Hatena::ブログ(Diary)

Melancholic Days - 憂愁日記 - Twitter

2010-08-27

自称愛国者は笹川良一先生を見習え!(笑)【高校無償化 朝鮮学校も対象へ】

| 18:59 |

高校無償化 朝鮮学校も対象へ


当然のことですね。

むしろ遅すぎたくらいです。


このニュースに大量に湧いて妄想の中で憂国を気取る

自室巡回員(自宅警備員ネット右翼ネトウヨ・クズウヨ)どもは、

真の愛国者笹川良一大先生を見習うべきです!(笑)

f:id:prolegomena:20100827185628j:image

 註:ネトウヨの間では笹川先生も在日コリアンとして認定されております(;´Д`);;;;;

    とにかく無知無能な「ネットで真実を知った方々」は絶滅して欲しいものです。


人類皆兄弟!

一日一善!



ところで、ニュースとは無関係なのですが、

笹川良一先生が生前に毎年出されていたコスプレ・カレンダーを探しております。

先生が会長や代表をされていた諸団体の制服や胴着をまとった雄姿を拝めます。


 実は財団法人日本吟剣詩舞振興会会長を務められていた

 笹川鎮江先生(笹川良一先生の奥様)と笹川良一先生出演の

 15分ほどの詩吟特別番組(?)のVTRは持っているのですが…。

  ※何の予告もなくUHF系列で朝に突然放送されてました(;´Д`)


東京都港区三田にある笹川記念会館に

笹川大先生フレームのプリクラがあるというウワサも確認したいものです(´Д`)y-~~

 笹川記念会館(The SASAKAWA HALL)

 http://www.sasakawahall.jp/index.html



朝鮮学校無償化しないで、被害者家族ら要請


北朝鮮の国家犯罪である拉致による被害者家族の方々はともかく、

救う会」は人間のクズの集まりですから無視すべきですね(´Д`)y-~~

 【御参考】

  蓮池透さん×森達也さん「拉致」解決への道を探る

  http://www.magazine9.jp/taidan/006/index.php



http://mainichi.jp/life/edu/news/20100826ddm002100096000c.html

高校無償化朝鮮学校、対象へ 専修学校の基準で判定−−文科省方針

毎日新聞 - 08月26日 07:23)

 朝鮮学校を高校授業料無償化法の対象にするかどうかの判断基準を検討してきた文部科学省が、高校と同様に無償化した専修学校の設置基準を参考に個別に判定する方針を固めたことが分かった。教育専門家による検討会の議論を踏まえたもので、朝鮮学校全10校はすべて無償化の対象に入る見込みとなった。文科省政府内で一致できるよう調整を急ぎ、来週にも公表する方針だ。

 無償化の対象に決まれば、4月の施行時にさかのぼり、朝鮮学校全10校の生徒計約1800人に世帯の収入に応じて年11万8800〜23万7600円の就学支援金を助成する。

 高校無償化法の対象は高校や高専のほか、専修学校の高等課程、各種学校の中の外国人学校など。それぞれ設置に必要な最低基準が異なり、高校、専修学校各種学校の順に教育環境、設置水準は高い。例えば年間授業時間は高校が863時間、専修学校は800時間、各種学校は680時間。校舎(定員200人の場合)は高校が1680平方メートル専修学校が600平方メートル各種学校は462平方メートルなどとなっている。

 今回の検討の中で、無償化の対象となっている専修学校の基準を目安として個々の朝鮮学校の適否を判断する基本的な考えが打ち出された模様だ。朝鮮学校はいずれも専修学校の基準を満たす可能性が高いとみられる。

 川端達夫文科相は「外交上の配慮や教育の中身が判断材料になるのではない」と述べ、客観的な判断基準作りと審査態勢を検討するため、5月に教育専門家6人による検討会を発足させ、判断基準の検討を進めてきている。【本橋和夫】


http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080118-931444/news/20100825-OYT1T01075.htm

朝鮮学校無償化しないで、被害者家族ら要請

読売新聞 - 08月26日 09:42)

 拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は25日、政府に対し、朝鮮学校を高校授業料実質無償化の対象にしないことを求める要請文を提出した。

 朝鮮学校を巡っては、文部科学省専門家会議で、無償化の対象に含めることの是非が検討されている。要請文では、「拉致問題で誠意ある行動をとらない限り、北朝鮮に制裁を強め、支援しないという従来の方針に反する」などとしている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/prolegomena/20100827