日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2007-07-02

[]ジョゼと虎と魚たち

yukkekoさんの掲示板の書き込み

遅ればせながら「ジョゼと虎と魚たち」を見たのですが。

こんな話だったのですね。

原作を読みたくなり探してみたら、何冊かに入っていて「田辺聖子珠玉短編集」で読みました。

いつまでも心の片隅にじっとして動かない、何かを置いていかれたようです。

映画で工務店?の社長をやってた人*1、NHK朝ドラの「芋たこなんきん」で町子の先輩小説家だった人だ!と思って調べてみたら。。

この人お笑いタレントなんですね!

めちゃくちゃビックリしました。

ジョゼと虎と魚たち [DVD]

ジョゼと虎と魚たち [DVD]

田辺聖子珠玉短篇集〈1〉

田辺聖子珠玉短篇集〈1〉

私のコメント

「ジョゼ・・」

細かいところは忘れているのですが、わたし、小説の方がさらになんかフランス文学みたいで好きでした。

あ でも映画のほうもよかったな。

池脇千鶴も才能ありますよね!

きょうのできごと*2はごらんになりましたか?あの中での役も好きでした。

そしてゆっけさんの書いておられる板尾さん、ギャグもハイブローでおもしろい、ってきいてます。ホンコンさんとコンビとか?

真夜中の弥次さん喜多さん」でも関西らしい感じだけど哀愁のある役で印象に残ってるし、「空中庭園*3も、なんかちょいエグい映画で、板尾さんも困った役なんですが、好演しておられました。

真夜中の弥次さん喜多さん」の映画をみたとき、いろいろ板尾さんのこと教えてもらって、まとめてあるのをリンクします。(こちら

yukkkekoさんのコメント

「ジョゼ…」はつい比較しちゃうのが私のクセなんですが、原作のほうがよかったかな。

映画は妻夫木くんがものすごくよかったです。

原作を引用すると

『恒夫はジョゼのその「いばり」はジョゼの甘えの裏返しなのじゃないかというカンが働いている。(中略)そういう心理の綾をこまかに分析して表現する習慣も能力も恒夫にないので、恒夫はだまっていた』

このキャラクターを見事に演じていたと。

そして!板尾さん!

そうそう昨日検索しててホンコンとコンビ?ってビックリしてしまいました。

リンクありがとうございます。

弥次喜多〜」はDVDでみましたが、それこそ登場人物が多いし、そのころ板尾さんのこと名前も知らずで(汗)覚えていないんですよ。

ご紹介の「きょうのできごと」も「空中庭園」も気になりながらみていません〜

ぜひチェックします。。

私のレス

ジョゼ、うん原作のほうがかっこいいですよねー。

さらっとしてもっとすてきなおはなしですよね!

妻夫木くんってわたしも大好き。

池袋ウエストゲートパーク」でもすごいよかったし、「憑神」、みてないけれど予告をみてると彼だからこその魅力がある気がします。(シャープすぎない感じとか)

板尾さんは「弥次喜多」では、子どもと一緒にでてくる関西芸人みたいな感じで、笑わせられないと通してもらえない関所で奮闘って役だったと思います。

そのときに関所で苦しんでいる役で、大森南朋がちょこっとだけでてきたのですが、今大森南朋がすごく好きで、このあいだNHKでやっていた「ハゲタカ」もかなり熱中してみていました。。。


sumikoさんのコメント

板尾さんのことが話題になっていますね。

実は私、ずっと前から大ファンなんです。

大日本人」でも、すごい役で出てきますよ。そうそう、ホンコンとはコンビで昔は二人一緒にでたりもしてましたが、「ごっつええ感じ」が終わってからくらいは別々ですね。まぁ芸風が違うからかな。 板尾はどっちかというと、まっちゃんとかキムに系統的には似てると思うのですが、テンションの低さとちょっと変わった面白さでは彼の右にでるものはいない、と私は思ってます。キムも

面白かったけど、辺見えみりと再婚して、あと料理のことばっかりやりだしてからは私はちょっとひいています。だって料理研究家とかじゃないし、キムってもっと頭いいし面白いから、わざわざ料理とかでテレビにでなくてもー、って思うんですよね。もっと前は変だったのに、テレビ向きにキム兄とかいってまともになっちゃってー。その点、板尾はスタンスはずっと昔から一緒で、「板尾日記」でも別に自分を作ることなく、独特な味をだしてるから好きなんです。変だと思ったら案外家では普通だな、とか「板尾日記」面白いですよ。

yukkekoさんのコメント

>ぽんさん

妻夫木くん、ウォーターボーイズでももう胸キュンキュンって感じでした。

(自分の年を考えていません)

で、板尾さん板尾さんと言っているこの無節操。

板尾さんは「ジョゼと…」で出てきた時ものすごくびっくりして、田辺聖子繋がりで出てきたのかと勝手に感心していました(あほ)

芋たこなんきんの作家役がすごくぼんぼん風で好きだったんですよねー。

>sumikoさん

芸風はテンションの低さ!ですか。オカシイ。

sumikoさんのレス

>ゆっけさん、こんにちは。そうですね、「ウォーターボーイズ」の妻夫木くんは可愛かったですねー。今もいい感じに成長しておられますね。若い子はオダギリジョーの方が好きっていう人多いけど、どんな役にも対応出来るのは妻夫木くんだとおもいます。

キムと板尾は深夜の松本の番組では他の誰よりも面白く、頭のいいところを発揮してたんですよ、そう8年くらい前までかな。板尾はいまだにそういう番組にたまに出てきます

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20070702/1371937583