日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-10-29

[][][][]變臉(へんめん)/この櫂に手をそえて

「変面」という一瞬のうちにマスクを変えて表現していく一子相伝中国伝統芸能披露しているお年寄りのひっそりとした舟の上の暮らし。後継ぎを希求するところから一人の子供と出会うが・・何人もの人に売られてきたという子供の生きる力リアリティ、おじいさんのお連れの猿の豊かな表情。「人観音」といわれている女形のスターの美しい事・・ひとつひとつの存在がぴたっとつながって大きな円環になっている素晴らしい映画。

先日みたベトナム映画「地球で一番幸せな場所」*1も思い出した。生き抜いていく女の子の姿の健気な事。男の子には純粋さ女の子にはたくましさを感じる。

★みたあともずっとこの映画のことが心から離れないでいる私。先日は友人のブログ成都という町でご覧になったchanging maskのことが・・

また中国地方神楽のテレビ番組でも変面の技を使っているところが紹介されていて文化の流れにとても関心がある。

★こんなにすてきな映画なのに、DVD化されない理由の推測として、twitterでとむ次郎@路地裏映画‏ @106web 様より教えて頂いた情報はこちらこちら

些か逸れますが大事な話を忘れていました/子役の女の子は四歳時に両親が麻薬吸引の罪で獄中となり西安雑技団の周氏に養子として引き取られ演技を学び本作で絶賛されるも公開翌年に失踪/本作のポスターに失踪の文字を被せ探し当てたが実母が連れ出したことが判明する➡︎

➡︎養子と言え丁稚奉公の状態で戸籍上では親権は両親/本作は各国映画祭で賞賛・受賞し子役も受賞するも本人行方不明(捜索騒動の原因)/両親が養親、劇団を訴え敗訴、子役への賠償命令/以降は本作関係者は口を閉ざした/VHS以降ソフト化されないのはここに原因が?と

all cinema

windshipwindship 2017/04/10 21:30 ponymanさんの心からのプッシュのおかげで、この一作に出会うことができました。感謝しかないです。よかった〜〜
タイトルに添えられた<この櫂に手をそえて>の一文も謎だったのですが、それも大きな意味があったことがわかりました。
京劇の中で1〜2度変面をみたことがあるのですが、舞台から離れていたのでまったくマスクにはみえず、描いては消し描いては消し?と一瞬にはあり得ないのにそんなことも考えてました。
大道芸でありながら一子相伝として伝えていく心意気とプライド
周りの市井の人々もまたそれを仲間として敬う姿にも打たれました。
それにしても、あの子の可愛くいじらしくけなげなこと。
魂の美しさがみなを動かしていったのですね。
中国の底力も感じてしまいました。
ご紹介ほんとうにありがとうございました。

ponymanponyman 2017/04/11 00:07 ほんとかわいらしい映画だったねー。
こどもとはじめてであってこどもが「おじいちゃん」って呼ぶシーン、おじいさんが無理難題いわれてピンチの時、子供が一生懸命抗議する場面など大好きです。なんかこどもが、ただ純なだけでなく、こうやって生き延びよう!って感じのたくましさがあるところも好きでした。風景もよかったね。本当に何度も見返したい大好きな映画です。あの映画をみてから、歌舞伎をみるたび人観音を思い出します。

windshipwindship 2017/04/11 09:13 >なんかこどもが、ただ純なだけでなく、こうやって生き延びよう!って感じのたくましさがあるところも好きでした。

まさにまさに!
けなげで可愛いいだけでは、大事な何かが抜け落ちているような気が書きながらしていました。
生きていく本能を十分に持ちながら、必要と感じたら身を呈する潔さも湧き上がらせることができる正しさもあって。。(正しいなんて使うとつまらなくなりますが^^;)
奇しくも浅田真央選手の引退発言があり、まったく接点もないのにどこか重ね合わせてしまいました。
人観音、ほんとですね。。おじいちゃんもお猿の将軍?も。。
水上生活の映像といえば、泥の河しか浮かびませんがあらたに残るものとなりました。

ponymanponyman 2017/04/11 10:06 坊やもかわいかったねー!はじめのほう見返したら最初の方に坊やを囲む家族の話がでてきてちゃんとこことつながってたんだ!って・・
あと、女の子のたくましさをあらわす、お店屋さんとの一件もそれがつながりになって・・ってなってて脚本もおもしろかったですね。ラストも一筋縄ではなく・・
またtwitterで教えてもらったことですが、あの女の子は雑技団に養子になってあの映画に出てたのだけど実の親がからむトラブルがあってその後行方不明、映画もDVDになってないとか・・確かにとても身体の動きがしなやかで雑技団仕込みな感じもしましたね。
せっかくのよい作品、何か現実と重なり合うところもあり、ほんとたくさんの人にこの名作をみてもらいたいなと思います。

windshipwindship 2017/04/11 11:01 あぁ、あの体の柔らかさは、やはりそうだったのですね。映画の中で鍛えられたのか(でもここまでできるようになるのかな。。?)、雑技団の中から選ばれたのかどっちかなと考えましたが、すぐに、どっちでもよくなりました^^;てか、忘れて引き込まれました><
うん、坊や、「これも」て差し出すところ、自分の危機に瀕してもこの坊やならさもありなんと、自然に感じました。(自分なら無理、としょうもないこと考えました^^;)

はい、ほんとにたくさんの人にみてほしいです。

ponymanponyman 2017/04/11 11:43 うんうんもう演じてる人物とか忘れて話にひきこまれますね。雑技団とのことで、私はジャッキー・チェンたちが京劇の全寮制の学校のようなところで修行した話を映画化した「七福星」なども思い出しました。中国の伝統芸能ものとっても興味あります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20161029/1477706053