Hatena::ブログ(Diary)

神前悠太の実践キャリアLabo.「大学・大学院受験・就職」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-11-06

日経から拒否されました

若者の芽を摘む「学歴ロンダリング」の発想

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100930/216447/

FeedBackに、学歴ロンダリングを世に問うた第一人者として、コメントを投稿したのですが、どうやら拒否されたようです。

いたって普通のコメントであり、拒否されるようなことは書かなかったのですが。

この手のコメントは、必ず「検閲」しているようですね。




にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

twitter はじめました。

http://twitter.com/KanzakiYuta

2010-09-23

ダイヤモンド社から『学歴ロンダリング』の本を出版

先ほど、週刊ダイヤモンドの「学歴ロンダリング」特集の取材をしてくれた方に、今回の特集の反響度合いについてこれとなく聞いてみました。

大きな反響があったとのことで、「学歴ロンダリング」関係の出版企画書を提出して欲しいとの依頼を受けました。

企画案については、自分の頭の中に、いくつかあります。

前著は、理系・東大に偏り過ぎていたので、今回は、文系や他大なんかもとりあげることができたらいいかなと思っています。

こんなこともあろうかとmixi上で「他大学院進学コンサルタントコミュニティの活動を行っておいて本当によかった。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

私のスタンスとしては、重度の学歴コンプレックスに悩む方々の救いとなれるような本をこの世にだせればと考えています。

さて、土曜日は、電気通信大学を見学してきます。

http://www.uec.ac.jp/

久々に、写真をUPします。乞うご期待!


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

twitter はじめました。

http://twitter.com/KanzakiYuta

2010-09-17

大学院合格飲み会2010 開催!

大学院合格者を対象とした、「大学院合格飲み会2010」を9月25日に新宿で開催します。

学歴ロンダリング希望者はぜひご参加ください。

東京大学大学院合格者多数参加予定

■日時:9月25日(土)18:00から

■場所:新宿駅西口???の居酒屋

■対象:大学院合格者、大学院進学希望者(大学院合格者を優先します。)

■募集制限:15人程度(個人的には40人程度でもいいのですが)

■その他:二次会あります。


参加申込みはこちらで↓

http://mixi.jp/view_event.pl?id=56382672&comm_id=1733400

2010-09-12

週刊ダイヤモンドの学歴ロンダリングを読まれた方へ

■拙著「学歴ロンダリング」の購入は以下でお願いします。

現在、増刷につき書籍手配中です。

amazon

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334934544/gouache-22/ref=nosim/

光文社

http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334934545

紀伊国屋書店、ジュンク堂書店

東京大学大学院を始めとした他大学院進学に興味のある方はmixi「他大学院進学コンサルタントコミュニティの登録をお願いします。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

twitterのフォローをよろしくお願いします。

http://twitter.com/KanzakiYuta

2010-08-17

週間ダイヤモンドの取材を受けます

明日、ダイヤモンド社の取材を受けることになりました。

私への取材は、ダイヤモンド社発行の、「週間ダイヤモンド」に掲載されるようです。

インタビュー内容については、まだ秘密にしておきます。まあ、大学関係の事であることに

は間違いありませんが。

マスコミからの取材は、これで4件目になります。(一件目は、@typeで有名なキャリアサポートセンター、2件目は、石渡氏が連載をもっている、キャリアジン、3件目は、AERAの朝日新聞出版)

マスコミからの取材は、久々なので楽しみです。

詳細については、別途ご報告いたします。


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

twitter はじめました。

http://twitter.com/KanzakiYuta

2010-08-07

どうしても本をだしたいんだ

一冊目の本をだすと、どうしても二冊目の本をだしたくなる。

だが、そのハードルは予想以上に高かった。まさに企画力との戦いである。

以下、企画書を再度修正し、出版社へ再度応募しようと考えています。


企画書を送付した、ディスカバー社・ダイヤモンド社からは、「採用不可」

の通知になったことは周知の通りです。大手出版社からの出版は予想以上にハードルが高かった。それ以前に、石渡嶺司氏からのレビューにあるように、企画書に大きな問題があったのだが・・・。

その事実を踏まえたうえで、実用書・ビジネス書に強いと思われる出版社にターゲットを絞り、以下の出版社に企画書を送付したいと考えている。

もはや、ここまでくると、男の意地である。命をかけてもいい。

 ・光文社

 ・きこ書房

 ・大和書房

 

 ・あさ出版

☆企画書募集している☆

■企画書修正について

石渡氏から指摘いただいた箇所をもとに、どのような方向性にしていけばよいか、全体の草案を各自練っておく。(細かい章立てなどはブレるので個人では今やらないほうがいい)

打ち合わせ時に再度、その考えおいた草案をもとに、ブレストを行い、いちばんいいテーマを抽出して、全体のテーマをFIXさせる。  4時間くらいはかかる。

それをもとに、章立てへとブレイクダウンしていく


石渡氏いわく、若手サラリーマンが、就職活動や社会人生活を語るのはおもしろいといっていたので、旧企画書の概要は大幅にいじる必要はない。この指摘は、お世辞かもしれないが、けっこう励みになったし、本を本気でだしたいというモチベーションにつがなった。


問題は、概要に対して、章立ての内容が統一感がないためブレていて二番煎じというか既刊本との差別化がはかれていないのが痛い。

出版企画書はあまりだらだらと長くかくのはよくないと指摘されてたし、「あえて、章立ての箇所は、詳しく書かないほうが」良いとも思える。むしろ、概要のほうが絶対的に重要である。


出版社への企画書送付を含めて、★9月末納期★としたい。


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

twitter はじめました。

http://twitter.com/KanzakiYuta

2010-08-03

石渡嶺司氏からの企画書レビュー結果

出版企画書のレビュー結果が、石渡嶺司氏(就活のバカヤロー著者)からきました。

結果を言いますと、「通りにくい企画書」であると言われました。

ただ、すべてを否定されたわけではなく、企画書の中に良い面(新規性、オリジナル)が多少なりともあったので、次につなげていければと思います。

以下、石渡氏から指摘いただいた、企画書のメリットとデメリットについて

簡単にまとめると。

■デメリット

1:タイトルにインパクトがない

 内容以前にタイトルにインパクトがないため、購買意欲がわかない。

2:何を伝えたいのか、内容に統一感がない(既刊本との差別化も含めて)

 暴露本なのか、マニュアル本なのか。現状だと、二番煎じな印象を受けてしまう。

3:あえて共著でだす理由がわからない

 リクルータ、社会人を売りにして本をだすことは分かるが、それなら、他の著 者がインタビューを実施し総合的な視野で本をまとめることができる。むろ、外部の人間が書いたほうが冷静に描写できる場合もある。

■メリット

1:社会人経験者(若手)が、就職活動や社会の厳しさを語るのはオリジナリティがある。

2:特に、大手企業リクルータとして、就職活動を語るのは興味深い。

■今後の方針■

デメリットを修正し、メリットをひからせる。

まだまだ私には経験が不足しているような気がする。それは企画力だけでなく、行動力も含めて。

幸いにして、取材対象となる人脈のツテはたくさんあるので、もう少し総合的な視点で知見を蓄える必要があるような気がする。

石渡氏は過去に35歳が区切り?であると言っていたような気がするが、私は30歳が一つの区切りとしたい。


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

twitter はじめました。

http://twitter.com/KanzakiYuta

2010-07-13

出版企画書が完成しました

ディスカバー社、ダイヤモンド社からリジェクトをくらった、出版企画書の修正が完了しました。

商業出版は結構簡単だと思っていたのですが、大変なんですね・・・。

処女作は、あまりにもビギナーズラックをかましぎだったようです。

何の経験もない一般人が、企画書一発採用で一万冊も刷ってくれるなんてありえない話ですよね。ひたすら運がよかったこれに尽きるのかも。

とはいいつつも、一冊目をだすと二冊目を出しなくなるのがクリエイターというものです。

一作目を出してくれた光文社に応募しようと思っています。

結果は後ほど、、、、。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

twitter はじめました。

http://twitter.com/KanzakiYuta

2010-07-03

大阪府知事に激しく同意

D

さすが、弁護士だけあって弁がたつなあ・・・・。

こんだけ、淡々と論理的に返せたら気持ちいいんだろうな。

この動画、橋本知事の主張に賛否が分かれそうであるが、私は概ね同意である。

そもそも、お金がないのに、なぜ私学にいったのか?という疑問がある。

大阪の受験事情がどのようなものであるかについてまったく知らないが、

公立最底辺であれば、倍率も低く容易に入学することが可能なはずだ。

にもかかわらず、金のかかる私学にいって、金がないからどうにかしてくれというのはどうかと・・・・。

奨学金返済もそうである、金がないから国が貸してやったのに、いざ返済となると職がないから返せない、それどころか、こんな制度をつくった国はおかしいと逆切れするのである。

私は格差社会の問題は、国に責任があるのではなく、個人に問題があると考えている。

橋本知事が動画で発した、まさに「自己責任」という言葉である。

金がないから、公立にいけ、頭が悪いなら勉強しろ、ただそれけのことである。

報われない境遇を社会に責任転嫁することなんて以ての外である。

そんな醜い人間には決してなりたくないと私は強く思う。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

twitter はじめました。

http://twitter.com/KanzakiYuta

2010-06-18

映画「告白」が面白い

この映画、実に面白い。

D

簡単にまとめると、「やられたら、やりかえる」・「因果応報」・「目には目を、歯には歯を」ということであろうか。

私の、人生哲学に合致するものであり、気持ちよく感情移入することができた。

それだけでなく、脚本・映像効果・音楽・ストーリーの展開・時事性すべてが秀逸。

邦画にしてはかなり高いクオリティに仕上がっていると言えるだろう。

まあ、私の個人的評価だけでなく、他の方の評価もすこぶるようようなので、見て後悔することは少ないだろう。

特に、日々のマンネリ化した日常に辟易している方はぜひ見てほしい。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

twitter はじめました。

http://twitter.com/KanzakiYuta