日常整理日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-06-15

[][][][]激動の記録、幻の響写真館

「激動の記録」は昭和15年から26年までの日本ニュース。同封の元NHKエグゼクティブ・ディレクター山崎俊一氏の解説によると、日米交渉破局のあとの開戦の時代の日本と戦争を記録した映像は世界でこの日本ニュースだけだそう。国策に協力したとか、好戦的なニュースばかりと戦後評価されたらしいが、ほんとにその実態の映像がみられることも尊い山崎氏が書かれている、一人一人の兵士の表情や、緊張し笑顔の乏しい銃後の人々、その背後に散見するゆとりのない時間・・意図か無意識か、その時代のリアルが映っていて力強く胸に迫る。また、庶民だけでなく、政治の中枢にいた人々の姿もいろいろ考えさせられる。劇映画ではみていても、それとはまた全く違う迫力。

ちょうど、最近昭和2年生まれの母の伯父が経営していた長崎の響写真館というところの記録に恵文社で開催されている展覧会でふれたところ。偶然知った展覧会で母や仲の良かった従妹の戦時中の青春に触れ、成長途上母にかなり反抗的だった自分も、とても素直に心が動かされた。「この世界の片隅に*1のすずさんとも年齢の近い世代。母は現在言語障害があり、彼女側からはうまく意思の疎通はできないけれど、ぐっと胸に来たそのことをとりあえず伝えられた、その状況に自分がなれたこと、これらの作品にすごく感謝。

そして、恵文社講演会でも話の出ていた、二つの世界大戦の間に文化的に豊かな時代があり、その国が最終的にあのような方向に進んでいったことも、本当に今と重ね合わせてしまうし、悪い方向にならないためにできることはしていきたいと強く思う。

NHK特集 激動の記録 DVD BOX

NHK特集 激動の記録 DVD BOX

『長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語』

『長崎 幻の響写真館 井手傳次郎と八人兄妹物語』

2017-05-23

[][]激動の記録 第1部

映画館で本編上映前に流される日本ニュース。この巻は昭和15年〜20年まで。

学徒出陣の姿、国の定めたように行動しなければならない有様。。一番やるせない。再現フィルムではない映像の力。

最近、太平洋戦争前後のものをまとめてみていて、例えば去年の夏放映していたNHKの、実在の人物を描いたドラマ「百合子さんの絵本 陸軍武官・小野寺夫婦の戦争」などでもそうなんだが、各部署には優秀で、国の犠牲を小さくする努力をしようとしている人がいるにも関わらず、国としてはストップがきかずに突き進んでいってしまう状況をあちこちで知ることになり、どうすれば歴史から学ぶことができるのか、よりよきシステムができるのか、そのために自分ができることはないか考えこんでしまう。

2016-09-13

[][]不思議の国のアリス

サミー・デイビス・Jrのイモ虫、リンゴ・スターの海ガメもどきなど豪華は豪華なナンセンスミュージカル。それぞれが歌ったり踊ったりは楽しいし、意表をつくような画面なども楽しいのだけど、どこかテレビ映画だなと思うような間があり、不思議の国、鏡の国の話全部通して3時間越えはちと長く感じる。

不思議の国のアリス [DVD]

不思議の国のアリス [DVD]

2014-10-21

[][][]三人吉三

平成13年6月 渋谷シアターコクーンにて。「勘九郎箱」というDVD-BOXにはいっている。

主役の三人は故・勘三郎さん、福助さん、橋之助さん。

この夏、ひと世代若い 勘九郎さん、七之助さん、尾上松也さんでみた*1のだけど、違いがよくわかった。この夏にみたほうが、三人の年齢が登場人物と近くて、動きも激しかったし、ほんと若者の群像劇という感じだった。お嬢吉三も、七之助さんのはクールではかなげ、可憐だったけれど福助さんのは開き直っている感じ。雷蔵の映画の弁天小僧*2やお嬢吉三*3が、さっと男になるという感じを受けたけれど、その方向性はこの福助さん的なスタイルなのかも。

全体にこのDVDの方が伝統歌舞伎よりだと思う。

このバージョンではわき役も勘三郎さんや橋之助さんが二役でしているのだけど、この夏にみたのは違っていて、平成13年版の方が二人が演じた役がくっきりしていた。(こっちの方がより誇張した演技になっている。)

また、獅童さんが女形(といっても笑かすような役)、当代勘九郎さんが親孝行の娘(今、七之助さんがやっているような女形に比べると線が太い感じだけど、独特の持ち味でしっとりと。)、七之助さんがその娘と関係ができるけれど実は双子のきょうだい、という役回りが新鮮でもあった。

十八代目中村勘三郎襲名記念DVD-BOX 「勘九郎箱」

十八代目中村勘三郎襲名記念DVD-BOX 「勘九郎箱」

2014-10-13

[][][]野田版 鼠小僧

「三太」という棺桶屋がひょんなことから鼠小僧になるという設定で、クリスマスを意識した大道具なども使われている。ちょうどこれを観た日、管理社会からはじきだされる・・ということに思いを馳せていたもので、勘三郎さんの熱演にうたれた。

福助さんの女形、評判通りの味わいがあるな。

野田版 鼠小僧 [DVD]

野田版 鼠小僧 [DVD]