日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2003-07-31

[]セクシーボイスアンドロボ

この作品は第六回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞というのを受賞しているよう。確かに今まで読んだ硫黄さんの本の中でも特別におもしろい!テレクラで人間観察をして女スパイか占い師をめざしている14歳の女の子ニコが、ほんわかしたロボットおたくのロボを従えてたまたま遭遇した事件を解決していく話だけれどやばい世界ぎりぎりに生きていながらとてもリンとしてさわやかでべたべたしない叙情性もあり、どんどんひきこまれ、なんともいえない余韻も味わえる。

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)

セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)

[]何をかいわんや

ナンシーさんがなくなってからほぼ一年。もう新しいものは読めないと肩を落としている人には朗報、あちらこちらにちょこちょこと書いておられて今まで単行本に収録されていなかった文章がまとまった。1986〜2001のもので、年代とともに文章がかわってきているのも感じ取れる。年とともに円熟味を増すというか、職人芸っぽく文章も完成しているように感じたが、初期の文章もここからスタートなんだという身近な楽しみがあったりして。。寄せ集め感はなく、読んでいる間中なんか満たされた気分になった。

何をかいわんや

何をかいわんや

[]何はさておき

単行本には収録されていなかったナンシーさんのコラムがナンシーさんがなくなられてから何冊かでたのだけど、これはナンシーさんのものをずっと以前から出していた世界文化社の第一弾。第二弾として出た「何をかいわんや」より新しい原稿も多く、入りやすい。ナンシーさんの逝去以来テレビでいらいらしてもかゆいところに手が届く感じで言語化してくれる人がいなくなった。。と嘆いた方そして、ナンシーさんの原稿がもう読めないというさびしさをおぼえた方もすごく多いと思う。私もこの本を読んで久々のナンシーさんのコラムを読める楽しさを堪能し、もう新作を読むことのできない寂しさも味わった。そして、テレビのことだけでなく、なんてつつしみ深く洞察力のあるコラムニストだったんだ。。本当に惜しい人を失ってしまった。。という思いを新たにした。

何はさておき

何はさておき

[]ウチの場合は

最近とても感じるのは新聞のマンガが世代交代して自分と近い世代の方、自分にとって親しみやすい方が担当されているなぁということ。新聞マンガがメインの仕事って感じでなく、すでにしておもしろい別分野の作品を発表されている方の登用が最近の流れのような気がする。

森下さんのこの作品も毎日新聞の夕刊に連載されていたみたいだけど、こてこての政治風刺とかとは遠い世界のものでカジュアルに楽しめる。

前にBSマンガ夜話で「森下さんのマンガは徹底した観察からくるのでは?」ということが論じられていたのだけど

ほんとに新聞マンガという安心できる設定の中にも細かい人間観察があってなかなたのしめる。京都からくるおかあさんは、京都に住むわたしがみてちょっとした機微などすごく納得できるものがあった。あと出てくる家族構成も

自分と似ているのですが、かわいらしい中にも甘すぎずちゃんとリアリティのあるものになっていると思う。

へんてこな顔のペットのかわいさを表現するのも森下さんうまいなぁ。。

ウチの場合は (1)

ウチの場合は (1)

[]黒船

いろんな種類の作品が集まった短編集なので、読む人によって好きなものそれほどでもないもの、いろいろあるかもしれませんがそれなりにすべていい雰囲気。

たとえば、「自転車フランケン」という自転車ものの名作短編と思われる作品。フランケンシュタイン自転車ってとりあわせがかわいらしくてたまらない!

この本には、「課外授業」「Too Young」など違う世界の人との交流をほほえましく、でもきりっと描いた作品がはいっているけれど甘すぎないのにかわいらしいさじ加減が絶妙だ。


黒船 (Cue comics)

黒船 (Cue comics)

[]蜘蛛女

中野翠さんが本でほめてられるのをみて鑑賞。

ゲイリー・オールドマン悪徳警官なんだけど表現が上手で肩入れしてみられる。

で、悪い女の高笑い等々が 焼き付く。

後で知ったのだけど、蜘蛛女は大好きだった「存在の耐えられない軽さ」でサビーナ役をした人(レナ・オリン)だったんだ・・

映画全体、まとめかたもとても好きだった。

退屈させないし、きれいにまとまっている。

蜘蛛女 [DVD]

蜘蛛女 [DVD]

2003-07-24

[]踊る大捜査線

なんか水戸黄門みたいに、それぞれの役割がぱちっとしていて「この音楽の時はこれ!ここで決めぜりふ!」って感じが楽しかった!

善悪をかなりはっきりつけるような映画だけど(いやな人物のいいところとかはあまり描かれてない)

こどもといっても両価的でなくてわかりやすいみたいで楽しい時間を過ごせた。

たんぽぽさんが掲示板で↑へのレス(7/25)

踊る大捜査線2」私も見ましたよ!

登場人物が5年経っての変化とか、楽しめました。

新しい「阿修羅のごとく」にも出られる、深津さんが

とっても女らしくというかキレイになったな〜。

とか、真下さんの登場するときの音楽がかっこよかったり…。

めざましの軽部さんもちゃんといましたね!

れもんさんのレス(7/25)

私もたんぽぽちゃんと‘踊る〜2’見てきました。

水戸黄門〜なるほどですね。

子供には勧善懲悪を見せたいです。やっぱり悪いことしたらお仕置きですよね。

安心出来る映画でしたよね。事件はどうでもいい感じで

単純に楽しめる映画でした。

ちょっと前の日本の映画やドラマのように人を信じられるっていうような。

このところいろいろあって、考えてばかりで動けなかったのですが

なんだか見終わったらすっきりして帰ってきました。

こんな映画の見方もいいですよね。

sumikoさんが8/20に掲示板で

邦画では最近「踊る大捜査線」と「ホテルハイビスカス」を観ました。両方ともすごーく楽しめました。前者はやっぱり誰が観ても楽しめるように作ってあるし、特にユースケの役柄には、交渉術として勉強になるところもあって得した気分にもなれたし、後者は子供を主体にした映画が苦手な私にも、素直な元気な子供がすっと入ってきて観たあとすごーくいい夏が過ごせそう!って気分になれる映画でしたし、満足です。

id:windshipさんのレス

「踊る〜」こないだ、

織田さんが、まっちゃんの音楽番組で、

「ぼくは3回見ましたが、2度目は1度目とまるで違いました。ぜひ、2度ご覧ください。」

というようなことを言ってられて、ちょっと、もう1度見てみようかな?と思ってしまいました。

私は、漠然とですが、5年前の最初の作品と今回では

この国が、よく変わっていない事がとてもよく映しだされていたようで

そのことに、ひねくれものですが、不安を感じてしまいました。。。

もちろん作品としては、すごい面白いし、グッと、濃くなってると思いました。

2003-07-23

[][]冬のライオン

キャサリン・ヘップバーンが、2003/6/29に亡くなられ、彼女のことが好きだったmikaさんがボードで彼女の作品について語ってくださったうち、「冬のライオン」の項を・・

「冬のライオン」は駆け引き、策略がうずまく

壮絶な骨肉の争いの、息をもつかせぬ応酬の嵐で、

1つ1つのセリフが深くて重い!

そして、そのセリフ回しの1つ1つがビシッと決まって、

う〜ん!と唸ってしまうほどかっこいいのです。

あ、若きアンソニー・ホプキンスも、長男役で出ていますよ。

王役のピーター・オトゥールも、文句ナシに素晴らしくて、

アラビアのロレンス」や「チップス先生さようなら」や

ラ・マンチャの男」を見直したくなりました。

フランス王役のティモシー・ダルトンも美しい!

アンソニー・ホプキンスつながりで、

アトランティスの心」も見たくなりました。

(原作もまだ読んでいません)

レッド・ドラゴン」ももうすぐレンタル開始かな??

私のレス

「冬のライオン」みました。

本当に重厚な一編でした。誰がこれを演じてるな、とかいう感じでなくすっかりお話にはいりこめました。

壮大な外のシーンより 会話のぶつかりあいが主で

舞台劇っぽいな、と思ったら、

舞台劇が映画化されたものなんですね。

歴史的な背景をあとでネットで調べていたらより 興味をもてました。

人間ってもともと自分の生存 プライドなどなどを かけて戦う存在だったんだよな。。なんてことも

考えました。(だからといって無用な暴力シーン なんかとは無縁でそこもいいですよ。

ちょっと自分の人生をかけたチェスをみているみたいな 気分になります。)

windshipさんのレス

ぽんさんが書かれてたように、舞台を思わせましたね。

見終わってから、過去のコメントを掘り出して、HPもみせてもらって

背景が詳しくわかって、お〜そうか、と思うところもあったけど

何も知らずに、見ても、それはそれで十分堪能できました。

キャサリンヘップバーン、ピーター・オトールの

息の詰まる畳み掛けるような会話の数々。

ことばの一つ一つに、魂が入っているのはこのことか、って感じでした。

見終わって、ふ〜と、こちらも思わずため息。

冬のライオン、というタイトルにはそういう意味があったのですね。。。

私のコメント

アンソニー・ホプキンスが 剛のものって感じだけど、なんか母親のキャサリン・ ヘップバーンとの関係とかいかにも長男って感じで

かわいらしくもみえ、そういうところも好きでした。

あとあの常に口はんびらきの人、

モンティパイソンとかの表現もああいうの 踏襲している気がしました。

冬のライオン HDマスター [DVD]

冬のライオン HDマスター [DVD]

2003-07-22

[][]アトランティスの心

windshipさんがボードで

最近みたビデオは「アトランティスの心」です。

アンソンニー・ホプキンスがでていて、「シャイン」の監督で

原作がスティーブン・キングです。

きっと、原作は、もっといいんだろうなと、mikaさんを思い浮かべながら*1考えていました。

でも、さりげない映画ながら、少年の日々のかけがえのなさに、思いを移入する事はできたのです。

私の中では「スタンド・バイ・ミー」には、及ぶべくもありませんが、

自己愛の強い困った母との関係

アンソニー演じる役どころとの、得難い関係

そして、友人である少女や少年との関係。。。

どれも、大人である我々が、遠くに忘れ去ってしまった

まだ、年端も行かない頃の、あいまいで、でも大切な時間の素晴らしさを

わずかでも、思い出させてくれます。

困った母の、ファッションは、けっこう素敵でしたよ。

[][]サタデー・ナイト・ライブ

スティーブ・マーティンの特集みたいなのをみてみる。

パロってる元ネタをあまり知らないのはもうひとつ どかーんと来なかったけれど、(例えばニュースショーとかももとを知ってたら

おかしくてしょうがないと思う。)

カトリック校出身のわたしには バチカンネタとか部分部分笑えた。

スティーブ・マーティンの芸達者なのは確認。

チェコの兄弟」とかいうネタ、印象的。チェコアニメパットとマット」みたいな感じ。

*1mikaさんはキングファン

2003-07-17

[]アニー・ホール

掲示板にて

昨日の晩は衛星で放送した「アニー・ホール」を改めてみました。ウディ・アレン好きといいながら久しぶりに見たら結構忘れているものですね。

クリストファー・ウォーケンがアニーの弟役ででてくるときき 確認したのですが若い彼もちゃんとチェックできたけど、うん そういうことよりやっぱり主役の二人がしゃべっている時の後ろの画面の構図とかもすてきで 好きな映画だなぁ。。って改めて思いました。

windshipさんのコメント

アニー・ホール」にうれしくなって、でてきてしまいました。

いつかも、書かせてもらったかもしれないのですが、「アニー・ホール」なぜか、旅先の金沢の映画館で見ました。

目からうろこというか、やはり二人の会話の面白さに

もう、びっくりしたー!という思い出があります。

その後も何回かみましたが、ぽんさんの感想を読んで

ひさ〜〜しぶりに、もう一度と思っています。

sumikoさん

「アニ−・ホール」私も大好きですよ。

いつ観ても、映画館の入場待ちの時に、アレンがフェリーニのことを話す、あのシーンが好きです。

私のレス

アニー・ホール」のあの映画の入場待ちのところ おもしろかったねー!

最近の彼の映画より多弁で理屈っぽくて若い感じも新鮮だったわー。

2003-07-16

[][]チャーリーズ・エンジェル・フルスロットル

sumiちゃんがボードで感想を・・

あぁ、観てよかったぁー!って感想です。最近は私も彼女達のようにわりと露出系かっこいいファッションで統一してるつもりだったので、洋服の着方が面白くて、刺激になりました。キュート・セクシー・ワイルド。でも、ちっとも下品でないのがいいなぁ、って思いました。特にルーシー・リューが印象的でした、同じ東洋人なだけに。

前作よりも、今回はサービスショットいっぱいなので、ただ観てるだけで、目の保養になるし、今日はなんか勉強になった、という意味で観て良かったです。ダンスシーンなんて、わくわくしましたよ。私もアドリブで踊る、ということをサルサの時に相手の男性に要求される時がこの頃あるので、目がスクリーンに釘づけになってしまいました。やっぱり、華のある女性はいいなぁー!!

2003-07-15

[]カオスシチリア物語

Makiさんが掲示板で(2002/10/13)

オムニバス形式の映画がわりと好きなのです。その中でも好きなのが、「カオスシチリア物語」です。 

面白くて、きれいな映画でした。シチリアの短い寓話をひとつひとつ読んでいく感じでしたよ。

とおっしゃってくださってみてみる。

若いとき同じ監督の「父」とかの表現のしんどさに ついていけなかったことがあったけれど ほんとにあの時は若かった。。。

カラスみたいな鳥がストーリーとストーリーを結んでいるのだけど、その鳥の最初の扱い方がちょっと激しくて、若いときのわたしだったらもうそこで「まただ。。」と思っていたかもしれないけれど今みると、「生活とはそんなもの」というか「きれいごとじゃないんだよ、したたかなもんだよ」というかその後のストーリーもそういう感じでおもしろく感じた。

それぞれのストーリーの深刻さもおかしさも今わかる映画のような気が。(若い頃あの映画に出会われて好きな人も多い中精神の成熟がおくれている感じだけど。。)

2003-07-10

[]アホでマヌケなアメリカ白人

アカデミー賞のスピーチで会場にいた人に怒号と拍手のいりまじった受け取られ方をしている様子や「ボウリング・フォー・コロンバイン」をみて、マイケル・ムーアのことがもっと知りたくなった私はこの本を読み、デビュー作「ロジャー・アンド・ミー」をみた。映画2作は日本に住んであまり知識のない私にもすごくわかりやすいものだったが、この本は「なるほどそういうこともあるのか〜」という気持ちにはなるもののどうしてもアメリカの細かいニュアンスがわからずちゃんと理解したとはいえないと思う。特にアメリカ政府要人のそれぞれの性格を全然認識していないもので笑うべきところで笑えない。。という部分もあった。でも「ロジャー&ミー」を見た人には、そういう背景があったのか〜と楽しめること請け合いの本でもある。

アホでマヌケなアメリカ白人

アホでマヌケなアメリカ白人

[]フィルム・メーカーズ ティム・バートン

好きになったらとまらない。。もっともっと美しい悪夢のような画面がみたくなるティム・バートンの研究本。いろんな人に愛されているんだなぁ、そして、こういう解釈もあるのだ。。と新鮮な気持ちにもなる。

2003-07-09

[][]アートアニメーションの素晴らしき世界

クレイをつかったものや、絵画みたいなものなどちょいと変わった雰囲気のアニメーションに深く惹かれてしまうのだけど、この本を読んでいるとまだまだみたいものがたくさんある!と実感でき幸せな気持ちになった。歴史もちゃんとふまえていてながれも頭に入りやすい。


アートアニメーションの素晴しき世界

アートアニメーションの素晴しき世界

2003-07-06

[]トワイライト・ゾーン

春休みに見た「グレムリン」が楽しかったんで同じジョー・ダンテ監督も参加しているこの作品をみた。

映画としての完成度とかはどうなのか知らないけれど、こわがる人たちの表情とか、とにかくテレビ感覚で楽しめた。映画館でみたら中途半端であともう一歩って感じかもしれないけれど、ジョー・ダンテ監督作品のかわいいのやらこわいのやら。。って設定とか楽しめた。

こわい、っていうよりおかしい、って感じだけどこわがりの息子はちょっとこわがっていた。。

自分は意外とユーモアホラーみたいな分野って好きかもしれない。。。ちょっとそういうの他にもみてみようかな。。


トワイライトゾーン/超次元の体験 [DVD]

トワイライトゾーン/超次元の体験 [DVD]

2003-07-05

[][][]おしゃべり階段〜

くらもちふさこの「α」の感想(こちら)を読んでmikaちゃんが

くらもちふさこ、私もちょうど古本屋で買って読み返したところだったのです。

高校生の頃大好きだった「おしゃべり階段」!

友達への気持ちとか恋が、とってもリアルに、わざとらしくなく描かれていて、当時と同じように感動してしまいました。

男の子たちの優しさもいいなぁ。

「線」も「とんがらし」も二人ともかっこいい!('-'*)

会社のお若い同期の友達に「昨日くらもちふさこで徹夜しちゃったー」

と話したら、「それ誰?」という返事が返ってきて、

えっっ!?くらもちふさこを知らないの!?!?!?と思わぬところでのジェネレーションギャップにびっくりしてしまいました。

まあ当然ですよね。

私が読んでいたのは、山岸涼子萩尾望都大島弓子木原敏江とかで、今のマンガは全然わかんないですから。。。

古本屋で買うのも、「実家に帰ればあるんだけどなー」っていう昔読んだものばかり(^^;ゞ

このままでは懐古するばかりのおばさんになってしまうわ!

と思うのですが、新しい世界に踏み出そうにもあまりに広大でどっから手をつけていいかわかんないんですよねーー。

何かオススメがあったら教えて下さい!

7/22わたしも読んで

くらもちふさこの「おしゃべり階段」読みました!

70年代の雰囲気もいっぱいでなつかしさも

あるし、(主人公たちがレザリアムにいくのだけど、ちょうどこのあいだ古い地図で

京都にレザリアムセンターがあったことをチェックしていたところでした。)

でももちろん今でも通じるパワーをもったお話なんですよ。

主人公たちが なにか分をわきまえているようなところ

(変な具合に奇をてらったりとかじゃなくそれぞれに一生懸命生きてますよね。。で、男女交際とかもすごく堅実)も

好きですし、ほんとリアルですね。

主人公の年齢が子供の年齢とほぼ同じなのですが

そういうことあるある。。と思ったり

「あの幼い日に悩んだ重さは その内容はちがっても

今 悩んでる重さとほとんどちがわないはずなの」

なんてせりふに深くうなずき ちょっと考えさせられたりしましたよ。

映画でもそうですが、やはり パワーのある作品は 時代がたってもちゃんと受け手になにかを伝えますね。

おしゃべり階段 (集英社文庫―コミック版)

おしゃべり階段 (集英社文庫―コミック版)

[]NANAバカボンド光とともに

おすすめコミックを教えてほしいとのmikaさんの書き込み*1に、どどちゃんのコメント

職場で回し読みしているのが、「NANAナナ」矢沢あい 集英社

ベタベタの少女漫画系です。持ち主は、23歳。

高校生の女の子も読んでるそうなので、今時のオススメなのかも。

恋愛モノですが、まあまあ面白いかな。。共感するには、年取ったかも、私。

もちろん、「バカボンド」もみんなで回し読みされています。

仕事がらみですが、「光とともに」も読まれています。

この本は、自閉症のこどもの子育てについてかかれたものです。

小さいお子さんをお持ちの方には、ちょっと重いかもしれませんが、

自閉症って?・・ってことを理解しやすい本ですので、よかったら手に取ってみてください。

図書館にも置いてるかも・・うちの近所にはありました。

NANA (1)

NANA (1)

バガボンド(1)(モーニングKC)

バガボンド(1)(モーニングKC)

光とともに… (1)

光とともに… (1)

2003-07-04

[][

くらもちさんの漫画ははじめてだったけれど、大人っぽい、批評眼のある人たちに人気があるのがよくわかった。4人の俳優を劇中劇まじえて描いているのだけど、いろいろな分野にわたる劇中劇がものすごく雰囲気があり心に残るものだし、キャスティングが4人の俳優の個性にもあっていてそれだけでも楽しめるものになっている上にバックステージの4人の描き方がまたうまく描き分けられそれぞれに魅力的ですごく贅沢で描き込まれたいい作品だなぁと思った。時の流れとともに主人公たちの成長、変化があるのもとっても心地よく、読んでいる間中、そして読んだ後もいい気分が続いた。

α (上) (ヤングユーコミックスワイド版)

α (上) (ヤングユーコミックスワイド版)

[]爆笑問題とウルトラ7

爆笑問題がリスペクトしている7人の人との対談。

あとで太田氏が対談についての反省を書いているのがまたまっすぐな感じでとてもいい。

今まで自分の範疇でなかったなぎら健壱氏、山田洋次氏、立川談志氏については、そうかこういう持ち味、主張をしている人たちなんだ、と再認識できたし普段から自分が好きな小林信彦氏や淀川長治氏との年齢を超えた交流はとてもうれしかった。

アーヴィングは小説を二冊よんだことがあるのだけどこういう人でこういう風に小説作るんだ〜とこちらもリスペクトの気持ちが増した。

爆笑問題とウルトラ7 (新潮文庫)

爆笑問題とウルトラ7 (新潮文庫)