日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-06-11

[][]彼らが本気で編むときは、

荻上直子監督、「かもめ食堂」の時より具体的に表現している感じ。生田斗真演じるトランスジェンダーのリンコさんの仕事は介護士介護の現場で、その美しさをみているひとがいるという表現が形をかえて出てくるけれどそこもよかった。

この映画で一番強烈に描かれているのはいろいろな母の姿だなあ。母のこどもに及ぼす影響というのを描いている映画でもあるなあ。

りりィが演じる、認知症の祖母、リアルでかつ妙に神々しくもありよい表現だったと思う。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20180611/1528815469