日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-05-19

[]ほとりの朔子

深田晃司監督の評判をちらほらきいていて、はじめて作品をみたのだが、良かった。

二階堂ふみ演じる浪人生朔子が鶴田真由演じる叔母海希江に誘われ海の近くの町で過ごす夏の終わりの物語。周りの人間の心のベクトルの交錯がみているうちに徐々にわかってきて良質の小説を読んでいるような楽しさ。季節感も素晴らしい。ロメールの映画のような風合いも感じる。

太賀という俳優さん、ドラマ「ゆとりですがなにか」での嫌な感じの後輩の役がえらくうまくてそれ以来気になっていたが、この映画でもリアリティのあるたたずまいだった。

古舘寛治志賀廣太郎など平田オリザの「青年団」の俳優さんたちが出ているなと思ったら深田監督は青年団の演出家だったんだ・・青年団を撮った映画「演劇1」「演劇2」*1との関係か想田和弘監督も出てきてニヤリ。登場シーンの皮肉な感じもおかしかった。深田監督の作品もっとみてみたくなった。

ほとりの朔子 [DVD]

ほとりの朔子 [DVD]

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証