Hatena::ブログ(Diary)

反戦と生活のための表現解放行動 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007.05.01 maydaymayday! このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

東京派遣団からの報告

言い忘れてましたが反戦生活は「自由と生存のメーデー07」

に賛同してました。

長居公園の報告はこの後すぐ!?







全都実メーデー(同日午前に行なわれた)

http://squat2live.seesaa.net/

f:id:posada:20070502010310j:image



f:id:posada:20070502010326j:image


「自立しろ?努力しろ?チャレンジしろ?

人殺しが、なに抜かす!!」

f:id:posada:20070502010342j:image



f:id:posada:20070502010353j:image


台車サウンドシステム

f:id:posada:20070502010409j:image













自由と生存のメーデー

http://mayday2007.nobody.jp/






赤瀾会

f:id:posada:20070502010818j:image



反戦生活も登場!

f:id:posada:20070502010918j:image




「タダ働き!?ふざけんな!!」

f:id:posada:20070502011009j:image





f:id:posada:20070502011125j:image




フリーター全般労組

f:id:posada:20070502011212j:image




開始前規制

「DJの交代場所を指定する」

警察イチャモン

なめんなよ新宿署!

f:id:posada:20070502011238j:image





出発

f:id:posada:20070502011426j:image




靴紐結ぶのにもポリがつく

その他ビラ撒きをさせない

「あぶないのでデモに入らないで下さい」規制

↑※レイバーネット動画参照http://www.labornetjp.org/

等数々のデモに対する規制

東京都憲法は適応されないのか

f:id:posada:20070502012121j:image




おっちゃんもデモに入らせない

「一回出るともう入れないぞ!!」

んなわけねーだろ!!!

f:id:posada:20070502012602j:image


DJDJ

どっかで見覚えのあるTシャツ…

http://black.ap.teacup.com/guruguru/

f:id:posada:20070502011515j:image





これが噂のガード下

f:id:posada:20070502011742j:image




ガード中

f:id:posada:20070502011753j:image




ガード後

f:id:posada:20070502011758j:image




歌舞伎町

f:id:posada:20070502012115j:image





突如ブルーシートが登場

f:id:posada:20070502011956j:image




かくれんぼデモ

f:id:posada:20070502011936j:image





以下「抵抗食の会(仮)」http://teikoshoku.exblog.jp/

f:id:posada:20070502012810j:image




集会中、下の階で開催

腹をすかした同志、

集中力の切れた同志、

飽きた同志などが集ってメシを食う

f:id:posada:20070502012821j:image




中はこんな感じ

安いしうまい

f:id:posada:20070502012830j:image





vivA mAyday!

成瀬成瀬 2007/05/02 14:38 こんな賛同文を京都からは送りました。
京都から、自由と生存のメーデー開催に賛同します。
安倍自公政権は、改憲への策動を着実に進行させ、その力は一方に極端な富裕層をうみだし、他方でわれわれにさらなる不安定を強いています。「内」に対してただ生きることを許さぬ社会こそ、「外」に対して侵略の同伴者として海外派兵をおこない、殺し続ける国家権力のなりふり構わぬ姿でしょう。ここに生活のためのたたかいと、反戦のたたかいの一致する根拠があると考えます。膨大な資本が集中し、ファシストを首長にいただく地域でのたたかいには、無数の困難がともなうことかと思いますが、わたしたちも京都でのたたかいを続け、今日のこの繋がりの萌芽を、より強固な連帯へと育てていきたいと思っています。この反抗の日が「昭和の日」という呪いの日の代休というのが悲しいところです。いつかとも
に5月1日を取り戻すことを願って!
反戦と生活のための表現解放行動 
京都より。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/posada/20070501
Connection: close