カピバライフ。

ツイッターもやってます。senhamをフォローしましょう

2007年11月30日(金)

[][]ハロプロ楽曲大賞2007に投票。

『みつぼし』も聞ければ投票の幅が広がったかもしれませんが、今年はこんな感じです。

  1. 告白の噴水広場Berryz工房(3.5pts)
    ベリーズでしかできないジュヴナイル路線の、泣きの完成形ともいえる曲。今までハイパーテクノで聞きたいと言ってた(気がする)風景なんだけど、今回は歌謡曲風で正解。
  2. WOW 素敵!/後藤真希(2.5pts)
    『How to use SEXY』が賛否両論巻き起こる中で、ごっつぁんにとってのスタンダード≒自然体で楽しめる曲だったからこそ、1番印象が強かったし、ナンダカンダ言っても買ってよかったと思わせてくれた曲。これからも大事にしてほしい場所です。
  3. 思い立ったら吉でっせ!/徳永千奈美須藤茉麻熊井友理奈(1.5pts)
    『愛のなんちゃら指数』書き下ろし曲では最高評価。笑点のテーマをサンプリングしたようなサビとか、ポップンミュージック専用コントローラーで弾けそうな曲調とか、久々にギミック全開ではっちゃけた感じが好き。
  4. SUPERSTAR/tomboy(1.5pts)
    ソニン久しぶりのリリースとかいう記念碑的な意味よりも、最近J-POPで軽視されてる感もある「曲の持つ熱気」とか、デュオを組んだ大沢あかねの歌の力強さとか、個人的な趣味で。
  5. はなをぷーんきら☆ぴか(1.0pts)
    自分の中の流行語大賞。関西における“しばく”とほぼ同義で“はなをぷーんする”と言わせてしまうインパクトに脱帽。

推しメンは…最近さゆみんとか熊井ちゃんとか言いまくってますが、「自分の心は一つです」。

次点はホントのじぶんと胸騒ぎスカーレットで。ハロプロも含めたアイドル界全体の総括は、また来月。今年は、例年以上にベストナインの人選に悩んでます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/powerful/20071130/HPMA