Hatena::ブログ(Diary)

Melancholic Days - 憂愁日記 - Twitter

2010-08-22

ネット時代の「萬朝報」?【ウィキリークス】

| 19:29 |

ウィキリークス創始者に一時逮捕状


アメリカの圧力は怖いですね…。

が、スウェーデンも踏ん張ったというところでしょうか。


ウィキリークス

http://www.wikileaks.org/wiki/Wikileaks/ja


まあ「萬朝報」はゴシップ紙に近いものでしたけど(;´Д`)

権力の内部情報告発はどんどんして欲しいですね。


しかしながら、

米軍に協力しているアフガン人の個人名まで公開されたため、これまでウィキリークスの活動の多くを支持してきたジャーナリスト非政府組織国境なき記者団」も「人々の命を危険にさらしている」と同サイトの批判にまわった。

確かにこれはやりすぎ。


あと、創始者のジュリアン・アサンジ氏の素性が

ほとんど分かっていないというところも更に怪しさを醸し出していますね。


ジュリアン・アサンジ 「なぜ世界にWikiLeaksが必要なのか」

http://www.ted.com/talks/lang/jpn/julian_assange_why_the_world_needs_wikileaks.html


ウィキリークスに登録したら、実は様々な政府・情報機関へ

自動的にID等々が配信されるシステムだったら、なお怖いです(;´Д`)



http://news24.jp/articles/2010/08/22/10165244.html

ウィキリークス創始者に一時逮捕状

日テレNEWS24 - 08月22日 15:43)

 インターネット上で内部告発を呼びかけるサイト「ウィキリークス」を立ち上げたオーストラリア人のジュリアン・アサンジさん(39)に21日、一時、逮捕状が出される騒ぎがあった。

 アサンジさんはウィキリークスを立ち上げ、アフガニスタン駐留アメリカ軍の機密文書を大量入手、アメリカ政府を批判するなどして注目を浴びていた。

 スウェーデン検察当局は21日、アサンジさんがスウェーデン国内で性的暴行を行った疑いがあるとして逮捕状を出した。アサンジさんは14日に「アメリカ軍に関する文書をさらに公開する」と発表したばかりで、このタイミングでの逮捕状に「根拠がなく、非常に不愉快だ」とコメント。その後、検察当局は「証拠不十分だった」として逮捕状を取り下げた。ウィキリークスは「業務に影響はない」と声明を発表している。


http://www.nikkei.com/news/category/related-article/g=96958A9C9381959FE3E1E2E6818DE3E6E2EAE0E2E3E29494EAE2E2E2;at=ALL

告発サイト「ウィキリークス」、アフガン米軍情報さらに公開か

日本経済新聞 2010/8/14 19:25)

 アフガニスタン軍事作戦に関する米国防総省の機密文書7万点以上をネットで暴露した民間ウェブサイトウィキリークス」が、公開を見送った残る1万5000点の文書の一部を公開することを検討していることが明らかになった。AP通信が創設者のアサンジ氏の発言として伝えた。米国防総省報道官は13日、「兵士を危険にさらす無責任な行動」と批判し、公開しないよう警告した。

 ウィキリークスが残りの文書をいつ公開するかは明らかでない。文書はウィキリークスが政府や軍関係者に内部告発を呼びかけて集めたものとみられる。

 米軍に協力しているアフガン人の個人名まで公開されたため、これまでウィキリークスの活動の多くを支持してきたジャーナリスト非政府組織国境なき記者団」も「人々の命を危険にさらしている」と同サイトの批判にまわった。(ロンドン=岐部秀光)


http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-16602220100802

機密文書流出、ウィキリークスは道徳的に「有罪」=米国防長官

ロイター - 08月02日 14:35)

 [ワシントン 1日 ロイター] ゲーツ米国防長官は1日、アフガニスタン戦争に関する米軍の機密文書をインターネット上で公開したウェブサイトウィキリークス」について、少なくとも道徳上「有罪」であるとの見解を示した。

 ウィキリークスは1週間前、戦争に関する数万点の記録を公開。国防総省は、米国の情報収集手法や関係者の氏名などが暴露されており、人命に関わる恐れがあるほか、同盟国の信頼も損なうと懸念を表明していた。

 ABCニュースのトーク番組「This Week with Christiane Amanpour」に出演したゲーツ長官は「この問題について、私は少なくとも2つの過失責任があると考えている。1つは法的な過失であり、それは私の専門外で司法省などが判断するだろうが、もう一つは道徳的な過失だ。影響を全く考慮しない行為で、ウィキリークスは『有罪』といえる」と述べた。

 マレン統合参謀本部議長も、NBCの「ミート・ザ・プレス」で、今回の情報流出は、その範囲と量という意味で「前代未聞」だと指摘した。

 ウィキリークスについては、今後さらなる機密文書を公開するとの見方も出ている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/prolegomena/20100822