やぶにらみの鳩時計@はてな

2015-08-06

[]深水黎一郎『ミステリー・アリーナ』(原書房)レビュー


 なんか、ミステリーの“作者”が、自分以外のあらゆるアクターに対して、悪態をついているような小説ですね(笑)。でも、それで、この作者がモラルを提示してるんだから、グーの音も出ないわけで。読者を選ぶとしたら、ナラティブに特化した多重ギミックのモノマニアックぶりより、こういうところではないかな。快作にして怪作。