日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-08-30

[][][][]エンタツアチャコの新婚お化け屋敷

宮沢章夫さんのカルチャー論を録画していたものをみていたら、「書を捨てよ、町に出よう」から糸井重里の「本読む馬鹿が、私は好きよ」へ移行する、肉体中心から頭脳への時代の流れという中で、チャップリンなどが源流のからだの動きによる笑いとは違うタモリやいとうせいこうのコンセプチュアルな笑いという話があったのだけど、この映画はまさに体を使った笑いの最たるもの。エンタツの体の動きの軽妙さに終始なごまされる。

エンタツの女房役を演じたのは霧立のぼるさん。名前だけはきいていたけれど可憐なひと。

高勢実乗氏、泥棒役で登場。よい味だ。楽しめた。いつもよく拝見している立派なひげはなかった感じ。

windshipwindship 2018/09/02 21:23 霧立上る、さんといえば、宝塚少女歌劇にご出身?とまた来れ、断片的ない知識しか。。。^^;

じげのない高勢さん、想像だけでクスっです。

ponymanponyman 2018/09/03 20:48 はい、霧立さん、宝塚少女歌劇御出身です。宝塚のひとたち天津乙女とか、百人一首の名前からの人多いんだよと母からきいたことあったなあそのひとり、霧立さんはこんな方だったのね、と懐かしかったです。
高勢さんのペースよいですよねー。なんかいつも自分のペースで悠々とおもしろく・・

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20180830/1535632945