日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-18

[][][][]ごろつき犬

1965年作品。

天知茂さんの追悼だったかで天知さんの思い出としてこの犬シリーズの「ショボクレ刑事」を挙げる人がいたが、ほんと素晴らしい!今でたとえたら松田龍平のような、クールな美男がオーラを消してしょぼくれている感じが最高!彼なくしてこの作品のコクは出ない。時代が転倒した言い方を続ければ、ルパン三世に出てくる銭形警部*1のようななりをしているけれど、うまく田宮二郎演じる、銃の手さばきに自信のある、軽くて陽性の男鴨井を転がして、自分は影の立役者みたいな渋い役回り。表面上鴨井にしてやられても、なにか鴨井を信頼したような笑顔がとても魅力的。

twitterで感想を書いたら、田宮、天知の掛け合いを生かした藤本義一の脚本のすばらしさもコメントしてもらったが、たとえば大阪の町の人がぽそっというセリフとかもありそうでツボで笑わされた。

江波杏子はクールでモダン水谷良重はちょっと重たみもある女、少々のどろくさいエッセンスに逆に惹かれる部分あり。坂本スミ子はコミカルリリーフ。←良い味。

ダイマルラケットのお二人の登場も嬉しい。昭和40年代くらい平日お昼に朝日放送で流れていたラジオ番組楽しんでいたなあ。(調べたら「ダイマル・ラケットのみんなの歌謡曲」らしい。wikipediaをみていると、ミヤコ蝶々の話で出てくる南都雄二氏も出ていたんだなあ。)

宮口精二さんも掘れば痛いところのある大企業の社長役で登場。贅沢な気がした。

ごろつき犬 [VHS]

ごろつき犬 [VHS]

*1銭形警部wikipedekiaでみていると、原作ではアニメみたいにコケにされるばかりの感じでなくこの作品のショボクレっぽい感じであったようだ。

2018-07-28

[][]セトウツミ 3-8

二人の川辺の会話の妙に知的な空気を、お気に入りのラジオのように楽しんでいたら、8巻に来て、驚きの展開。現実には永遠に続くものなどないけれど、主人公が永遠にその学年を生き続けるような作品に慣れているもので・・急に必要があってこういう展開になったのか・・急展開もうまくまとめこんであったが・・

2018-07-24

[][]菊とギロチン

オフィシャルサイト

パンフレットの冒頭に

自主自立」「自由」という、お題目を立てて映画を作りたかった。

今作らなければ、そう思った。

という瀬々敬久監督の言葉があるのだけど、今の世の中の直したいところがここに描かれている甘粕事件後の空気と似ていて、今を語るためのこの映画という感じがとてもした。

実在のアナーキスト集団ギロチン社と女相撲をからめて物語を作ってあり、実在の人物も多数出てくるが、光っていたのは、女相撲十勝川関を演じた韓英恵「誰も知らない」で、きょうだいたちとふれあう、悲しみをたたえた救いのようなシーンが印象的だったあの少女が、あの時の魂をもってここに居る、という感じ。

あと実在の人物、和田久太郎を演じた山中崇。すごい輝き。一挙手一投足見惚れる。ギロチン社の若者たちより年上で、井浦新演じる村木源次郎と同宿同飯、大杉と親交を重ねた人物だが、一つ時代を経ている、そこからの空気がいい。この方、他の何かに出ておられるときも気になって名前を調べた思いがあるんだけどな・・プロフィールをみていると、『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』(第7話) 偽メレブ役。。。そういえばあれも魅力あった。

ギロチン社のリーダー仲濱鐡を演じたのは東出昌大。彼の資質が生きていたキャスティングかも。ツメの甘さが魅力みたいな・・

その盟友古田大次郎を演じていたのは寛一郎。この作品が俳優デビューだったそう。これまたこの時にしかきっと出せない純粋だけど非力な感じがにじみ出ていた。父親佐藤浩市の若い時に顔はとても似ている。

海で踊るシーンが印象的。ベースになったものは「百姓ジャンベ」というものらしい。

ロケは滋賀舞鶴丹後半島

ギロチン社自体の活動は方角はどうあれ新選組の雰囲気とも似ている気が。

2018-07-02

[][]セトウツミ 1、2

主人公二人の名前のカタカナ並列だったんだ・・・いい按配の低温。苦笑で人生乗り切る感じ。知的な笑い。美しい作画。イギリス映画に関西まぶしたみたいな、しかもそのほどが絶妙な世界。


2018-04-26

[][][][]お琴と佐助

衣笠貞之助監督作品(脚本も)。山本富士子がお琴。

先日観た山口百恵がお琴のもの(西河克己監督作)*1も衣笠貞之助と西河克己の脚本で、ほぼこの作品と同じ構成になっていた。本当に細かいところが違っているくらいで。なので対比してみる楽しみがあった。

山本富士子のお琴の姿も衣装もかわいらしいこと。頭に付けた髪飾りが華やか。半襟などもとても凝っていて楽しい。高島屋が着物を提供していたようだ。

全体にこちらの映画の方が関西の空気がもっとじっとりと濃厚にリアルに漂っていたと思う。

佐助のクライマックスシーンの表現はこちらの方がマイルドでよかったな。佐助自身の魅力は三浦友和のほうが私はいい。こちらでは使用人という感じが濃厚で、まあだからこその谷崎流の倒錯があるのかもだが・・

また西河版の方は小松方正の凶悪な感じとかも際立っていたなあ・・全体に役者の個性が強いのが西河版かな。

お琴と佐助 [VHS]

お琴と佐助 [VHS]