日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-09-23

[][]深ぼり京都さんぽ

グレゴリさんが20代前半の頃よく時間を過ごされた千本中立売界隈のコーナーが一番おもしろかった。(地図付き)

地元左京区では大豊神社の動物たち(像)の紹介がうれしい。

山科の栗原邸(旧鶴巻邸)の説明もおもしろい。(こちらのブログに写真多数あり。)

深ぼり京都さんぽ

深ぼり京都さんぽ

2017-08-27

[]乙嫁語り 9

9巻読みやすかった。武骨な女の子パリヤが刺繍に悪戦苦闘する話だからか?先日映画「ウルガ」*1を観て遊牧民に近づいた気持ちだからか?著者の森薫さんもおっしゃっることだけど、ひとつそれを題材にした作品に触れたら、ちょっとずつ守備範囲広がっていくし、その感じ楽しいことだな。

★なんと外務省の「中央アジア+日本」対話のサイドイベントに「乙嫁語り」が登場しているらしい。(こちら)。調べ方がきちっとしているものなあ・・

乙嫁語り 9巻 (HARTA COMIX)

乙嫁語り 9巻 (HARTA COMIX)

2017-08-21

[]月影ベイベ 9

お盆に「鶴瓶の家族に乾杯」の「ひとり旅スペシャル 2017#1」というのをやっていて、富山のおわら風の盆で三味線を弾いておられる方のところを訪ねていた。なんでも故・三津五郎さんが風の盆の時にじーっとその方の三味線にききいっておられ、そこから親しくおつきあいされている方とか・・三津五郎さんの書かれたものなどがさりげなく紹介されていた。そして、その方が鶴瓶の求めに応じ、三味線を弾かれ、お孫さんだか、お若い方がそれにあわせて踊られていたが、その踊りのポーズをみて、まさに「月影ベイベ」でみたポーズだと思った。ひとつひとつがキレがある。そしてそれをこのコミックはきれいに表現していたのだなあ。

「月影ベイベ」の方は、ひとつの成長が物語の中で起きてとりあえずよいところに落ち着いた。

月影ベイベ 9 (フラワーコミックスアルファ)

月影ベイベ 9 (フラワーコミックスアルファ)

2017-07-20

[]海街diary 8 恋と巡礼

ほんとは同じ場所にとどまって永久運動を続けたくとも否応なしに人生って進んでいる。それならばそれをよりよく受け止めていくしかないよな。変化に戸惑うな、その中でやっていけの八巻。

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)