黙然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ひとりごと、よしなしごと、黙っているにも等しきこと。

2009-07-26(Sun) 0726 風があるからマシか。

[][][][]産経「主張」、また被害者叩き。他。

【手帖】田母神俊雄さん事務所開き - MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/090726/acd0907261008006-n1.htm

 講演で家に帰るヒマもなく、辞任以来の9ヶ月で単行本を10冊も出版したとのことで、ご盛業なによりです。高山正之氏(元産経新聞記者)の発言がいきなり「今何が問題なのか」で始まっているのですが、これはSANKEI EXPRESSの解説記事のタイトルと同じですね。EXPRESS創刊は高山氏の退社後ですが、産経関係者にはなにか思い入れのあるフレーズなのでしょうか。

【主張】出会い系サイト 軽々しさに危険がひそむ - イザ!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/282239/

それともう一点強調しておきたいのは、出会い系サイトに絡んだ犯罪では、当事者の善悪はともかくとして、体格・体力で不利になりがちな女性が被害者となるケースが圧倒的に多いという事実である。女性にはとくに自衛の心構えをもってもらいたい。

 また被害者叩きですか。それはともかくとして(ともかくじゃ済まないんですが)全体的に、男女の出会い結婚みたいな雰囲気が漂っております。純潔教育でしょうか。

【土・日曜日に書く】愚直に信を問うてほしい - イザ!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/other/282228/

 阿比留瑠比記者なんですが、どうも妙な印象を受けます。あいかわらず民主党を攻撃しつつ、自民党ももう見捨てているようで、ちょっとおやっと思いました。いろいろ書いているんですが、微妙になにが言いたいかわからないものになっているのは、自民党にも絶望しているためでしょうか。こういう人が大政党に絶望すると、先鋭的な方向に走りそうで気になるのですが。

麻生政権考】同盟強化へ駐米大使政治任用」 - イザ!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/282242/

 笠原健・政治部記者が、麻生政権ではなく後継の民主党政権に向けて、大使の政治任用を提案しています。わけがわかりません。提案の理由というのが、日米同盟強化のためには継続性があった方がよいというものなのですが、継続性を重視するなら現在のように外務官僚が大使になる慣習を続けた方がいいはずです。官僚というのはそういうものですから。笠原記者は大使候補として、首相外相経験者や財界人を挙げているので、なにか腹づもりがあるのかもしれませんが、そう都合よく行くわけねえだろ

超有名写真集もアウト? 児童ポルノ禁止法改正の行方 - イザ!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/282398/

 衆院解散による提出法案の廃案が決定して、気分的には一段落している児ポ法問題ですが、まだなにも終わったわけではありません。このタイミングでなぜか、産経新聞はこういう記事を出してきました。無署名ですが、かなり明確に規制反対の立場を打ち出しています。もっとも、「主張」などの論説ではないので、まだ社論との異同を見極める必要はありますが。それにしても、かなり積極的な規制反対論で、全国紙でここまで踏み込んだ記事を読むのは初めてのような気がします。葉梨康弘議員山谷えり子議員らの暴論も批判的に取り上げ、民主党側のわかりやすい反論も載せた上で、政権選択選挙の結果が表現規制の将来を決める、といったまとめをしているあたり、本気でどこの新聞なのかと思ってしまいます。

Elekt_raElekt_ra 2009/07/27 01:07 新しいアメリカの駐日大使に選ばれたのが政治経験が殆ど無い弁護士と言う事で、オバマの有力後継者と産経は必死に別格扱いしていますが、NHKラジオジャーナルでは解説委員が「論功行賞人事」「手腕は未知数」と分析していました。古森大先生が未だ自身のエントリーでこの件を取り上げないところをみると、産経内で「肩書き主義」「日米友好は別格中の別格」と信じて疑わない層にとっては涙眼ものなんでしょうか。

agricolaagricola 2009/07/27 02:03 > 【主張】出会い系サイト 軽々しさに危険がひそむ
王朝時代を引き合いに出して出会い系を批判してますが、実は王朝時代の恋愛事情は出会い系と大差なかったりするので実に愉快です。

pipisanpipisan 2009/07/27 07:55 >笠原記者は大使候補として、首相・外相の経験者や財界人を挙げているので、

野村吉三郎さんの例ですね、分かります。

ApemanApeman 2009/07/27 08:31 コモリンは新駐米大使の人事についてすでに言及していますよ。
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1144500/
まあコモリンにとっては、これもオバマを否定し中国の“脅威”を強調する材料に過ぎないんでしょうが。

pipisanpipisan 2009/07/27 18:28 やるなあ、日本会議。
田母神講演は「真の平和構築の道考えるため」主催者が意見広告
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090727/plc0907271816003-n1.htm

産経新聞広告局員が日本会議にすっ飛んでいった光景が目に浮かびますね。
まあ広告効果を考えれば中国新聞という判断は実に正しい。
しかし金あるんだなあ。

slpolientslpolient 2009/07/27 21:16 児童ポルノ法改定問題の記事を見て思うんですけど、やっぱり産経新聞では記者の派閥抗争が起こっているのだと私は推測します。
従来からの保守で表現規制推進寄りの年配層と、ネット右翼に近しい表現規制反対寄りの若手層でせめぎ合いがあると、前々から勝手に推測しております。

葉梨議員ならともかく、山谷議員も槍玉に挙がるのは意外ですよね… 山谷議員といったら、産経と蜜月な関係じゃないですか…
まさか、外部に委託した記事を最低限のチェック(誤字脱字がないか)だけして、そのまま載せてしまったということはないですよね?

規制反対の記事が載るのはいいことだと思いますが、何故このような記事が載ったのか、皆さんのお考えを伺いたいと思います。

凡人69号凡人69号 2009/07/27 22:03 >こういう人が大政党に絶望すると、先鋭的な方向に走りそうで気になるのですが。
あびるん大先生は、自民党に絶望したらやはり新風に走るのか?それとも、ひょっとして幸福実現党にでも走るのでしょうか?

とらとらとらとら 2009/07/27 22:45 相変わらず「広島平和宣言は北朝鮮の核に言及していない」という思い込み丸出しの記事ですな。間違いを常に指摘されているんだけど、産経が改める気はないのですな。
嘘も百回書けばホントになるってか。

反対の声があろうがなかろうが、人々を政治指導者の望むようにするのは簡単です。
国民にむかって、われわれは攻撃されかかっているのだと煽り、平和主義者に対しては、愛国心が欠けていると非難すればよいのです。そして国を更なる危険に曝す。このやり方はどんな国でも有効ですよ。

(ヘルマン・ゲーリング)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証