Hatena::ブログ(Diary)

医薬福ニュース

 | 

2007-10-18 レシチン

レシチン

 大豆レシチンの名ですっかり有名になったリン脂質の一つ。最近はホスファチジリコリンという化学名で呼ばれることも多いが、生体膜を形成する主要成分で、肝臓や血液などの代謝にも深く関与している。また脳の栄養素として注目され、高齢化社会で増えている血管性認知症痴呆症)やアルツハイマー病への予防や改善への有効性がアメリカヨーロッパで盛んに行われており、わが国でも基礎研究報告が増えてきている。

 リン酸と脂質の二つで構成されるレシチンは、この特徴によって動脈硬化の予防にも大きく貢献すると考えられている。すなわち、リン酸の部分は親水性で水の分子と結びつきやすく、脂質の部分は親油性だから脂肪の分子と結びつきやすい。この本来溶け合わないはずの水と脂肪が、レシチンの介在によってよく混ざる(乳化する)ようになるため、レシチンが豊富にあると、コレステロールが血管壁に沈着するのを防ぐ。コレステロールそのものは体に必要な成分だが、多過ぎると血管の内壁にどんどん付着し、内腔が狭まって動脈硬化や高血圧を招き、同時に心臓への負担もかかるといった問題を引き起こすことになる。レシチンはこのコレステロールを乳化して肝臓へ運び込む働きをするので、動脈硬化も初期の段階なら、レシチンを摂ることによって改善される。さらに血管を強くする働きもあるので、高血圧や動脈硬化で悩んでいる人には心強い味方となる。

 レシチンを多く含む食品の代表は、大豆と卵黄である。近年、アメリカからレシチンをベースにした各種サプリメントが輸入されているが、これは日本人に非常に馴染み深い大豆が原料とされており、その意味では、いわば逆輸入された健康食品であるともいえよう。

レシチンの商品一覧



−−−−−PR−−−−−

ファイン グリシングリシンは最も簡単な構造のアミノ酸甘味があり、動物性たんぱく質、特にゼラチンなどに多く含まれています。本品は安眠効果があるグリシンを主成分にL−トリプトファンを配合した栄養補助食品です。いい夢を見たい方、心地よい毎日を過ごしたい方におすすめです。

ラーメンドラーメンドW−比較的体力が低下し、色白で筋肉が柔らかい、いわゆる水太りの人で、全身倦怠があり、汗をかきやすく、腹は膨張するか軟弱で、尿量減少、むくみ、膝関節の腫れ、痛みなどを伴う場合に用います。

コンゴ−2001年1月、ローラン・デジレ・カビラ大統領が暗殺され、息子のジョゼフ・カビラ将軍が後継。ジョゼフ・カビラ大統領は、国民対話の推進、近隣国・欧米との関係改善、経済自由化政策を推進した。2002年には、和平プロセスが進展し、ルワンダウガンダとの間でそれぞれコンゴ領内からの軍撤退等に係る合意が成立した。国民対話も進展し、同年12月には国内の全勢力が参加する「プレトリア包括和平合意」が成立し、右合意に基づき、2003年7月、2年間を期限とする暫定政権が成立した。選挙準備の遅れにより暫定期間が延長され、2006年7月に大統領選挙(第1回投票)と国民議会選挙、同年10月、大統領選挙(第2回投票)が実施され、ジョゼフ・カビラが当選。同氏が同年12月に大統領に就任した。

丸光産業株式会社ニーレスキュークロスサポート−膝全体の不安定感。膝のぐらつき、お皿下の痛みに。1ミリを切った超薄厚軽量の中芯素材「ストラフレックス」を採用。

パピナリン−外用の耳科治療薬です。アミノ安息香酸エチルおよびプロカイン塩酸塩の鎮痛作用、フェノール、アクリノール水和物およびホモスルファミンの殺菌作用などにより、耳鳴、耳漏、耳掻痒、耳痛、外聴道炎、中耳炎に効果を発揮します。綿棒16本、スポイト1本付属。

ノーブルニーレスキューオープン−膝周りに不安がある。歩行時に膝周辺が痛む方に。1ミリを切った超薄厚軽量の中芯素材「ストラフレックス」を採用。

ニーレスキューウォーク−膝周りの軽い不安定感。継続歩行時の不安感に。1ミリを切った超薄厚軽量の中芯素材「ストラフレックス」を採用。ズボンの上からも簡単取り付け、取り外しが出来ます。ズボンの上からも簡単取り付け、取り外しが出来ます。

ザンビア−伝統的に近隣諸国との善隣関係の維持と平和外交に努めており、特に、紛争の多発する周辺地域の中で中立政策を維持しつつ地域和平の構築に尽力してきた。1994年にアンゴラ和平合意を仲介し、1999年にはコンゴ民主共和国の紛争に関する停戦協定のとりまとめを行うとともに、その過程でアンゴラコンゴ民主共和国からの難民を多数庇護しており、かかる取組は国際社会から高く評価された。アフリカ連合(AU)、英連邦の一員として、アフリカの平和・協力の推進、国際社会との協調を外交の中心に据えている。南部アフリカ開発共同体(SADC)や東・南部アフリカ共同市場(COMESA)における地域協力・開発においては特に積極的な関与・役割を果している。本年8月よりSADC議長国となる。

 |