日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2001-12-21

[]アメリ

アメリ [DVD]

アメリ [DVD]

心配してたような、かっこつけたようなフランス流のくさみとかあんまりなくて楽しめた。

まわりの人物の描き方がなかなかいいし

音楽もひとつひとつのシーンもいいのがたくさん。みる価値ありと思う。

あっこさんのコメント(2002 1/25)

遅ればせながら、よかったです、アメリ

好きな感じがいっぱい詰まっていてました。

赤い服も着たくなったしね(笑)

私のコメント

おお 「アメリ」楽しめたのね!

冒頭のお父さんとお母さんの趣味の紹介とかも好きだし、絵かいてるおじいさんのコメントもすきだわ。。

で、ボーイフレンドのバイト先あんな調子だけど心はとってもきれいな感じで。。

とにかくなんでもべたじゃなくって おかしくて わかりにくくなくって

きれいでありながらきれいすぎなくて。。いいねー!

音楽もサントラ買えばよかったかな。。

あの監督の他のもみたくなってます。。

カフェに来る人が「デリカテッセン」って作品ではすごい姿ででてくるそうで。。興味もってます。。

あっこさんのコメント

サントラ盤出ていたんですね。映画館では気がつかなかった。

パンフを読むと、監督が音楽担当者の曲とひょんな事から出会って

そこからどんどん出来上がったみたいで、

映像のイメージとぴったりだったようですね。

冒頭の妙な紹介、館内のお客さんも同じ部分で受けていたのがおかしかった。

最後のあたりのシーンとした場所も一緒でした。

私も絵のおじさん、大好きです。温かくて。

お父さんも好きです。特に「こびと」がらみで!

アメリも恋人も内気そうだけど周囲にいい人がいっぱいいてなんかホッとします。

あの監督の別の作品はもっと暗い感じのようですが、映像に仕掛けがあるとかで、そういうのがとっても期待できそうですね。

私のコメント

「こびと」ネタよかったですね!

わたしあの謎の写真の男ネタもすきですよ。

mikaさんのコメント(2002 1/31)

わー!「アメリ」の監督って、

ジャン・ピエール・ジュネだったのですかぁぁーー!

ジュネ監督、大好きなのです!


ジャン・ピエール・ジュネ&マルク・キャロ監督に、「デリカテッセン」、「ロスト・チルドレン」という作品があるのですが、これは2本とも一見の価値アリですよ〜('-')

特に「ロスト・チルドレン」は、全画面切り取って飾っておきたいくらいの緻密さ!

ファンタジーなのですが、出てくる登場人物がちょっと「異様」で、かなり独特なのです。

謎の一つ目教団とか、シャム双生児の姉妹とか、ノミ(虫)を使った殺し屋とか。。。

ゴルチエの衣装もユニーク♪

エイリアン」シリーズの中では、もちろんオリジナルが一番ですが、「エイリアン4」も、ジュネが監督していることもあって、高く評価している私。

デリカテッセン」「ロスト・チルドレン」に出演している、大男(ロン・パールマン)と、くしゃおじさんみたいな人(ドミニク・ピノン)も出演してるしね!

たんぽぽさん(200212/21)

やっと「アメリ」をみてきました。

例によって、ほとんど白紙状態で行ったので、

最初はストレートな表現にビックリしました。

後から、ステキな場面や、人を喜ばすためのいたずらなどたくさん詰め込まれていて、楽しめました。

小人さんの写真や謎の人の写真のエピソードなど面白かったです。

好きなもの嫌いなものも、「うんうん」というものがありました。

私のコメント

アメリ」、あの好きなもの嫌いなものって紹介の仕方がいいですよねー。わたしも自己紹介そういう風にしたくなります。。

乱雑にしているかばんの中身をみるたび、アメリの両親ならたまらんやろうなーと思ったりして。。

こびとと謎の人のエピソードわたしも大好き!

あと、あの画家のおじいさんのお部屋の仕掛けも。。

音楽も街できくとなんかうれしくなります。

はやしみちこさん(2002 8/6)

アメリDVD」やっと今日買いに行きました。

日本語吹き替えとなると、どんなものかと思いましたが、

それはそれでまた新鮮に見られ、面白かったです。

元がいいのはどうやってもいいものですね。

映画館では気がつかなかった細かいところが見られて嬉しいです。

”映像特典”はこれから見ますネ!

ピアノ楽譜が売っていたのですが、値段を見てやめてしまいました。

Vol.2ってあったので、Vol.1があるのかと聞いたらどうも無いらしい、ちょっと謎の楽譜。家に帰ったらやっぱり欲しくなってしまいました・・・。

ふぃりっぽさんのコメント

アメリDVDではないんですが、ビデオレンタルしてみました

噂には聞いてたんですが、いや〜なかなかおしゃれな映画ですな

男の目から見るとあまり美人じゃない(失礼)アメリですが

確かに女性から見たらいろんな面で共感できるのかも

確かに吹き替え、どんな感じなんだろう。。。

私のコメント

アメリ自体よりも 周りの人がわたしは好きかな〜。

あのお隣に住んでるおじいさんとか、カフェストーカーとか。。

(彼はジャン・ジュネの作品にいっぱい出てくるんですね〜。。)

好きになる相手とか。。

なんか映像のきりかえとかもゆったりしてるところとテキパキしてるところがあって、気持ちよかったなぁ。。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証