Hatena::ブログ(Diary)

神前悠太の実践キャリアLabo.「大学・大学院受験・就職」 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-10-20

大学院受験セミナーPPT資料 大学院受験の基礎

大学院受験セミナー2009で使用したPPT資料「大学院受験の基礎」を公開します。

近々、文系学生のための大学院進学セミナーを開催したいと思います。

進学アドバイザーに興味のある文系院生・修了生を大募集します。


f:id:power-ocean:20091020000220j:image

f:id:power-ocean:20091020000205j:image

f:id:power-ocean:20091020000153j:image

f:id:power-ocean:20091020000133j:image

f:id:power-ocean:20091020000130j:image

f:id:power-ocean:20091020000117j:image

f:id:power-ocean:20091020000109j:image

f:id:power-ocean:20091020000057j:image

f:id:power-ocean:20091020000049j:image

f:id:power-ocean:20091020000046j:image

f:id:power-ocean:20091020000940j:image

f:id:power-ocean:20091020000936j:image

f:id:power-ocean:20091020000933j:image

f:id:power-ocean:20091020000929j:image



にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★読後クリックお願い申し上げます★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-10-10

大学院受験セミナー2009の感想

大学院受験セミナー2009実施後、参加者から多数のお礼の言葉を頂戴しました。

その一端をここで紹介したいと思います。

また機会があれば受験セミナーを開催したいと思います。運営や企画に興味のある大学院生の方からのご応募お待ちしております。

私が管理している「他大学院進学コンサルタントコミュニティから多数の合格者を輩出し、そこから進学アドバイザーとなって後輩のために力を尽くしてくれるような方が増えれば管理人冥利に尽きるというものです。

大学院進学マニュアル2010を作成したいと思っています。大学院で研究をすることの素晴らしさ、他大学院へ進学することの素晴らしさ等を未だかつてない視点で書きあげたいと思っています。野心のある大学院受験生・現役大学院生からの連絡お待ちしております。

f:id:power-ocean:20090926154132j:image

-----------------------------------------------------------

■大変素晴らしいイベントを開いていただきありがとうございました。

この類いのイベントに参加するのは初めてで、当初は不安でしたが、予想を遥かに上回るような密度の濃いイベントでした。本当にありがとうございました。



■こんばんは。主催者様、アドバイザーの方々に直接お礼を言うべきだった事、時間の都合で途中退席してしまった事、この場をかりてお詫び申し上げます。このような素敵なセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。短い時間でしたが、得た物はたくさんあり非常に感謝しております。私も二次会も参加しとけばよかったと今更後悔です(笑)また機会があれば参加させていただきたいです。本当にありがとうございました



■昨日はありがとうございました。やはり、実際に院試を体験された方々のお話を聞くのは、ネットで情報を集めるだけでは得られないモノがあると思いました。また、二次会でも色々なお話を聞くことができ、大変楽しい時間を過ごすことができました。本当に参加して良かったです。



■きのうはお疲れ様でした。私の周りには大学院進学者がいないのでかなりモチベーションが上がりました。また機会があったら参加したいです。



■昨日はお疲れ様でした。昨日のセミナーを通じて自分と同じように今の大学よりレベルの高い大学を目指している人たちと話せてモチベーションも上がったし、アドバイザーの方々の体験談も聞けてとっても有意義な時間が過ごせました。あと二次会も楽しかったです。また機会があったらよろしくお願いします。



■お疲れ様でした。すっごく楽しかったです。それでいて悩んでいたことがほとんど解決できました。二次会も楽しく飲ませていただきました。ありがとうございました。



■皆さんお疲れさまでした。●●大学のモノです。昨日のセミナーは凄くためになりました。 ●●さん、●●さんを中心に親身に接していただきありがとうございます。他にも自分と同じような考えの人達に会って話しができたことは大きかったです。それと自分の事を覚えてて、マイミク申請していいかな〜、って方がいましたらよろしくお願いしますm(__)m



■昨日はみなさんお疲れさまでした。アドバイザーの方々の体験談勉強法など、すごいためになりました。2次会でも●●さんや●●さんの話はいろいろ参考になりました(笑)またこういった機会があったらよろしくお願いします。



■どうも、●●大学のやつです。今日はありがとうございました、色々な専攻の方にお話を聞けて大収穫です。二次会もめちゃくちゃ楽しくて、こういう仲間には入れたらいいなと感じました。多分、またお世話になると思うので今後とも宜しくお願い致します。あと、今日会った方、これ見てたらマイミクもお願いしま〜す。



■受験セミナーお疲れ様でした!!ロンダというか院試に関して何も知らなかったので非常に参考になりました…!現役東大生の方の生のお話も聞けて俄然やる気でてきましたし><参加者の方々もバックボーンが様々で色々な方がいらっしゃって自分もがんばれる気になりました…!神前さん始めスタッフの方々、貴重なセミナーを本当にありがとうございました><;

受かったらぜひアドバイザーやらせてください……ロンダ仲間が欲しいので覚えてる方はぜひぜひマイミクお願いします!><俺達がいたテーブルの人達は将来成功する。でもってモテるために勉強がんばる。←二次会の結論



にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★読後クリックお願い申し上げます★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-09-28

博士課程への進学 大学院受験セミナー2009 PPT資料公開

大学院受験セミナー2009のプレゼンテーション「博士課程への進学」で使用

したPPTを公開したいと思います。

それぞれのスライドについて補足説明をしたいと思います。【つくりかけ・・・・】

f:id:power-ocean:20090928000309j:image

f:id:power-ocean:20090928000306j:image

f:id:power-ocean:20090928000303j:image

f:id:power-ocean:20090928000300j:image

f:id:power-ocean:20090928000256j:image

f:id:power-ocean:20090928000254j:image

f:id:power-ocean:20090928000251j:image

f:id:power-ocean:20090928000249j:image

f:id:power-ocean:20090928000246j:image

f:id:power-ocean:20090928000244j:image

f:id:power-ocean:20090928000510j:image

f:id:power-ocean:20090928000508j:image

f:id:power-ocean:20090928000452j:image

f:id:power-ocean:20090928000443j:image

f:id:power-ocean:20090928000440j:image

f:id:power-ocean:20090928000437j:image

f:id:power-ocean:20090928000435j:image

f:id:power-ocean:20090928000428j:image


拙著「学歴ロンダリング」が高学歴ワーキングプア(光文社)の続編となる、アカデミア・サバイバル―「高学歴ワーキングプア」から抜け出す (中公新書ラクレ) 水月昭道 著に引用されました。

水月昭道氏のブログ

http://blog.goo.ne.jp/drikiru

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-09-10

大学院進学に興味を持ったら

大学院進学に興味をもった方にお勧めの書籍を紹介します。

大学受験に関する書籍は数えきれない程あるのに、残念ながら大学院関連の書籍は非常に少ないという現状があります。

大学院進学に興味を持った方が、オールランド(総合的)に理解できる書籍を紹介したいと思います。

ちなみに、拙著「学歴ロンダリング」は主に他大学(理系)から東京大学大学院(理系)へ進学したい方をメインに書きました。

大学院の歩き方」シリーズは、分野ごとに分かれいるのが特徴です。

人文科学系のための大学院の歩き方

人文科学系のための大学院の歩き方

社会科学系のための大学院の歩き方

社会科学系のための大学院の歩き方

本書では、以下の構成で成り立っています。

第一章:研究室訪問

第二章:大学院の基礎知識 

第三章:大学院合格への道

第四章:私はこうして合格した(合格体験記)

特に第二章と第三章では、大学院の仕組み、研究室訪問の仕方、試験対策などQ&A形式で分かりやすく解説している。本書を読めば、大学院進学に対してモチベーションが上がることは間違いないだろう。

価格は2200円と若干高い感じがしないでもないが、このボリュームを考慮するに購入する価値は十分にある。

大学院進学とりわけ、「学歴ロンダリング」を狙うのであれば、本書と拙著「学歴ロンダリング」光文社を併読することをお勧めします。



にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-09-09

大学院受験セミナーのスケジュール決定しました!

大学院受験セミナー2009のスケジュールが決まりましたのでご報告いたします。

参加者は総勢約60名規模になります。

まさに、企画者冥利に尽きますね。

12 : 40  馬場下町交差点にある『馬場下交番』に集合


大きな地図で見る

12 : 50  早稲田奉仕園に集合(案内係以外のアドバイザー

13 : 10  受付準備完了・開始

13 : 20  会場セッティング完了

13 : 30  受講者着席完了

13 : 30 〜 13 : 40  開講のあいさつ(神前)

          アドバイザーの自己紹介(全員)

所属大学院(研究科まで述べる)・アドバイスできることを言う。

13 : 40 〜 14 : 10  「大学院受験の簡単な流れ」

発表者:神前悠太 (学歴ロンダリング著者)

発表時間20分・質疑応答10分

14 : 15 〜 14 : 45  「博士課程への進学について」

           発表者:唯乃博 (学歴ロンダリング著者)

発表時間20分・質疑応答10分

14 : 45 〜 14 : 55  10分間の休憩

イスをすべて片付ける。次の個別相談会は、立ちながら行う。

15 : 00 〜 16 : 30  個別相談会

          アドバイザーは各自、所定の配置につく。

          所定の配置に関しましては、後日お知らせします。

16 : 30 〜 16 : 40  閉講のあいさつ+2 次会について

16 : 40 〜 17 : 00  退出+片付け

17:30 二次会予定


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-09-03

大学院受験セミナーの資料一部公開【研究計画書対策】

大学院受験セミナー2009で使用する研究計画書対策資料の一部を公開します。

f:id:power-ocean:20090903215613j:image

http://mixi.jp/view_event.pl?id=45409858&comm_id=1733400

研究計画書とは、大学院で行う研究概要をまとめたもの。具体的には、研究の背景、既往研究、方法、予測される結果、新規性(既往研究との独自性)などを端的に明記する必要があります。入念な事前調査が必要なため、非常に対策が立てづらく苦労します。

内部進学の場合は、卒業論文のテーマを継続して研究するケースが一般的であり、研究計画書は非常に書きやすいと言えます。進学前に、事前に教授から手厚いアドバイスがもらえることでしょう。

内部進学の場合、研究計画書のイメージは、以下の通りです。

卒業論文+α(応用:教授からのアドバイス)=研究計画書

しかし、他大学院への進学や専攻を大幅に変える場合は、研究計画書作成は非常に苦労を伴います。他大学院進学の場合、まず始めに他大学で自分の行いたい研究が行えるかどうかを把握することです。研究計画書を作成する時点で、常識的に考えればこの確認する作業は完了しているはずです。これについて、研究計画書立案までの作業をイメージしてみましょう。

大学院で研究したい⇒自大の大学院では行えないなど⇒他大学院の研究を調査する(HPなど)⇒受験説明会等に参加する(研究室訪問)⇒試験対策(研究計画書立案)⇒本番試験⇒★合格★

HPを見ただけでは、実現方法や得られる成果など具体的な研究計画を立案できないため、必然的に研究室訪問や研究室に在籍する院生にヒアリング調査をする必要性がでてくるのです。私が拙著「学歴ロンダリング」やブログで口を酸っぱくして、研究室訪問の重要性を訴えている理由はこのためです。

大学院の研究に興味を持ったら、事前にある程度自分なりに既往研究を調べ、可能であれば独自性のある研究テーマを考えてみましょう。その上で、研究室訪問を実施し、訪問先の教授や院生にアドバイスを頂き、そのアドバイスを基に、研究計画書を練り上げていくとよいでしょう。教授によっては、試験前に研究計画書を添削してくれる場合もあります。あとこれはちょっとした裏技ですが、どうしても研究計画書が書けないという場合は、同じ分野の研究を継続する場合に限り、前述の内部進学の場合同様に、卒業論文を応用して書いて、大学院進学後教授と相談の上、テーマを多少変えるという方法もあります。


にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-09-02

大学院受験セミナーの資料一部公開【面接・口述試験対策】

大学院受験セミナー2009で使用する面接・口述試験対策資料の一部を公開します。

f:id:power-ocean:20090902224241j:image

http://mixi.jp/view_event.pl?id=45409858&comm_id=1733400

面接・口述試験は、大学院入試において必ずと言っていいほど課せられます。一般的に、筆記試験(専門)が終わった後に、面接が課せられるケースが多いようです。筆記試験が終わった翌日に行うケースもあれば、一週間程空いた後に実施することもあるようです。いずれにせよ、筆記試験の結果と研究計画書の内容をもとに、あなたの研究遂行能力や意欲を面接で判断するといってもよいでしょう。つまり、面接を受けている時点で、合否の判定はほぼ済んでいる(判定はほぼ筆記試験で決まる)のです。筆記試験で高得点をあげ、面接でも特に問題がないと判断されると、その場で合格を言い渡されることもあります。ちなみに、私(神前)は面接を受験して10時間後に教授から「合格」のメールをもらいました。合格するために半年以上前から猛勉強してきたのですから当然の結果です。面接については、大学や研究科によって様々なスタイルがありますので、個々のアドバイザーの方に詳しく聞いてみるとよいでしょう。研究科によっては口述試験と称して、専門的な質問をされることもあるので注意が必要です。

■面接で聞かれること(拙著:学歴ロンダリングを改変)

1. 志望動機

・他大学院へ進学する理由

・就職するのか博士課程までを視野に入れているか?

・どのような研究をしたいのか?どこの研究室を選ぶのか?

2. 研究計画書

背景・既往研究・方法・予測される結果・新規性・オリジナリティ

3. 卒業論文

端的に研究の概要について話す。他大学院への進学の場合は、継続するテーマなのか否か等。

■面接で研究室訪問の重要性を認識する!

面接とは、人が人を評価する試験です。マークシートのように定量的・機械的に採点できるわけがありません。どうしても、人情というものが評価の査定に加わってしまうことが往々にあるようです。甲乙つけがたい二人がいて、どちらかを不合格にしなければいけない時があった場合、研究室訪問をしてきちんと教授と研究のマッチングを行った学生をとりたくなるのが人情というものです。大学院入試とは情報戦であり、行動力が求められます。研究室訪問は、面接試験対策だけにとどまらず研究計画書作成、進学後の研究活動にも大きな影響を及ぼしかねないので絶対にやっておきましょう。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-09-01

大学院受験セミナーの資料一部公開【プレゼンテーション】

大学院受験セミナー2009で使用するプレゼンテーション資料の一部を公開します。

資料はアドバイザーの方が作成してくれました。

自分で言うのもあれですが、かなりクオリティの高いセミナーになりそうです。

現在参加予約者は約50名になります。進学アドバイザーマスコミ関係者の来客を含めると60人以上の規模のセミナーになります。

http://mixi.jp/view_event.pl?id=45409858&comment_count=49&comm_id=1733400

会場収容人数に制限がありますので、参加予約は本日でCLOSEにさせていただきます。

f:id:power-ocean:20090901212936p:image

f:id:power-ocean:20090901214305p:image


今、大学院受験関係の本を出版したいと思っています。

東大生・京大生・東工大生と一緒に他大学院進学のノウハウを記載したマニュアル本を書きたいと思っています。

他大学とりわけレベルの高い大学院にいってみたい、社会人から大学院に進学してみたい、専門職大学院に進学したい、多種多様な大学院志望者の夢をかなえる実践的な本にしたいですね。

拙著「学歴ロンダリング」のような暴露本にはしないつもりです。

幸いにして、他大学院進学コンサルタントコミュニティを管理しているため、学生のツテは豊富ですし。なによりも学生のポテンシャルの高さには驚くものがあります。

監修及び企画は、私、神前悠太が担当します。大学院受験セミナー終了後、徐々に企画を練っていこうと思います。その前に、出版社が商業出版として前向きに検討してくれるかどうかという問題がありますが・・・。

出版関係者の方でご興味がある方は連絡お願いいたします。

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-08-30

大学院受験セミナーの資料一部公開【研究室訪問】

大学院受験セミナーで使用する研究室訪問対策資料の一部を公開します。

9月26日(土)13:00〜17:00まで早稲田大学近くの早稲田奉仕園にて、

大学院受験セミナー2009を開催します。

現在参加者は40名です。あと約10名でCOSEしますのでお早めに!

参加申し込みはこちらまで

f:id:power-ocean:20090829123341j:image

http://mixi.jp/view_event.pl?id=45409858&comm_id=1733400

-----------------------------------------------------------------

研究室訪問の重要性について 作成者:神前悠太

研究室訪問をやるべきなのかどうかについて疑問を抱いている受験生が多くいます。拙著「学歴ロンダリング」にも記しましたが、研究室訪問は他大学院進学を目指すのであれば必ずしなければいけません。以下、研究室訪問をするうえで押さえておきたいポイントを列挙します。

■大学の雰囲気を調べよう。

大学院試験前に、大学の雰囲気を知ることができれば、試験に対してのモチベーションが高まります。学内にどのような建物があるのか、どのような学生がいるのか、交通アクセス、大学近辺の雰囲気などを散策してみましょう。

■研究テーマを調べる。

大学院を受験する場合、自分が行いたい研究が他大学で行えるかどうかに事前に調査することが必要です。話を聞いた結果、自分が行いたい研究が行えない場合も十分に考えらえます。入学後の研究のミスマッチを防ぐという意味において、入念にヒアリングしておきましょう。

■研究室の雰囲気を調べる。

研究活動をするうえで、人間関係は非常に重要です。他大学院の場合、どのような先生・学生が研究室にいるかどうか分かりません。特に、教授が就職活動に対して理解があるかどうか、研究に対する厳しさの加減はどれくらいのものか、内部生・外部生の比率については、入念に確認しておきましょう。また、実験の理系の学生であれば、研究室にはどのような実験設備があるのかについても調べておきましょう。

■研究室訪問は院試験に有利に働くことも・・・・

専門試験の勉強方法で分からないことがあれば、研究室の院生にどのような専門書を読めば学習が捗(はかど)るのか、どのような勉強をしておけばよいかについて聞いておきましょう。貴重な学習資料をもらえたり、話を聞くことができるかもしれません。

研究計画書の作成については、教授訪問の際についでに採点してもらうという手もあります。採点までいかなくとも、教授からテーマのヒントをもらえたり、自分が設定したテーマについて貴重な意見が聞けるかもしれません。また、院試験は必ず面接試験が必ずあるので、研究室訪問をした学生は、やる気があるとみなされ心象がよいといるかもしれません。

⇒結果的に、、、、、試験でボーダー付近にある場合、「合格」になる可能性がある!

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

2009-08-24

大学院受験セミナーの資料一部公開

大学院受験セミナー2009(9月26日(土)開催予定)で使用する英語試験対策の資料の一部を公開します。

参加申し込みは、mixiからお願いします。現在30名程度の参加予約があります。

http://mixi.jp/view_event.pl?id=45409858&comm_id=1733400

f:id:power-ocean:20090823235931j:image

この資料は、他大学院進学コンサルタントコミュニティの進学アドバイザーの方が作成してくれました。

大学院入試における英語試験■

大学院試験には必ずと言っていいほど、『英語試験』が存在します。研究を行う上で、必要最低限の英語能力を受験者が持っているかどうかを試すためです。受験者は、いずれかの英語試験を受けることとなります。

機TOEFL iBT

供TOEFL ITP

掘TOEIC

検ゴ望先専攻独自の英語試験

以下に、それぞれの概要を示します。

機TOEFL iBT

TOEFL iBT は、『Reading』『Listening』『Speaking』『Writing』セクションで構成され

ています。

Reading−解答時間:60〜100 分,配点:0〜30 点−

長文読解問題(3〜5 パッセージ,1 パッセージあたり600〜700 語)

Listening−解答時間:60〜90 分,配点:0〜30 点−

講義形式(4〜6 題)

複数人数による会話の問題(2〜3 題)

Speaking−解答時間:20 分,配点:0〜30 点−

Independent Task(Speaking 2 題)

Integrated Task(Reading, Listening, Speaking 2 題)

Integrated Task(Listening, Speaking 2 題)

Writing−解答時間:50 分,配点:0〜30 点−

Integrated Task(Reading, Listening, Writing)

Independent Task(Writing)

TOEFL iBT の各セクションの詳細に関しましては、

こちら(→http://blogs.yahoo.co.jp/kamakura2008/20552638.html)をご覧ください。

(略)

------------------------------------------------------------------

他にも、以下の資料を現在作成中です。

大学院受験の簡単な流れ

■博士課程の進学について

■研究計画書対策

■面接対策

■研究室訪問

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へにほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ

★クリックお願いします★

東京大学大学院東京工業大学院に合格されたい方は、ぜひmixi「他大学院進学コンサルタント」に加入してください。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1733400

雑誌「AERA」で本コミュニティが紹介されました。

マスコミの方へ:

今後、取材、執筆、講演依頼など、ご用命ございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。