黙然日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

ひとりごと、よしなしごと、黙っているにも等しきこと。

2011-03-10(Thu) 0310 まだ冬の空と風。

[][]産経「主張」の擁護と黙殺。

メア氏発言 政治利用せず移設実現を - イザ!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/495055/

【主張】メア氏発言 政治利用せず移設実現を - MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110310/plc11031003000004-n1.htm

 昨日の「産経抄」に続いて今日は「主張」ですが、これは各紙同じで、毎日読売が今日の社説にしています。毎日は「ひたすら許せない」、読売は「許せない」が、それはそれとして日米同盟は大事」でした。

 さて我らが産経ですが、要約してしまうと読売とほぼ同じになります。ただ、全体の配分とかちょっとしたニュアンスで、どちらにテーマがあるのかは明確になっています。読売が「許せない」をテーマに、いちおう同盟もあるからね、と釘を刺すレベルなのに対して、「うんまあ許せないっていうのはわかるよね、遺憾だよね。でも移設問題には絶対持ち込むなよこの野郎」という内容です。注目すべきなのは、メア発言に関する官房長官沖縄県議会の抗議、それに対する(昨日までの)米側の謝罪について《全くの当然である》とするだけで、産経自身がメア発言を許せないと思っている様子がないことです。「政府や議会や他紙がみんな抗議してるから、ここでは怒ってみせたほうがいいんだろうなー」ぐらいの雰囲気しか感じられません。現に、昨日はあんなことを書いていたわけですし。おざなりに《当然》としておいて、あとは持論の展開ですから、どう見ても本気で怒っているとは思えません。

 とりあえず今日の「主張」の筆者は、アタマかち割るまでしなくていいから、昨日の「産経抄」の筆者と一緒に国籍捨てて土下座してから太平洋の彼方へ消えてくれませんか。チリメキシコカナダに迷惑かけずに、ちゃんと宗主国様の本土に落ちるんですよ。


櫻井よしこ 菅首相に申す】メア発言の真意+(1/3ページ) - MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110310/plc11031003020005-n1.htm

 櫻井氏の連載も、自らのタイトルを無視して、メア発言を擁護しています。結論から言うと、なぜケビン・メア氏が「沖縄人は怠惰だ」と発言したのかについて、櫻井氏は何も説明できていません。実に羊頭狗肉見出しといえましょう。櫻井氏が述べているのは、「中国の脅威を伝えない沖縄メディアは怠惰だ」であったり、「安保タダ乗りで改憲しない日本人は怠惰だ」であったりしますが、沖縄人全般を侮辱した理由については説明できていません。背景説明としてみても、「沖縄人は言うことを聞かない」と蔑視丸出しであることがわかるだけです。「ゆすりの名人」については《侮蔑は決して許されるものではない》と非を認めるのみですし、もう一点の「沖縄人は怠惰」については、言及すらされていません。「怠惰」という言葉えこの文章には出てきません。

 メア氏の講演が、他でいかに立派なことを言っていたとしても(必ずしもそうは思えませんが)、一部分の発言に問題があれば、それは問題発言です。《発言の真意》なるものはなんだったのか、沖縄および日本への蔑視でなければなんなのか、櫻井氏の説明をあらためて求めたいところです。

 櫻井氏は日本の保守派論客だったはずが、いつから米国代弁者になったのだ、というツッコミは、ここではしません。いつからって最初からだし、この文章はメア氏の代弁としてすら役に立っていません。問題発言部分は非を認めるかスルーするだけ。そしてたとえば、講演要旨の中に中国のちの字も出てこないのに、櫻井氏は中国脅威論ばかりに紙幅を割いています。こんなシャドーボクシングばかりの代弁人は役立たずでなんの意味もありません。この文章を翻訳して、メア氏に「これがあなたの真意だと擁護する人もいる」と読ませたら、頭を抱えてしまうのではないでしょうか。更迭を受けおそらく失意の中にある彼に(自業自得そのものですが)、発言の責任を含めてさえ、そこまでむごい仕打ちをしたくはありませんが。


外国人献金禁止 緩和への法改正危険だ - イザ!

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/495057/

【主張】外国人献金禁止 緩和への法改正は危険だ - MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110310/plc11031004590007-n1.htm

 この話題、引っ張るようですが、7日付「主張」の過剰とも思える禁止論・摘発論を意識したかのように、8日付朝日・9日付毎日と、社説で外国人個人献金緩和を唱えていたので、これは今日明日あたり産経が反論するかな、と思っていたのです。その通りになったわけですが、いちおう、他紙社説ではなく岡田克也民主党幹事長への反論という形になっています。しかし、先週末の岡田発言にいまごろ二度目の反応をするのも変ですよね。

 ネット献金にも言及され、朝日・毎日への反論であることは明らかなのですが、重要な点が抜け落ちています。朝日・毎日とも、2006年外国企業政治献金事実上解禁されていることを指摘しているのに対して、この「主張」は押し黙ったままなのです。「上場して5年以上」という甘い基準で、大企業からの献金は認めておいて、個人経営焼肉屋からは献金は禁止し鬼の首を取ったように閣僚を責めるというのは、どう考えても話が通りません。反論できない話はスルーということで、たいへん見事な産経新聞「主張」でした。2本立てで2本ともこれだよ。>>

- イザ!

Gl17Gl17 2011/03/11 00:34 献金問題について批判側がとことん教条的になってるのが今回の騒ぎですね。
まあ産経界隈の批判にはよくあるクチですが、実態はひたすらスルーして「法律に書いてあるから」だけにしがみつく。
自称リアリストという連中の「現実を見ない能力」の高さにはいつも驚かされます。

pointspoints 2011/03/11 00:54 土肥議員の竹島問題で産経らが火病を起こしてますが、まさにお前が言うなって話ですねw土肥のやったことが稚拙なのは事実だが、あの集団ヒステリーぶりは親日発言してバッシングしまくってる韓国と変わらなくなってる。

通りすがりの肉球通りすがりの肉球 2011/03/11 02:08 >「中国の脅威を伝えない沖縄メディアは怠惰だ」
…もうね,目眩がします。こうした沖縄関係の発言に関しては,曾野綾子女史の言動をどうしても思い出してしまいます。ホントに糞。
昨日の産経症もそうでしたが,この機に乗じて改憲を煽ろうとする火事場泥棒的な発想はいい加減にしてほしい。

Bill_McCrearyBill_McCreary 2011/03/11 08:02 なーんかでもこの櫻井の記事って、右翼のくせに米国の代弁者になっている櫻井本人や産経新聞の惨状をものがたる興味深い記事ではあります。要は産経新聞の「正論大賞」とか「正論路線」やらは、櫻井のような米国の犬こそが自由と民主主義のために戦っている人物とみなすわけですね。そんなことははじめっから知っていますが、いまさらながらうんざりします。

pipisanpipisan 2011/03/11 13:22 >櫻井
>ところが大浜市長は米掃海艦入港に、なんと非常事態宣言で応じたのだ。
>4月3日、メア総領事は石垣港に入った掃海艦を訪れ、船長以下乗組員を歓迎した。
             ◇
> 同じ頃、市長の非常事態宣言に発奮した反対派約300人が港に押し寄せゲートを
>封鎖、メア氏らは7時間半も封じ込められた。

・・・非常事態宣言ってどんだけwと思ったら。
以下、沖タの記事。
[ニュース近景遠景]/米兵休養 市民は疲労/米掃海艦石垣入港/怒りと徒労感残す

 沖縄の本土復帰後初めて、米軍艦船の入った石垣港。3日から5日までの3日間、市
民団体や労組のメンバーらが座り込み、外出しようとする米軍関係者の通行を阻止する
など緊張が続いた。休日返上で対応に走り回った石垣市職員、危険回避で住民と米軍関
係者の間にたった警察官。「米兵の休養のために、市民が疲労困憊だ」。多くの人に怒
りと徒労感を残し、米軍掃海艦2隻の船影は沖合に消えていった。(1面参照)
 「非常事態だ」。大浜長照市長は3日朝の掃海艦接岸直後、部課長18人の対策本部
を設置。米軍基地問題と縁遠い状況の石垣島で、不測の事件や事故、市民の不安などへ
の対応を指示した。

 同本部は3日間で4度の会議を開いた。米兵と市民のトラブルに備え、職員20人が
市内を巡回、港湾施設の出入りを監視した。

・・・・こんだけ。「非常事態宣言」なんてしてないし。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/pr3/20110310/1299768340