常夏島日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-04-15

[][]学校名によるスクリーニング

 まずはここを読んでください。*1 東大の本田由紀助教授ブログ。引用するとこんな感じ。

 最近の大学生の「就活」は「就職サイト」抜きでは成り立たないとさえ言えるようになっている。就活しようとする学生は就職サイトにありとあらゆる個人情報を入力して登録する。すると、サイト内の「マイページ」には企業からの採用案内や企業紹介のメールが送られてくるし、登録した住所にも企業からの採用資料が送られてくる。

 しかしこの「就職サイト」は、実は学生にとっての就職に関する情報やチャンスの大学間格差を製造する装置として働いていることに注意しなければならない。

(中略)

 このように、就職サイトでは、登録した学生の大学名によって自動的に情報提供スクリーニングが発生しているのだ。もし学生が就職サイトだけに依存せず、様々なルートを通じて企業にアプローチしているなら、こうした情報格差は緩和されるだろう。しかし、もし学生が就職サイトから来る情報を重視し、そこから送られてくるメールや資料の範囲で就活を行おうとするならば、それは大学間の情報格差生成装置たる就職サイトの陥穽に自らはまりこんでしまうことに他ならない。こうした就職サイトの弊害はもっと世の中で喧伝されるべきだ。(以下略)

やってくれますねー。因果関係が倒錯しているのはお分かりでしょうか。すなわち、結論から言えば、これは選抜する企業の側の選抜基準の問題であって、就職サイトの問題ではないということ。さらにこの文章には他にもいくつかの問題があると思います。以下、いくつか列挙してみます。

余談ながら、以前、私はこの先生のブログにコメントを書いたことがあるのですが、そのときの感想は、この人は社会活動家かコンサルタントの類としてはともかく、学者としての資質に相当に欠ける可能性があるというものでした。んで、こんな論理関係の倒錯をやらかすわけだから、私の直感もあながち間違いではなかったのかなーと思ったりしたのですが、もちろん、この先生が東京大学助教授として我々の血税を食んでいるのは、この先生個人の資質の問題ではなく、この個人を助教授に登用した東京大学の選抜基準の問題です。

さて、具体的に。

(1) スクリーニングの主体

就職サイトでは、登録した学生の大学名によって自動的に情報提供スクリーニングが発生しているのだ」と記述されていますが、このスクリーニング関数は誰が設定したのでしょうか? いわゆる一流大学(東大を含む)の学生を多く集める有名企業と、そうではなくて、回転の速い営業社員を募集する販売命!的企業ではその関数が違うと考えるのが自然です。引用された立教大学の学生の研究においてその辺の区別をきちんとしているかどうか不明ですが、仮にその研究で分類されていたとすればなおさら、そのことに言及せずに「スクリーニングが発生している」ことを「情報格差」であるとし、それを「弊害」と断じるのは軽率であると考えられます。ましてその研究でそういう分類をしてないのなら言わずもがな。

 ちなみに、個人的な話をすれば、私もどちらかと言えば有名大学に属する大学を卒業していますが、就職の頃、ためしに、某「営業命!」系企業に資料請求しましたが、即切られましたね。そりゃそうだろう、こんなブログでうだうだ他人にケチをつける屈折した性格の人間は体力勝負の営業では使えねー。あったりまえ。

 こんなくだらない例を出すまでもなく、企業が新規採用者に求める能力はそれぞれぜんぜん違います。ある企業はいわゆる高学力者が有しうる速い事務処理能力なり論理的言語/数的能力なり学習能力なりを買い、別の企業は大声で物怖じせず体力が続く限り売り込みをできる能力を買う。これのどちらが好ましいかどうかということは一概に言えないはずです。

それとも本田助教授は、何か、高学力者を買いたがる企業がスクリーニングをすることだけが格差でけしからんといいたいのでしょうか? その前提には、高学力者を買いたがる企業のほうが好ましい就職先であるという、度し難い差別意識の存在を推測される危険性があると思うのですが。

(2) 情報の流通

 「もし学生が就職サイトだけに依存せず、様々なルートを通じて企業にアプローチしているなら、こうした情報格差は緩和されるだろう。」ということの根拠が示されていません。むしろ、(1)で述べたとおり、企業側にスクリーニングの機能があれば、どんなルートでアプローチしようが結果は変わらず、むしろよりコストの高いアプローチ*2スクリーニングで除外される可能性が非常に高い学生が取ることのコストを考えると、無根拠に「緩和されるだろう」と言い放つことは、かえって罪深いことであると考えられます。

 むしろ、このような就職サイトにより、自分が志望する企業の採用基準にかなうかどうかのチェックを一次的にできるということのほうが、学生にとってはメリットではないかと思われます。大学受験を例に出せば、自分の学力もよくわからないのに、受験科目が多く難易度の高い大学(その代表格は東京大学だ!)を全ての高校生が受けるのではなく、たとえば国語が苦手でも英語ができる子はその強みが生きる大学を、数学が苦手でも生物が得意な人はその強みが生きる大学を受験するようにし、学力がわずかに足りないのならもう少し勉強をする、そのような自己認識を得るほうがその高校生にとっては、闇雲に東京大学なり京都大学を受けるよりはるかに幸せなのだと思うのですが、なぜ就職に関してはそうではないのでしょうか? それとも、こんなことを主張する前提として、みんなが闇雲に東京大学なり京都大学を受けるのが好ましいであるという、度し難い差別意識の存在があったりなかったりするのでしょうか?

(3) 就職希望の学生の行動

 「もし学生が就職サイトから来る情報を重視し、そこから送られてくるメールや資料の範囲で就活を行おうとするならば」と、何か変な前提を置いていますが、普通に、就職活動では、メールや資料のスクリーニングのほか、面接やエントリーシートという手段があるし、各企業の採用ウェブサイトとかあるのですが、こんな前提をおいて何か意味があるとでも思っているのでしょうか? 就職活動を行う学生が、就職サイトに完全に依存しているという非現実的な行動をとるほど頭が悪いとこの先生は思っているのでしょうか?

 ちなみに、私の就職の頃は、先輩リクルーターというきわめて学校差別的な制度が存在し、あまつさえ「高校の先輩」なる人が某都銀からはアサインされたり、「君の高校の成績はどうだったの?」というすさまじい質問が某損保からされたりして、そこまで調べられていますか…とのけぞったことがあります。某企業では、解禁日*3当日に一日中拘束されて、エントリーのため行列している学生の目を避けるようにうちの大学の学生だけ奥に通されてうまい飯を食ったなぁ。そのとき近くの部屋に似たようなグループがチラッと見えたから会社の人に「あれは何だ?」と聞いたら、「早稲田の内定者だ」とこともなげに言い放っていた。大学の先輩つながりと言えば、新聞各社や日本銀行は、特定の研究室の卒業生のルートの存在が公然と語られていましたよ。それにくらべて、ネットでエントリーできるなんて、なんて公平な時代になったものか!機会の均等ってすばらしい!と素直に思う私はお人よしなんでしょうかねぇ…?

 なんだかいろいろ書きたかったけど、ここまで書いたら疲れたので今日はおしまい。

 …と思ってよーくみてみたら、私の書いたような内容を、私よりよっぽど論理的に書いた方(ここ)がいるではないですか… 自分の出来の悪さを再認識してorz

*1ってゆーかこんな過疎ブログを読む人はよっぽど前に読んでいる可能性が高いのですが(笑)

*2たとえば手紙を書くとか、その会社に電話するとか、遠路はるばる電車に乗って会社を直接アポなし訪問して人事への面談を申し込むとか…

*3当時はそんなものがあったのです

ワタリワタリ 2006/04/15 22:13 たしかにこの人には、みなが当然のごとく学校に行くし、それはよいことだという意識があります。それも、東大やそれに準ずる学校に行くし、行けるし、行きたがっているし、それはよいことだという意識が、本人も意識しないほど当然のものとしてあるようです。

potato_gnocchipotato_gnocchi 2006/04/15 23:05 コメントありがとうございます。私も似たような雰囲気は本人のブログからしばしば感じるので違和感を感じていました。ただ、そういう前提は、意外に多くの大企業人にも共有されており、その言語化されない何かこそが、本田先生が目の敵にしているあれやこれやの根っこにあるように私には思えることがとても皮肉に見えるのです。もうひとつ、ワタリさんご指摘の意識を共有し得ようもない人たちが、本田先生の言論を熱く(笑)支持していることもとても皮肉に見えるのです。

サンダース軍曹サンダース軍曹 2006/04/15 23:52 自分は2ちゃんの某スレでは別HNで悪名高い粘着をやってる者なんですが(笑)
言いたいことはあそこに書いてしまっているのですが(苦笑)、例によって本田氏の二面性(客観的には企業の合理化に資する政策を出しているだけなのに、なぜかご本人は労働者の味方だと思っておられる)がまた出てきた感がありますね。同じ体制派(?)の労務屋氏にまで「官能検査」の面で批判されたところを見ると、単純に東大の外の世間をほとんどご存じないだけのような気もしますが。
本田さんは例によって格差批判のつもりでこの事例を出したのでしょうが、逆に氏の方こそ、情報アクセスと機会さえオープンなら誰でもどこにでも就職出来るし幸せになれるみたいな幻想を売りつけているような気がしますね。

リアルの自分は対社会的には落ちこぼれですが(笑い事ではないのだが)、だからこそ、ああした言説に誘惑される人たちがいるのはとてもよく分かる面があり、そこもまた痛ましく粘着を続けてしまったのです。

potato_gnocchipotato_gnocchi 2006/04/16 00:33 あ、知ってますよ。暫定署名さん?某スレはときどきのぞいてました。書き込んではいませんが。私も実はドのつく体制派なのですが(笑)、だからこそ本田先生の臭みと、追随するファンクラブの人たちの見えなさ加減が可哀相で。

小僧小僧 2006/06/13 23:27 本日 2006/06/13 の朝日新聞夕刊をみていたらこの卒論についての記事がありました。ちゃんとは読んでいないので本田先生のコメントがついていたかは分かりませんが、稲葉先生の「ブログ解読」と言い今日は当たり日なのかもしれません :-P

Connection: close