音楽と演劇と映画と読書の日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-05-03 『ハムレット』が待ち遠しい!

劇団四季 ハムレット [DVD]

劇団四季 ハムレット [DVD]

2年前に上演された劇団四季の『ハムレット』が帰ってきます!

今回は中国の北京人民芸術劇院と劇団四季とで交互に公演を行うとのこと。

両方見たいなあ。だってハムレットが両方オトコマエなんだもん★

劇団四季版は友人経由で楽日のチケットを入手しました。

問題は北京人民芸術劇院のチケットです。

いつ行けるか!誰と行くか!それが問題だ。

■劇団四季『ハムレット

http://www.shiki.gr.jp/applause/hamlet/index.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/popon-x/20100503

2010-04-23 『深夜食堂』届いた。

深夜食堂』のDVD届いた★

深夜食堂 (ディレクターズカット版) [DVD]

深夜食堂 (ディレクターズカット版) [DVD]

どのエピソードも秀逸〜。

そして飯島奈美さん監修のお料理の数々…。

小寿々姐さん(綾田俊樹)と竜ちゃん(松重豊)の

ビミョーなカップル(なのか…?)がやっぱり最高。

マスターのお店で「竜ちゃんこないかなー」って

待ち続けるけなげな姐さん(オッサンだけど)が

すごくカワイイの。

竜ちゃんは「オカマは嫌いだ」って言いつつ

姐さんのこと、わりと好きなんだよね。

あのビミョーな二人の距離感がね。いいんだよね。

で、そういうお客さん同士の静かな物語を

ふんわりまとめるのがマスター(小林薫)のさりげない心遣い。

つかずはなれず、お客さんとのコミュニケーションが取れる、

こういうマスターってなかなかいないよね。

登場人物が泣いたり叫んだり

怒ったり暴力ふるったりせず

淡々と会話しながら進む物語が

とても心地よいドラマです。

今度ドラマに出てくる食べ物をつまみながら

DVDを見たいわ。

こんなお店、あったら絶対に通うわ。

帰る時間と開店時間、ちょうどいいもん(笑)

■『深夜食堂』公式HP

http://www.meshiya.tv/

inamem9999inamem9999 2010/05/02 18:31 どうもこんにちは。とても雰囲気が良く、面白いドラマでした。ドラマを見た影響で原作も大人買いしてしまいました。
ドラマの方はオリジナルキャラのオダギリジョーと小林薫の関係が思わせぶりなまま終わってしまったので、原作の新エピソード含めて新シーズンの制作が待たれるところです。

popon-xpopon-x 2010/05/03 21:51 こんにちは〜。本当にいいドラマでしたよねえ。私も新シーズンの制作をぜひに!と思っています。DVDボックスはメイキングとか、出演者インタビューが充実してて楽しかったです!ぜひDVDも大人買いを★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/popon-x/20100423

2010-04-04 CATS in 横浜

ひっさしぶりーに『CATS』を見てきました。

これまた久しぶりに友人が出るというので

急遽チケット譲渡サイトでチケットを入手し、

観劇できることになりました。

本日は友人つながりで、超かわいい女子2名と一緒です。

彼女たちも彼のファンとのこと。うれしいなあ。

一緒にランチしていっぱいおしゃべりしたあとに劇場へ。

お譲りいただいた席がすっごくいい席で、

いわゆるタガーの拉致エリア。

もしかして拉致ってもらえるかもーと

思っていたのですが、目の前の女の子が

さらわれていきました。

ああん、残念!と思ってたら、タガーが戻ってきて

前の席に腰掛け、じーっと私を見つめるので、

「そうだよ、私だよーん」と心の中で思いつつ

私も顔を近づけてじーっと見つめ返してあげました(笑)

今日は本当にどのキャストもすばらしくて、

それぞれのナンバーが終わるごとに

立ち上がって拍手したくなるような出来。

特に男前なミストフェリーズのキレのあるダンスには

ハートをわしづかまれ、「これは恋!?」

と思うほどの動悸に見舞われてしまいました(笑)

グリザベラの『メモリー』も本当にすばらしくて、

気づいたら涙がぽろぽろっと落ちてきて、

「あれ!?」と思ったときには号泣。

すごくハートに突き刺さる公演でした。

やっぱりCATSはいいなあ。大好き!

ラストのコーラスはいつも鳥肌を立てながら聞いてるけど、

今日はなんか「総毛立った」感じでした。

あまりにきれいすぎて。

カーテンコールは3回。

それでも鳴り止まない拍手にも感動しました。

最後の握手はグリザベラがやってきましたが、

タイミングが悪くて握り損ねちゃいました。

あーあ、ミストフェリーズ来ないかな〜って思ってたら

舞台後方からサーッと走ってきた彼が

私の頭を「ぽんぽんぽーん」と叩いて

舞台に駆け戻って行きました。

わー、握手できなかったけど

頭さわってもらった(笑)

というわけで、おいしいとこ盛りだくさんの観劇でした。

後に友人いわく、私の目の前に座ってた女の子を拉致ったとき

「んん!?後ろにいるのは…ぽぽんちゃんか!?」

と思って、つい戻ってしまったそうで…。

今度はどんな舞台で彼を見られるかなあ。

今後の活躍がますます楽しみです。

いい1日でした〜★

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/popon-x/20100404

2010-01-28

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/popon-x/20100128

2010-01-11 『ゴンゾウ 〜伝説の刑事〜』 イッキミ

ゴンゾウ?伝説の刑事 DVD-BOX

ゴンゾウ?伝説の刑事 DVD-BOX

バタアシ金魚』で筒井くんを見てから何年経ったんだろー。

地味〜な顔だし、地味〜な演技するし、

華々しい作品や話題とも無縁だけど、

役を作りこまないタイプの俳優で

大スキなんだよねー。

筒井くんが出ている作品を見つけるとDVD借りて

見ちゃうという程度のゆる〜いファンではありますが

(実は、彼と張震の画面における存在感には

すごく近い空気を感じる)。


彼の役柄といえば

「のっぽで気弱、感受性が強いのに自己主張することなく、

周囲に流されまくって傷つきつつ、すべてを自分のなかに

収めてしまう」感じが多かったのに

(最近は『サザエさん』実写版でマスオさんだった・笑)、

『ゴンゾウ』では見たことのない筒井君が炸裂。

『ゴンゾウ』は放送当時、周囲のドラマ好きの間でも

すごく評価が高かったんですが、

ちょうどそのころ私は仕事が死ぬほど忙しくて

ドラマを見るどころの騒ぎではなかったこともあり

未チェックだったんですわ。

マヌケな私は筒井君が出ていることすら知らず

「ウッチーのドラマかー」

くらいの認識しかなかったんですよ…!

恨む!私は恨むよ当時の私自身を!

だってだってだって、超イヤミな

警視庁キャリアの筒井くんが超イイ…!

入庁当時「のび太」→現在「サイボーグ」って

図式もイイじゃないですか。

嫁さんに出て行かれちゃったのに

未練たらしくケッコン指輪してたり

(キャリアとしての世間体もあるし)、

かつて組んでいた先輩刑事に対する

憎さ余って愛しさ100倍な気持ちとか、

命令に従わない部下(ってゆーか先輩)と

取っ組み合いでケンカしちゃったり

のび太だった時代には年上の精神科医とつきあってて

「舌の入れ方はキミに教わった」ってくらいボクちゃんだったのに、

レーシックでめがねをかなぐり捨てサイボーグになったら

「ゴーインにされるの好きだっただろ」って

逆に迫ったりして…!ひー!

「こ、これが筒井くん…!?」

と驚きが隠せないシーンの連続でした。

新境地開けたね、筒井くん。

これ、筒井君の「演劇ライフ」のインタビュー。

珍しくヒゲで超セクシー。

http://interview.engekilife.com/88/

つい筒井くんばかり追ってしまったけれど、

すごく面白いドラマだった!

本当に、どうしてリアルタイムで見なかったんだ私。

作品についてはもういろんなところで語られてるから

特に言うことないけど、

内野聖陽のエキセントリックさはホントにすごいね。

NHKの時代劇『蝉しぐれ』では、かつての幼馴染で

今は殿様の側室となった女性を命がけで守る

寡黙な武士役だったですよ。

私はそのドラマで彼を知ったので

そういう俳優なのかなと思ったけれど、

今となっては、あれが彼にとっては

非常に珍しい役だったんだと思う。

リアルタイムでは見られなかったけど、

イッキミできたのはある意味幸せ。

ちなみに私、池脇千鶴ちゃんを見るたびに

永作博美ちゃんと間違えてしまいます…。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/popon-x/20100111