てきとうに、なんとなく更新するページ このページをアンテナに追加 RSSフィード







1999 | 01 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2011 | 03 | 05 | 10 | 12 |
2012 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 06 |
2014 | 01 | 06 | 12 |
2015 | 01 | 06 | 09 |
2016 | 03 | 10 |
2017 | 02 | 05 | 08 |
2018 | 05 | 10 |


- ここは、kamezouさんが、かなり適当なことを適当なタイミングで更新していく場所です。
- まったくもって、内容に責任はもてません。
- ちなみに、[Y] は、嫁との些細な記録です・・(謎


 | 

2013/01/08

[] Windows7でNICのON/OFF

  • そこそこの頻度でNICのON/OFF をするんですが、ネットワークプロパティからやコマンドプロンプト(管理者)でnetsh をたたくのも面倒なのでvbscriptで実行する場合のメモ
  • そのままだと、UACが面倒なので「タスク スケジューラ」に「■最上位の特権で実行する」で登録してそれを実行する

ifup.vbs (タスクスケジューラ ifupで登録)

' インターフェース名「eth0」は環境に合わせて変更
strCmdLine = "cmd /c netsh interface set interface eth0 enable"
Set ws = CreateObject("Wscript.Shell")
ws.run strCmdLine, vbhide
WScript.quit(0)


ifdown.vbs (タスクスケジューラ ifdownで登録)

' インターフェース名「eth0」は環境に合わせて変更
strCmdLine = "cmd /c netsh interface set interface eth0 disable"
Set ws = CreateObject("Wscript.Shell")
ws.run strCmdLine, vbhide
WScript.quit(0)


ifupdown.vbs(NICのON/OFF用のスクリプト)

Option Explicit

'WMIにて使用する各種オブジェクトを定義・生成する。
Dim oClassSet
Dim oClass
Dim oLocator
Dim oService
Dim sMesStr
Dim strCmdLine
Dim ws
Dim Return


'ローカルコンピュータに接続する。
Set oLocator = WScript.CreateObject("WbemScripting.SWbemLocator")
Set oService = oLocator.ConnectServer

'クエリー条件(NICの名称に、VMwareを含まない条件で)をWQLにて指定する。
Set oClassSet = oService.ExecQuery("Select * From Win32_NetworkAdapterConfiguration " & _
"Where NOT Description Like '%VMWare%'")

'コレクションを解析する。
For Each oClass In oClassSet

If oClass.IPEnabled = True Then

' ----------------------------------------------------------
' ネットワークが起動している時の処理
' ----------------------------------------------------------
' ifdown実行
strCmdLine = "cmd /c schtasks.exe /run /tn ifdown"
Set ws = CreateObject("Wscript.Shell")
Return = ws.run(strCmdLine,0)
MsgBox "NICを停止しました" & vbCrLf & vbCrLf
WScript.quit(0)
End If

Next 

' ----------------------------------------------------------
' ネットワークが停止している時の処理
' ----------------------------------------------------------
' ifup実行
strCmdLine = "cmd /c schtasks.exe /run /tn ifup"
Set ws = CreateObject("Wscript.Shell")
Return = ws.run(strCmdLine,0)
MsgBox "NICを起動しました" & vbCrLf & vbCrLf

WScript.quit(0)

  • スクリプトは以下をパクリ参考にしました

[WMI for VBS] ネットワークインターフェースカードの情報を取得するサンプル: Win32_NetworkAdapterConfiguration - WMI Sample ( WMI Fun !! )

キカクくんキカクくん 2013/01/15 11:45 スタートアップ/ログオンスクリプトやらなんやらを駆使して端末管理しているWindows管理者的にはUACは頭が痛いですね><

ボクはこれの応用で有線/無線の切り替えスクリプトなんかも作ったことがあったりしますー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/port445/20130108
 | 

New Comments
1999 | 01 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2011 | 03 | 05 | 10 | 12 |
2012 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2013 | 01 | 06 |
2014 | 01 | 06 | 12 |
2015 | 01 | 06 | 09 |
2016 | 03 | 10 |
2017 | 02 | 05 | 08 |
2018 | 05 | 10 |
連絡先(苦情・つっこみ):k4mez0u+hatena@gmail.com
あわせて読みたいブログパーツ Map タブブラウザ Sleipnir 公式ページ(上級者向け)