Hatena::ブログ(Diary)

potasiumchの日記

2008-03-06

SFAA翻訳 [13-6]-[13-8]

| 22:56 | SFAA翻訳 [13-6]-[13-8]を含むブックマーク

 SFAA翻訳。第13章の続き([13-6]-[13-8])。

(第13章の続き)


学習は通常の場合、具体から抽象へと進展していく。

 若い人がもっとも容易に学習できることは、具体的で彼らの感覚によって直接体験することが出来ることである――見て、聞いて、触って、体を動かして感じられるものだ。経験を積むにつれ、彼らは抽象的な概念を理解し、記号を操作し、理論的に推論し、一般化するという能力を伸ばしていく。しかしこれらの能力はゆっくり成長していくものであり、新しい考え方を学ぶ際の具体例への依存はほとんどの人にとって一生持続する。具体的な経験が学習に最も効果的なのは、それがお互いに関連付けられた何らかの概念的な構造を持つ文脈に沿って生じたときである。生徒が抽象的な概念を学ぶことの難しさは、しばしば彼らが本当は理解していない技術的な単語でもそれを覚えて復唱できてしまうことによって隠蔽されてしまう。その結果、教師は――幼稚園から大学まで――時に生徒の抽象概念を扱う能力を過大評価してしまい、生徒が正しい単語を使えるということだけで彼らがそれを理解していると考えてしまう。


人は訓練したことについてのみうまく出来るようになる。

 もし生徒がある考え方を新しい状況に適応できる状況があるなら、彼らはそれを適応する訓練をしなければならない。もし彼らがありきたりな練習問題や非現実的な「言葉遊び」に答えを出すことしか練習していないなら、彼らはそれしか学べない。同様に、批判的に考えること、情報を解析すること、科学的な概念について話し合うこと、筋の通った論拠を作ること、チームの一員として働くこと、その他の望ましい能力を獲得することは、生徒がそれらをすることを許されかつ推奨され、様々な文脈の中で何度も繰り返しそれらを行うことを通じてしか学ぶことが出来ない。


効果的な学習にはフィードバックが必要だ。

 単なる作業の反復は――それが単純なものでも知的なものでも――能力を高めることやより鋭い見識を得ることにはつながりにくい。往々にして効果的な学習が行われるのは、生徒が自分の考え方を表現し、それについて仲間からのフィードバック(反応)を得られるような場合である。しかしフィードバックが学習者にとって最も効果的なものになるには、単に正解を提供するという以上のものである必要がある。フィードバックは分析的で示唆に富み、また生徒がそれについて興味を持っているときに与えられなければならない。そして生徒が受け取ったフィードバックに反応し、それについて調整と再挑戦を行う機会があることが必要である――これが多くの試験(特に期末試験)の際に忘れられがちな要件であることは記すに値する。



(原文)

Progression in Learning Is Usually From the Concrete to the Abstract

Young people can learn most readily about things that are tangible and directly accessible to their senses―visual, auditory, tactile, and kinesthetic. With experience, they grow in their ability to understand abstract concepts, manipulate symbols, reason logically, and generalize. These skills develop slowly, however, and the dependence of most people on concrete examples of new ideas persists throughout life. Concrete experiences are most effective in learning when they occur in the context of some relevant conceptual structure. The difficulties many students have in grasping abstractions are often masked by their ability to remember and recite technical terms that they do not understand. As a result, teachers―from kindergarten through college―sometimes overestimate the ability of their students to handle abstractions, and they take the students' use of the right words as evidence of understanding.


People Learn to Do Well Only What They Practice Doing

If students are expected to apply ideas in novel situations, then they must practice applying them in novel situations. If they practice only calculating answers to predictable exercises or unrealistic "word problems," then that is all they are likely to learn. Similarly, students cannot learn to think critically, analyze information, communicate scientific ideas, make logical arguments, work as part of a team, and acquire other desirable skills unless they are permitted and encouraged to do those things over and over in many contexts.


Effective Learning by Students Requires Feedback

The mere repetition of tasks by students―whether manual or intellectual―is unlikely to lead to improved skills or keener insights. Learning often takes place best when students have opportunities to express ideas and get feedback from their peers. But for feedback to be most helpful to learners, it must consist of more than the provision of correct answers. Feedback ought to be analytical, to be suggestive, and to come at a time when students are interested in it. And then there must be time for students to reflect on the feedback they receive, to make adjustments and to try again―a requirement that is neglected, it is worth noting, by most examinations―especially finals.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/potasiumch/20080306
Connection: close