日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-15

[][][][][]小判鮫

映画com

wikipedia衣笠監督のところにはこの作品についてこのように載っているが、*1

1946年昭和21年)、明治開化期の鉄道建設を巡る利権争いを、東宝オールスターで描いた喜劇映画『或る夜の殿様』が戦後第1作となり、翌1947年昭和22年)に島村抱月松井須磨子の恋愛事件を描いた『女優』、オムニバス映画の『四つの恋の物語』第4話を監督後、東宝を退社してフリーとなる。同年、長谷川と山田五十鈴設立した新演伎座の顧問となり、同座製作で『小判鮫』を製作するも、東宝争議もからんで不評となり

自分にはなかなかよく出来た作品に思われた。

長谷川一夫が、歌舞伎役者 中村紅雀と離れ島の役人の息子百太郎の二役をこなす。そして、紅雀の方が、演じる舞台がいくつもあり楽しめる。(多分、揚巻児雷也(衣装がそれ風)、娘道成寺、あと三人で刀のうちあわせをしているようなのは何だろうか。。)中村紅雀は上方芝居とあるけれど、中村座と称していて、紋の図柄銀杏。自分には今の中村座と関連があるようにみえた。

山田五十鈴が軽業師。身のこなし、ちょっとすれた感じなどなかなか良かった。

*1:原典 衣笠貞之助 『わが映画の青春 日本映画史の一側面』 、中央公論社中公新書〉、1977年。とのこと

2018-07-08

[][][][][日本映画傑作全集〕をり鶴七変化

お家騒動に二役をからませてあって、先日観た「桃太郎侍*1系譜を思い浮かべたが、ビデオにはさまれた「山根貞男のお楽しみゼミナール」という冊子によると、

お家騒動女形の役者、二役と見てゆくと、「雪之丞変化」(三五)から「小判鮫」(四八)「蛇姫道中」(四九)まで、長谷川一夫の映画がつぎつぎ思い浮かぶ。

とある。ストーリー展開的には少しわかりづらい部分があったと思う。気にせずみていったらなんとかなるれど。

主人公を務めた伊原史郎氏は、常磐津総家の御曹子・岸沢輝太夫が映画界にデビューしたものだけど、その後姿をみないということで、売り出しには失敗したと思われるとの山根さんの評。わたしは、女形の台詞が大好きなのでそこがとてもナチュラルで、みかけもすっとしていてみていて好きだった。

出だしの傘のシーンはとてもはっとさされられた。山根さんも傘の波、人の波、あるいは何度も出てくる斜め俯瞰のロングショットなど、ベテラン石田民三のみごとな画面づくりとしながらも、それが、新人が画面であまり映えないので空転しているというような評。そのぶん皮肉にも渋く輝いていたと書かれているのが、脇の月形龍之介。確かに月形龍之介は目をひく。

色川武大さんの「なつかしい芸人たち」*2や、「エノケン孫悟空*3でお姿を意識して拝見して以来気になっている高勢実乗さん(山根さんによると"あのねのおっさん")の易者姿が目をひく。「ワシャ、カナワンヨー」の決め台詞も。

籠屋が定番の権左と助十かと思いきや、こちらのサイトの指摘で、助三と権十と気づく。ノリは権左と助十だった。

浪人稲葉幸助を演じた澤井三郎氏いい味。

脚本の大和田九三は石田民三ペンネーム角田喜久雄の原作小説は、1956年にも勝新、玉緒主演の「折鶴七変化」として映画化されたと山根さんの解説にある。

2018-05-23

[][][]歌行燈

以前成瀬版*1をみていて、うっすらとした記憶だが成瀬版の方がうまくまとまっていたように思う。成瀬版をみてからなので衣笠版少し冗長に感じるところがあった。

山本富士子の泉鏡花もの、別の思い人がいるのに旦那に落籍されかけ・・みたいなストーリが似ていて、「白鷺」*2とごっちゃになりそうだった。

歌行燈 [DVD]

歌行燈 [DVD]

みたのはvhs版

[][][][]鬼の詩

movie walker

冒頭 原作者藤本義一と笑福亭松鶴師匠の対談あり。ATGらしさ、70年代の香りも漂って堪能した。

伊勢大神楽の二十三代山本源太夫氏の名前も製作協力のところに。昨年1月にNHKでみた「疾走!神楽男子 伊勢大神楽の若き獅子たち」という番組を思い出す。(あの番組に出ておられたのは山本勘太夫だったよう・・)お話の中では主人公の育ての親が佐渡神楽の一員という設定になっていて福井、鯖江、河内を転々としたというような台詞があった。

片桐夕子演じる女房と主人公が門付の旅にでるところの三味線と義太夫?の音、そしてざらっとした旅の映像がとてもいい。やはり70年代の映画「森浦への道」*3や「股旅」*4にあるような彷徨の空気。

この日みた「歌行燈」*5の雷蔵も門付をしているのだけど、製作や年代によってこうも描き方が違うのだな。

音曲指導に豊竹和佐太夫、豊竹鶴玉というお名前。

この映画でも藤本氏の真摯な話のききかたが心に残り、昨今藤本氏の仕事が気になっている。

DVDはBOXのみ発売のよう・・

2018-03-22

[][][][][]獅子の座

昭和28年伊藤大輔監督作品。

ビデオパッケージより

宝生流十五代宗家宝生弥五郎に江戸開府以来第六回目という勧進能が聴許され、その日は将軍家慶も上覧することとなった。演目の“石橋”では太夫の弥五郎が長男石之助と一緒に親子連獅子を舞わねばならず、そのため幼い石之助に対する稽古は厳格を極めた。〜以下略

伊藤大輔監督はビデオに同梱された山根貞夫氏の解説によると、幼いころから能が好きだったそうで、ただ、ご本人の弁として「能のことを知りすぎていたので、題材に溺れてしまった」とのちに語っているそうだ。

yahoo movieのbakenekkoさんという方のコメント欄を拝見していると、“石橋”以外にも能の“羽衣”、“高砂”などが出てきていたらしい。(”熊野”というのも確認できた。)

田中絹代演じるところの石之助の母親 久の教育がキツくてしんどいものがあるのだけど、しごきに耐える息子役の津川雅彦*1は、けなげでなかなかよかった。今だったらカウンセリングが必要と感じられるほど追いつめられている姿がリアルだった。また、帝王教育とは無縁で、放任っぽく対照的に描かれる弟 重次郎も、いざとなったらなかなかの舞台度胸(“忠信”という演目)。長男と次男の違いは、中村屋の小さい兄弟のドキュメンタリーなどでも感じることある。重次郎を演じたのは木村国臣という役者さんのよう・・

こちらのブログを拝見していると、この映画でも出てきた津川さんの演じた宝生九郎の雷嫌いは有名な話だったらしい・・

*1:この映画では加藤雅彦の名前で出演 上述のbakenekkoさんのコメント欄によると12歳とのこと

2018-03-20

[][][][][]檜舞台

昭和21年作品。戦争が終わって間もない頃の劇団。その描写がリアル。

「瞼の母」を父親に置き換えたような・・と思ってみていたら、「瞼の父」と書いておられる方がいらっしゃった。(こちら

長谷川一夫の鏡獅子が見事。日ごろ、ふや町映画タウンの大森さんが長谷川一夫の所作をほめておられるけれど、なるほどくっきり感じた。

「連獅子」を以前シネマ歌舞伎でみていたので*1今、どこを演じているというのがわかったのもありがたかった。シネマ歌舞伎、良い企画だなあ。