日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-11-13

[]ギャラクシー街道

三谷幸喜作品が好きな私にとって常々なにか踏み絵のような作品の匂いがしていて、劇場公開にはいかなかったのだけど、去年の時点でいかなくてよかった。今こうして今年の大河ドラマ真田丸」を楽しくみられているこの時点でみているから、こういう作品もあるさと余裕をもってみることができている。

日本映画チャンネルによる視聴で、番組司会の軽部真一氏の解説によるとこれは三谷氏がビリー・ワイルダー風の艶笑コメディーを目指した作品だったとのこと。まさにその艶笑みたいな部分がどうもだった。三谷氏の作品をみているとそういう部分との相性が悪いように思えてならないのだけど、創作に携わっている人は色々チャレンジもしてみたいよな・・

いつもどおり、贅沢なキャストなんだけど、いろんなひとが顔を出しているお祭り風の映画って感じだったかな。

香取慎吾がちょっと額の後退した小人物になっているのは悪くなかった。綾瀬はるかが、クールになる瞬間みたいなのもよかった。テレビの「奥様は魔女」風のタイトルや段田安則さんの境遇も・・どちらかといえば従来の三谷氏の特長が出ている部分がよい感じがして・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20161113/1479000422