Hatena::ブログ(Diary)

potasiumchの日記

2008-03-16

SFAA翻訳 [13-18]-[13-20]

| 11:10 | SFAA翻訳 [13-18]-[13-20]を含むブックマーク

 SFAA翻訳。第13章の続き([13-18]-[13-20])。


(第13章の続き)


チームで学ばせる。

 科学及び技術研究の持つ協同的な性質は、教室で頻繁にグループ活動を行わせることによって強く補強するべきである。科学者や技術者はほとんどの場合グループで仕事をしており、孤立した研究者として働くことは少ない。これと同様に、生徒は学習の際にお互いに責任を共有する経験をするべきである。共通した理解に達する過程で、生徒はグループの中でお互いに作業内容やその意味を伝え合い、発見について議論し、作業がどのように進んでいるかを評価しなければならない。連帯責任という文脈の元では、フィードバックと意思伝達はより現実的なものとなり、またそれらは教科書―宿題―復習という普段一人で行うやり方とは全く違った特質を持ったものになる。


知ることと調べることを分断しない。

 科学では、結論とそれを導き出した手法は強く結びついている。調査手法の性質は何を研究するのかに依存しており、何が学べるかはどのような手法を使ったかに依存している。単に蓄積した知識を生徒に教え込むことを目指す科学教育は、理解に結びつかず、知的な独立心や能力を育てることにもつながらない。しかし、科学的な思考法をいかなる特定の実体とも結び付けない一連の手順として教えること――例えば「科学的手法の全て」など――は同様に無益である。科学の教師は、この世界に関する科学的な知識と科学的に考える習性とを生徒が同時に学べるように手助けをするべきである。


技術用語の暗記を強調しない。

 語彙を増やすことではなく理解することが科学教育の主な目的となるべきである。しかし、明白な用語法は科学的な意思伝達と――究極的には――理解のためにも重要である。よって、いくつかの専門用語は全ての人にとって役に立つが、本質的な用語の数は比較的少ない。もし教師が、考えを明確にさせ効果的な意思伝達を促進するのに必要な最低限の専門用語だけを教えるなら、生徒は徐々に次回のテスト以降も頭に残る機能的な語彙を増やしていくだろう。しかしもし教師が語彙を増やすことに集中したなら、それは科学を単なる作業に貶め、理解のための学習を危機にいたらせ、生徒が学んだ度合いを誤解する危険をおかすことになる。



(原文)

Use a Team Approach

The collaborative nature of scientific and technological work should be strongly reinforced by frequent group activity in the classroom. Scientists and engineers work mostly in groups and less often as isolated investigators. Similarly, students should gain experience sharing responsibility for learning with each other. In the process of coming to common understandings, students in a group must frequently inform each other about procedures and meanings, argue over findings, and assess how the task is progressing. In the context of team responsibility, feedback and communication become more realistic and of a character very different from the usual individualistic textbook-homework-recitation approach.


Do Not Separate Knowing From Finding Out

In science, conclusions and the methods that lead to them are tightly coupled. The nature of inquiry depends on what is being investigated, and what is learned depends on the methods used. Science teaching that attempts solely to impart to students the accumulated knowledge of a field leads to very little understanding and certainly not to the development of intellectual independence and facility. But then, to teach scientific reasoning as a set of procedures separate from any particular substance―"the scientific method," for instance―is equally futile. Science teachers should help students to acquire both scientific knowledge of the world and scientific habits of mind at the same time.


Deemphasize the Memorization of Technical Vocabulary

Understanding rather than vocabulary should be the main purpose of science teaching. However, unambiguous terminology is also important in scientific communication and―ultimately―for understanding. Some technical terms are therefore helpful for everyone, but the number of essential ones is relatively small. If teachers introduce technical terms only as needed to clarify thinking and promote effective communication, then students will gradually build a functional vocabulary that will survive beyond the next test. For teachers to concentrate on vocabulary, however, is to detract from science as a process, to put learning for understanding in jeopardy, and to risk being misled about what students have learned.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/potasiumch/20080316
Connection: close