黙然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ひとりごと、よしなしごと、黙っているにも等しきこと。

2016-09-27(Tue) 0927 曇、金木犀咲く。

[][]産経「主張」、拍手する。

【主張】所信表明演説 「数の力」を改革に向けよ - 産経ニュース

http://www.sankei.com/column/print/160927/clm1609270003-c.html

 (みずから)はい総理大臣閣下のご演説に拍手――――! 

 

 まるでナチスドイツ北朝鮮ですよね。そして、誰より速く大きな音で拍手するのが産経です。アドルフ・ヒトラー 金正恩 安倍晋三閣下のためとあらば。ほんとに、こんなことやってて自分で気味悪くないんでしょうか。

2016-09-26(Mon) 0926 蒸っし暑い曇。

[][]産経抄大和魂観。

【産経抄】大和魂で綱取りを 9月26日 - 産経ニュース

http://www.sankei.com/column/print/160926/clm1609260003-c.html

 見出しを読んで、爆笑しました。いやもう、さすが産経

 地元びいきというのはありますから、遠くの国より日本出身者が出世したほうが嬉しい、というのは理解できますが、大和魂はなかろうと。野球賭博経験者が心技体揃った横綱にふさわしいのかと。それだったら、心技体揃い大和魂の持ち主だった外国出身力士を何人か挙げられます。

2016-09-25(Sun) 0925 晴れ間ひさびさ。

[][]産経抄のペダントリィ。

【産経抄】独身男性7割「交際相手なし」…コンビニの増加との関係は? 9月25日 - 産経ニュース

http://www.sankei.com/column/print/160925/clm1609250004-c.html

 ペダントリック個展引用していますが、あいかわらずなにが言いたいのかわかりません。男女交際のススメ? そういう問題じゃないことは明白です。ぶっちゃけ、カネがないから結婚もできないし女性とおつきあいもできないのです。

 さて、産経新聞責任はありやなしや? 

2016-09-24(Sat) 0924 午後から雨。

[][]産経抄の新執行部観。

【産経抄】蓮舫さん、「昔の名前」に頼るのはお止めになったほうが… 9月24日 - 産経ニュース

http://www.sankei.com/column/print/160924/clm1609240005-c.html

 若さを(唯一の)売り物にしていた安倍晋三氏も、気がつけば還暦をとうに過ぎています。当たり前だ。四十代という蓮舫氏の若さはうらやましいでしょう。

 民進党の人事に、菅直人氏と日教組関係者の名前が出てくるのがとにかく気に入らない「産経抄」ですが、元首相の処遇最高顧問というのは別におかしな話ではないし(自民という波どうなんですか?)、顧問相談役権力があると思っている方がどうかしています。自民党の副総裁と違って、民進党(旧民主党)の副代表はやはり名誉職であることも、言うまでもありません。

 「左派=古い民主党」のイメージ操作にたいへんご熱心のようですが、派閥にこだわらず実力本位の人事起用というのが、新しい政党運営の硬いでしょう。民進党新執行部の面々をくわしくチェックしていないので、そこまでいっているかわかりませんが、「産経抄」がクレームを付けているということはうまくいっているということなのでしょう。

2016-09-23(Fri) 0923 終日雨、たまに止む。

[]この日はパス

 元気ないです。現金もないです。貯金もない。

2016-09-22(Thu) 0922 終日雨、時々強く。

[][]産経「主張」の転換点。

【主張】日銀の総括検証 脱デフレへの転換点に 政府と一体で改革加速せよ - 産経ニュース

http://www.sankei.com/column/print/160922/clm1609220001-c.html

 《転換点にせよ》って、従来の大規模緩和の方針基本的には続けるって話なのに、転換点はないでしょう。いくら目標を定めたって、本質的には他に手の打ちようがないことはわかっているわけです。「脱デフレ」も、もう何年言い続けてるんですか。3年半ですか。そろそろ結果が見えてきていいはずなんじゃないですかね。「転換点だ」ではなく「ここが踏ん張りどころだ」とでもするべきところですね。

 産経の経済観がおかしいってのが、この「主張」からわかります。「産業経済新聞」の看板を掲げた先輩方が、泣いています。

2016-09-21(Wed) 0921 終日曇。

[][]産経抄の認可観。

【産経抄】朝鮮大学校認可 小池百合子都知事過去知事の過ちを正すか 9月21日 - 産経ニュース

http://www.sankei.com/column/print/160921/clm1609210003-c.html

 《その間、朝鮮大学校では金一族への崇拝を押しつける教育が続いてきた》。はいダウト美濃部亮吉が都知事の間、という意味にしか取れませんが、当時はまだ金正日が人前に登場しておらず、一族崇拝や世襲体制は始まっていませんでした。

 《過去の知事が犯した過ちを現在の知事が正す。まことに筋が通っている》。石原慎太郎氏の過ちを正すことが期待されているわけですね。それはぜひ。