日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-05-19

[][][]もず

夫の暴力に耐えかね娘を置いて故郷を捨て都会の小料理屋で女中として暮らす母を淡島千景、美容師として都会で働こうと母の許にやってきた娘を有馬稲子が演じている。この母がいつまでも女で、母は母らしくなんて思ってもいない自分でも、なんでこういう発想になるかねえというようなところが次々と描かれていく。最後実は・・のようになっているけれど、娘への愛情というものは確かにあるのだろうけれど、なにかバランスがとれていない女性であることも間違いなく・・哀しい気分になる。

乙羽信子が調子の良い役。「大阪の宿」*1をみたとき、仇っぽい乙羽さんが珍しいように思ったのだけど、友人は乙羽さんにそういう印象はもってないというような話をきいていたものだから、あ、なるほど、こういう作品もあるものねという気持ちになった。

もず [VHS]

もず [VHS]

[][][]わるいやつら

当代片岡仁左衛門(当時は片岡孝夫)がぼんぼんの色男の医者役なんだけど、その品がこの作品をリアリティのあるものにしている。「世間知らずのプレイボーイ」とビデオジャケットに書いてあるのだが、ほんとにそれゆえの松本清張らしい展開の物語がおもしろく、飽きさせない。

松阪慶子が若きファッションデザイナーなんだけど、この時代の松阪さんは確かに良く、ストーリー展開に不自然さがない。

看護婦長の宮下順子、これも主役をはっておられる作品よりこういう立ち位置のものが私にはよい感じにみえる。

孝夫さんの事務を取り仕切っている藤田まことの若さ。そしてそのキャスティングがなかなかよいと思う。

コーディネーターに石津謙介氏の名前。ファッションショーには森英恵の姿が。

わるいやつら [VHS]

わるいやつら [VHS]

[][][][]女優

松井須磨子山田五十鈴が演じたもの。衣笠貞之助監督。ビデオに同梱された「山根貞男のお楽しみゼミナール」の文章によると、溝口監督の「女優須磨子の恋」も同じ1947年の少し前に公開されていて競作として話題になったらしい。

山田五十鈴演じる松井須磨子はえらく激しく、劇団の内外に波風が立ったであろうことだけは感じ取れた。

山根さんの解説によると、山田五十鈴はこの当時“恋多き女”として有名だったそう。

戦前から戦中にかけて、俳優の月田一郎、プロデューサーの滝村和男と結婚・離婚をくりかえし、新派花柳章太郎と恋に陥り、さらに戦後は衣笠貞之助監督と結ばれた。(中略)(この映画の)三年後にその恋も終わり、妻子のあった加藤嘉と結婚したあと、これまた離婚して、さらに“恋多き女”として生きてゆく。

とのこと。加藤嘉とのことくらいしか知らなかった。

島村抱月役の土方与志という方が品も良くインテリっぽい雰囲気でとてもよかったが、礫川全次さんという方のブログにその出演の裏話が載っていた。

all cinemaのレビュー欄にも載っていたが、有島武郎「死と其の前後」舞台上演シーンも印象に残る。

2018-05-14

[][]白鷺

島津監督版*1に引き続き、今回は衣笠監督版を。島津版は1941年。こちらは1958年。時代のせいかかなり感じが違う。1941年版が短縮版ということもあったのか、こちらの方がストーリーはわかりやすい。絵画を意識したような図つくりもあったけれど*21941年版の方が情緒があった。(しかしながらこの作品、カンヌでも特別表彰されていたり、たくさんの受賞をしている。)

前回丸山定夫が演じていたイヤがられる旦那役を佐野周二が演じていて、松竹三羽烏の佐野さんがなんと・・というような気持ちになった。川崎敬三山本富士子の相手の画家役だけど、自分にはアフタヌーンショーの司会をされていた時代の川崎さんのイメージが強く、こんな二枚目役をされていたんだ・・という印象。

白鷺 [VHS]

白鷺 [VHS]

[][][][][]秀子の応援団長

昭和15年度作品。近所のこどものお父さんが兵隊に行っているというセリフがある一方、ジャズがかかり、自由な感じで野球をしている様子に、この頃はまだこういう感じだったのか・・と思う。

沢村貞子さんがざあます夫人をすっかりなりきって演じておられる。はじめ沢村さんがどこに出ておられるのかわからなかった。野球監督役の千田是也が座興で朗々とセリフ的なものをいうのが堂に入っている。

清川玉枝のおばあさんは、「いじわるばあさん」風ヘアスタイルの典型的隠居風。またまた「きょうの猫村さん*3を思い出す。猫村さん、往年の日本の家族もの、それも上流風の家族もののスタンダードみたいなものをベースにしているんだな・・

*1http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20180508/1525770828

*2:いよいよの場面での壁にかけてある絵や、一部だけみえている障子からの姿など印象的

*3http://d.hatena.ne.jp/ponyman/20141211/1418250684

2018-05-08

[][][][]白鷺昭和16年

こちらのブログに詳しく書いてあるのだけど、本来上映時間126分の作品を島津監督の弟子、豊田四郎監督が99分に縮めた再編集版を製作したようで、演出島津保次郎と並んで、再集豊田四郎との書かれている。

小村雪岱の美術考証が楽しみでこの映画をみてみた。確かに小村雪岱の作品のような画面がいくつもみられる。

一番感心したのはクライマックスシーンの入江たか子のはかなさ。ほんとに消え入るような・・

沢村貞子さんが姉芸者のような役どころでよい場面あり。

杉村春子も若い男にコナかけたり悔しがったりする、なかなか若々しい役回り。新鮮。

2018-05-03

[][][]ひき逃げ

高峰秀子の演技力。どこから見ても子供を喪って思い詰めている母。

有閑マダム風の司葉子との対比もおもしろい。

高峰秀子の弟役の黒沢年男氏、こういう活躍をしていたんだ。

ドロドロしたサスペンス風でどうなるんだとひきつけられる。

突拍子もない連想だが、猫村さんって舞台はこの映画のようなところがあるなあ。司葉子の息子役の男の子のまっすぐな瞳が印象的。

[][]長崎の鐘、この子を残して

長崎の永井隆博士の映画を二つ。

「この子を残して」は木下恵介監督 1983年作品 脚本のところに山田太一と木下恵介。

「長崎の鐘」は大庭秀雄監督1950年作品 脚本 新藤兼人、光畑硯郎、橋田壽賀子

「この子を残して」の中で、永井博士の書籍がGHQによって出版を待たなければいけない表現があったが、劇作家の山崎哲さんのブログを拝見していると、映画「長崎の鐘」もGHQの検閲があったらしい。原爆の部分がかなり遠慮がちに描かれている。原爆の時のテロップも「戦争に狂う軍閥への最後の警告となった」というようなテロップが出てきた。

両方に山田看護婦という方が出てこられたと思うのだけど、「長崎の鐘」ではかなりラブロマンス風にまとめてあった。

「この子を残して」は、永井博士のお姑さんを演じた淡島千景がとてもよかった。白血病になった永井博士の遺児の暮しを支えていたお姑さんについて孫に語らせる言葉の視点もすばらしい。

浦上に遺された被爆遺児に対して、「お金をあげておいで のみがうつるから遠くから」と子どもにいった大人の話がでてきて、少々のお金を渡すことは自己満足で、被爆遺児の気持ちになっていないと永井博士が語るエピソードが心に残る。被災者が差別や二次被害を受ける問題を耳にするが、さらに踏み込んで自己満足の領域まで踏み込んで言及しておられる永井博士、長崎の、原爆の、偉い方、みたいに自分の中で簡単にまとめるのでなく、もう一歩踏み込んで主張しておられることに寄り添いたいなと思った。

その後の息子の教育を一番に考えての決断など山田太一のドラマをみているときのような、家庭生活の中での選択、どう判断してどう生きていくかということを特殊な例としてでなく自分のこととして考えさせられる。

ラスト「にんげんをかえせ」の合唱の使い方はこんな直球の使い方をしない方がいいように思えてしまう。よく木下監督について、時代の空気を吸い過ぎてあとからみるとしんどくみえて残念という言葉をふや町映画タウンの大森氏よりきくが、これもそうなのか・・83年という時代を考えると、自分ももう大学生だっただけにこの当時は観客はどう受け止めていたのか、ありがたい映画だからこの処理はこれでということだったのかなとも思ったり。

この子を残して [DVD]

この子を残して [DVD]

2018-04-26

[][][][]お琴と佐助

衣笠貞之助監督作品(脚本も)。山本富士子がお琴。

先日観た山口百恵がお琴のもの(西河克己監督作)*1衣笠貞之助と西河克己の脚本で、ほぼこの作品と同じ構成になっていた。本当に細かいところが違っているくらいで。なので対比してみる楽しみがあった。

山本富士子のお琴の姿も衣装もかわいらしいこと。頭に付けた髪飾りが華やか。半襟などもとても凝っていて楽しい。高島屋が着物を提供していたようだ。

全体にこちらの映画の方が関西の空気がもっとじっとりと濃厚にリアルに漂っていたと思う。

佐助のクライマックスシーンの表現はこちらの方がマイルドでよかったな。佐助自身の魅力は三浦友和のほうが私はいい。こちらでは使用人という感じが濃厚で、まあだからこその谷崎流の倒錯があるのかもだが・・

また西河版の方は小松方正の凶悪な感じとかも際立っていたなあ・・全体に役者の個性が強いのが西河版かな。

お琴と佐助 [VHS]

お琴と佐助 [VHS]