日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2003-05-01

[][]ホワイトハウス(2004年12月に閉店)

f:id:ponyman:20110207154209j:image

f:id:ponyman:20110207154208j:image

windshipさんが掲示板で

ホワイトハウス」に、とうとう行けました。

時が止まったような、とか、タイムスリップしたようなという形容がありますが

陳腐な表現だけど能がないけど、やはりやっぱりそんなところなのでした。。

お年を召したご主人が、年を取っておられるのだけど

でもその上を今のこの時間が確かに流れていることも感じられて

止まった時間と流れている時間の両方がみえるようで

何かとても不思議な不思議な柔らかな空間でした。

もろくてすぐに壊れそうで

それでいて大地に根を下ろした力強さにあふれているような

レースのカーテン越しの光は

そんなまぶしさなのです。

行けてよかったです。ありがとう。

以前に私がホワイトハウスのことをまとめたもの(こちら)を紹介したところwindshipさんのコメント(5/2)

なんか現役の喫茶店にほんとは感じちゃいけないことなのかもしれないけど

おかしがたいというか、ちょっと神聖な感じがしてしまいました。

紹介のページから見た写真は、行ったばかりなのにもう懐かしさが。。。

mitsu5さんのコメント

ホワイトハウス、芸短(現造形大)在学中、よくお世話になりました、懐かしい場所です!だいすきでした〜。

いろいろ青春の悩み(笑)をよく友達とあそこで長い長い間話し込んだりしていました…。(遠い目)

卒業後何年も経った一昨年くらいに一度訪れたんですが、定休日で、入れず。

心配してたんですが、今も変わらず営業されているんですね。うれしいです。

(好きだったお店、他はほとんどなくなってしまって…)

またもう一度行きたいな。現役であるうちに…。

windshipさんのコメント(5/6)

mitsu5さんは、すでに「ホワイトハウス」の

輝ける常連さんだったのですね。

わたしは、初めて入りながらもやはり遠い目。。になっていました。

人を遠い目にさせるお店ってやはり、素敵じゃありませんか、ねっ。

そのあとmitsu5さんが行かれた書き込み(2003/6/23)

先の土曜日に京都へ行き、十数年ぶりに「ホワイトハウス」に行って来ました。

ほんとに変わってない…。でも、ガーガーすごい音のする冷風機が無くなっていたり、出て来るコップが少し新しくなっていたり、時の流れを感じました。

そして。。2004/12/9 掲示板にみけこさんの書き込み

 さっき何気なく前を通ったら、本日の日付で、差し押さえと無断取り壊し禁止の張り紙が!外から見ても店内は荒れていて、あのブルーの欄間や天井のライトがなくなっていました。

 つい先日も、夜にお店のテレビを見ているおじさんを見かけたばかりだったのに。いったい何があったのでしょう。おじさん、おばさんは、今、どうされているのでしょう。休業のときもショックでしたが、呆然としています。

12/12にmitsu5さんが

ホワイトハウスそうなんですか?

閉店のことを聞いてから、ずっと気になっていたのですが。

いったいなにがあったのでしょうね?

何かできることならしたいけど何も出来なくて、悲しいです。

荒れている、というのはなんとも辛いですね。

P-のりさんが

今日の午後、見て来ました。みけこさんのおっしゃる通り

いや想像以上に店内が荒れていて、絶句!

P−のりは残念ながら、すれ違いでホワイトハウス

足を踏み入れることができなかったのですが、最初に

昭和な喫茶に興味をいだかせてくれたお店として

心に残りつづけてます。それにしてもこんなかたちで

70年のお店の歴史に幕が降りるなんて、何て悲しい

ことなんでしょう!あの建物の様子だとオーナーさん

ご夫妻は、あそこにはもういらっしゃらないのかも…。

どうしたのでしょう?心配…。

失意のままに、トボトボ歩いていたら、ぽつぽつと

雨が降ってきました。言葉にできないほど悲しい雨。

そのまま家に帰りたくなくて、雨の中「お手紙カフェ」へ

寄ってみました。新しいカフェの息吹みたいなものが

感じられて、ちょっとだけ心が安らぎました。

雨の東鞍馬口通を行き交う傘や車の屋根を眺めながら

一人ぼーっとして、ラム酒入りのカフェオレを戴いて…

今日は誰のアドレスも持ってなかったので叶いません

でしたが、あそこに居るとふっと今のその気持ちを

素直に手紙にして誰かに送りたくなるよな気分になりますね。

確実に時間は流れて新しいものへ引き継がれていく様を

雨の北白川で垣間見た気がして、何とも複雑な心境でした。

12/13windshipさんが

土曜日に前を通りました。

こんなかたちの劇的な最後はほんとうに哀しいですね。

私がうかがえたのは一度だけ。

ぽんさんの案内で、扉を開けることができました。

おじさんや、おじさん出演のポスター。。

お店の中から外を眺めて、やっと入れたあ、と、

感慨深かったことを思いだします。

あの時も、いつまでも通えるような気はしなかったけど

一度きりになってしまうとは思いませんでした。

P-のりさんはおうちに帰る気になられず「お手紙カフェ」へ。

自分は、そのときの気持ちを裏切るような気もしつつ

でも、やはり、そのままの気持ちじゃ嫌だと

「trico+」を訪れました。

珈琲と、愛知のお店(pieni tytto)のおいしいお菓子をいただきながら

ホワイトハウス」を思って

やはりやはり、しばしぼんやりと座っておりました。

みなさんと一緒におじさんおばさんのご健在をお祈りしたいです。

不謹慎かもしれないけどホワイトハウス万歳!

12/15 P-のりさん

windさんも、ホワイトハウス・ショックを…。

P-のりも疎水沿いをとぼとぼ歩いててtrico+も目に入ったの

ですが、素通りしてしまいました。自問自答してたのは、

ホワイトハウスマンボもそうですが、ファンの思い

だけではどうにもならないことがあることに今更ながら

気づいたということ。茶の道に曰く「一期一会」の精神で

私たちは日々生きていくべしということ…かな?

2005/1/27 ちょうどmitsu5さんが掲示板に書き込みに来てくださったので

喫茶ホワイトハウスのおじさんの話を美容院でちらっときいたので書いておきますね。

ホワイトハウス、いろいろなものが持ち去られたところをみてショックをうけたのですが、

土地は別の人のもの、建物だけおじさんのものだったらしく

いよいよ引退を決められて、みんな適当に好きなものもっていって〜って感じになったみたいです。

で、近所の人があそこにあった電灯とかレジとかもらっていかれたみたい。。

いま おじさんは左京区内の別のところに引っ越されてゆっくりされているという風にききました。

あくまでも本人からきいた話ではないのでどういう風に書いていいのか迷ったのですが

お店が終わったときの有様に本当に心配したのでそういう事情だったのか。。とちょっとほっとしたという

感じなんです。

windshipさんのレス

そうでしたか。

その後のホワイトハウス、とても気になっていたので教えていただけてよかった。。。

ブルーシートで覆われて解体されていたようなので口に出すのもなんだか怖くって

お元気なようで、ほんと、ちょっとほっとしました。

mitsu5さんのレス

ホワイトハウスのこと、実はとっても気になっていたのですが

なんだか恐くてきけなくて・・。

でも少しほっとする話し、教えていただけてよかったです。

私の友達数人もとても心配していたので、また伝えておきますね。

記憶のなかだけのお店になってしまったけど、ぽんさんのレポートで、想い出に出会うことにします。

貴重な資料ですよね。ありがたいです。。。

私のレス

ホワイトハウスの話 書いて良かったです。

あのすてきな調度品も大事に思う人が使ってくれているのならまだしもよかったなぁって感じです。




P-のりさんがここで書いてくださっている「お手紙カフェ」もwindshipさんの書いておられるtrico+もそのあと閉店。

windshipwindship 2011/02/08 23:49 ああ懐かしい。。。こうして当時の思いが残っているのは(残してくださっている)のは本当にありがたし、貴重なものですね。おりしも喫茶・探偵が閉められるとう話を聞いた今は、その思いが余計深いかもです。ひょっとすると、バーの時間が四時頃からになり、そうすると、珈琲をいただけることになる可能性もあるそうです。いずれにしも、行きにくい時間ですが。お店の方に聞かれて、ponymanさんのお名前を勝手にお教えしました。「映画に詳しすぎて、ついていけませんでした。。」っておっしゃってましたよ^^私は、思わず、即座に「さらに詳しくなってはります。」と付け加えてしまったのです。
とホワイトハウスから逸脱してしまいました。
ご夫妻のその後、どうされているのでしょう。。。
お元気でいらっしゃることを願って。

ponymanponyman 2011/02/09 07:57 喫茶・探偵、コーヒーおいしいものねー。私、今一番くつろげる喫茶なのになあ。。(といいながらなかなかいけないのだけど。。)盛岡の話もしにいきたいと思いながら。。映画。。ふや町でしゃべってたりすると大森さんやほかのお客さんからいろんな固有名詞が
すらすらとでてきて何も知らんな〜と思い続けてます。
お店も掲示板も時代とともにかわっていってしまいますが、せっかくの財産できるだけまとめてINDEXに載せていく作業を今がんばってます。

windshipwindship 2011/02/09 08:16 はい、本当にありがたく思っています。自分には絶対できない作業です。
ほんとうに共有できる財産ですね。

mitsu5mitsu5 2011/10/23 15:59 久しぶりにブログを更新して あちこちのぞいていたらここにたどり着きました。こんなふうに残してくださっているとは。。とてもうれしくて しばしタイムスリップしてしまいました。あらためて思ったのですが この時はホワイトハウスを懐かしむ自分は現在に居たのだけど それが今となっては ホワイトハウス同様 もう過去のものになっているんですね。。でもこうしてここで再開できてとてもうれしく懐かしく 。。さすがPONさんのお仕事だと思いました。ありがとうござます。

ponymanponyman 2011/10/24 08:39 mitsuさんすてきなコメントありがとうございます。奇しくもwindさんもこの年の4月の記録にコメントしてくださっていたところで・・私もあとでみて楽しいし参考になるし、また過去ログうまくみつけたら載せていきたい欲が出ています。
私もmitsuさんともう一度お話しすることができてとてもうれしいです。先日も美容院で読んだ雑誌に佐野洋子さんの息子さんが佐野洋子さんの住まいや佐野さんについて書いておられる文章があって楽しくて・・佐野さん大好きなmitsuさんを思い出していました。先日みた映画「私は猫ストーカー」でも蓮実重彦さんの息子さんの音楽が素敵だったし、かなり著作をおっかけている久田恵さんの息子さんも著作で賞をとられたことを知ったり、自分のなじんできた方の二世の時代が来ていることを感じています。

まみまみ 2012/05/29 00:30 まだホワイトハウスをなつかしがっている者です。ずっと気になっていたので、おじさんたちが今しずかに暮らしているのだと思うと安心しました。確か障害を持ったお嬢さんがいらして、お店がなくなった後どうしていらっしゃるかと不安に思っていました。あのお店の時が止まったような心地よさや、緑のステンドグラスを通した陽の光を今でも懐かしく思います。

ponymanponyman 2012/06/01 07:49 まみさんコメントありがとうございます。気がつくのが遅くなってすみません。まみさんのような方がいらっしゃるということを知らせていただきとてもあたたかいともしびが心にともったような心地になりました。ホワイトハウスがあった筋の銭湯も薬屋さんも廃業され普通の住宅街の風情になっていますが、私もいつも懐かしがっています。街も店も人もかわるけれど、そこで一生懸命やってきた時に触れていた人の心にはちゃんと生きていると思えました。またよかったらいろいろお話させてくださいね!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20030501/1297062013