日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-04-24

[][][]怪異談 生きてゐる小平次

こんなに歌舞伎風にまとめてある映画とは知らなかった。

コトバンクによると、もともと十三世守田勘彌や六世尾上菊五郎によって演じられた演目だそうけど、芝居の役者(緞帳芝居←本格的なものではないの意味らしい)小幡小平次囃子方の太九郎の二人の男に、太九郎の妻おちかがからんでおり、舞台も出てくるし*1、また日常でも舞台ごっこみたいなのをしていて、「助六」からと思われる場面や忠臣蔵の勘平切腹の段などが出てき、セリフ回しも芝居の好きな三人ならではの七五調などが多くとても楽しめる。特に小平次を演じた藤間文彦という人のセリフ回しやしぐさがきっちりしていて良かった。六世藤間勘十郎氏と藤間紫氏の間の息子さんとのこと。

舞台の雰囲気と外での映像がうまくまざりあい強い印象を残す作品。

題字は天知茂氏とのこと。中川信夫監督と信頼し合って仕事しておられたのだなあ。

[][]海辺のリア

仲代さんの芝居はすばらしいし、このときの仲代さんをカメラに収めたという意味では価値あると思う。

脚本はもう少し練り込んでほしい。「リア王」の話をなぞっている、それだけになっていて、上の娘原田美枝子の心情やそこからの仲代さんの境遇もざっくりしすぎている。まず気になったのはfilmarksでも書いておられる方がいらしたが、「施設」=親捨てのような表現。この作品の長女は厄介払いの雰囲気だったかもしれないが、なにか簡単に割り切ったそのセリフは現実離れしたもののようにも思えた。

さらに日本映画専門チャンネルで、監督と軽部真一氏の会話の中にあった、これは老俳優のみていた夢とするかどうかという話、老いたる世界というのは、そんなここから認知症とかはっきりしたものでなく、あっちの世界とこっちの世界が混ざり合ったりしていく、グラデーションがあるのではないかと思うのだが。。

また、もう一人の娘黒木華がいわされているセリフもこういうことありそうだなという訴える力に欠け舞台劇ぽくて映画の世界になじんでいない気がした。(演技ではなくそのセリフの設定に問題を感じた。)

海辺のリア [DVD]

海辺のリア [DVD]

[][]春琴抄

山口百恵版。三浦友和の清潔感、山口百恵の凛とした感じがとても良くて、こっちのゲスな想像を封じる勢い。

クライマックスシーンの演出は少しリアリティが強すぎた気もするが、耽美の影をもたせるというよりわかりやすい映画づくり。それはそれで好感が持てるし、思ったよりずっと風格のある画づくりで良かった。

(以前みた京マチ子*2では、みるものが想像をたくましくする部分がこちらよりあったように思う。でも全体の話の流れがもう少し長くしてあり、こちらほど、あった出来事を段取りよくみせるというより靄の中の物語という感じがよく出ていたように思う。)

春琴に横恋慕する津川雅彦大阪の大店のダメなボンぶりが堂に入っている。

春琴抄 [DVD]

春琴抄 [DVD]

*1:まずしょっぱなは「船弁慶」だろうか?旅回りで出てくるのは「夏祭浪花鑑」「伊勢音頭」や「曽我兄弟」?←要確認

*2http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20130307/1362668765