日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2002-05-09

[]子熊物語

mikaさんが掲示板で

今日はもう1本、「子熊物語」を観ました。

薔薇の名前」のジャン・ジャック・アノー監督作品。

ああ、お願いですから、タイトルで決めつけないでください!

ドキュメンタリーのようにリアルなフィクション

熊たちのリアルさは感嘆に値します。

子供向けじゃない、教育映画でもない、お涙頂戴もしない、

でもただ生態を映したというだけのドキュメンタリーでもない。

ドラマも自然も素晴らしいけど、何と言っても子熊がかわいくて〜!

家族でのご鑑賞にもうってつけの一本ではないでしょうか。

オススメです!

2002/11/9

私の書き込み

わたしは前にここですすめられたアノー監督の「子熊物語」みています。

たしかにべたべたしていなくていい!

最近ごひいきのマイナー映画もおいているビデオ屋さん*1ではおすすめ映画に星印がついていて

それを借りると 割引券をもらえるのですが

(そういう発想自体がなんかいい映画をみてほしい!って

勢いを感じてとてもイイと思ってしまう。。)

「子熊物語」にもたくさん星がついていましたよ!

mikaさんのコメント

「子熊物語」!あっぱれですよねー。

ドキュメンタリーなのか?と思わせるほど小熊の演技(?)が自然で。

長い年月を掛けた調教の賜物だったのだと知って驚きました。

でもヘンに調教しすぎてないというか、媚びた演技になっていない

という点もスゴイと思います。

(日本で作ったら、やっぱり「子猫物語」みたいになっちゃうと思う。。)

子熊の見る夢がシュールでおかしかった〜(^-^)

これは大人も子供も楽しめる佳作ですよね!

私のコメント

あの動物たち そういうことだったのか〜。

ほんと甘ったるくなくて落ち着いたいい作品だねー。

mikaちゃんも以前いってくれてたように

変なこぐまの声とか一切なしで、 

でも、ちゃんと 寂しがってるな。。とか

状況が伝わってもうかわいらしいったら!

あの のびあがる姿勢とか飛び上がる動作とかがたまらないです!

そして、シュールな夢 最高です!

かわったテイストの絵本読んでるみたいで

あの画面とってもおもしろいんだよね〜!

で、ちょっとだけ入ってるなきごえとかもかわいいですよね。。これは小熊のものかどうかわからないのですが。。

windshipさんの書き込み

こちらでもおすすめだった「子熊物語」をみました。

んーん、よかったです。

mikaさんのおっしゃるように、タイトルに惑わされず

ぜひ見て欲しい作品ですね。

大熊に寄り添ってやすむ子熊のなんと愛らしいこと。

(もちろんそれだけではありません)

*1:ふや町映画タウンのこと・・この当時はこういうことしてたか・・と 2017年7月追記

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20020509/1500937608