日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-05-08

[][][][]白鷺昭和16年

こちらのブログに詳しく書いてあるのだけど、本来上映時間126分の作品を島津監督の弟子、豊田四郎監督が99分に縮めた再編集版を製作したようで、演出島津保次郎と並んで、再集豊田四郎との書かれている。

小村雪岱の美術考証が楽しみでこの映画をみてみた。確かに小村雪岱の作品のような画面がいくつもみられる。

一番感心したのはクライマックスシーンの入江たか子のはかなさ。ほんとに消え入るような・・

沢村貞子さんが姉芸者のような役どころでよい場面あり。

杉村春子も若い男にコナかけたり悔しがったりする、なかなか若々しい役回り。新鮮。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20180508/1525770828