Hatena::ブログ(Diary)

新『のほほんと日々のこと』 RSSフィード

2006-01-17 言ってはいけない言葉

今日は、明日の健康診断(しかも2次検査)のためブログも書かずに早目に寝ようと思っていたのですが、ちと腹立たしいニュースが入ってきたので書くことにしました。


今日、連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤被告死刑が確定しました。

17年もの間、この事件と戦い続けた検察側、弁護側の皆さん、遺族の方々、本当にご苦労様でした。

直接関わっていない私にはこんなことしか言えないし、まして今回の判決についてどうこう言う資格は無いでしょう。


しかし、これについて大した知識も無い(はず)のに「死刑になって当然。」とマスコミに言った馬鹿な奴がいます。

現在の総理大臣小泉純一郎ですよ!!


小泉さんよぉ〜、

国会議員国民を守るのが仕事だろう?

国民の中には犯罪者だっているんじゃないの!?

あんたの発言は被告家族や友人、先生、今まで彼と関わってきた全ての人達について考えた発言なのか??

八百屋の親父じゃないんだから、そんなことをマスコミの前でさも自分が言うことが世界標準のような発言をすべきではないんじゃないの!!?

あ〜ん!!!?(…ちとぐれ気味)


小泉首相の発言は、警察署長がマスコミ記者会見でひき逃げした犯人に「○○は死ねー!!」って叫んでいるようなもんだと思います。

彼の罪は法律もしくは裁判官が裁くもの。総理大臣がジャッジする問題ではない。

総理大臣の癖にそんなことも知らないの??


多分、近い将来彼の刑は執行されるでしょう。

死刑サインをするのは法務大臣

その上の小泉がOKを出している以上サインを書かない理由にはならないから…。


小泉のどう考えても人気取りにしか見えない余計な発言は、1人の男の寿命までも決めてしまった。

そんな責任ある発言だと言うことを分かっては言っているんでしょうか。


誰かが、誰かの死についてそれを当然と思ったり望んだり願ったりするような発言がまかり通る世の中。

なんか間違ってるんじゃないのかなー。

って思う今日この頃です。

Connection: close