日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-10-17

[][]彼女は最高

この映画のタイトルはふや町映画タウンのおすすめビデオに載っていたので、前から知っていたのだけど、トム・ペティがこの間亡くなって、追悼のtweetで、この映画の音楽も担当していたと知り、みることにした。

出会えてよかった。監督兼主演のエドワード・バーンズは、「プライベート・ライアン」出演で有名のようだが、自分は未見で・・今回が初めて。兄弟の微妙に張り合う感じ、わだかまりはおいておいて、家族で集まる感じなどとても近しい感じがしておもしろい。兄弟+親世代をからっと描いていて楽しい。日常に沁みでる細かい、他人への嘲笑とかばかばかしいなっていう監督の考え方が、愉快な感じで描かれているのがすごい。

キャメロン・ディアス演じる弟の愛人が配管工とカンケイって話、「ヤング・アット・ハート」*1に出てきた配管工(確か)思い出すけれどなにか慣用句的な言い方?

windshipwindship 2017/12/05 23:47 こちらでの紹介に、とても心動かされて先月みました。ほんと、出会ってよかったです。ラブコメ?と、思ったのはほんの一瞬で、軽やかさ面白さの中に、生きることのめんどくささと紙一重の誠実さや意義深さをどこに置くかは、個人に任されていいんだと思わせてもらった気がします。そして、それはちゃんと家族につながってもいて。お洒落さも好きでした。

ponymanponyman 2017/12/06 12:18 うん見やすいのに誠実に人生の選択肢の問題について描いていて、あくまで重苦しくなくてよい映画でしたねー。これで好きになって「マクマレン兄弟」のほうもみましたが、たのしめました。アメリカのインディーズぽい映画、かゆいところに手が届いていいなあと思うの多いなあ。。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20171017/1508197351