日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-15

[][][][][]小判鮫

映画com

wikipedia衣笠監督のところにはこの作品についてこのように載っているが、*1

1946年昭和21年)、明治開化期の鉄道建設を巡る利権争いを、東宝オールスターで描いた喜劇映画『或る夜の殿様』が戦後第1作となり、翌1947年昭和22年)に島村抱月松井須磨子の恋愛事件を描いた『女優』、オムニバス映画の『四つの恋の物語』第4話を監督後、東宝を退社してフリーとなる。同年、長谷川と山田五十鈴設立した新演伎座の顧問となり、同座製作で『小判鮫』を製作するも、東宝争議もからんで不評となり

自分にはなかなかよく出来た作品に思われた。

長谷川一夫が、歌舞伎役者 中村紅雀と離れ島の役人の息子百太郎の二役をこなす。そして、紅雀の方が、演じる舞台がいくつもあり楽しめる。(多分、揚巻児雷也(衣装がそれ風)、娘道成寺、あと三人で刀のうちあわせをしているようなのは何だろうか。。)中村紅雀は上方芝居とあるけれど、中村座と称していて、紋の図柄銀杏。自分には今の中村座と関連があるようにみえた。

山田五十鈴が軽業師。身のこなし、ちょっとすれた感じなどなかなか良かった。

*1:原典 衣笠貞之助 『わが映画の青春 日本映画史の一側面』 、中央公論社中公新書〉、1977年。とのこと

2018-08-14

[][][][]博多どんたく

博多八丁兵衛という九州博多奇人阪東妻三郎が演じている。昭和23年丸根賛太郎監督作品。

総じて笑いのテンポなどは今と少し違っていたけれど、それがのんびりした空気を出してはいる。

八丁兵衛については八丁兵衛の営んでいた西濱屋のサイトに詳しく載っている。(こちら

この映画の中では、ヨーロッパ専制君主ものので権力者をその目の前で風刺して権力者の広さを試す命がけの道化のような振る舞いをしていた。

福岡が武士の街、博多は町人の街で那珂川によって二分されているということは「ブラタモリ」できいたことがあり、タモリはお堅い福岡側の人間であることをどこか恥じながら語っているニュアンスがあったけれど、この映画での分断ぶりをみて、なるほど、タモリ福岡から出てきたということが芸風の持ち味でもあるなあと思った。

那珂川にかかる橋は一本、町人が福岡にこの橋を渡って入れるのは唯一どんたくの日のみだということで、この映画のクライマックスが博多どんたくに据えられる。ここは大勢の人を使ったダイナミックで迫力のある表現。

浦辺粂子さんが、武家に預けられている薄幸の娘の味方をする役回りで、役柄の演じ方はとてもいいのだけど、博多の言葉が少し違っているように感じた。

2018-08-06

[][][][]鮫

昭和39年 田坂具隆監督作品。眞継伸彦原作。

主人公は中村錦之助演じるところの越前の漁村(三国付近?)で生まれた「鮫」と呼ばれる青年。流民とかいうことで、漁村の他の連中から差別されている。支配者が漁村の他の連中に祭で気持ちを発散させている時に、流民の部落の方は焼き討ちにあう。大義名分が全くなしではあったが、まあ、どうせ理由なんかあってもこじつけだし、こういうことが往々にして起こるのだよということは充分わかるので、そのまま話を追う。(加藤嘉の、流民を恐れているからという言葉は映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」でのマイケル・ムーアの主張にも通じるところがある)

ただこの時の祭が、「面かぶりの神遊び」を許可するとか支配者がやってきて宣言し、神の島から使いの者が面を届けてくれ、魚介類の面をかぶって浜辺で踊るというようなもので、これはどういうお祭りなのだろうかと、とても興味を持った。

鮫が、加藤嘉扮する祖父に自分の父親についてたずねたところ、「ひじほうもん」という言葉が出てくる。秘事法門ということだろうか・・wikipedia秘事法門の項はこちら

焼き討ちで母を喪った後、鮫と祖父は京の六角堂で願阿弥という僧が飢えているものに施しをしているという話をききつけ、京を目指す。(願阿弥についてのwikipediaの説明はこちら。)

足軽からゆくゆくは、武士にということを目指している鮫だが・・・鮫がいろんな人と出会ってなにかを学んで年をとっていくストーリーになっていて、その出会う相手とのことがなかなか鮮烈に描かれている。

特に足軽隊で出会う元人買いの加東大介現実主義者で、その世界で生きていくコツを教えてくれるのだが、太刀捌きも美しくなんと頼もしいという風にみえる。

そのあと鮫にとっての一番大きな出会いが、三田佳子扮する見玉尼との出会いである。若き三田佳子の清らかで美しいこと。役にぴったり。三田さん、こういう感じだったんだとつくづく思った。

鮫 [VHS]

鮫 [VHS]

[][][][]江戸の春 遠山桜

若き日の遠山の金さんを描いたもの。

以下、ビデオに同梱の山根貞男さんの文章を読んでのまとめ。

北川冬彦という詩人映画評論家が、「キネマ旬報」でこの映画のことを「『百萬両の壺』*1その他で、この作の面白いところは用いつくされている」と断じ「(監督の)荒井良平は、山中貞雄の後を追おうと始めた。これは、どんなものか」と疑問を呈しているそうだ。

山根貞男さんによると、確かに「百萬両」の方とこの映画は共通点が多いらしい。遠山の金さん丹下左膳の違いはあれど、時代劇なのに現代感覚で作られているところ。また細かい点をいえば、ということで高勢実と鳥羽陽之助が茂十・当八コンビで両方に出てきていること。(この映画では、おでんやとそばやの役。)そして、北川氏の批判のその部分をこそ、当時の観客は喜んだにちがいないと山根さんは推測しておられる。

高勢さんの場面、本当のんびりしたおかしさがあってみていてくつろげる。あとは、実家の親に心配されているような金さんの若さが新鮮。演じる尾上菊太郎という方、いなせでかっこいい。

脚本は梶原金八という、ヒット作を数々出している八人からなる共作チームで、その八人の中にひとりは「百萬両の壺」の監督、山中貞雄なのだが、甥の加藤泰の書いた「映画監督山中貞雄」によると、この作品には山中貞雄は参加していないらしい。

日活HP

2018-08-05

[][][][]人生は六十一から

1941年斎藤寅次郎監督作品

ビデオ同梱の山根貞男さんの解説によると、当時の映画評はあまり評判がよくないらしい。山根さんもテンポはそんなによくないし、ギャグも弱いとしながらも、「が、妙なおかしさがある。話がどんどんズレていく迫力というか、画面展開のデタラメかつ柔軟な勢いというか、それが独特の笑いを煽り立てるのである。明らかにエンタツアチャコの漫才の魅力はそうしたズレにこそある。」と書かれているが、とにかく私にはなかなかほほえましく楽しい映画であった。

エンタツ演じる主人公は固形ガソリンの発明に血道をあげたあげく失敗、成功して家族にお金を渡せるようになるまでは帰ってこないと家族を置いて断りもなしにそのまま出奔するような、現代の日本では愛すべき主人公には据えられにくい、いうならばチャウ・シンチ―の映画かと思うような身勝手スタート。でも息子のことは心配しているようなところはあり、エンタツさんの愛すべき雰囲気もあいまって、しょうがないなあというようなストーリー運びになっている。

映画の惹句には「……今や世を挙げての科学振興時代!」とあり、“科学”ということが国家的規模で強調されていた。文部大臣が“科学する心”を唱道したのは一年前の一九四〇年のこと

と山根さんの解説にあるのだが、“科学する心”という言葉、大正12年生まれの伯母がふざけてよく使っていた。これが語源だったのか・・

一度気になったらもう映画に出てこられるたび気になってしまう高勢実乗氏、この映画でも活躍。「アノネオッサン」も「カナワンヨ」も出てきた。御前様のモーニングだかを洗濯屋にもってくる羽織袴の執事のような役だがこの人が出てくるとあやしくておかしくて・・今や自分は高勢さんを映画で追っかけている。


[][][]アメリカン・ハート

ふや町映画タウンの☆☆(実は、けっこう・・おすすめ)

刑務所を仮釈放となったジェフ・ブリジス演じるジャック。それを迎えに来た、親戚のところにいるはずだったエドワード・ファーロング演じる息子のニック。

「自分のことしか考えない」とビデオジャケットにも書かれているジャックのニックに対する接し方が割り切っていて、どうしても家族に振り回される自分には新鮮なほどだ。彼なりの息子への思いからの事態の進展が映画のクライマックス。更生がテーマの映画につきもののハラハラ感。

「アメリカン・ハート」というタイトルは、途中で出てくるが文通からスタートするような出会い系雑誌みたいなものらしい。そのネーミングや、手書き風文字のタイトル、トム・ウェイツの曲など、実は地道ないい映画という感じ。

エドワード・ファーロング、名前だけは知っていて、メジャーな印象だけど出演作をあまりみていなく・・「I love ペッカー」はみている。この映画では繊細な美少年という感じだったが、あちらでは繊細ではあったがオタクっぽかったような・・この映画のどなたかの感想に、エドワード・ファーロングの持つ影が生かされているとあったけれど、確かに影が魅力だった。

※以前友人mikaさんが書いてくれた「I love ペッカー」の感想を読んでいたら、「I love ペッカー」で、エドワード・ファーロングのイメージが180度変わったとか・・もう一度みる必要も感じた。

2018-07-31

[][][]牢獄

ベルイマンの初期作品の中で最も重要な作品とされている、という朝日新聞社のベルイマン初期作品集のジャケットに書かれた言葉に従って借りてみた。メタ映画みたいな部分もあり、そこまではよかったけれど、その後のストーリーも少しわかりづらい。

みたあと、「明るい部屋:映画についての覚書」というブログの記事を拝見し、そういうことだったのかと思った次第。ここにも書かれている手回し映写機のシーンは大変印象的。「ファニーとアレクサンデル」で、小さな模型で物語を作って遊んでいたシーンを思い出す。原初的な魂の救いとしての物語。

映画の冒頭に出てくる、地獄のアイデアを持ってくる数学教師の話の中に「原爆はなし」というような言葉があったのがとても気になった。

牢獄 [VHS]

牢獄 [VHS]