5 笑いの王国 花嫁学校(上)(下) 中根龍太郎 藤田艶子 中根龍太郎

6 笑いの王国 三人フウさん 古川緑波 天野喜久代

7 カジノ・フォリー 相当なもんだネ 二村定一 榎本健一

8 曾我廼家劇 アメリカは禁酒国(上)(下) 曾我廼家五九郎一座

9 松竹少女歌劇 カマラードの唄(友達はよいもの) 水の江瀧子

10 ぼういず漫談 地球の上に朝が来る 川田義夫とミルクブラザース

11 漫談 新婚箱根の気分(一)(二) 柳家三亀松

12 落語 浅草見物(上)(下) 柳家金語楼

13 軽演劇 歌う二等兵 伴淳三郎

14 軽演劇 三等亭主 堺駿二

15 スケッチ 夜の吉原・新内辻流し 吉原芸妓連中

16 浅草のうた 浅草行進曲 二村定一 天野喜久代

17 浅草のうた 浅草の唄 藤山一郎





大好評で巷の話題を席巻中のCDはこちら!!!

※発売はメタカンパニーからになります

V.A. ねえ興奮しちゃいやよ ?昭和エロ歌謡全集? 1928?32 [G-10009] : メタ カンパニー


アマゾンからもお求めいただけます



エロ・グロ・ナンセンスとはなんぞや?その答えがここにある』

エロで生まれてエロ育ち 妾しゃ断然エロ娘

昭和初期は軽佻浮薄なモダン風俗とスピードと物質文明に踊りくるっていた。

現代の桑田佳祐ばりにフェティッシュな言葉の冒険から発禁レコードまで、エロとイットを歌で綴った70分。歌謡史からすっぽり抜け落ちた昭和のワンシーンに、ねぇ興奮しちゃいやよ!


監修・解説:毛利眞人

ライナー:山田参助

企画・制作・音源復刻:保利透


曲目:

1. とこイットだね (イット節)(二村定一)

2. エロ行進曲(淡谷のり子)

3. エロ小唄(黒田進 松山みどり)

4. キッスOK(二村定一 井上起久子)

5. エロ・オン・パレード(山田貞子)

6. ナンセンス小唄(清水静子)

7. スピード時代(伊達里子)

8. 尖端小唄(川田定子)

9. 銀座のバッドガール(金色仮面)

10. アラ!失礼(澤文子)

11. 恋慕夜曲(山田貞子)

12. S.O.S(水町昌子)

13. ねえ興奮しちゃいやよ(青木晴子)

14. あなたのものよ(淡谷のり子)

15. イットだね(黒田進)

16. 悪く思ふなよ(黒田進)

17. 知らぬ顔してにくらしい(浅草 小ゆき)

18. ほんに悩ましエロ模様(二村定一)

19. お江戸浅草(藤田艶子)

20. エロエロ行進曲(藤田艶子)

21. オリエンタルチャーレストン(常盤静子)

22. 浅草エロ小唄(浅草 小ゆき)

23. 娘アラモード(二村定一)






話題の新作CDはこちら!!!

花子からおはなしのおくりもの

花子からおはなしのおくりもの

日本の軍歌 (晋遊舎ムック)

日本の軍歌 (晋遊舎ムック)



大阪地区でジワジワと話題に火が付いてきた寵児たるCDはこちら!

 ※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 大大阪ジャズ [G-10006-7] : メタ カンパニー



アマゾンからもお求めいただけます

大大阪ジャズ

大大阪ジャズ


「大名古屋ジャズ」(ぐらもくらぶ)に続く戦前日本の都市ジャズ•シリーズ第二弾。

満を持した次なるターゲットは昭和初期、帝都東京を抜いて日本一の人口と経済発展を誇った大大阪だ!  

情緒と刹那主義、伝統とモダンがめくるめく水都のBGMはフォックストロットチャールストンブルースにエロ満載のジャズソング。フィリピン・ジャズバンドが、前野港造が、服部良一が、紙恭輔がジャズる大大阪。井上起久子が、黒田進が、松竹少女歌劇のスターたちが歌うグレート•オーサカ。タップの乱舞に沸き立つミナミ。 現存大手レーベルを含むコッカ、ナイガイ、タイヘイ、ニットー、ショーチクなどマイナーレーベルの初復刻多数! 大大阪学の泰斗、橋爪節也氏の踊る巻頭言つきで21世紀の日本に「大大阪ジャズ」がいま甦る!


監修・解説:毛利眞人

序文:橋爪節也

企画・制作・音源復刻:保利透



DISC 1

1 ブロードウェーメロデー "Broadway Melody"(1929) 大木あき子, 中村滋(タップ) 中村滋タップジャズバンド

2 サリタ "Ma Goulou Goulou" 井上起久子 日蓄ジャズバンド

3 思ひ出 "Among My Souvenir"(1927) 井上起久子 プリンシパルジャズバンド

4 断然好きだ "Yes,Sir that's My Baby"(1925) 井上起久子 千賀海寿一 ジャズバンド

5 嘆きの天使 "Falling Love Again"(1930) 井上起久子 アルハ・ベルウィン・ダンスオーケストラ

6 チンチャン "Ching Chong"(1917)   ローヤル・ジャズバンド

7 ゲーヂオフアーモアーアベヌ "Guage of Armour Avenue"(1924)   日東管絃団

8 カラバン "Karavan"(1919)   カールトンジャズバンド

9 バカボンド "Song of the Vagabonds"(1925) ヒリッピン・ジャズバンド

10 ホリウッド "Hollywood"(1922)   前野港造(ts)

11 スエズ "Suez"(1922)   前野港造(ts)

12 "Who"(1925)   ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ

13 カチンカ "Katinka"   ハラダジャズバンド

14 岡の月光 "Get Out and Get Under the Moon"(1928) 山口静子 ジャズバンド

15 巴里の屋根の下"Sous les toits de Paris"(1930) 浜口淳 中村滋(タップ)  タイヘイジャズバンド

16 巴里の屋根の下"C'est pas comme ca"(1930) 井上起久子 中村滋(タップ)  タイヘイジャズバンド

17 カリオカ "Carioca"(1933) ヘレン広瀬 コッカダンスオーケストラ

18 セントルイズブルーズ "St.Louis Blues"(1914) リチャード瀧 コッカダンスオーケストラ

19 ダイナー "Dinah"(1925) リチャード・ユアサ サムカトーミユヂツクボーイ

20 ラクカラチャ  "La Cucaracha" 紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

21 夢に見る君が面影 "All I do is Dream of You"(1934)   紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

22 夜も昼も "Night and Day"(1932)   紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

23 美はしの瞳 "Smiling Irish Eyes"(1929) トミー福井   コッカダンスミュジックアンサンブル

DISC 2

タイトル 歌手 演奏

1 大阪行進曲 植森たかを オーケストラ

2 浪花小唄(道頓堀夜景) 二村定一 日本ビクター・ジャズバンド

3 花街行進曲 - 南地 花園綾子 赤玉ジャズバンド

4 飛田夢想曲 花園綾子  赤玉ジャズバンド

5 大阪セレナーデ 二村定一・天野喜久代 コロムビア オーケストラ

6 大阪夏祭風景(天神祭の唄) 川田定子 ジャズバンド

7 道頓堀おけさ 笹川銀子 日東管弦団

8 串本節   服部良一cond. 国歌ジャズバンド

9 テルミー "Tell Me"(1919)   国歌ジャズバンド

10 木曽節   キングダンスオーケストラバンド

11 カフェーの唄 秋田登 ジャズバンド

12 エロ・オンパレード 黒田進

13 尖端ガール 黒田進 ジャズバンド

14 思ひ直して頂戴な 川田定子 ジャズバンド

15 エロウーピー 二村定一 井上起久子 タイヘイジャズバンド

16 バットガール 二村定一 タイヘイジャズバンド

17 フウ "Who?"(1925)   大阪松竹座管絃団

18 スエズ "Suez"(1922)   松竹座ジャズバンド

19 紐育行進曲 "I'm gonna bring a watermelon to my girl tonight"(1924) 井上起久子 松竹座声楽部生徒 篠原正雄指揮 松竹座オーケストラ

20 天神祭どんどこの唄 田谷力三  松竹楽劇部女生 松竹座管弦楽団

21 恋のステップ 三笠静子 大阪松竹少女歌劇声楽部 大阪松竹管弦楽団

22 第十二回 春のおどり(桜咲く国) 芦原千津子(タップ) 笠原シズ子 月ヶ瀬咲子 松月さえ子 合唱団 松本四良(指揮) 松竹管弦楽団

23 大阪名物年中行事 春のおどり宣伝盤 勝浦千浪(タップ) 京マチ子(台詞) 水上ましろ・草鹿多美子(唄) 松竹爆音部隊





それから6月30日発売の北廉太郎もよろしくです!!!


※発売はメタカンパニーからになります。

北廉太郎 伝説の歌声シリーズ 『ヴォルガ旅愁』 [G-10008] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


ようこそ!ぐらもくらぶCDワールドへ!

レーベルとしてのぐらもくらぶCDがいよいよ誕生しました!

まず、ぐらもくらぶCDとはなんぞや?と言うことですが、これはザックリと言ってしまうとSP盤(蓄音機で聴くレコード)時代をメインに様々な音源を、開放してもよいと言う有志と共に世に送り出そうというものです。

ともあれ、明治・大正・昭和期の音源で、埋もれたものでも選りすぐってみると、現代でも楽しめる、また意義のあるものは沢山あります。

これらを時代の垣根を飛び越えて皆さんで楽しめたらどんなによいだろうか、と言うのがこのCDのコンセプトです。


古今東西の素晴らしき音源を皆様と共有できる、これは制作側にとって一番の喜びです。また、共有した先に見えてくるもの、それは個々にとって様々とは思いますが、きっと何か文化的資料としても役立ってくれる日もあると信じています。


今後も発売されるシリーズに是非ご注目ください!




ぐらもくらぶ』がお送りする「伝説の歌声シリーズ」の第一弾!

戦火と70年の歳月を超え、大戦前夜に21歳で夭折した幻のティーン歌手・北廉太郎がいま甦る!

17歳から21歳までしか歌手活動が出来なかった若きヴォーカリストの歌声は、その最大の

持ち味であるペーソスと共に今でも心に響くものがある。

このCDは戦前における歌謡界の「アイドル像」や「ティーン歌手」たちの存在、時代が求めた

曲のトレンドなどを如実に感じ取ることができる1枚である!


■企画・制作・解説:保利透

ライナー:毛利眞人



1 ピエロ流し    紀多寛

2 恋の海峡    紀多寛

3 伊豆の故郷    北廉太郎

4 旅の子守唄    北廉太郎

5 夢のゆりかご      北廉太郎

6 黒龍千里    北廉太郎

7 追憶の馬車    北廉太郎

8 男の行く道    北廉太郎

9 若き日の歌    北廉太郎

10 心の子守唄    北廉太郎

11 青春の丘    北廉太郎

12 青春のふるさと  北廉太郎

13 夕空ブルース   北廉太郎

14 山の凱歌    北廉太郎

15 白樺月夜    北廉太郎・増田なほみ

16 出船の唄    北廉太郎

17 潮来夜船    北廉太郎

18 希望の星    北廉太郎

19 望郷の唄    北廉太郎

20 ヴォルガ旅愁   北廉太郎

21 支那の町    北廉太郎・青葉笙子

22 天城越ゆれば   北廉太郎

23 赤城恋しや    紀多寛




★ネット上で話題騒然大ヒットの「大名古屋軍歌」!!!!


※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 「大名古屋軍歌」 Militarythm in The Central City [G-10005] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


好評発売中の『大名古屋ジャズ』に続いて待望の「大名古屋シリーズ」第二弾!

戦前における東西大手レコードメーカーの中間地点、名古屋のツル・アサヒレコードにて製作された軍歌・時局歌・戦時歌謡の数々。

それは単に時局迎合・流行便乗主義だけではなく、名古屋独自のテイストにより日本各地へ国威発揚が情報発信されていたのです。

昭和6年に勃発した満州事変以降~アサヒレコードが活動を停止する昭和14年までに制作された、それら溢れる軍歌は当時の音楽トレンドや現場の息吹が感じられ、かつ大手に伍する勢いの意気込みに圧倒されることでしょう。

東西を往来する若き楠木繁夫(黒田進)や近江俊郎(大久良俊)などの吹き込みも収録。

流行歌の若き胎動を探る資料としても貴重!


ライナー・曲目解説は「世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」(社会評論社)の著者で軍歌研究者の辻田真佐憲氏、そして「ぐらもくらぶ」ではお馴染みの音楽ライターである毛利眞人氏。

企画:保利透



1. 十三対一(名誉の孤立) / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

2. 便衣隊討伐の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

3. 凱旋行進曲 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

4. 満蒙新国家建設の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

5. 満蒙行進曲 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

6. (北満守備の歌 / 江頭林二郎 伴奏: アサヒオーケストラ

7. 戦線を憶ふ妻の唄 / 永井智子 伴奏: アサヒオーケストラ

8. 独立守備隊の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

9. 肉弾三勇士の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

10. 日米若し戦はゞ - 太平洋航進曲 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

11. 日米若し戦はゞ - 守れ太平洋 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

12. リットン節(認識不足も程がある) / 黒田進 伴奏: 管弦楽

13. あらまあ認識不足よ(リットン程ではないけれど) / 谷田信子 伴奏: 管弦楽

14. 乗切れ乗切れ非常時 / 黒田進

15. 日本ファッショの歌 / 黒田進

16. 五・一五事件 昭和維新行進曲(海軍の歌) / 黒田進 伴奏:アサヒオーケストラ

17. 五・一五事件 昭和維新行進曲(陸軍の歌) / 黒田進 伴奏:アサヒオーケストラ

18. 北支の夢 / 市三 伴奏: アサヒ管弦楽団

19. 上海陥落祝勝歌 / 名響合唱隊 伴奏: アサヒオーケストラ

20. 愛国行進曲 / 名響合唱団 伴奏: 名響管弦楽団

21. 噫南郷少佐 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

22. 奪つたぞ!漢口 / 大久良俊 伴奏: アサヒ管弦楽団

23. 軍艦旗の歌 / 名響合唱団 伴奏: アサヒ管弦楽団

24. 愛馬進軍歌 / 名響合唱団 伴奏: アサヒ管弦楽団






※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 戦前ジャズ・コレクション テイチクインスト篇 1934?1944 [G-10003-4] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


いま甦る!戦前ジャズの真髄。テイチク・ジャズオーケストラ、タイゾウ・スヰング・オーケストラジェリー・ウッドとアンバサダース、バッキー白片のアロハ・ハワイアンズ・・・・昭和10年代、「ジャズ王国」と謳われたテイチクが旺盛にレコーディングしたインストはまさに戦前ジャズの眠れる宝庫であった。いま満を持して、テイチクエンターテインメントの全面協力のもと録音*発売データも完備してお送りする。

ニッポンスウィングタイムを体現する怒濤のサウンドを刮目して聴け!


企画・制作 : 保利透

監修・ライナー : 瀬川昌久・毛利眞人・柳樂光隆




※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 大名古屋ジャズ [G-10002] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます



~ 復活!まぼろしの戦前・名古屋のジャズシーン ~

戦前の名古屋に燦然と輝くインディーズレーベル、ツル/アサヒレコード

かつて東京へ上方へと忙しく飛び交い、芸どころ名古屋に集う芸能人たちはラジオに出演したあと、必ずといってよいほどアサヒ蓄音機商会の本社スタジオを訪れました。 これほど地域と一体となったレコード会社はなかったでしょう。ツル/アサヒ=芸術家のオアシスであり大名古屋時代の文化遺産なのです!

このCDはツルレコードのジャズ・舶来ポップスにスポットを当ててみました。

類まれな美声とセンスで下積み時代を送っていた楠木繁夫、通好みのジャズシンガーミッキー松山、そして今回新たに発掘された「第一次あきれたぼういず」の幻の録音など、フレキシブルな企画力と芸どころ名古屋ならではのたくましさがここに炸裂しています。昭和のジャズ・演芸のミッシングリンクを埋める1枚をお聴きください!

企画・制作 : 保利透

監修・ライナー : 毛利眞人






※発売はメタカンパニーからになります。

二村定一 街のSOS! [G-10001] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます

二村定一 ~街のSOS!~

二村定一 ~街のSOS!~


~80年の時を経て日本初のジャズシンガー二村定一が蘇る!~

昭和初期に一世を風靡した日本で最初のジャズシンガーである二村定一。その魅力はジャズソングだけではなく、時代の寵児としてエロ・グロ・ナンセンスをテーマとしたモダンソングだ!

本CDは二村定一ビクターコロムビアなど、大手レーベルで吹き込んだジャズソングや流行歌とは全く趣の違う異色作を中心に収録。

日本におけるジャズと洋楽、そして流行歌の胎動と黎明期の熱意がこのCDを聴けば全てわかる。

収録曲は戦前マイナーレーベルを中心に、「浅草行進曲」などの都市文化を象徴したものや、「禿オンパレード」のようなコミックソング、そして「キッスOK」「女・女・女」のような時代を髣髴させるエロ・グロ・ナンセンスの傑作を収録。

監修・ライナーは、講談社刊「沙漠に日は落ちて 二村定一伝」の著者・毛利眞人。

この本と先行発売のビクターCD「私の青空 二村定一ジャズソングス」、そして本CD「二村定一 街のSOS!」を聴けば二村定一の全てが判る!


私の好きな歌(コロムビア篇)

私の好きな歌(コロムビア篇)

越路吹雪 EMI イヤーズ

越路吹雪 EMI イヤーズ

コロムビア イヤーズ

コロムビア イヤーズ

ROMANCE

ROMANCE

ラ・メール

ラ・メール

LE GONDOLIER

LE GONDOLIER

私の好きな歌 EMI篇

私の好きな歌 EMI篇

FROU FROU

FROU FROU

NON,JE NE REGRETTE RIEN

NON,JE NE REGRETTE RIEN

ベル・エポック~日本のシャンソン黄金時代

ベル・エポック~日本のシャンソン黄金時代

沙漠に日が落ちて─二村定一伝

沙漠に日が落ちて─二村定一伝

私の青空~二村定一ジャズ・ソングス

私の青空~二村定一ジャズ・ソングス

ニッポン・モダンタイムス「La Tanguista」

ニッポン・モダンタイムス「La Tanguista」

ニッポン・スウィングタイム

ニッポン・スウィングタイム

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/polyfar/20150626

2015-05-11

[] 戦前の修学旅行日程が過酷すぎる件!


数年前に手に入れたレコードに挟まっていた何の変哲もない紙切れ。

開いてみたら修学旅行の日程表でした。実行された日時が書かれていないけどどうやら戦前の物らしい。

日時が書いていないのになぜ戦前と断定できるのか。それは宿泊場所の一部に「東京市神田区」と言うのがあり、これで昭和18年以前であり、多摩御陵大正天皇墓)を参拝しており、飯田町駅を利用しているので昭和期の昭和8年までの出来事であることがわかる。



で、ざっと目で追ってみるとスケジュールが過酷すぎる!!!!!!!


大分退色してしまった青写真。ここで全て文字起こしをしてみるので皆さんに読んでいただこう。





修学旅行日程



6月1日(土) 08:20  岡崎駅発

       14:54  国府津着

       15:22  国府津発

       15:33  小田原着


※「これより箱根登山電車で宮ノ下までゆき、塔ヶ島「大和屋」ニ泊、翌2日早朝出発、強羅より大涌谷をへて湖尻ニ出て芦ノ湖を渡り元箱根に至で、それより宮ノ下に下り再び電車を利用して小田原に出づる予定」


       16:00  小田原発

       17:05  宮ノ下着



6月2日(日) 06:37  宮ノ下発 

       06:51  強羅着

       13:43  宮ノ下発

       14:48  小田原着

       14:55  小田原発

       15:49  藤沢着


※「ここより江の島行電車にて片瀬に下車、江の島旅館「金亀楼」宿泊、この日中に江の島を見物す

6月3日早朝江の島を発し片瀬を6時30分発の電車で途中長谷に下車、観音様、大仏様に参拝、8時15分頃鎌倉へ着、八幡宮鎌倉宮参拝」


6月3日(月) 10:26  鎌倉発

       10:45  横須賀着


※「横須賀に至り、海軍工廠、軍艦見学」


       14:52  横須賀発

       16:11  品川着


※「品川下車後、泉岳寺参詣」


       17:10頃 品川発

       17:30頃 原宿着


※「明治神宮に参拝、東京市神田区表猿楽町三番地「有終館」に宿泊す」


6月4日(火) 05:30  新宿発

       07:02  浅川着


※「多摩御陵参拝、絵画館拝観、二重橋、帝国議会議事堂、日比谷公園、東京朝日新聞社、三越、上野、浅草参拝或いは見学、神田有終館に一泊」

      

       08:33  浅川発

       10:31  飯田町着    

6月5日(水) 10:30  上野駅発

       14:43  日光着


※「直に電車にて馬返までゆき、中禅寺湖に登る。17時半に日光中宮祠「レーキサイドホテル」に着、附近見学後一泊」


6月6日(木) 13:40  日光発

       15:29  小山着

       16:04  小山発

       18:58  高崎着

       23:48  高崎発

6月7日(金) 04:22  長野着


※「善光寺参拝」


       06:30  長野発

       15:29  名古屋着

       15:36  名古屋発

       16:41  岡崎着  


       


と、いう訳なのだが、要約するとまずこの学校は愛知県の岡崎附近の学校であると言う点に留意されたい。

ルートとしては、岡崎から東海道線を利用して小田原へ、そして横須賀〜都内を経て日光、両毛線経由の高崎から名古屋へ至り岡崎へと言うわけ。


まず、7日間と言う行程が長い!

もちろん、現代では海外での修学旅行ならあり得る日程だが、これ戦前ですからね。新幹線無いわけです。しかも学生の修学旅行ですから1等車とか乗れませんから恐らく堅いクロスシートの椅子で全行程こなすわけです。


まぁ、ちょっと考えを変えてみて、これ青春18きっぷで巡ってみると思えばなんとなくイメージがわくかもしれません。

しかしですね、大学生ぐらいの子たちが「東京〜大阪」を18きっぷで往復旅行によくいきますが、大体半数の子たちが「もう結構」と言う感じの疲れ具合なわけです。

夜は宿泊できるとしても、それが7日も続くのですぞ!


それから、各見学先でのスケジュールがかなりタイトであると言う事。

例えば、6月3日の品川下車の泉岳寺参詣は1時間しか余裕が無い。何人の引率なのか不明ですが、これかなり無茶な気がする。

6月4日も早朝からたたき起こされて高尾まで行き、その後都内に戻って東京見物を一日中やるわけだ。


そして、極めつけは6日から7日にかけては夜行列車の車中泊!

高崎駅での待ち時間と善光寺参詣以外はほぼ2日間列車に乗り詰なわけ。しかも、先ほどふれたように固いクロスシートなわけだ!


と、まあ、北陸新幹線が開業して便利になったりしておりますが、戦前期の旅行は如何に過酷であったかと言う記録であります。。。





f:id:polyfar:20150423212849j:image



春のぐらもくらぶ祭り2015

『音と影』 〜戦前日本における映画と音楽の融合〜


今年もぐらもくらぶ主催のイベントが開催されます!今年のテーマは「音と影」。ピアニスト・作曲家の新垣隆さんらを迎えてお送りします。

第1部は無声映画からトーキーへ過渡期を俯瞰し、戦前における映画と音楽の交錯を資料を基に検証するトークイベント。更に第2部には新垣隆&大谷能生ら現代活躍中のアーティストによる「もしもこうだったら」と言う実験的試みのアトラクションも行います!



プログラム

第一部:14時00分〜

<戦前日本における映画と音楽の融合・サイレントからトーキー、その成熟期>

トーク:大谷能生(音楽家)/佐藤利明(娯楽映画研究家)/毛利眞人(音楽評論家)/保利透(アーカイブプロデューサー)/片岡一郎(活動写真弁士) ほか


トーキー映画の輸入とその受容による影響、それらをレコード音楽やサントラなどで検証するシンポジウム


無声映画期の映画伴奏/紙恭輔と映画音楽エノケン映画とジャズ/貴志康一と映画/ミュージカル映画の世界 ほか〜


第二部:16時30分〜

<夢想する無声映画の進化>

トークと実演:新垣隆(ピアニスト)/大谷能生(音楽家)/片岡一郎(活動写真弁士) ほか


上映作品:『己が罪作兵衛』(1930年・松竹蒲田作品) ほか


★現代における気鋭音楽家と活動写真弁士による伴奏つき無声映画の再現。


〜新垣隆さんらによる無声映画音楽についてのトーク/新垣隆(ピアノ)・大谷能生サックス)の即興演奏による無声映画上映/活動写真弁士:片岡一郎・ピアノ:新垣隆による『己が罪作兵衛』(1930年・松竹蒲田作品)の上映〜




場所:両国・江戸東京博物館ホール(JR・大江戸線・両国駅下車)

開催日:2015年5月24日(日曜日)

開場:13時30分

入場料:2.000円(当日券・先着順・入れ替え無し)

※博物館併設の駐車場の出庫は17時30分までとなっておりますのでご注意ください。


主催:ぐらもくらぶ/協賛:マツダ映画社・活動写真実演会・メタカンパニー・えにし書房

お問い合わせ:gramoclub78@gmail.com

オフィシャルサイトhttp://d.hatena.ne.jp/polyfar/



是非お越しください!!!!


それから僕が企画しました『日本の軍歌アーカイブスシリーズ5作がビクターエンタテインメントより発売されました!評判も上々でありがたいです!


ぐらもくらぶCDも絶賛発売中です!

メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 酔へば大将 ?酒とエッセイ? 戦前篇 [G10019] : メタ カンパニー




酔えば大将よう大将!酒場に宴会にそしてご家庭に!

愉快なお酒ソングと共に綴られる「ぐらもくらぶ」を支える酔人5人のエッセイ

どうせこの世はままならぬ、飲んでこの世の憂さを忘れようぢゃないか!

戦前における愉快な「酒ソング」コンピレーション

二村定一バートン・クレーン、楠木繁夫、藤山一郎東海林太郎古川ロッパなど、戦前を代表する歌手による豪華盤。世界大戦前夜に生まれたジャパニーズ・ポピュラーミュージックを全編オリジナルSP音源でまとめ、ホロ苦い歌からコミックソングノベルティソングまでをライトエッセイとともに楽しめるアルバム

エッセイ大谷能生・毛利眞人・長谷川健太郎・岡田則夫・西森路代

■解説:毛利眞人・保利透

■制作・復刻:保利透

■収録曲:

1. スタインソング / 二村定一

2. 酒だ酒酒 / 南五郎

3. 君と乾杯 / 久野和夫(日置静)

4. 酒は涙よ溜息よ / 黒田進(楠木繁夫)

5. オー・チェリオ / 花房俊夫(藤山一郎

6. 酒に忘れて(君徳の唄) / 富橋文雄(東海林太郎

7. 夢ではないか? / 小林千代子・鉄仮面

8. 酒場天国 / 新城一郎(一色皓一郎)

9. サラリー・マンよ / 徳山蓀

10. 酒宴の唄/ 伊藤敦子・奥田良三・日本ポリドール合唱団

11. 呑んで愉快に / 松平操(楠木繁夫)

12. 船長さん / 徳山蓀・日本ビクターシスター

13. 酒の唄 / 松山芳野里

14. ビールで乾杯 / 結城浩・タイヘイ少女合唱団

15. 注いだ酒なら / 東海林太郎

16. ころがせころがせビール樽 / 徳山蓀・オリオンコール

17. 酒がのみたい  / バートン・クレーン

18. バッカスの唄 / 二村定一

19. 酒呑みの唄 / ポリドール・ラッキー・ボーイズ

20. 酔へば大将 / 古川緑波

21. 酒くめど / 松平晃

22. ビア樽ポルカ / 藤山一郎






霽月小曲集

霽月小曲集



引き続き評判のエノケンCDはこちら!!!


メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 芸能宝船・歌は戦線へ ?戦争と喜劇人? [G10017・18] : メタ カンパニー




"ぐらもくらぶ"最新作は戦争と喜劇人、そしてエノケンをテーマにした豪華二枚組!

エノケン・ロッパ・金語楼! ! ! 戦時下における喜劇人のパフォーマンスが今よみがえる!

国家と戦争に翻弄され歴史に埋もれた喜劇人たちの貴重な音源が、21世紀にもたらすものとは?

■終戦70周年記念企画

<第一部・戦争と喜劇人>

二村定一から古川緑波まで、戦前における喜劇人たちの戦争をテーマに綴ったバラエティ

<第二部・もうひとつのエノケン全集>

エノケンの発掘された音源を中心に、時局に協力せざるをなかった喜劇人の歴史をたどる

監修・解説:佐藤利明(オトナの歌謡曲)

企画・復刻:保利透

■収録曲:

DISC1 <第一部・戦争と喜劇人>

1. 護れよ祖国 (二村定一)

2. 君は兵隊?(上)(下) (横山エンタツ花菱アチャコ)

3. 金語楼の水兵 (柳家金語楼)

4. 可愛い水兵 (古川緑波日本ビクター女声合唱団)

5. 江戸ッ子部隊 (古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

6. 兵隊床屋 (徳山蓀・古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

7. 鬚に未練はないけれど (徳山蓀・古川緑波日本ビクター男声合唱団)

8. わらわし隊 ~中支皇軍慰問記念~(上)(下) (ミス・ワカナ 玉松一郎)

9. 代用品時代 (岸井明)

10. 僕の武勇伝 (杉狂児)

11. 全く満洲はいゝですネ (杉狂児)

12. オッサンの挨拶(上)(下) (高勢実乗)

13. あのネ軍使 (美ち奴)

14. 夢と兵隊 (杉狂児)

15. みなさん、みなさん (石田一松)

16. 勝利への近道 (徳川夢声)

17. 前線便り (古川ロッパ)

18. 海底物語(上)(下) (あきれたぼういず改め・新興快速舞隊)

19. 前線へ送る夕 (司会と唄の尻とり ロッパ)

20. 前線へ送る夕 (漫芸 声帯模写 ロッパ)


DISC 2<第二部・もうひとつのエノケン全集>

1. 支那のルムバ (榎本健一・宏川光子)

2. 支那の兵隊さん (榎本健一)

3. エノケンの南京ぶし (榎本健一)

4 もしも忍術使へたら(完全版) (榎本健一)

5. 流行歌数へ唄(市販テイク) (榎本健一・武智豊子)

6. エノケンの鴛鴦道中 (榎本健一・若原春江)

7. エノケンの兵隊じゃんけんぽん (榎本健一)

8. 歌は戦線へ (榎本健一・小林千代子・波平惠弘・奥田良三・高杉妙子・高田浩吉・〆香・三丁目文夫・矢島英子・矢田稔・青葉笙子・田端義夫・関種子・上原敏・高山美枝子・近江志郎・きみ栄)

9. エノケンの上海の街角(リマスター) (榎本健一)

10. エノケンの組長さん (榎本健一・矢島英子)

ボーナストラック

11. ちゃっきり金太の唄 (榎本健一)

12. のんき旅 (榎本健一)

13. 結婚はしたけれど (榎本健一)

14. 僕の恋愛設計図 (榎本健一)

15. メイコちゃんと・?坊の閻魔大王訪問記 (中村メイコ・榎本?一・榎本健一)

16. 彌次喜多ブギ (榎本健一古川緑波)




ぐらもくらぶ』本がいよいよ発売になります!!!

もちろんメタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

辻田真佐憲 愛国とレコード [978-4-908073-05-2 C0036] : メタ カンパニー




軍歌こそ“愛国ビジネス”の原型である!

アサヒ蓄音機商会を中心とした、

戦前軍歌のレーベル写真と詳細な解説。

辻田真佐憲最新刊、異色の軍歌・レコード研究本!


「戦争は商機だ、ドンドン軍歌を売りだせ!」。アサヒ蓄音器商会は、大正時代から昭 和戦前期にかけて名古屋に存在したローカルレコード会社である。代表的なレーベ ルとして「ツルレコード」と「アサヒレコード」を擁し、首都圏・関西圏の大手企業 に伍さんとして、次々に尖鋭的な企画を打ち出していったことで知られる。……  ツル・アサヒの軍歌は、ローカルでありながら、実はユニバーサルでもある……例 えば、我々の身近に低劣な「愛国コンテンツ」が存在しないだろうか。低劣とバカに するのは結構。だが、その実力は決して無視できない。大名古屋の軍歌はまさにその 論拠となるのではないだろうか。(本書より)


★この本は戦時プロパガンダ研究の第一級資料であるとともに、本文に触れている楽曲のレーベルや月報などの画像をすべて掲載しており、レコード&歌謡史研究、そしてコレクターズアイテムとしても要注意な1冊に仕上がっています!


辻田 真佐憲(つじた まさのり)

1984 年、大阪府生まれ。文筆家・プロパガンダ研究者。慶應義塾大学文学部卒業。著書に『世 界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代』(社会評論社)、『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』(幻冬舎新書)。監修に『大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)、『日本の軍歌』(晋 遊舎ムック)などがある。軍歌の復刻にも取り組み、『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)の監修もつとめる。


※ 書籍:ぐらもくらぶシリーズは、ぐらもくらぶと提携、レーベルが発売するCDなど音源の内容に 即して企画・製作する書籍です。



V.A. あなたは狙われている ~防諜とは~ スパイ歌謡全集 1931-1943 [G10015] : メタ カンパニー


『スパイ歌謡は軍国主義の生々しい叫びである 辻田真佐憲

f:id:polyfar:20141006154706j:image

クリックすると別ウインドウが開くので拡大できます)




アマゾンからもお求めいただけます




特定秘密保護法案施行さる!戦前の軍機保護法改正における防諜ソングはエンタメか?

はたまたレジスタンスなのか?その謎に迫る!

終戦70周年記念企画第一弾!

好評発売中の『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』に続く待望の「戦時プロパガンダシリーズ」!

いよいよ施行される特定秘密保護法を前に、戦前における秘密保持、いわゆる「防諜」をメインテーマに据え当時の国民や社会レベルでの意識を検証し、プロパガンダ研究の一環として歴史的資料を提示するアルバム

加えて、満州事変前後に「スター扱いされたスパイ」についても着目、また戦前歌謡史としても貴重な資料である。

監修は幻冬舎新書日本の軍歌 国民的音楽の歴史」、晋遊舎ムック日本の軍歌」、社会評論社「世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」他で軍歌&プロパガンダ研究家として著名である文筆家・辻田真佐憲氏。

はたして防諜ソングとはいかなるものか?

物々しいタイトルの羅列とは裏腹に、聞いてビックリの『脱力感』や『コミカルさ』と、高いエンタメ性の毒に目からウロコが落ちること間違いなし!

企画・復刻:保利透

監修・解説:辻田真佐憲

イラスト:山田参助



1. さうだその意気(霧島 昇・松原 操・李 香蘭)

2. 噫中村大尉(藤波笑声)

3. 十五夜の娘(川島芳子)

4. 「X(エックス)」二十七号(結城道子)

5. 防諜の歌(東海林太郎)

6. 防諜音頭(〆香・染千代)

7. ドンドン節(大日本国防婦人会名妓分会)

8. サノサ節(大日本国防婦人会名妓分会)

9. 仮面を剥げば(東海林太郎)

10. 間諜ハリハリ<上・下>(ミスターポリドール)

11. 第五部隊(井田照夫・山中みゆき)

12. 御用心数へ唄(服部富子・鬼 俊英・杉 狂児・コーラス)

13. 用心づくし(徳山・日本ビクター合唱団)

14. スパイの眼(華澤栄子・花村由利子・合唱:宝塚少女歌劇団雪組生徒)

15. スパイ御用だ(あきれたぼういず)

16. スパイは躍る(コロムビア・リズム・シスターズ)

17. スパイ戦線(日活スター杉 狂児・服部富子)

18. スパイを防げ(東京市情報課)

19. 防諜とは(防諜協会主事・三谷節次)

20. スパイさあ来い(林 伊佐緒・横山郁子)

21. スパイヨウジン(竹内郁子・日蓄児童合唱団)

22. マライの虎<ハリマオ> (東海林太郎・日本合唱団)

23. 隣組(徳山・日本ビクター合唱団・日本ビクター児童合唱団)




V.A. 續・大名古屋軍歌 [G10014] : メタ カンパニー


『時局便乗・粗製乱造こそ軍歌の本質である 辻田真佐憲

f:id:polyfar:20141006160351j:image

クリックすると別ウインドウが開くので拡大できます)



アマゾンからもお求めいただけます

續・大名古屋軍歌

續・大名古屋軍歌

幻の大名古屋軍歌CDセット

幻の大名古屋軍歌CDセット




まだまだ埋もれていた軍歌音源は存在していた!『幻の大名古屋軍歌』秘蔵音源!

初のタイアップ書籍となる<ぐらもくらぶシリーズ>『幻の大名古屋軍歌』辻田真佐憲著 (えにし書房)の発売に先駆け「大名古屋軍歌」に収録がかなわなかった幻の軍歌・戦 時歌謡音源をまとめた拾遺集として帰ってきた!

戦前において東京・大阪の中間地点の名古屋で奮闘したツル・アサヒレコードは、 東西の大手レーベルに伍して国威発揚の情報発信をしており、その意気込みを今 再発見する。

「大名古屋軍歌」発売から2年、愛国ビジネスの勃興が世を賑わせているがその原 点がここにある!レコード会社の逞しくもワルノリは歴史的資料としても微笑ましい 面もあるが、人間の行う営みが時空を超えても変わらないという現実も、本とC D2枚を併せて触れてみることによりリアリティを持って感じることができるであろ う。

監修は幻冬舎新書日本の軍歌 国民的音楽の歴史」、晋遊舎ムック日本の軍歌」、社 会評論社「世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」他で軍歌& プロパガンダ研究家として著名である文筆家・辻田真佐憲

企画・復刻:保利透

監修・解説:辻田真佐憲

寄稿:毛利眞人

※お得な2枚組セット販売の「幻の大名古屋軍歌CDセット(「大名古屋軍歌」&「續 ・大名古屋軍歌」)」もございます。「大名古屋軍歌」をまだお求めで無い方はそちらの 方がお買い得です。


1. 噫従軍記者の歌・血染の鉄筆(黒田進)

2. 航空大行進曲(黒田進)

3. 雪の戦線(江頭林二郎)

4. 陸戦隊行進曲(黒田進)

5. 防空の歌(黒田進・毛利幸尚)

6. 昭和青年の歌(岡本喜美子・黒田高守・三島康子・津笠茂子・水沢周国・松浦祥明)

7. 昭和青年愛国歌(昭和青年会合唱団)

8. 昭和青年神軍歌(昭和青年会合唱団)

9. 躍進節(東京幾松/黒田進)

10. 日満おどり(東京幾松)

11. 輝く大満洲(黒田進)

12. 祖国の前衛(高沢清)

13. 若しも召集令が下ったら(母里欽也)

14. 上海陸戦隊の歌(名響合唱団)

15. 南京陥落祝勝歌(アサヒ男声合唱団)

16. 凱旋・あな嬉し喜ばし(アサヒ男声合唱団)

17. 漢口陥落だより(大久良俊<近江俊郎>)

18. 軍艦行進曲(名響合唱団)

19. 爆撃千里(大久良俊<近江俊郎>)

20. 五・一五事件 血涙の法廷・海軍公判(栗島狭衣・其の一党)




『霽月小曲集・泊』はぐらもくらぶ初の新録新譜になります!

これは改めて記事として更新します!

泊 霽月小曲集 [G20001] : メタ カンパニー

霽月小曲集

霽月小曲集




大東京モダンミュージック遊覧にはこのCDを抜きには語れません!!!




アマゾンからもお求めいただけます


「大名古屋ジャズ」「大大阪ジャズ」のぐらもくらぶが贈る戦前日本の都市ジャズ・シリーズ第三弾。

サテどんじりに控えしは帝都『大東京』の文化と喧騒をそのままに溝に刻んだジャズ尽しだ。東京市下に跋扈する人気ジャズバンド、めくるめくシティーソング、ジャズオペラ。銀座裏のバーのマダムが語る男の味と、カフェー女給のうら寂しい斉唱サービス

人気ダンス教師はブルースをBGMにステップを教え、「フロリダダンスホール」に集ったバンドと名物歌手がスウィングと文化の粋を踊る。事変をよそにグランドショウで踏まれたタップや「セントルイス・ブルーズ」は戦前のステージパノラマだ。

ミッヂ・ウィリアムスの日本録音や、藤田嗣治夫人マデレイヌ藤田の唄う和製シャンソン丹下キヨ子デビュー録音、戦後ハワイアンの寵児となったバッキー白片の初期録音……とレア音源満載。リアルを追求した大東京案内で、さあ戦前においでませ。

企画・制作:保利透

監修・解説:毛利眞人


●DISC-1

1 丸の内メロディー 鈴野雪夫

2 Hong Kong Dream Girl (1925) 天勝一座 Carlos C. Shaw and his Orchestra

3 ティティナ "Titina"(1925) 少女合唱 三輪慎一

4 蒲田行進曲 "Song of the Vagabonds"(1925) 川崎豊 曽我直子

5 木曽節 二村定一

6 愛の調 "Where Is the Song of Songs for Me?"(1928) 佐藤千夜子

7 行進曲紐育 "I'm gonna bring a watermelon to my girl tonight"(1924) 内海一郎

8 夢の人魚 "A Siren Dream"(1927) 佐久間毅

9 大学生活 "Collegiate"(1925) 作間毅

10 リオリータ "Rio Rita"(1926) 二村定一 天野喜久代

11 マイヱンゼル "Angela mia"(1928) 天野喜久代

12 赤い唇 "Red Lips Kiss my Blue Aways"(1927) 天野喜久代 柳田貞一

13 東京夜曲 内海一郎

14 夜の東京 淡谷のり子

15 踊る東京 佐藤直子

16 新銀座行進曲 天野喜久代

17 銀座行進曲 内海一郎

18 渋谷行進曲 二村定一

19 新宿小夜曲 青木晴子

20 ほっときなさい(いゝじゃありませんか) (新宿) 藤村梧朗・丸山夢路

21 三文オペラ音楽 (序曲、第七:終曲、第三:代わりにの歌、第五:ポリーの歌) 近衛秀麿(指揮) 新交響楽団

22 「三文オペラ」の中 これが人生の唄 内田栄一



●DISC-2

1 村のしやれ男 "A Gay Caballero"(1928) 坂井透

2 カフェーから見た男の味 丹いね子 渡瀬淳子 門脇陽一郎 八重ちゃん

3 君恋し カフェータイガー・よう子 すみ子 

4 ブルースの踊り方(St.Louis Blues) 玉置眞吉(指導)

5 あの子  "Sweet Jennie Lee"(1930) 徳山蓀

6 二千万の恋人 "Twenty Million Sweethearts"(1934) ヘレン隅田

7 恋と虹 ヘレン隅田

8 夢うつゝ "Drifting and Dreaming"(1925) 山田道夫

9 左様なら! "Se va la vida" パクナデル(唄) 

10 パラダイス "Paradise"(1931) ミッヂ・ウィリアムス

11 みんなあなたに マデレイヌ藤田

12 手拍子そろへて "I'm Gonna Clap My Hands"(1936) テイチク・ジャズ・オーケストラ

13 ジプシーの喫茶店 "In a Gypsy Tea Room"(1935) ジルベスター牧

14 月光値千金 "Get out and get under the moon"(1927) ケイ・トヨダ

15 ラ・クカラチャ  "La Cucaracha" ケイ・トヨダ

16 ダイナ "Dinah"(1925) ジョー奥村  

17 Without a Word of Warning(1935) バッキー白片・アンド・ヒズ・アロハ・ハワイアンズ

18 サンフランシスコ "San Francisco"(1936) 能勢妙子 荻野久幸(タップ)

19 虹の唄 "Rainbow on the river"(1936) 小山きよ子(丹下キヨ子

20 国境の南 "South of the Border"(1939) 斎田愛子

21 セントルイスブルーズ "St.Louis Blues"(1914) 笠置シズ子

22 東京ブルース ディック・ミネ 







アマゾンからもお求めいただけます



明治・大正・昭和と東京の、いや日本の大衆芸能の発信基地であった「浅草六区」が、当時の音源を基に平成の世に甦る!

このCDは浅草で残されたの生の音と空気を缶詰にしたものであり、当時の風景を垣間見るだけでなく、浅草を知る上で必要な歴史的音源を収録。特に幻とされた浅草オペラの音源を多数復刻。

大歓楽街浅草を浅草オペラが歌う!活弁が吼える!エノケン・ロッパが走る!オモチャ箱のように詰め込まれた諸芸がカフェーの色香や尖端のモダン文化に彩られながら、取捨選択・壊しては作り変えられる浅草芸能主義のダイナミズムを是非とも触れてみるべし!

企画・制作:保利透

監修・解説:岡田則夫・小針侑起


●DISC-1

1 ジンタ 洋楽天然の美 帝国音楽団

2 スケッチ 浅草奥山見物 豊年斎梅坊主

3 スケッチ 昔の浅草奥山御馴み玉乗り一座 口上・橘家万笑

4 書生節 東京節 後藤紫雲

5 はやりうた 洋行帰り(越後獅子替歌) 松旭斎天華

6 浅草オペラ フラ・ディアボロ 大津賀八郎

7 浅草オペラ ピナフオーア 清水金太郎 清水静子 井上起久子 大谷光一

8 浅草オペラ 古城の鐘 田谷力三

9 浅草オペラ 恋はやさしき野辺の花 新星歌舞劇団・安藤文子 戸山英二郎

10 浅草オペラ コロッケ 日本橋・丸子

11 浅草オペラ 荒城の月 バイオリン・渡邊吉之助 ピアノ・竹内平吉

12 浅草オペラ 黄金の国(一)(二) 柳田貞一 富士野登久子

13 浅草オペラ 銀座雀 明石須磨子

14 浅草オペラ セビラの理髪師 原信子

15 浅草オペラ ブン大将 井上起久子 清水静子 清水金太郎 大谷光一

16 浅草オペラ 女軍出征 東京歌劇座員

17 浅草オペラ カルメン(一)(二)(三)(四) 丸山夢路 藤村梧朗 里見義郎

18 ジャズ漫謡 ほっときなさい(浅草篇) 藤村梧朗 丸山夢路



●DISC-2

1 活動写真 想い出の浅草(雪のアルプスチャップリンの拳闘) 西村小楽天 杉浦一郎

2 活動写真 想い出の浅草(猿飛佐助漫遊記) 中村声波 生駒雷遊 宮川敦臣 森田天倫 鈴木梅龍

3 活動写真 想い出の浅草(名金) 染井三郎 西村楽天

4 活動写真 想い出の浅草(己が罪) 中村声波 石井春波 濱照代 小藤田正一

5 笑いの王国 花嫁学校(上)(下) 中根龍太郎 藤田艶子 中根龍太郎

6 笑いの王国 三人フウさん 古川緑波 天野喜久代

7 カジノ・フォリー 相当なもんだネ 二村定一 榎本健一

8 曾我廼家劇 アメリカは禁酒国(上)(下) 曾我廼家五九郎一座

9 松竹少女歌劇 カマラードの唄(友達はよいもの) 水の江瀧子

10 ぼういず漫談 地球の上に朝が来る 川田義夫とミルクブラザース

11 漫談 新婚箱根の気分(一)(二) 柳家三亀松

12 落語 浅草見物(上)(下) 柳家金語楼

13 軽演劇 歌う二等兵 伴淳三郎

14 軽演劇 三等亭主 堺駿二

15 スケッチ 夜の吉原・新内辻流し 吉原芸妓連中

16 浅草のうた 浅草行進曲 二村定一 天野喜久代

17 浅草のうた 浅草の唄 藤山一郎





大好評で巷の話題を席巻中のCDはこちら!!!

※発売はメタカンパニーからになります

V.A. ねえ興奮しちゃいやよ ?昭和エロ歌謡全集? 1928?32 [G-10009] : メタ カンパニー


アマゾンからもお求めいただけます



エロ・グロ・ナンセンスとはなんぞや?その答えがここにある』

エロで生まれてエロ育ち 妾しゃ断然エロ娘

昭和初期は軽佻浮薄なモダン風俗とスピードと物質文明に踊りくるっていた。

現代の桑田佳祐ばりにフェティッシュな言葉の冒険から発禁レコードまで、エロとイットを歌で綴った70分。歌謡史からすっぽり抜け落ちた昭和のワンシーンに、ねぇ興奮しちゃいやよ!


監修・解説:毛利眞人

ライナー:山田参助

企画・制作・音源復刻:保利透


曲目:

1. とこイットだね (イット節)(二村定一)

2. エロ行進曲(淡谷のり子)

3. エロ小唄(黒田進 松山みどり)

4. キッスOK(二村定一 井上起久子)

5. エロ・オン・パレード(山田貞子)

6. ナンセンス小唄(清水静子)

7. スピード時代(伊達里子)

8. 尖端小唄(川田定子)

9. 銀座のバッドガール(金色仮面)

10. アラ!失礼(澤文子)

11. 恋慕夜曲(山田貞子)

12. S.O.S(水町昌子)

13. ねえ興奮しちゃいやよ(青木晴子)

14. あなたのものよ(淡谷のり子)

15. イットだね(黒田進)

16. 悪く思ふなよ(黒田進)

17. 知らぬ顔してにくらしい(浅草 小ゆき)

18. ほんに悩ましエロ模様(二村定一)

19. お江戸浅草(藤田艶子)

20. エロエロ行進曲(藤田艶子)

21. オリエンタルチャーレストン(常盤静子)

22. 浅草エロ小唄(浅草 小ゆき)

23. 娘アラモード(二村定一)






話題の新作CDはこちら!!!

花子からおはなしのおくりもの

花子からおはなしのおくりもの

日本の軍歌 (晋遊舎ムック)

日本の軍歌 (晋遊舎ムック)



大阪地区でジワジワと話題に火が付いてきた寵児たるCDはこちら!

 ※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 大大阪ジャズ [G-10006-7] : メタ カンパニー



アマゾンからもお求めいただけます

大大阪ジャズ

大大阪ジャズ


「大名古屋ジャズ」(ぐらもくらぶ)に続く戦前日本の都市ジャズ•シリーズ第二弾。

満を持した次なるターゲットは昭和初期、帝都東京を抜いて日本一の人口と経済発展を誇った大大阪だ!  

情緒と刹那主義、伝統とモダンがめくるめく水都のBGMはフォックストロットチャールストンブルースにエロ満載のジャズソング。フィリピン・ジャズバンドが、前野港造が、服部良一が、紙恭輔がジャズる大大阪。井上起久子が、黒田進が、松竹少女歌劇のスターたちが歌うグレート•オーサカ。タップの乱舞に沸き立つミナミ。 現存大手レーベルを含むコッカ、ナイガイ、タイヘイ、ニットー、ショーチクなどマイナーレーベルの初復刻多数! 大大阪学の泰斗、橋爪節也氏の踊る巻頭言つきで21世紀の日本に「大大阪ジャズ」がいま甦る!


監修・解説:毛利眞人

序文:橋爪節也

企画・制作・音源復刻:保利透



DISC 1

1 ブロードウェーメロデー "Broadway Melody"(1929) 大木あき子, 中村滋(タップ) 中村滋タップジャズバンド

2 サリタ "Ma Goulou Goulou" 井上起久子 日蓄ジャズバンド

3 思ひ出 "Among My Souvenir"(1927) 井上起久子 プリンシパルジャズバンド

4 断然好きだ "Yes,Sir that's My Baby"(1925) 井上起久子 千賀海寿一 ジャズバンド

5 嘆きの天使 "Falling Love Again"(1930) 井上起久子 アルハ・ベルウィン・ダンスオーケストラ

6 チンチャン "Ching Chong"(1917)   ローヤル・ジャズバンド

7 ゲーヂオフアーモアーアベヌ "Guage of Armour Avenue"(1924)   日東管絃団

8 カラバン "Karavan"(1919)   カールトンジャズバンド

9 バカボンド "Song of the Vagabonds"(1925) ヒリッピン・ジャズバンド

10 ホリウッド "Hollywood"(1922)   前野港造(ts)

11 スエズ "Suez"(1922)   前野港造(ts)

12 "Who"(1925)   ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ

13 カチンカ "Katinka"   ハラダジャズバンド

14 岡の月光 "Get Out and Get Under the Moon"(1928) 山口静子 ジャズバンド

15 巴里の屋根の下"Sous les toits de Paris"(1930) 浜口淳 中村滋(タップ)  タイヘイジャズバンド

16 巴里の屋根の下"C'est pas comme ca"(1930) 井上起久子 中村滋(タップ)  タイヘイジャズバンド

17 カリオカ "Carioca"(1933) ヘレン広瀬 コッカダンスオーケストラ

18 セントルイズブルーズ "St.Louis Blues"(1914) リチャード瀧 コッカダンスオーケストラ

19 ダイナー "Dinah"(1925) リチャード・ユアサ サムカトーミユヂツクボーイ

20 ラクカラチャ  "La Cucaracha" 紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

21 夢に見る君が面影 "All I do is Dream of You"(1934)   紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

22 夜も昼も "Night and Day"(1932)   紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

23 美はしの瞳 "Smiling Irish Eyes"(1929) トミー福井   コッカダンスミュジックアンサンブル

DISC 2

タイトル 歌手 演奏

1 大阪行進曲 植森たかを オーケストラ

2 浪花小唄(道頓堀夜景) 二村定一 日本ビクター・ジャズバンド

3 花街行進曲 - 南地 花園綾子 赤玉ジャズバンド

4 飛田夢想曲 花園綾子  赤玉ジャズバンド

5 大阪セレナーデ 二村定一・天野喜久代 コロムビア オーケストラ

6 大阪夏祭風景(天神祭の唄) 川田定子 ジャズバンド

7 道頓堀おけさ 笹川銀子 日東管弦団

8 串本節   服部良一cond. 国歌ジャズバンド

9 テルミー "Tell Me"(1919)   国歌ジャズバンド

10 木曽節   キングダンスオーケストラバンド

11 カフェーの唄 秋田登 ジャズバンド

12 エロ・オンパレード 黒田進

13 尖端ガール 黒田進 ジャズバンド

14 思ひ直して頂戴な 川田定子 ジャズバンド

15 エロウーピー 二村定一 井上起久子 タイヘイジャズバンド

16 バットガール 二村定一 タイヘイジャズバンド

17 フウ "Who?"(1925)   大阪松竹座管絃団

18 スエズ "Suez"(1922)   松竹座ジャズバンド

19 紐育行進曲 "I'm gonna bring a watermelon to my girl tonight"(1924) 井上起久子 松竹座声楽部生徒 篠原正雄指揮 松竹座オーケストラ

20 天神祭どんどこの唄 田谷力三  松竹楽劇部女生 松竹座管弦楽団

21 恋のステップ 三笠静子 大阪松竹少女歌劇声楽部 大阪松竹管弦楽団

22 第十二回 春のおどり(桜咲く国) 芦原千津子(タップ) 笠原シズ子 月ヶ瀬咲子 松月さえ子 合唱団 松本四良(指揮) 松竹管弦楽団

23 大阪名物年中行事 春のおどり宣伝盤 勝浦千浪(タップ) 京マチ子(台詞) 水上ましろ・草鹿多美子(唄) 松竹爆音部隊





それから6月30日発売の北廉太郎もよろしくです!!!


※発売はメタカンパニーからになります。

北廉太郎 伝説の歌声シリーズ 『ヴォルガ旅愁』 [G-10008] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


ようこそ!ぐらもくらぶCDワールドへ!

レーベルとしてのぐらもくらぶCDがいよいよ誕生しました!

まず、ぐらもくらぶCDとはなんぞや?と言うことですが、これはザックリと言ってしまうとSP盤(蓄音機で聴くレコード)時代をメインに様々な音源を、開放してもよいと言う有志と共に世に送り出そうというものです。

ともあれ、明治・大正・昭和期の音源で、埋もれたものでも選りすぐってみると、現代でも楽しめる、また意義のあるものは沢山あります。

これらを時代の垣根を飛び越えて皆さんで楽しめたらどんなによいだろうか、と言うのがこのCDのコンセプトです。


古今東西の素晴らしき音源を皆様と共有できる、これは制作側にとって一番の喜びです。また、共有した先に見えてくるもの、それは個々にとって様々とは思いますが、きっと何か文化的資料としても役立ってくれる日もあると信じています。


今後も発売されるシリーズに是非ご注目ください!




ぐらもくらぶ』がお送りする「伝説の歌声シリーズ」の第一弾!

戦火と70年の歳月を超え、大戦前夜に21歳で夭折した幻のティーン歌手・北廉太郎がいま甦る!

17歳から21歳までしか歌手活動が出来なかった若きヴォーカリストの歌声は、その最大の

持ち味であるペーソスと共に今でも心に響くものがある。

このCDは戦前における歌謡界の「アイドル像」や「ティーン歌手」たちの存在、時代が求めた

曲のトレンドなどを如実に感じ取ることができる1枚である!


■企画・制作・解説:保利透

ライナー:毛利眞人



1 ピエロ流し    紀多寛

2 恋の海峡    紀多寛

3 伊豆の故郷    北廉太郎

4 旅の子守唄    北廉太郎

5 夢のゆりかご      北廉太郎

6 黒龍千里    北廉太郎

7 追憶の馬車    北廉太郎

8 男の行く道    北廉太郎

9 若き日の歌    北廉太郎

10 心の子守唄    北廉太郎

11 青春の丘    北廉太郎

12 青春のふるさと  北廉太郎

13 夕空ブルース   北廉太郎

14 山の凱歌    北廉太郎

15 白樺月夜    北廉太郎・増田なほみ

16 出船の唄    北廉太郎

17 潮来夜船    北廉太郎

18 希望の星    北廉太郎

19 望郷の唄    北廉太郎

20 ヴォルガ旅愁   北廉太郎

21 支那の町    北廉太郎・青葉笙子

22 天城越ゆれば   北廉太郎

23 赤城恋しや    紀多寛




★ネット上で話題騒然大ヒットの「大名古屋軍歌」!!!!


※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 「大名古屋軍歌」 Militarythm in The Central City [G-10005] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


好評発売中の『大名古屋ジャズ』に続いて待望の「大名古屋シリーズ」第二弾!

戦前における東西大手レコードメーカーの中間地点、名古屋のツル・アサヒレコードにて製作された軍歌・時局歌・戦時歌謡の数々。

それは単に時局迎合・流行便乗主義だけではなく、名古屋独自のテイストにより日本各地へ国威発揚が情報発信されていたのです。

昭和6年に勃発した満州事変以降~アサヒレコードが活動を停止する昭和14年までに制作された、それら溢れる軍歌は当時の音楽トレンドや現場の息吹が感じられ、かつ大手に伍する勢いの意気込みに圧倒されることでしょう。

東西を往来する若き楠木繁夫(黒田進)や近江俊郎(大久良俊)などの吹き込みも収録。

流行歌の若き胎動を探る資料としても貴重!


ライナー・曲目解説は「世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」(社会評論社)の著者で軍歌研究者の辻田真佐憲氏、そして「ぐらもくらぶ」ではお馴染みの音楽ライターである毛利眞人氏。

企画:保利透



1. 十三対一(名誉の孤立) / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

2. 便衣隊討伐の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

3. 凱旋行進曲 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

4. 満蒙新国家建設の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

5. 満蒙行進曲 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

6. (北満守備の歌 / 江頭林二郎 伴奏: アサヒオーケストラ

7. 戦線を憶ふ妻の唄 / 永井智子 伴奏: アサヒオーケストラ

8. 独立守備隊の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

9. 肉弾三勇士の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

10. 日米若し戦はゞ - 太平洋航進曲 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

11. 日米若し戦はゞ - 守れ太平洋 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

12. リットン節(認識不足も程がある) / 黒田進 伴奏: 管弦楽

13. あらまあ認識不足よ(リットン程ではないけれど) / 谷田信子 伴奏: 管弦楽

14. 乗切れ乗切れ非常時 / 黒田進

15. 日本ファッショの歌 / 黒田進

16. 五・一五事件 昭和維新行進曲(海軍の歌) / 黒田進 伴奏:アサヒオーケストラ

17. 五・一五事件 昭和維新行進曲(陸軍の歌) / 黒田進 伴奏:アサヒオーケストラ

18. 北支の夢 / 市三 伴奏: アサヒ管弦楽団

19. 上海陥落祝勝歌 / 名響合唱隊 伴奏: アサヒオーケストラ

20. 愛国行進曲 / 名響合唱団 伴奏: 名響管弦楽団

21. 噫南郷少佐 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

22. 奪つたぞ!漢口 / 大久良俊 伴奏: アサヒ管弦楽団

23. 軍艦旗の歌 / 名響合唱団 伴奏: アサヒ管弦楽団

24. 愛馬進軍歌 / 名響合唱団 伴奏: アサヒ管弦楽団






※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 戦前ジャズ・コレクション テイチクインスト篇 1934?1944 [G-10003-4] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


いま甦る!戦前ジャズの真髄。テイチク・ジャズオーケストラ、タイゾウ・スヰング・オーケストラ、ジェリー・ウッドとアンバサダース、バッキー白片のアロハ・ハワイアンズ・・・・昭和10年代、「ジャズ王国」と謳われたテイチクが旺盛にレコーディングしたインストはまさに戦前ジャズの眠れる宝庫であった。いま満を持して、テイチクエンターテインメントの全面協力のもと録音*発売データも完備してお送りする。

ニッポンスウィングタイムを体現する怒濤のサウンドを刮目して聴け!


企画・制作 : 保利透

監修・ライナー : 瀬川昌久・毛利眞人・柳樂光隆




※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 大名古屋ジャズ [G-10002] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます



~ 復活!まぼろしの戦前・名古屋のジャズシーン ~

戦前の名古屋に燦然と輝くインディーズレーベル、ツル/アサヒレコード

かつて東京へ上方へと忙しく飛び交い、芸どころ名古屋に集う芸能人たちはラジオに出演したあと、必ずといってよいほどアサヒ蓄音機商会の本社スタジオを訪れました。 これほど地域と一体となったレコード会社はなかったでしょう。ツル/アサヒ=芸術家のオアシスであり大名古屋時代の文化遺産なのです!

このCDはツルレコードのジャズ・舶来ポップスにスポットを当ててみました。

類まれな美声とセンスで下積み時代を送っていた楠木繁夫、通好みのジャズシンガーミッキー松山、そして今回新たに発掘された「第一次あきれたぼういず」の幻の録音など、フレキシブルな企画力と芸どころ名古屋ならではのたくましさがここに炸裂しています。昭和のジャズ・演芸のミッシングリンクを埋める1枚をお聴きください!

企画・制作 : 保利透

監修・ライナー : 毛利眞人






※発売はメタカンパニーからになります。

二村定一 街のSOS! [G-10001] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます

二村定一 ~街のSOS!~

二村定一 ~街のSOS!~


~80年の時を経て日本初のジャズシンガー二村定一が蘇る!~

昭和初期に一世を風靡した日本で最初のジャズシンガーである二村定一。その魅力はジャズソングだけではなく、時代の寵児としてエロ・グロ・ナンセンスをテーマとしたモダンソングだ!

本CDは二村定一ビクターコロムビアなど、大手レーベルで吹き込んだジャズソングや流行歌とは全く趣の違う異色作を中心に収録。

日本におけるジャズと洋楽、そして流行歌の胎動と黎明期の熱意がこのCDを聴けば全てわかる。

収録曲は戦前マイナーレーベルを中心に、「浅草行進曲」などの都市文化を象徴したものや、「禿オンパレード」のようなコミックソング、そして「キッスOK」「女・女・女」のような時代を髣髴させるエロ・グロ・ナンセンスの傑作を収録。

監修・ライナーは、講談社刊「沙漠に日は落ちて 二村定一伝」の著者・毛利眞人。

この本と先行発売のビクターCD「私の青空 二村定一ジャズソングス」、そして本CD「二村定一 街のSOS!」を聴けば二村定一の全てが判る!


私の好きな歌(コロムビア篇)

私の好きな歌(コロムビア篇)

越路吹雪 EMI イヤーズ

越路吹雪 EMI イヤーズ

コロムビア イヤーズ

コロムビア イヤーズ

ROMANCE

ROMANCE

ラ・メール

ラ・メール

LE GONDOLIER

LE GONDOLIER

私の好きな歌 EMI篇

私の好きな歌 EMI篇

FROU FROU

FROU FROU

NON,JE NE REGRETTE RIEN

NON,JE NE REGRETTE RIEN

ベル・エポック~日本のシャンソン黄金時代

ベル・エポック~日本のシャンソン黄金時代

沙漠に日が落ちて─二村定一伝

沙漠に日が落ちて─二村定一伝

私の青空~二村定一ジャズ・ソングス

私の青空~二村定一ジャズ・ソングス

ニッポン・モダンタイムス「La Tanguista」

ニッポン・モダンタイムス「La Tanguista」

ニッポン・スウィングタイム

ニッポン・スウィングタイム

2015-04-23

[] 5月24日のぐらもくらぶイベントは新垣隆・大谷能生・片岡一郎のアトラクション!!!(フライヤー出来ました)


いろいろとバタバタしておりまして、フライヤーが完成したのに告知が遅々として進みません。焦りを感じているうちにもう1か月前になってしまいました。。。


と言う事で、5月24日は是非とも江戸東京博物館ホールへお越しください!


f:id:polyfar:20150423212849j:image



春のぐらもくらぶ祭り2015

『音と影』 〜戦前日本における映画と音楽の融合〜


今年もぐらもくらぶ主催のイベントが開催されます!今年のテーマは「音と影」。ピアニスト・作曲家の新垣隆さんらを迎えてお送りします。

第1部は無声映画からトーキーへ過渡期を俯瞰し、戦前における映画と音楽の交錯を資料を基に検証するトークイベント。更に第2部には新垣隆&大谷能生ら現代活躍中のアーティストによる「もしもこうだったら」と言う実験的試みのアトラクションも行います!



プログラム

第一部:14時00分〜

<戦前日本における映画と音楽の融合・サイレントからトーキー、その成熟期>

トーク:大谷能生(音楽家)/佐藤利明(娯楽映画研究家)/毛利眞人(音楽評論家)/保利透(アーカイブプロデューサー)/片岡一郎(活動写真弁士) ほか


トーキー映画の輸入とその受容による影響、それらをレコード音楽やサントラなどで検証するシンポジウム


無声映画期の映画伴奏/紙恭輔と映画音楽エノケン映画とジャズ/貴志康一と映画/ミュージカル映画の世界 ほか〜


第二部:16時30分〜

<夢想する無声映画の進化>

トークと実演:新垣隆(ピアニスト)/大谷能生(音楽家)/片岡一郎(活動写真弁士) ほか


上映作品:『己が罪作兵衛』(1930年・松竹蒲田作品) ほか


★現代における気鋭音楽家と活動写真弁士による伴奏つき無声映画の再現。


〜新垣隆さんらによる無声映画音楽についてのトーク/新垣隆(ピアノ)・大谷能生サックス)の即興演奏による無声映画上映/活動写真弁士:片岡一郎・ピアノ:新垣隆による『己が罪作兵衛』(1930年・松竹蒲田作品)の上映〜




場所:両国・江戸東京博物館ホール(JR・大江戸線・両国駅下車)

開催日:2015年5月24日(日曜日)

開場:13時30分

入場料:2.000円(当日券・先着順・入れ替え無し)

※博物館併設の駐車場の出庫は17時30分までとなっておりますのでご注意ください。


主催:ぐらもくらぶ/協賛:マツダ映画社・活動写真実演会・メタカンパニー・えにし書房

お問い合わせ:gramoclub78@gmail.com

オフィシャルサイトhttp://d.hatena.ne.jp/polyfar/



是非お越しください!!!!


それから僕が企画しました『日本の軍歌アーカイブスシリーズ5作がビクターエンタテインメントより発売されました!評判も上々でありがたいです!


ぐらもくらぶCDも絶賛発売中です!

メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 酔へば大将 ?酒とエッセイ? 戦前篇 [G10019] : メタ カンパニー




酔えば大将よう大将!酒場に宴会にそしてご家庭に!

愉快なお酒ソングと共に綴られる「ぐらもくらぶ」を支える酔人5人のエッセイ

どうせこの世はままならぬ、飲んでこの世の憂さを忘れようぢゃないか!

戦前における愉快な「酒ソング」コンピレーション

二村定一バートン・クレーン、楠木繁夫、藤山一郎東海林太郎古川ロッパなど、戦前を代表する歌手による豪華盤。世界大戦前夜に生まれたジャパニーズ・ポピュラーミュージックを全編オリジナルSP音源でまとめ、ホロ苦い歌からコミックソングノベルティソングまでをライトエッセイとともに楽しめるアルバム

エッセイ大谷能生・毛利眞人・長谷川健太郎・岡田則夫・西森路代

■解説:毛利眞人・保利透

■制作・復刻:保利透

■収録曲:

1. スタインソング / 二村定一

2. 酒だ酒酒 / 南五郎

3. 君と乾杯 / 久野和夫(日置静)

4. 酒は涙よ溜息よ / 黒田進(楠木繁夫)

5. オー・チェリオ / 花房俊夫(藤山一郎

6. 酒に忘れて(君徳の唄) / 富橋文雄(東海林太郎

7. 夢ではないか? / 小林千代子・鉄仮面

8. 酒場天国 / 新城一郎(一色皓一郎)

9. サラリー・マンよ / 徳山蓀

10. 酒宴の唄/ 伊藤敦子・奥田良三・日本ポリドール合唱団

11. 呑んで愉快に / 松平操(楠木繁夫)

12. 船長さん / 徳山蓀・日本ビクターシスター

13. 酒の唄 / 松山芳野里

14. ビールで乾杯 / 結城浩・タイヘイ少女合唱団

15. 注いだ酒なら / 東海林太郎

16. ころがせころがせビール樽 / 徳山蓀・オリオンコール

17. 酒がのみたい  / バートン・クレーン

18. バッカスの唄 / 二村定一

19. 酒呑みの唄 / ポリドールラッキー・ボーイズ

20. 酔へば大将 / 古川緑波

21. 酒くめど / 松平晃

22. ビア樽ポルカ / 藤山一郎






霽月小曲集

霽月小曲集



引き続き評判のエノケンCDはこちら!!!


メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 芸能宝船・歌は戦線へ ?戦争と喜劇人? [G10017・18] : メタ カンパニー




"ぐらもくらぶ"最新作は戦争と喜劇人、そしてエノケンをテーマにした豪華二枚組!

エノケン・ロッパ・金語楼! ! ! 戦時下における喜劇人のパフォーマンスが今よみがえる!

国家と戦争に翻弄され歴史に埋もれた喜劇人たちの貴重な音源が、21世紀にもたらすものとは?

■終戦70周年記念企画

<第一部・戦争と喜劇人>

二村定一から古川緑波まで、戦前における喜劇人たちの戦争をテーマに綴ったバラエティ

<第二部・もうひとつのエノケン全集>

エノケンの発掘された音源を中心に、時局に協力せざるをなかった喜劇人の歴史をたどる

監修・解説:佐藤利明(オトナの歌謡曲)

企画・復刻:保利透

■収録曲:

DISC1 <第一部・戦争と喜劇人>

1. 護れよ祖国 (二村定一)

2. 君は兵隊?(上)(下) (横山エンタツ花菱アチャコ)

3. 金語楼の水兵 (柳家金語楼)

4. 可愛い水兵 (古川緑波日本ビクター女声合唱団)

5. 江戸ッ子部隊 (古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

6. 兵隊床屋 (徳山蓀・古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

7. 鬚に未練はないけれど (徳山蓀・古川緑波日本ビクター男声合唱団)

8. わらわし隊 ~中支皇軍慰問記念~(上)(下) (ミス・ワカナ 玉松一郎)

9. 代用品時代 (岸井明)

10. 僕の武勇伝 (杉狂児)

11. 全く満洲はいゝですネ (杉狂児)

12. オッサンの挨拶(上)(下) (高勢実乗)

13. あのネ軍使 (美ち奴)

14. 夢と兵隊 (杉狂児)

15. みなさん、みなさん (石田一松)

16. 勝利への近道 (徳川夢声)

17. 前線便り (古川ロッパ)

18. 海底物語(上)(下) (あきれたぼういず改め・新興快速舞隊)

19. 前線へ送る夕 (司会と唄の尻とり ロッパ)

20. 前線へ送る夕 (漫芸 声帯模写 ロッパ)


DISC 2<第二部・もうひとつのエノケン全集>

1. 支那のルムバ (榎本健一・宏川光子)

2. 支那の兵隊さん (榎本健一)

3. エノケンの南京ぶし (榎本健一)

4 もしも忍術使へたら(完全版) (榎本健一)

5. 流行歌数へ唄(市販テイク) (榎本健一・武智豊子)

6. エノケンの鴛鴦道中 (榎本健一・若原春江)

7. エノケンの兵隊じゃんけんぽん (榎本健一)

8. 歌は戦線へ (榎本健一・小林千代子・波平惠弘・奥田良三・高杉妙子・高田浩吉・〆香・三丁目文夫・矢島英子・矢田稔・青葉笙子・田端義夫・関種子・上原敏・高山美枝子・近江志郎・きみ栄)

9. エノケンの上海の街角(リマスター) (榎本健一)

10. エノケンの組長さん (榎本健一・矢島英子)

ボーナストラック

11. ちゃっきり金太の唄 (榎本健一)

12. のんき旅 (榎本健一)

13. 結婚はしたけれど (榎本健一)

14. 僕の恋愛設計図 (榎本健一)

15. メイコちゃんと・?坊の閻魔大王訪問記 (中村メイコ・榎本?一・榎本健一)

16. 彌次喜多ブギ (榎本健一古川緑波)




ぐらもくらぶ』本がいよいよ発売になります!!!

もちろんメタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

辻田真佐憲 愛国とレコード [978-4-908073-05-2 C0036] : メタ カンパニー




軍歌こそ“愛国ビジネス”の原型である!

アサヒ蓄音機商会を中心とした、

戦前軍歌のレーベル写真と詳細な解説。

辻田真佐憲最新刊、異色の軍歌・レコード研究本!


「戦争は商機だ、ドンドン軍歌を売りだせ!」。アサヒ蓄音器商会は、大正時代から昭 和戦前期にかけて名古屋に存在したローカルレコード会社である。代表的なレーベ ルとして「ツルレコード」と「アサヒレコード」を擁し、首都圏・関西圏の大手企業 に伍さんとして、次々に尖鋭的な企画を打ち出していったことで知られる。……  ツル・アサヒの軍歌は、ローカルでありながら、実はユニバーサルでもある……例 えば、我々の身近に低劣な「愛国コンテンツ」が存在しないだろうか。低劣とバカに するのは結構。だが、その実力は決して無視できない。大名古屋の軍歌はまさにその 論拠となるのではないだろうか。(本書より)


★この本は戦時プロパガンダ研究の第一級資料であるとともに、本文に触れている楽曲のレーベルや月報などの画像をすべて掲載しており、レコード&歌謡史研究、そしてコレクターズアイテムとしても要注意な1冊に仕上がっています!


辻田 真佐憲(つじた まさのり)

1984 年、大阪府生まれ。文筆家・プロパガンダ研究者。慶應義塾大学文学部卒業。著書に『世 界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代』(社会評論社)、『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』(幻冬舎新書)。監修に『大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)、『日本の軍歌』(晋 遊舎ムック)などがある。軍歌の復刻にも取り組み、『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)の監修もつとめる。


※ 書籍:ぐらもくらぶシリーズは、ぐらもくらぶと提携、レーベルが発売するCDなど音源の内容に 即して企画・製作する書籍です。



V.A. あなたは狙われている ~防諜とは~ スパイ歌謡全集 1931-1943 [G10015] : メタ カンパニー


『スパイ歌謡は軍国主義の生々しい叫びである 辻田真佐憲

f:id:polyfar:20141006154706j:image

クリックすると別ウインドウが開くので拡大できます)




アマゾンからもお求めいただけます




特定秘密保護法案施行さる!戦前の軍機保護法改正における防諜ソングはエンタメか?

はたまたレジスタンスなのか?その謎に迫る!

終戦70周年記念企画第一弾!

好評発売中の『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』に続く待望の「戦時プロパガンダシリーズ」!

いよいよ施行される特定秘密保護法を前に、戦前における秘密保持、いわゆる「防諜」をメインテーマに据え当時の国民や社会レベルでの意識を検証し、プロパガンダ研究の一環として歴史的資料を提示するアルバム

加えて、満州事変前後に「スター扱いされたスパイ」についても着目、また戦前歌謡史としても貴重な資料である。

監修は幻冬舎新書日本の軍歌 国民的音楽の歴史」、晋遊舎ムック日本の軍歌」、社会評論社「世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」他で軍歌&プロパガンダ研究家として著名である文筆家・辻田真佐憲氏。

はたして防諜ソングとはいかなるものか?

物々しいタイトルの羅列とは裏腹に、聞いてビックリの『脱力感』や『コミカルさ』と、高いエンタメ性の毒に目からウロコが落ちること間違いなし!

企画・復刻:保利透

監修・解説:辻田真佐憲

イラスト:山田参助



1. さうだその意気(霧島 昇・松原 操・李 香蘭)

2. 噫中村大尉(藤波笑声)

3. 十五夜の娘(川島芳子)

4. 「X(エックス)」二十七号(結城道子)

5. 防諜の歌(東海林太郎)

6. 防諜音頭(〆香・染千代)

7. ドンドン節(大日本国防婦人会名妓分会)

8. サノサ節(大日本国防婦人会名妓分会)

9. 仮面を剥げば(東海林太郎)

10. 間諜ハリハリ<上・下>(ミスターポリドール)

11. 第五部隊(井田照夫・山中みゆき)

12. 御用心数へ唄(服部富子・鬼 俊英・杉 狂児・コーラス)

13. 用心づくし(徳山・日本ビクター合唱団)

14. スパイの眼(華澤栄子・花村由利子・合唱:宝塚少女歌劇団雪組生徒)

15. スパイ御用だ(あきれたぼういず)

16. スパイは躍る(コロムビア・リズム・シスターズ)

17. スパイ戦線(日活スター杉 狂児・服部富子)

18. スパイを防げ(東京市情報課)

19. 防諜とは(防諜協会主事・三谷節次)

20. スパイさあ来い(林 伊佐緒・横山郁子)

21. スパイヨウジン(竹内郁子・日蓄児童合唱団)

22. マライの虎<ハリマオ> (東海林太郎・日本合唱団)

23. 隣組(徳山・日本ビクター合唱団・日本ビクター児童合唱団)




V.A. 續・大名古屋軍歌 [G10014] : メタ カンパニー


『時局便乗・粗製乱造こそ軍歌の本質である 辻田真佐憲

f:id:polyfar:20141006160351j:image

クリックすると別ウインドウが開くので拡大できます)



アマゾンからもお求めいただけます

續・大名古屋軍歌

續・大名古屋軍歌

幻の大名古屋軍歌CDセット

幻の大名古屋軍歌CDセット




まだまだ埋もれていた軍歌音源は存在していた!『幻の大名古屋軍歌』秘蔵音源!

初のタイアップ書籍となる<ぐらもくらぶシリーズ>『幻の大名古屋軍歌』辻田真佐憲著 (えにし書房)の発売に先駆け「大名古屋軍歌」に収録がかなわなかった幻の軍歌・戦 時歌謡音源をまとめた拾遺集として帰ってきた!

戦前において東京・大阪の中間地点の名古屋で奮闘したツル・アサヒレコードは、 東西の大手レーベルに伍して国威発揚の情報発信をしており、その意気込みを今 再発見する。

「大名古屋軍歌」発売から2年、愛国ビジネスの勃興が世を賑わせているがその原 点がここにある!レコード会社の逞しくもワルノリは歴史的資料としても微笑ましい 面もあるが、人間の行う営みが時空を超えても変わらないという現実も、本とC D2枚を併せて触れてみることによりリアリティを持って感じることができるであろ う。

監修は幻冬舎新書日本の軍歌 国民的音楽の歴史」、晋遊舎ムック日本の軍歌」、社 会評論社「世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」他で軍歌& プロパガンダ研究家として著名である文筆家・辻田真佐憲

企画・復刻:保利透

監修・解説:辻田真佐憲

寄稿:毛利眞人

※お得な2枚組セット販売の「幻の大名古屋軍歌CDセット(「大名古屋軍歌」&「續 ・大名古屋軍歌」)」もございます。「大名古屋軍歌」をまだお求めで無い方はそちらの 方がお買い得です。


1. 噫従軍記者の歌・血染の鉄筆(黒田進)

2. 航空大行進曲(黒田進)

3. 雪の戦線(江頭林二郎)

4. 陸戦隊行進曲(黒田進)

5. 防空の歌(黒田進・毛利幸尚)

6. 昭和青年の歌(岡本喜美子・黒田高守・三島康子・津笠茂子・水沢周国・松浦祥明)

7. 昭和青年愛国歌(昭和青年会合唱団)

8. 昭和青年神軍歌(昭和青年会合唱団)

9. 躍進節(東京幾松/黒田進)

10. 日満おどり(東京幾松)

11. 輝く大満洲(黒田進)

12. 祖国の前衛(高沢清)

13. 若しも召集令が下ったら(母里欽也)

14. 上海陸戦隊の歌(名響合唱団)

15. 南京陥落祝勝歌(アサヒ男声合唱団)

16. 凱旋・あな嬉し喜ばし(アサヒ男声合唱団)

17. 漢口陥落だより(大久良俊<近江俊郎>)

18. 軍艦行進曲(名響合唱団)

19. 爆撃千里(大久良俊<近江俊郎>)

20. 五・一五事件 血涙の法廷・海軍公判(栗島狭衣・其の一党)




『霽月小曲集・泊』はぐらもくらぶ初の新録新譜になります!

これは改めて記事として更新します!

泊 霽月小曲集 [G20001] : メタ カンパニー

霽月小曲集

霽月小曲集




大東京モダンミュージック遊覧にはこのCDを抜きには語れません!!!




アマゾンからもお求めいただけます


「大名古屋ジャズ」「大大阪ジャズ」のぐらもくらぶが贈る戦前日本の都市ジャズ・シリーズ第三弾。

サテどんじりに控えしは帝都『大東京』の文化と喧騒をそのままに溝に刻んだジャズ尽しだ。東京市下に跋扈する人気ジャズバンド、めくるめくシティーソング、ジャズオペラ。銀座裏のバーのマダムが語る男の味と、カフェー女給のうら寂しい斉唱サービス

人気ダンス教師はブルースをBGMにステップを教え、「フロリダダンスホール」に集ったバンドと名物歌手がスウィングと文化の粋を踊る。事変をよそにグランドショウで踏まれたタップや「セントルイス・ブルーズ」は戦前のステージパノラマだ。

ミッヂ・ウィリアムスの日本録音や、藤田嗣治夫人マデレイヌ藤田の唄う和製シャンソン丹下キヨ子デビュー録音、戦後ハワイアンの寵児となったバッキー白片の初期録音……とレア音源満載。リアルを追求した大東京案内で、さあ戦前においでませ。

企画・制作:保利透

監修・解説:毛利眞人


●DISC-1

1 丸の内メロディー 鈴野雪夫

2 Hong Kong Dream Girl (1925) 天勝一座 Carlos C. Shaw and his Orchestra

3 ティティナ "Titina"(1925) 少女合唱 三輪慎一

4 蒲田行進曲 "Song of the Vagabonds"(1925) 川崎豊 曽我直子

5 木曽節 二村定一

6 愛の調 "Where Is the Song of Songs for Me?"(1928) 佐藤千夜子

7 行進曲紐育 "I'm gonna bring a watermelon to my girl tonight"(1924) 内海一郎

8 夢の人魚 "A Siren Dream"(1927) 佐久間毅

9 大学生活 "Collegiate"(1925) 作間毅

10 リオリータ "Rio Rita"(1926) 二村定一 天野喜久代

11 マイヱンゼル "Angela mia"(1928) 天野喜久代

12 赤い唇 "Red Lips Kiss my Blue Aways"(1927) 天野喜久代 柳田貞一

13 東京夜曲 内海一郎

14 夜の東京 淡谷のり子

15 踊る東京 佐藤直子

16 新銀座行進曲 天野喜久代

17 銀座行進曲 内海一郎

18 渋谷行進曲 二村定一

19 新宿小夜曲 青木晴子

20 ほっときなさい(いゝじゃありませんか) (新宿) 藤村梧朗・丸山夢路

21 三文オペラ音楽 (序曲、第七:終曲、第三:代わりにの歌、第五:ポリーの歌) 近衛秀麿(指揮) 新交響楽団

22 「三文オペラ」の中 これが人生の唄 内田栄一



●DISC-2

1 村のしやれ男 "A Gay Caballero"(1928) 坂井透

2 カフェーから見た男の味 丹いね子 渡瀬淳子 門脇陽一郎 八重ちゃん

3 君恋し カフェータイガー・よう子 すみ子 

4 ブルースの踊り方(St.Louis Blues) 玉置眞吉(指導)

5 あの子  "Sweet Jennie Lee"(1930) 徳山蓀

6 二千万の恋人 "Twenty Million Sweethearts"(1934) ヘレン隅田

7 恋と虹 ヘレン隅田

8 夢うつゝ "Drifting and Dreaming"(1925) 山田道夫

9 左様なら! "Se va la vida" パクナデル(唄) 

10 パラダイス "Paradise"(1931) ミッヂ・ウィリアムス

11 みんなあなたに マデレイヌ藤田

12 手拍子そろへて "I'm Gonna Clap My Hands"(1936) テイチク・ジャズ・オーケストラ

13 ジプシーの喫茶店 "In a Gypsy Tea Room"(1935) ジルベスター牧

14 月光値千金 "Get out and get under the moon"(1927) ケイ・トヨダ

15 ラ・クカラチャ  "La Cucaracha" ケイ・トヨダ

16 ダイナ "Dinah"(1925) ジョー奥村  

17 Without a Word of Warning(1935) バッキー白片・アンド・ヒズ・アロハ・ハワイアンズ

18 サンフランシスコ "San Francisco"(1936) 能勢妙子 荻野久幸(タップ)

19 虹の唄 "Rainbow on the river"(1936) 小山きよ子(丹下キヨ子

20 国境の南 "South of the Border"(1939) 斎田愛子

21 セントルイスブルーズ "St.Louis Blues"(1914) 笠置シズ子

22 東京ブルース ディック・ミネ 







アマゾンからもお求めいただけます



明治・大正・昭和と東京の、いや日本の大衆芸能の発信基地であった「浅草六区」が、当時の音源を基に平成の世に甦る!

このCDは浅草で残されたの生の音と空気を缶詰にしたものであり、当時の風景を垣間見るだけでなく、浅草を知る上で必要な歴史的音源を収録。特に幻とされた浅草オペラの音源を多数復刻。

大歓楽街浅草を浅草オペラが歌う!活弁が吼える!エノケン・ロッパが走る!オモチャ箱のように詰め込まれた諸芸がカフェーの色香や尖端のモダン文化に彩られながら、取捨選択・壊しては作り変えられる浅草芸能主義のダイナミズムを是非とも触れてみるべし!

企画・制作:保利透

監修・解説:岡田則夫・小針侑起


●DISC-1

1 ジンタ 洋楽天然の美 帝国音楽団

2 スケッチ 浅草奥山見物 豊年斎梅坊主

3 スケッチ 昔の浅草奥山御馴み玉乗り一座 口上・橘家万笑

4 書生節 東京節 後藤紫雲

5 はやりうた 洋行帰り(越後獅子替歌) 松旭斎天華

6 浅草オペラ フラ・ディアボロ 大津賀八郎

7 浅草オペラ ピナフオーア 清水金太郎 清水静子 井上起久子 大谷光一

8 浅草オペラ 古城の鐘 田谷力三

9 浅草オペラ 恋はやさしき野辺の花 新星歌舞劇団・安藤文子 戸山英二郎

10 浅草オペラ コロッケ 日本橋・丸子

11 浅草オペラ 荒城の月 バイオリン・渡邊吉之助 ピアノ・竹内平吉

12 浅草オペラ 黄金の国(一)(二) 柳田貞一 富士野登久子

13 浅草オペラ 銀座雀 明石須磨子

14 浅草オペラ セビラの理髪師 原信子

15 浅草オペラ ブン大将 井上起久子 清水静子 清水金太郎 大谷光一

16 浅草オペラ 女軍出征 東京歌劇座員

17 浅草オペラ カルメン(一)(二)(三)(四) 丸山夢路 藤村梧朗 里見義郎

18 ジャズ漫謡 ほっときなさい(浅草篇) 藤村梧朗 丸山夢路



●DISC-2

1 活動写真 想い出の浅草(雪のアルプスチャップリンの拳闘) 西村小楽天 杉浦一郎

2 活動写真 想い出の浅草(猿飛佐助漫遊記) 中村声波 生駒雷遊 宮川敦臣 森田天倫 鈴木梅龍

3 活動写真 想い出の浅草(名金) 染井三郎 西村楽天

4 活動写真 想い出の浅草(己が罪) 中村声波 石井春波 濱照代 小藤田正一

5 笑いの王国 花嫁学校(上)(下) 中根龍太郎 藤田艶子 中根龍太郎

6 笑いの王国 三人フウさん 古川緑波 天野喜久代

7 カジノ・フォリー 相当なもんだネ 二村定一 榎本健一

8 曾我廼家劇 アメリカは禁酒国(上)(下) 曾我廼家五九郎一座

9 松竹少女歌劇 カマラードの唄(友達はよいもの) 水の江瀧子

10 ぼういず漫談 地球の上に朝が来る 川田義夫とミルクブラザース

11 漫談 新婚箱根の気分(一)(二) 柳家三亀松

12 落語 浅草見物(上)(下) 柳家金語楼

13 軽演劇 歌う二等兵 伴淳三郎

14 軽演劇 三等亭主 堺駿二

15 スケッチ 夜の吉原・新内辻流し 吉原芸妓連中

16 浅草のうた 浅草行進曲 二村定一 天野喜久代

17 浅草のうた 浅草の唄 藤山一郎





大好評で巷の話題を席巻中のCDはこちら!!!

※発売はメタカンパニーからになります

V.A. ねえ興奮しちゃいやよ ?昭和エロ歌謡全集? 1928?32 [G-10009] : メタ カンパニー


アマゾンからもお求めいただけます



エロ・グロ・ナンセンスとはなんぞや?その答えがここにある』

エロで生まれてエロ育ち 妾しゃ断然エロ娘

昭和初期は軽佻浮薄なモダン風俗とスピードと物質文明に踊りくるっていた。

現代の桑田佳祐ばりにフェティッシュな言葉の冒険から発禁レコードまで、エロとイットを歌で綴った70分。歌謡史からすっぽり抜け落ちた昭和のワンシーンに、ねぇ興奮しちゃいやよ!


監修・解説:毛利眞人

ライナー:山田参助

企画・制作・音源復刻:保利透


曲目:

1. とこイットだね (イット節)(二村定一)

2. エロ行進曲(淡谷のり子)

3. エロ小唄(黒田進 松山みどり)

4. キッスOK(二村定一 井上起久子)

5. エロ・オン・パレード(山田貞子)

6. ナンセンス小唄(清水静子)

7. スピード時代(伊達里子)

8. 尖端小唄(川田定子)

9. 銀座のバッドガール(金色仮面)

10. アラ!失礼(澤文子)

11. 恋慕夜曲(山田貞子)

12. S.O.S(水町昌子)

13. ねえ興奮しちゃいやよ(青木晴子)

14. あなたのものよ(淡谷のり子)

15. イットだね(黒田進)

16. 悪く思ふなよ(黒田進)

17. 知らぬ顔してにくらしい(浅草 小ゆき)

18. ほんに悩ましエロ模様(二村定一)

19. お江戸浅草(藤田艶子)

20. エロエロ行進曲(藤田艶子)

21. オリエンタルチャーレストン(常盤静子)

22. 浅草エロ小唄(浅草 小ゆき)

23. 娘アラモード(二村定一)






話題の新作CDはこちら!!!

花子からおはなしのおくりもの

花子からおはなしのおくりもの

日本の軍歌 (晋遊舎ムック)

日本の軍歌 (晋遊舎ムック)



大阪地区でジワジワと話題に火が付いてきた寵児たるCDはこちら!

 ※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 大大阪ジャズ [G-10006-7] : メタ カンパニー



アマゾンからもお求めいただけます

大大阪ジャズ

大大阪ジャズ


「大名古屋ジャズ」(ぐらもくらぶ)に続く戦前日本の都市ジャズ•シリーズ第二弾。

満を持した次なるターゲットは昭和初期、帝都東京を抜いて日本一の人口と経済発展を誇った大大阪だ!  

情緒と刹那主義、伝統とモダンがめくるめく水都のBGMはフォックストロットチャールストンブルースにエロ満載のジャズソング。フィリピン・ジャズバンドが、前野港造が、服部良一が、紙恭輔がジャズる大大阪。井上起久子が、黒田進が、松竹少女歌劇のスターたちが歌うグレート•オーサカ。タップの乱舞に沸き立つミナミ。 現存大手レーベルを含むコッカ、ナイガイ、タイヘイ、ニットー、ショーチクなどマイナーレーベルの初復刻多数! 大大阪学の泰斗、橋爪節也氏の踊る巻頭言つきで21世紀の日本に「大大阪ジャズ」がいま甦る!


監修・解説:毛利眞人

序文:橋爪節也

企画・制作・音源復刻:保利透



DISC 1

1 ブロードウェーメロデー "Broadway Melody"(1929) 大木あき子, 中村滋(タップ) 中村滋タップジャズバンド

2 サリタ "Ma Goulou Goulou" 井上起久子 日蓄ジャズバンド

3 思ひ出 "Among My Souvenir"(1927) 井上起久子 プリンシパルジャズバンド

4 断然好きだ "Yes,Sir that's My Baby"(1925) 井上起久子 千賀海寿一 ジャズバンド

5 嘆きの天使 "Falling Love Again"(1930) 井上起久子 アルハ・ベルウィン・ダンスオーケストラ

6 チンチャン "Ching Chong"(1917)   ローヤル・ジャズバンド

7 ゲーヂオフアーモアーアベヌ "Guage of Armour Avenue"(1924)   日東管絃団

8 カラバン "Karavan"(1919)   カールトンジャズバンド

9 バカボンド "Song of the Vagabonds"(1925) ヒリッピン・ジャズバンド

10 ホリウッド "Hollywood"(1922)   前野港造(ts)

11 スエズ "Suez"(1922)   前野港造(ts)

12 "Who"(1925)   ユニオンチェリーランドダンスオーケストラ

13 カチンカ "Katinka"   ハラダジャズバンド

14 岡の月光 "Get Out and Get Under the Moon"(1928) 山口静子 ジャズバンド

15 巴里の屋根の下"Sous les toits de Paris"(1930) 浜口淳 中村滋(タップ)  タイヘイジャズバンド

16 巴里の屋根の下"C'est pas comme ca"(1930) 井上起久子 中村滋(タップ)  タイヘイジャズバンド

17 カリオカ "Carioca"(1933) ヘレン広瀬 コッカダンスオーケストラ

18 セントルイズブルーズ "St.Louis Blues"(1914) リチャード瀧 コッカダンスオーケストラ

19 ダイナー "Dinah"(1925) リチャード・ユアサ サムカトーミユヂツクボーイ

20 ラクカラチャ  "La Cucaracha" 紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

21 夢に見る君が面影 "All I do is Dream of You"(1934)   紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

22 夜も昼も "Night and Day"(1932)   紙恭輔(指揮) P.C.L.ジャズバンド

23 美はしの瞳 "Smiling Irish Eyes"(1929) トミー福井   コッカダンスミュジックアンサンブル

DISC 2

タイトル 歌手 演奏

1 大阪行進曲 植森たかを オーケストラ

2 浪花小唄(道頓堀夜景) 二村定一 日本ビクター・ジャズバンド

3 花街行進曲 - 南地 花園綾子 赤玉ジャズバンド

4 飛田夢想曲 花園綾子  赤玉ジャズバンド

5 大阪セレナーデ 二村定一・天野喜久代 コロムビア オーケストラ

6 大阪夏祭風景(天神祭の唄) 川田定子 ジャズバンド

7 道頓堀おけさ 笹川銀子 日東管弦団

8 串本節   服部良一cond. 国歌ジャズバンド

9 テルミー "Tell Me"(1919)   国歌ジャズバンド

10 木曽節   キングダンスオーケストラバンド

11 カフェーの唄 秋田登 ジャズバンド

12 エロ・オンパレード 黒田進

13 尖端ガール 黒田進 ジャズバンド

14 思ひ直して頂戴な 川田定子 ジャズバンド

15 エロウーピー 二村定一 井上起久子 タイヘイジャズバンド

16 バットガール 二村定一 タイヘイジャズバンド

17 フウ "Who?"(1925)   大阪松竹座管絃団

18 スエズ "Suez"(1922)   松竹座ジャズバンド

19 紐育行進曲 "I'm gonna bring a watermelon to my girl tonight"(1924) 井上起久子 松竹座声楽部生徒 篠原正雄指揮 松竹座オーケストラ

20 天神祭どんどこの唄 田谷力三  松竹楽劇部女生 松竹座管弦楽団

21 恋のステップ 三笠静子 大阪松竹少女歌劇声楽部 大阪松竹管弦楽団

22 第十二回 春のおどり(桜咲く国) 芦原千津子(タップ) 笠原シズ子 月ヶ瀬咲子 松月さえ子 合唱団 松本四良(指揮) 松竹管弦楽団

23 大阪名物年中行事 春のおどり宣伝盤 勝浦千浪(タップ) 京マチ子(台詞) 水上ましろ・草鹿多美子(唄) 松竹爆音部隊





それから6月30日発売の北廉太郎もよろしくです!!!


※発売はメタカンパニーからになります。

北廉太郎 伝説の歌声シリーズ 『ヴォルガ旅愁』 [G-10008] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


ようこそ!ぐらもくらぶCDワールドへ!

レーベルとしてのぐらもくらぶCDがいよいよ誕生しました!

まず、ぐらもくらぶCDとはなんぞや?と言うことですが、これはザックリと言ってしまうとSP盤(蓄音機で聴くレコード)時代をメインに様々な音源を、開放してもよいと言う有志と共に世に送り出そうというものです。

ともあれ、明治・大正・昭和期の音源で、埋もれたものでも選りすぐってみると、現代でも楽しめる、また意義のあるものは沢山あります。

これらを時代の垣根を飛び越えて皆さんで楽しめたらどんなによいだろうか、と言うのがこのCDのコンセプトです。


古今東西の素晴らしき音源を皆様と共有できる、これは制作側にとって一番の喜びです。また、共有した先に見えてくるもの、それは個々にとって様々とは思いますが、きっと何か文化的資料としても役立ってくれる日もあると信じています。


今後も発売されるシリーズに是非ご注目ください!




ぐらもくらぶ』がお送りする「伝説の歌声シリーズ」の第一弾!

戦火と70年の歳月を超え、大戦前夜に21歳で夭折した幻のティーン歌手・北廉太郎がいま甦る!

17歳から21歳までしか歌手活動が出来なかった若きヴォーカリストの歌声は、その最大の

持ち味であるペーソスと共に今でも心に響くものがある。

このCDは戦前における歌謡界の「アイドル像」や「ティーン歌手」たちの存在、時代が求めた

曲のトレンドなどを如実に感じ取ることができる1枚である!


■企画・制作・解説:保利透

ライナー:毛利眞人



1 ピエロ流し    紀多寛

2 恋の海峡    紀多寛

3 伊豆の故郷    北廉太郎

4 旅の子守唄    北廉太郎

5 夢のゆりかご      北廉太郎

6 黒龍千里    北廉太郎

7 追憶の馬車    北廉太郎

8 男の行く道    北廉太郎

9 若き日の歌    北廉太郎

10 心の子守唄    北廉太郎

11 青春の丘    北廉太郎

12 青春のふるさと  北廉太郎

13 夕空ブルース   北廉太郎

14 山の凱歌    北廉太郎

15 白樺月夜    北廉太郎・増田なほみ

16 出船の唄    北廉太郎

17 潮来夜船    北廉太郎

18 希望の星    北廉太郎

19 望郷の唄    北廉太郎

20 ヴォルガ旅愁   北廉太郎

21 支那の町    北廉太郎・青葉笙子

22 天城越ゆれば   北廉太郎

23 赤城恋しや    紀多寛




★ネット上で話題騒然大ヒットの「大名古屋軍歌」!!!!


※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 「大名古屋軍歌」 Militarythm in The Central City [G-10005] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


好評発売中の『大名古屋ジャズ』に続いて待望の「大名古屋シリーズ」第二弾!

戦前における東西大手レコードメーカーの中間地点、名古屋のツル・アサヒレコードにて製作された軍歌・時局歌・戦時歌謡の数々。

それは単に時局迎合・流行便乗主義だけではなく、名古屋独自のテイストにより日本各地へ国威発揚が情報発信されていたのです。

昭和6年に勃発した満州事変以降~アサヒレコードが活動を停止する昭和14年までに制作された、それら溢れる軍歌は当時の音楽トレンドや現場の息吹が感じられ、かつ大手に伍する勢いの意気込みに圧倒されることでしょう。

東西を往来する若き楠木繁夫(黒田進)や近江俊郎(大久良俊)などの吹き込みも収録。

流行歌の若き胎動を探る資料としても貴重!


ライナー・曲目解説は「世界軍歌全集―歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代」(社会評論社)の著者で軍歌研究者の辻田真佐憲氏、そして「ぐらもくらぶ」ではお馴染みの音楽ライターである毛利眞人氏。

企画:保利透



1. 十三対一(名誉の孤立) / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

2. 便衣隊討伐の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

3. 凱旋行進曲 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

4. 満蒙新国家建設の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

5. 満蒙行進曲 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

6. (北満守備の歌 / 江頭林二郎 伴奏: アサヒオーケストラ

7. 戦線を憶ふ妻の唄 / 永井智子 伴奏: アサヒオーケストラ

8. 独立守備隊の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

9. 肉弾三勇士の歌 / 黒田進 伴奏: アサヒオーケストラ

10. 日米若し戦はゞ - 太平洋航進曲 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

11. 日米若し戦はゞ - 守れ太平洋 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

12. リットン節(認識不足も程がある) / 黒田進 伴奏: 管弦楽

13. あらまあ認識不足よ(リットン程ではないけれど) / 谷田信子 伴奏: 管弦楽

14. 乗切れ乗切れ非常時 / 黒田進

15. 日本ファッショの歌 / 黒田進

16. 五・一五事件 昭和維新行進曲(海軍の歌) / 黒田進 伴奏:アサヒオーケストラ

17. 五・一五事件 昭和維新行進曲(陸軍の歌) / 黒田進 伴奏:アサヒオーケストラ

18. 北支の夢 / 市三 伴奏: アサヒ管弦楽団

19. 上海陥落祝勝歌 / 名響合唱隊 伴奏: アサヒオーケストラ

20. 愛国行進曲 / 名響合唱団 伴奏: 名響管弦楽団

21. 噫南郷少佐 / アサヒ合唱団 伴奏: アサヒオーケストラ

22. 奪つたぞ!漢口 / 大久良俊 伴奏: アサヒ管弦楽団

23. 軍艦旗の歌 / 名響合唱団 伴奏: アサヒ管弦楽団

24. 愛馬進軍歌 / 名響合唱団 伴奏: アサヒ管弦楽団






※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 戦前ジャズ・コレクション テイチクインスト篇 1934?1944 [G-10003-4] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます


いま甦る!戦前ジャズの真髄。テイチク・ジャズオーケストラ、タイゾウ・スヰング・オーケストラジェリー・ウッドとアンバサダース、バッキー白片のアロハ・ハワイアンズ・・・・昭和10年代、「ジャズ王国」と謳われたテイチクが旺盛にレコーディングしたインストはまさに戦前ジャズの眠れる宝庫であった。いま満を持して、テイチクエンターテインメントの全面協力のもと録音*発売データも完備してお送りする。

ニッポンスウィングタイムを体現する怒濤のサウンドを刮目して聴け!


企画・制作 : 保利透

監修・ライナー : 瀬川昌久・毛利眞人・柳樂光隆




※発売はメタカンパニーからになります。

V.A. 大名古屋ジャズ [G-10002] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます



~ 復活!まぼろしの戦前・名古屋のジャズシーン ~

戦前の名古屋に燦然と輝くインディーズレーベル、ツル/アサヒレコード

かつて東京へ上方へと忙しく飛び交い、芸どころ名古屋に集う芸能人たちはラジオに出演したあと、必ずといってよいほどアサヒ蓄音機商会の本社スタジオを訪れました。 これほど地域と一体となったレコード会社はなかったでしょう。ツル/アサヒ=芸術家のオアシスであり大名古屋時代の文化遺産なのです!

このCDはツルレコードのジャズ・舶来ポップスにスポットを当ててみました。

類まれな美声とセンスで下積み時代を送っていた楠木繁夫、通好みのジャズシンガーミッキー松山、そして今回新たに発掘された「第一次あきれたぼういず」の幻の録音など、フレキシブルな企画力と芸どころ名古屋ならではのたくましさがここに炸裂しています。昭和のジャズ・演芸のミッシングリンクを埋める1枚をお聴きください!

企画・制作 : 保利透

監修・ライナー : 毛利眞人






※発売はメタカンパニーからになります。

二村定一 街のSOS! [G-10001] : メタ カンパニー

アマゾンからもお求めいただけます

二村定一 ~街のSOS!~

二村定一 ~街のSOS!~


~80年の時を経て日本初のジャズシンガー二村定一が蘇る!~

昭和初期に一世を風靡した日本で最初のジャズシンガーである二村定一。その魅力はジャズソングだけではなく、時代の寵児としてエロ・グロ・ナンセンスをテーマとしたモダンソングだ!

本CDは二村定一ビクターコロムビアなど、大手レーベルで吹き込んだジャズソングや流行歌とは全く趣の違う異色作を中心に収録。

日本におけるジャズと洋楽、そして流行歌の胎動と黎明期の熱意がこのCDを聴けば全てわかる。

収録曲は戦前マイナーレーベルを中心に、「浅草行進曲」などの都市文化を象徴したものや、「禿オンパレード」のようなコミックソング、そして「キッスOK」「女・女・女」のような時代を髣髴させるエロ・グロ・ナンセンスの傑作を収録。

監修・ライナーは、講談社刊「沙漠に日は落ちて 二村定一伝」の著者・毛利眞人。

この本と先行発売のビクターCD「私の青空 二村定一ジャズソングス」、そして本CD「二村定一 街のSOS!」を聴けば二村定一の全てが判る!


私の好きな歌(コロムビア篇)

私の好きな歌(コロムビア篇)

越路吹雪 EMI イヤーズ

越路吹雪 EMI イヤーズ

コロムビア イヤーズ

コロムビア イヤーズ

ROMANCE

ROMANCE

ラ・メール

ラ・メール

LE GONDOLIER

LE GONDOLIER

私の好きな歌 EMI篇

私の好きな歌 EMI篇

FROU FROU

FROU FROU

NON,JE NE REGRETTE RIEN

NON,JE NE REGRETTE RIEN

ベル・エポック~日本のシャンソン黄金時代

ベル・エポック~日本のシャンソン黄金時代

沙漠に日が落ちて─二村定一伝

沙漠に日が落ちて─二村定一伝

私の青空~二村定一ジャズ・ソングス

私の青空~二村定一ジャズ・ソングス

ニッポン・モダンタイムス「La Tanguista」

ニッポン・モダンタイムス「La Tanguista」

ニッポン・スウィングタイム

ニッポン・スウィングタイム

2015-03-26

[] 今年もやります!ぐらもくらぶイベント


さあ!満を持して情報解禁です!!!



春のぐらもくらぶ祭り2015

『音と影』 〜戦前日本における映画と音楽の融合〜


今年もぐらもくらぶ主催のイベントが開催されます!今年のテーマは「音と影」。ピアニスト・作曲家の新垣隆さんらを迎えてお送りします。

第1部は無声映画からトーキーへ過渡期を俯瞰し、戦前における映画と音楽の交錯を資料を基に検証するトークイベント。更に第2部には新垣隆&大谷能生ら現代活躍中のアーティストによる「もしもこうだったら」と言う実験的試みのアトラクションも行います!



プログラム

第一部:14時00分〜

<戦前日本における映画と音楽の融合・サイレントからトーキー、その成熟期>

トーク:大谷能生(音楽家)/佐藤利明(娯楽映画研究家)/毛利眞人(音楽評論家)/保利透(アーカイブプロデューサー)/片岡一郎(活動写真弁士) ほか


トーキー映画の輸入とその受容による影響、それらをレコード音楽やサントラなどで検証するシンポジウム


無声映画期の映画伴奏/紙恭輔と映画音楽エノケン映画とジャズ/貴志康一と映画/ミュージカル映画の世界 ほか〜


第二部:16時30分〜

<夢想する無声映画の進化>

トークと実演:新垣隆(ピアニスト)/大谷能生(音楽家)/片岡一郎(活動写真弁士) ほか


上映作品:『己が罪作兵衛』(1930年・松竹蒲田作品) ほか


★現代における気鋭音楽家と活動写真弁士による伴奏つき無声映画の再現。


〜新垣隆さんらによる無声映画音楽についてのトーク/新垣隆(ピアノ)・大谷能生サックス)の即興演奏による無声映画上映/活動写真弁士:片岡一郎・ピアノ:新垣隆による『己が罪作兵衛』(1930年・松竹蒲田作品)の上映〜




場所:両国・江戸東京博物館ホール(JR・大江戸線・両国駅下車)

開催日:2015年5月24日(日曜日)

開場:13時30分

入場料:2.000円(当日券・先着順・入れ替え無し)

※博物館併設の駐車場の出庫は17時30分までとなっておりますのでご注意ください。


主催:ぐらもくらぶ/協賛:マツダ映画社・活動写真実演会・メタカンパニー・えにし書房

お問い合わせ:gramoclub78@gmail.com

オフィシャルサイトhttp://d.hatena.ne.jp/polyfar/



是非お越しください!!!!


それから僕が企画しました『日本の軍歌アーカイブスシリーズ5作がビクターエンタテインメントより発売されました!評判も上々でありがたいです!


ぐらもくらぶCDも絶賛発売中です!

メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 酔へば大将 ?酒とエッセイ? 戦前篇 [G10019] : メタ カンパニー




酔えば大将よう大将!酒場に宴会にそしてご家庭に!

愉快なお酒ソングと共に綴られる「ぐらもくらぶ」を支える酔人5人のエッセイ

どうせこの世はままならぬ、飲んでこの世の憂さを忘れようぢゃないか!

戦前における愉快な「酒ソング」コンピレーション

二村定一バートン・クレーン、楠木繁夫、藤山一郎東海林太郎古川ロッパなど、戦前を代表する歌手による豪華盤。世界大戦前夜に生まれたジャパニーズ・ポピュラーミュージックを全編オリジナルSP音源でまとめ、ホロ苦い歌からコミックソングノベルティソングまでをライトエッセイとともに楽しめるアルバム

エッセイ大谷能生・毛利眞人・長谷川健太郎・岡田則夫・西森路代

■解説:毛利眞人・保利透

■制作・復刻:保利透

■収録曲:

1. スタインソング / 二村定一

2. 酒だ酒酒 / 南五郎

3. 君と乾杯 / 久野和夫(日置静)

4. 酒は涙よ溜息よ / 黒田進(楠木繁夫)

5. オー・チェリオ / 花房俊夫(藤山一郎

6. 酒に忘れて(君徳の唄) / 富橋文雄(東海林太郎

7. 夢ではないか? / 小林千代子・鉄仮面

8. 酒場天国 / 新城一郎(一色皓一郎)

9. サラリー・マンよ / 徳山蓀

10. 酒宴の唄/ 伊藤敦子・奥田良三・日本ポリドール合唱団

11. 呑んで愉快に / 松平操(楠木繁夫)

12. 船長さん / 徳山蓀・日本ビクターシスター

13. 酒の唄 / 松山芳野里

14. ビールで乾杯 / 結城浩・タイヘイ少女合唱団

15. 注いだ酒なら / 東海林太郎

16. ころがせころがせビール樽 / 徳山蓀・オリオンコール

17. 酒がのみたい  / バートン・クレーン

18. バッカスの唄 / 二村定一

19. 酒呑みの唄 / ポリドールラッキー・ボーイズ

20. 酔へば大将 / 古川緑波

21. 酒くめど / 松平晃

22. ビア樽ポルカ / 藤山一郎






霽月小曲集

霽月小曲集



引き続き評判のエノケンCDはこちら!!!


メタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

V.A. 芸能宝船・歌は戦線へ ?戦争と喜劇人? [G10017・18] : メタ カンパニー




"ぐらもくらぶ"最新作は戦争と喜劇人、そしてエノケンをテーマにした豪華二枚組!

エノケン・ロッパ・金語楼! ! ! 戦時下における喜劇人のパフォーマンスが今よみがえる!

国家と戦争に翻弄され歴史に埋もれた喜劇人たちの貴重な音源が、21世紀にもたらすものとは?

■終戦70周年記念企画

<第一部・戦争と喜劇人>

二村定一から古川緑波まで、戦前における喜劇人たちの戦争をテーマに綴ったバラエティ

<第二部・もうひとつのエノケン全集>

エノケンの発掘された音源を中心に、時局に協力せざるをなかった喜劇人の歴史をたどる

監修・解説:佐藤利明(オトナの歌謡曲)

企画・復刻:保利透

■収録曲:

DISC1 <第一部・戦争と喜劇人>

1. 護れよ祖国 (二村定一)

2. 君は兵隊?(上)(下) (横山エンタツ花菱アチャコ)

3. 金語楼の水兵 (柳家金語楼)

4. 可愛い水兵 (古川緑波日本ビクター女声合唱団)

5. 江戸ッ子部隊 (古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

6. 兵隊床屋 (徳山蓀・古川緑波日本ビクター・リズム・ジョーカース)

7. 鬚に未練はないけれど (徳山蓀・古川緑波日本ビクター男声合唱団)

8. わらわし隊 ~中支皇軍慰問記念~(上)(下) (ミス・ワカナ 玉松一郎)

9. 代用品時代 (岸井明)

10. 僕の武勇伝 (杉狂児)

11. 全く満洲はいゝですネ (杉狂児)

12. オッサンの挨拶(上)(下) (高勢実乗)

13. あのネ軍使 (美ち奴)

14. 夢と兵隊 (杉狂児)

15. みなさん、みなさん (石田一松)

16. 勝利への近道 (徳川夢声)

17. 前線便り (古川ロッパ)

18. 海底物語(上)(下) (あきれたぼういず改め・新興快速舞隊)

19. 前線へ送る夕 (司会と唄の尻とり ロッパ)

20. 前線へ送る夕 (漫芸 声帯模写 ロッパ)


DISC 2<第二部・もうひとつのエノケン全集>

1. 支那のルムバ (榎本健一・宏川光子)

2. 支那の兵隊さん (榎本健一)

3. エノケンの南京ぶし (榎本健一)

4 もしも忍術使へたら(完全版) (榎本健一)

5. 流行歌数へ唄(市販テイク) (榎本健一・武智豊子)

6. エノケンの鴛鴦道中 (榎本健一・若原春江)

7. エノケンの兵隊じゃんけんぽん (榎本健一)

8. 歌は戦線へ (榎本健一・小林千代子・波平惠弘・奥田良三・高杉妙子・高田浩吉・〆香・三丁目文夫・矢島英子・矢田稔・青葉笙子・田端義夫・関種子・上原敏・高山美枝子・近江志郎・きみ栄)

9. エノケンの上海の街角(リマスター) (榎本健一)

10. エノケンの組長さん (榎本健一・矢島英子)

ボーナストラック

11. ちゃっきり金太の唄 (榎本健一)

12. のんき旅 (榎本健一)

13. 結婚はしたけれど (榎本健一)

14. 僕の恋愛設計図 (榎本健一)

15. メイコちゃんと・?坊の閻魔大王訪問記 (中村メイコ・榎本?一・榎本健一)

16. 彌次喜多ブギ (榎本健一古川緑波)




ぐらもくらぶ』本がいよいよ発売になります!!!

もちろんメタカンパニーのサイト通販からもお求めいただけます!

辻田真佐憲 愛国とレコード [978-4-908073-05-2 C0036] : メタ カンパニー




軍歌こそ“愛国ビジネス”の原型である!

アサヒ蓄音機商会を中心とした、

戦前軍歌のレーベル写真と詳細な解説。

辻田真佐憲最新刊、異色の軍歌・レコード研究本!


「戦争は商機だ、ドンドン軍歌を売りだせ!」。アサヒ蓄音器商会は、大正時代から昭 和戦前期にかけて名古屋に存在したローカルレコード会社である。代表的なレーベ ルとして「ツルレコード」と「アサヒレコード」を擁し、首都圏・関西圏の大手企業 に伍さんとして、次々に尖鋭的な企画を打ち出していったことで知られる。……  ツル・アサヒの軍歌は、ローカルでありながら、実はユニバーサルでもある……例 えば、我々の身近に低劣な「愛国コンテンツ」が存在しないだろうか。低劣とバカに するのは結構。だが、その実力は決して無視できない。大名古屋の軍歌はまさにその 論拠となるのではないだろうか。(本書より)


★この本は戦時プロパガンダ研究の第一級資料であるとともに、本文に触れている楽曲のレーベルや月報などの画像をすべて掲載しており、レコード&歌謡史研究、そしてコレクターズアイテムとしても要注意な1冊に仕上がっています!


辻田 真佐憲(つじた まさのり)

1984 年、大阪府生まれ。文筆家・プロパガンダ研究者。慶應義塾大学文学部卒業。著書に『世 界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムイデオロギーの時代』(社会評論社)、『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』(幻冬舎新書)。監修に『大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)、『日本の軍歌』(晋 遊舎ムック)などがある。軍歌の復刻にも取り組み、『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)の監修もつとめる。


※ 書籍:ぐらもくらぶシリーズは、ぐらもくらぶと提携、レーベルが発売するCDなど音源の内容に 即して企画・製作する書籍です。