日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-09-08

[]はてなブログへの移行

はてな日記がなくなるとのことで、はてなブログへの移行をしています。

はてなブログこちら

新しい記事ははてなブログに書くようにしています。

移行は、こちらをみながらしています。

2018-08-23

[][][]水無瀬大山崎〜映画「家路」

先日大阪で若い知人に会った時、水無瀬長谷川書店というところに行きたがっていた。時間の都合で回れなかったのだけど、中村佳穂さんという方のCDが欲しかったからだったそうだった。

教えてもらったyou tubeが力強くて透き通っていてとても良く、また偶然同じタイミングで長谷川書店さんの評判を信頼している方のtwitterで知り、CDを買いに行く事に決めた。

知人が求めていたCDは「GATAGOTO SONG NIGHT SONG」というアルバムで長谷川書店さんで収録されたもの。鉄道の高架下で、常にガタゴトという音がしているそこからつけられた名前だそう。長谷川書店におかれたピアノを使われたという。上のCDの説明のところには以前から気になっていたバンド「ザッハトルテ」のヨース毛さんという方のチェロも一緒に入っているそうで、そのつながりも嬉しくなった。

f:id:ponyman:20180823110946j:imageこのピアノで収録

佳穂さんはCDを一期一会として作られるそうで、基本は再版をされないようで、以前のCDなどが手に入りにくいらしい。長谷川書店さんで、佳穂さんがサントラを担当した「家路」という映画のDVDも購入した。

映画「家路」 オフィシャルページ

この映画は「oYamazaki まちのこし プロジェクト」という大山崎エリアの良いところを残していきたい、町おこしでなく、まちのこし、という考え方のもとで作られたそうで、出てくる人もほとんどが演技の経験のない大山崎に住んでいる人々。最近「ハッピーアワー」*1や「さよならも出来ない*2など、俳優でない人で作られた映画を時々みるが、演技のうまい下手を超えた人間性がにじみ出ていて俳優による映画とは違った風合いが出ている。この映画もそうであり、でも、中村佳穂さんのサントラがそのあてどない飛行のような映画をよい方向に導いている。すばらしい才能だ。主人公を演じた中村佳太さんは、経歴をみていると、住みたい町で住もうと決意して東京から移住され、珈琲焙煎所を作られたそうだが、本当にこの映画、大山崎の自然も豊かに感じられ、住みたい気持ちになる。そして、自分の一日一日を考えるきっかけになるような映画だった。

この日は、「家路」のサントラCDも求めて、中村佳太さんのされている「大山崎 COFFEE ROASTERS」も訪れる。こちらもあたたかい空気で、このプロジェクトがとても気になるものとなった。

f:id:ponyman:20180828054345j:image

「家路」のDVDには佳穂さんの上映会時のミニライブも収録されこれがまた力強く楽しかった。「千年たったらみんな死んでいる」といううたがあったのだけど、これ、個性の強い母の介護中に母より浴びせかけられた強い言葉に傷ついた自分に父がかけてくれた言葉と似ていて、はっとした。

話がどんどん広がってしまったが、水無瀬の長谷川書店さん、本当に普通の、気取ったところのないまちの本屋さんでありながら、魂に響く選書を織り交ぜておられ、そのバランスがとても素晴らしいと思った。

佳穂さん関連のものとして求めていたので、佳穂さんの地元の美容師さんが世界中を旅しながら髪を切っているところをナショナルグラフィックスのカメラマンが撮影した写真集なども紹介してもらい、これも散髪されている人の人間性が引き出されているおもしろい写真集だった。(タイトル「TOUCH」

f:id:ponyman:20180827091139j:image佳穂さんの作られたポップ付「TOUCH」

また、佳穂さんの曲「口うつしロマンス」の元になった「さよならのあとで」という詩集もメモしておきたい。

さよならのあとで

さよならのあとで

夏葉社から出ているこれだろうか・・検索していたら長谷川書店さんのtwitterで、姫路おひさまゆうびん舎といって、杉浦さやかさんの姫路の展覧会の時にみた名前もあがっていて興奮がつきない。

後日談として、もともと佳穂さんのCDを求めていた方(つい先日まで岐阜在住)から、長谷川書店さんともおつきあいのある岐阜徒然舎という古本屋さん、そこから話が広がっての、ヨジハン文庫伊東豊雄という方の建築岐阜市立図書館メディアコスモスなども教えて頂き、メモが増えている。

2016-08-14

[][]草津温泉へ

急な家族の思い付きで草津温泉へ。「草津よいとこ」という曲のイメージよりずっと避暑地っぽい雰囲気のところがある。「知床慕情」「襟裳岬」にしても、曲のイメージがしっかりしすぎていて、勝手に「こういうところ・・」というイメージを持ってしまうが、出会ってみて、曲の固定観念ないほうがいいと思ったりしてしまう。富良野でもずっと「北の国から」の音楽が流れているのがちょっと残念だったこともあり、曲で有名になるのだろうけれど、そういうバイアスなしで出会うチャンスを奪う場合もあるなあと、これは曲によらずなんでもだなあと思ったりしている。ある人の紹介でそういうもの、と決めつけてしまうことがあって、それが作品に出会うチャンスを阻害してしまう場合だってあるだろう・・

さて、去年まで息子が信州にいて、信州との心の距離が大変近くなっているのだけど、今回草津温泉に行くときも、松代の温泉に寄ったり、帰りも上田に寄ったり、ちょっとずつ信州との出会いが増えていってる。

友人が銀閣寺のアンティークショップ迷子で購入して見せてもらったこの本も年々知っている地名が増えておもしろい。

f:id:ponyman:20161208124007j:image

信濃毎日新聞社によるこの本は信州の郷土史研究会の方々が解説を担当されていて(西洋館部門の荒川久治さん。。このお名前はどこかで覚えがあるような・・)きっちりと調べてあって、刺激が多い。

気になったメモ

〇信州大学医学部構内にある旧松本五十連隊の炊事場

大阪城の近くの旧・軍の施設もレンガ造りで気になるものだったなあ・・

〇穂高の旧有明高原寮

テレビドラマ「鐘のなる丘」の舞台となり「とんがり帽子の時計台ー」の歌で広く親しまれた建物だそう。明治の中頃長野市鶴賀に建てられた木造三階建ての大きな遊郭が花柳界が衰微した大正八年に片倉の資本による有明温泉が買い取って移築。その後は終戦直後混乱期に松本少年院、昭和24年からは法務省の国立少年院・有明高原寮として全国でも数少ない施設だったとか。

こちらのページにも上に書いたことが「鐘の鳴る丘集会所」となったその後も含めて詳しく書かれている。

2016-01-05

[][]雑誌ケトルでめぐる旅

2014年4月号のケトル「旅に出たら本屋に行くのが大好き!」を以前誕生日にいただいて、すごく活用している。

f:id:ponyman:20160105072410j:image

12月に行ったのは、鳥取の定有堂書店ものごとをゆっくり考えるための本、生活をよくしたり、楽しくしたりするヒントになるような本がおもしろくカテゴリー分けされて並んでいて、落ち着いたとてもよい書店。

たくさん深い内容の本が並べてあったのだけど、そこで買ったのは、ものすごい実用書。クロワッサンの掃除特集

今までの自分の経験から買っただけで安心してしまうのでは?という危惧もあったのだけど、とっつきやすく楽しい。一人暮らししていて部屋がえらいことになっている息子も読んで実践してみようと思ってくれた記事あり。

そして、もう一冊

新版 山陰旅行 クラフト+食めぐり

新版 山陰旅行 クラフト+食めぐり

これは旧版を持っていてとても重宝していたのだけど、こどもに貸したかなんかの後どこかに行ってしまい悔やんでいたもの。新版になり新しい情報も付け加わり、ボリュームも増していたので思い切って記念に購入。買って正解だったと思う。


鳥取、チェーンでないお店がちゃんとがんばっていて、とても気持ちのよい町だった。

f:id:ponyman:20160105072411j:imageおみやげを買いに入った加藤紙店も、季節のカードを使ったさまざまな手書き文例が壁面を飾っていて、心のこもったお店。おたよりを出す心っていいなあという気持ちにさせられる。そして、「ケトル」をプレゼントしてくれた友人にあげる小さな文具を購入。普段行くお店であまり見かけないミニ便箋と封筒を探して贈ったら、あんなかわいいのはみたことがないといってもらえうれしい。

f:id:ponyman:20160105072412j:image帰りはベニ屋で、チキンカレーを。落ち着く雰囲気。なぜだか、私の好きな力士、照ノ富士から謹呈されたような相撲の番付表が。。鳥取北高校にいた経緯からかな。。

年明けて、1/4、今度は

f:id:ponyman:20160105085555j:image

福井の空中BOOKSに。田んぼの中のセレクト本屋さん。ヴィレッジバンガード出身の店主がヴィレバンの遺伝子を受け継ぐという意味の紹介が「ケトル」にしてあったが、ヴィレバンよりずっと落ち着いていて、50代前半のわたしたち夫婦にもなじめる雰囲気。そしてもっと若い世代にも。雑貨と本の配列がよく、気取ってなく親しみやすいけれどスマートな本棚がくつろげる。

買ったのは。。

今度出かける参考になりそう。

いいビルの写真集 WEST

いいビルの写真集 WEST

表紙から漂ってくるおどけた空気もいいし、写真多数でとてもきれいで楽しい。

ウディ・アレンの映画見ていて、つかわれている音楽のこと、引用されている映画のこともっと知りたいと思っていた自分にヒント多数。

2015-11-03

[]イタリア菓子 コロンボ

10/8の京都新聞夕刊に掲載。

オーナーシェフの吉村さんはイタリアンレストラン「カーサ・ビアンカ」のドルチェ担当だったこともあるそうだ。時代が重なっているのかどうかわからないけれど80年代、今出川の「カーサ・ビアンカ」のドルチェほんとに大好きだった。

facebook https://www.facebook.com/...